レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2010年、パリマスターズ開幕

今年最後の通常トーナメントであるマスターズ1000パリが開幕しています。
数少ないインドアのマスターズ1000です。

昨日の記事からの派生になりますが
私は昔からインドアの試合には魅了されてきました。
レジェンドで言えばマッケンロー、レンドル、ベッカー、サンプラス等が
特に素晴らしい試合を見せてくれています。

グランドスラムにはインドア大会がないので
一般にインドアというのはスルーされがちです。
しかしインドアにはテニスの魅力がふんだんに詰まっています。
それ故、ATPファイナルをグランドスラムと同列に置いていいとすら私は思っています。

さて、今週のパリマスターズはATPファイナルに次ぐ第二のインドア大会なのですが
その大会規模にしては妙に軽んじられてきた歴史があるのは残念なことです。

上位陣は既にファイナル進出を決めていることが多く、
あまり力を注がないというのが理由の一つでしょう。
フェデラーが正にその例で、この大会とは相性がよくありません。
優勝は一度もなく、出場数も際立って少ないです。去年は初戦敗退でした。
また今年はナダルが出場しません。

これまでNo.1選手がパリで優勝を飾ったことは数えるほどしかありません。
大会が今のような大規模になったのは80年代後半ですが、それでもこの大会には歴史があります。
しかし1973年のランキング制度発足後、
その年のランキング1位がパリで優勝したという例は以下の5例のみです。

1973年 ナスターゼ
1990年 エドバーグ
1995年 サンプラス
1997年 サンプラス
1999年 アガシ

サンプラスが例外的に頑張ってくれていますが、
その他では、インドアに強く、素晴らしい試合を見せてくれているはずの
マッケンロー、レンドル、そしてフェデラーに1度も優勝がありません。
また、今年はナダルが不参加ですので、
やはりNo.1が優勝しない大会という法則は今回も発動してしまっていることになります。

この少々残念な感じを、ATPファイナル進出を目指す
ランキング10位前後の選手たちの奮闘で埋めて欲しいものです。

後半にきて不調となり足踏みをしているベルディフですが、
過去の大会の成績を見ると今回出場の選手の中で一番良いです。
これまで12勝4敗で優勝も1回(2005年)あります。

因みにフェデラーは7勝6敗で最高成績はベスト8優勝なし、
ジョコビッチは8勝4敗で去年優勝、マレーは6勝4敗で最高はベスト8です。

ダビデンコが13勝6敗で2006年に優勝してます。これが2位の記録でしょうか。
ロディックは11勝6敗で最高位はベスト4です。

過去の成績は参考値でしかありませんが
こうなるとある程度の混戦を予想しても良いのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/11/09(火) 11:06:33|
  2. 2010年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2010年、パリマスターズ2回戦 | ホーム | 2010年、バーゼル&バレンシア>>

コメント

いきなりのコメント大変申し訳ございません。

私はフェデラーの大ファンです。

2008年ウィンブルドンの決勝、本当に忘れられません。
私はそれ以前は全くテニスに興味はなく、強いて申し上げますと松岡修造さんやマッケンローとか名前だけはニュースなどで聞いたことがある程度でした。恥ずかしながらルールもあまり理解出来ていません。

ですがその決勝を見た後の私はフェデラーのとりこになりました。それからというものフェデラーの試合は毎回チェックをしています。

フェデラーの歴史、それは一言で語れるものではないかと思いますが、フェデラーの歴史を少しでも勉強したいので是非とも可能な範囲で教えていただけないでしょうか。
差し出がましいお願いで大変申し訳ございません。
  1. URL |
  2. 2010/11/09(火) 23:39:55 |
  3. Mr.N #-
  4. [ 編集]

Mr.Nさんへ

>Mr.Nさんへ

ブログの管理人さんより先にコメントするのは本来は差し出がましいと思ったのですが、このブログのファンなのでお手伝いさせてください。

フェデラーの歴史をお知りになりたいならば、なにをおいてもまずはこのブログ管理人さんが管理なさっているホームページで、「テニスのデータ」を知るのが最適ではないでしょうか!もしや、このブログの右側の方のリンクにある「レンドル最強説」をまだご覧になっていないでしょうか?
ご覧になっていないならまずは「レンドル最強説」をご覧になることをお奨め致します。
フェデラーやナダルの功績に関しても客観的かつ多面的にまとめられています。

このホームページは、近代テニスの、テニスの歴代の偉大な選手の功績を知るために必要な情報が十分にそろっています。私は「近代テニスのデータ」を知るには「レンドル最強説」が日本で屈指の優れたホームページだと考えています。
ホームページについては管理人さんからも説明が送られると思います。
  1. URL |
  2. 2010/11/10(水) 01:46:13 |
  3. brown #b2.I9V5E
  4. [ 編集]

Brownさんへ

ご丁寧にありがとうございます。

さっそく見て勉強させていただき、このブログの管理人さんやbrownさんのように語ることが出来るテニスファンになるために精進したいと思います。
また、現在パリマスターズが行われているところに全く関係もないコメントを差し込んでしまい大変申し訳ございませんでした。

管理人さん、お詫び申し上げます。
  1. URL |
  2. 2010/11/11(木) 00:19:28 |
  3. Mr.N #-
  4. [ 編集]

>Mr.N様
>Brown様

返事が遅くなってしまいましたが
Mr.N様コメントありがとうございます。
また当サイトに関心を持っていただきとても嬉しく思います。
Brown様もいち早い返答をいただきありがとうございます。

Brown様にもご紹介いただきましたが、
当サイトの本体の方で、テニスの歴史を色々と扱っております。
ご参考までに内容を確認いただければ幸いです。

ただし、Mr.N様の一番お知りになりたい内容である「フェデラー自身の歴史」
となると当サイトは少し情報が不足しているかもしれません。

サイト内の【フェデラー最強説】というコンテンツに
フェデラーの情報が一番多く出ているとは思うのですが
数カ月に一度の割合で更新しているためその時点での最新となっております。
そのため、例えば1年前と比べてどうだとか
2年前はどうだったという内容が確認できなくなっています。
今思えば古い情報も全て残しておくべきだったかもしれません。

当サイトは引退選手のデータ集計を目的として立ち上げたのですが、
その後フェデラーがあまりに歴史的な記録を打ち立てるので
次第にフェデラーと歴史的選手の比較というような内容に移行していきました。

今やフェデラーは歴史的選手の一人ですから
その方面のコンテンツも増やしていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2010/11/11(木) 09:58:47 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/587-a1bc1f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター