レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2010年、全米ベスト16

お久しぶりです。
宣言通りに準々決勝前に帰ってきました。

不在中の事件といえばマレーの敗退でしょうか。
これまでですと、マレーといえば取り敢えずベスト8あたりで負けるとか
そんな感じだったのですが、こうも早く敗退するとは予想外でした。

こうなると4強時代という言い方は改めてもいいかもしれないですね。
一応トップ4人の顔ぶれは変わりませんが「4強」というものではないです。

さて、マレーを倒したバブリンカは4回戦ではクエリーと対戦しました。
久々にその試合をTV観戦しました。かなり面白い試合でした。

クエリーは現在屈指の強サーブの持ち主ですが、決してサーブ一辺倒ではプレーしません。
ビッグサーバーはストロークでも強引なショットを多用するのが常ですが、
クエリーはラリーになると意外にも繋いでチャンスをつくる傾向にあります。
バブリンカもそうですから、自然と長いラリーになります。
強引さはないのでミスは少ないし、流れの中でネットも取りに行くし、
何よりよく走ってボールを拾います。
前後左右のボールのチラシ合いにはかなりの見ごたえがありました。
裏をかえせば両者ともに決定打に欠けるということになるのですが
こう良い試合を見せられるとそんなことは瑣末な事項に思えてしまいます。

ベスト8の組み合わせは以下のとおりです。
・ナダルvsベルダスコ
・バブリンカvsユーズニー
・ジョコビッチvsモンフィス
・フェデラーvsソデルリング

どれも楽しみです。
この中ではバブリンカvsユーズニーが最もビッグネームでない対戦ですが
スタイル的にはまた見ごたえのあるラリーが続くのではないかと期待できます。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/09/08(水) 18:06:56|
  2. 2010年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2010年、全米ベスト4決定 | ホーム | 小休止>>

コメント

フェデラー7年連続グランドスラム20勝以上達成

こんばんは。

フェデラーが準々決勝でソデルリングをストレートで下し、今年のグランドスラム20勝目をあげました。
マレーがすでに敗れましたので、フェデラーと、すでに今年のグランドスラムで22勝目をあげているナダル以外で20勝に到達する可能性があるのは現在18勝のジョコビッチのみとなりました。
ただしジョコビッチが20勝に到達するには優勝が絶対条件なので、ジョコビッチが敗れた時点で今年の20勝到達者はナダルとフェデラーのみとなります。
ちなみに次のベルダスコ戦でナダルが勝つとその時点でナダルが今年のグランドスラム最多勝利選手となります(フェデラーが優勝しても22勝にしかならないため)。
またナダルは優勝すると自己ベストの年間グランドスラム25勝(1敗)となります。
準優勝ならば2008年の自己ベストと同じ24勝(2敗)となります。
今年は全豪で準々決勝で敗れているため、2008年と同じベスト4では自己ベストにひとつ足りません。
ナダルがもし準々決勝で敗れますと、フェデラーが優勝したときにフェデラーとともに22勝(2敗)となります。
まあベルダスコはフェレール戦が超ロングマッチになってしまったため、体力のありあまったナダル相手では圧倒的に不利ですから、今年はほぼナダルの単独最多勝といっていいかもしれません。

ボトムハーフではフェデラーとジョコビッチがランキング2位の座をかけて激突します。どちらが勝っても、勝ったほうが2位です。
現在この組み合わせは全米に限ればフェデラーが3連勝中となっています。
ここまでの戦いぶりは、ジョコビッチが一回戦でフルセットを戦った以外は両者ともストレート勝ちという安定感。
特にフェデラーは第5シードのソデルリングもストレートで下してきました。実は正直最低1セットはとられると思ってましたから、多少驚いています。それもおそらくローランギャロスでの敗戦を目にしたからかもしれませんが、ソデルリングはローランギャロスからなにかのパワーをもらい受けていたのかもしれませんね。それほどここ二年のローランギャロスのソデルリングは異常でした。グランドスラム全体でみてもキャリア通じて3回戦進出のない全豪を除くと昨年全仏以降全てフェデラーかナダルに敗れています。
ソデルリングはハード勝率が最も低く、実際全米前哨戦はあまりいい成績とはいえませんが、全米だけはここ二年連続ベスト8と健闘しています。実に不思議です。
  1. URL |
  2. 2010/09/09(木) 18:58:13 |
  3. 2R #3DQr1K8I
  4. [ 編集]

ユーズニーvsフェデラー

お帰りなさいませ。
やはり、大きな大会の開催中に”解説”がないのはさみしかったです。

ユーズニーがこんなに残ってくれて嬉しいです。
彼のナダルとの対戦成績は結構いいんですね。
特にハードに限ってしまえば、ユーズニーの方が多く勝っています。
ユーズニーvsフェデラーという、私にとっての夢の決勝にならないかなぁ。。。
もちろん、最後はフェデラーに勝って欲しいのですが。
  1. URL |
  2. 2010/09/09(木) 22:54:08 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

ユーズニー、自分の計算にミスがなければ、もう1勝すればトップ10に入ってきます。

次で負けてしまうとフェレールがトップ10入りです。
  1. URL |
  2. 2010/09/09(木) 23:48:53 |
  3. 2R #3DQr1K8I
  4. [ 編集]

調子を落とし気味だった片手打ちバックの復調が目立っていますね。なんとベスト4で二人も片手打ちバックがいるとはなかなか新鮮です。(2006年全仏以来でしょうか?)

同時にスペイン勢の活躍が目立ちますが、意外と若手がいないんですよね。ベテランの活躍は大歓迎なのだけど、平成2年生まれの僕としては、同世代の活躍が見れないのでちょっと物足りないけど。
  1. URL |
  2. 2010/09/09(木) 23:52:32 |
  3. マックスサフィン #-
  4. [ 編集]

全米オープンもいよいよ佳境に入ってきました。

ヨージニが準々決勝でフルセットを戦ったことで、ナダルにとってはかなり有利な状況が出来上がりました。
準々決勝のベルダスコも4回戦がフルセットでしたからなおさらそう思えます。

・・・といったそばからベルダスコがついに今大会初めてナダルからブレークを奪いました。
それもラブゲームでした。

やはりテニスはわかりません。

追記
ベルダスコ、サービスケームすごくがんばってます。
やはりナダル相手なので、このリードをなんとしても守ろうという姿勢が見えます。
それでもナダルが7-5でとりました。やはり強いですね。
  1. URL |
  2. 2010/09/10(金) 09:49:47 |
  3. 2R #3DQr1K8I
  4. [ 編集]

みなさん、コメントありがとうございます。
本当は一人ひとりにコメントを返したいところなのですが
時間的な余裕がありませんでしたので取り敢えず新しい記事を上げました。
  1. URL |
  2. 2010/09/11(土) 09:57:40 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/575-60f74903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター