レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

パリマスターズに向けて

今年最後のマスターズ1000であるパリに向けて前哨戦が行われています。

ATPファイナルへの出場権はソデルリングが5番手として手に入れました。
ほぼ当確と思われていたベルディフは秋口からの絶不調で足踏みを続けています。
仮にギリギリで手にしても夏場までの素晴らしい出来で戦ってくれるかは不安になります。

フェレール、ロディック、ベルダスコ、ユーズニー、メルツァーといった面々が後に続いています。
ポイントは1000の中6人が収まっていますので例年と同じで
パリでの成績が大きくモノを言うことになるでしょう。残りの椅子は3つです。

一方調整といった趣の強い上位陣ですが、中ではフェデラーが元気です。
小さな大会ではありますが先々週の大会で優勝し
サンプラスに並ぶ生涯タイトルを記録しています。
今週は地元スイスの大会ということで、これまで相性は決して良くないのですが
優勝で弾みをつけたいところでしょう。今年の2位は堅そうに思えますがどうでしょうか。

3位争いをしているジョコビッチとマレーですが
ジョコビッチが今大会のタイトルを守らなくてはいけないという
ポイント上苦しい位置にいるときに、マレーは早期敗退をしてしまいました。
ジョコビッチは来週のパリでもタイトルを守らなくてはいけないのですが
これで3位争いは随分と楽になっています。

マレーという選手は妙なところで勝ちきれない印象はあったものの
ここまで早期敗退をする選手だったでしょうか。
もちろん今回は小さな大会ですし、上海での優勝もありますから
全体的に見れば大きな問題ではないかもしれません。
しかし、ファンとしてはラインキング争いのデッドヒートを見たいものです。
今年のランキング争いですが、早々とナダルが1位を決めたというのもありますし
一時のフェデラー、ジョコビッチの激しい2位争いもここへ来て差が出てきました。
もちろん充分激しい争いしているのですが
ここ数年に比べると盛り上がりに欠けているように感じてしまいます。
この雰囲気を打破すべくトップの集まるパリでの熱戦を期待しましょう。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/11/05(金) 10:37:20|
  2. 2010年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年、バーゼル&バレンシア | ホーム | 今年ファイナルの行方と過去のGS+プロについて >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/585-8222ac33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター