レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2010年、ATPファイナルRRその1

さて、ATPファイナルはグループAの初戦と
グループBの2戦目までが終了しています。
全部で6試合です。

本当は1試合ごとにレビューしたいくらいなのですが、
今回はいくつかピックアップすることにします。

まず2試合が消化されているグループBから行きましょう。

ここはフェデラーの組です。
力が落ちたの何のといわれても、
相変わらずどの大会でも優勝候補に挙げられるフェデラーですが
ここまで2連勝、しかもいずれもストレートという好調ぶりを見せています。
特に第2戦はマレーでしたが、難敵相手とは思えぬ快勝でした。
一時フェデラーはマレー戦4連敗を喫し苦手になりかけていた感がありました。
個人的には、フェデラーの不調がマレーの連勝を手助けした結果で、
ナダルのような苦手意識とは違うと思っていたのですが
それでも今年も2連敗中でしたしやはりマレー戦は分が悪いというのはありました。
しかし今回の試合は正に強い時のフェデラーでした。
守備から攻撃への切り替えの早さや、
いざ攻撃に移ったときのショットの鋭さなど唸らせるものがありました。

マレーは初戦のソデルリング戦を見る限りでは
中々良いプレーをしているように思いました。
守備時のショットの選択がうまく、強打で打ち込んでくるソデルリングを交わすには
最適と思えるプレーで勝利を収めていました。
さすがはインドアマスターだ、とフェデラー戦も熱戦を期待したのですが
フェデラーが更に上を行ったことになるでしょう。
またマレー自身もフェデラー戦ではショットの安定性にかけるところがありました。

マレーとソデルリングは4位争いをしています。
ポイント差は僅かなので、今大会の結果が全てといえます。
両者は今のところ1勝1敗で並んでいます。
第3戦はマレーがフェレール、ソデルリングがフェデラーです。
直接対決も制しているしマレーがやや有利かなと思いますがまだまだわかりません。


さて、続いてグループAに行きます。
ナダルの組ですね。
初戦が行われ、ジョコビッチとナダルが勝っています。

今のところ大会ベストマッチはナダルvsロディックでしょう。
スコアは「3-6 7-6 6-4」とかなりの激戦でした。
ロディックが勝ってもおかしくない試合だったと思います。
第2セットはタイブレークでナダルが取りましたが
ゲームカウントでもタイブレークでもロディックがリードする場面があったので
もしここで取れていればと非常に惜しく思わせる展開でした。
やはりストレートで決めきれなかったのが敗因でしょう。
最後は我々のよく知るナダルのあの粘りにやられてしまいました。

しかし、この試合のロディックのプレーは私としてはとても印象的でした。

通常はナダルとの長いラリーを避けるため、できるだけ早く勝負に出たくなります。
しかし今回のロディックは厳しいショットをほとんど使いませんでした。
適度にボールを散らしてはいたものの、コートの中央付近にボールを集め、
まるでナダルのラリーに付き合うかのようなプレーをしていました。
自分から打ち込まない代わりにナダルにも決定打を打たせないようにしていたのでしょう。
確かにそれでも長いラリーになればナダルのほうが多くポイントをとっていましたが
フェデラーやジョコビッチがはまってしまうようなナダル地獄には陥らず
ロディックの方も比較的ポイントを取れていました。
これは新しいナダル攻略法と言えますね。
ただしロディック以外の誰でも真似できるプレーではありません。
持ち前のオールラウンドなプレースタイルがあるからこそ活きたのだと言えます。
また、ロディックは上から叩き込む、いわゆる今風の直線的な強打は持っていません。
これがあると一撃でナダルからポイントが取れるのでどうしても頼ってしまいがちになるのですが
こうしたギャンブル的なショットが選択肢に入ってなかったのも良かったのではないでしょうか。

ただ第3セットのみは「6-4」というスコアではありましたが完全にナダルのセットでした。
ロディックはそれまでよりも少し攻撃的に行って、そして跳ね返されたのです。
象徴的なシーンがあります。ナダルのセカンドサーブで
ロディックがフォアに回りこんでライン際逆クロスに強打を打ったショットです。
結果はリターンエースになりましたが、最初の2セットでは使わなかったショットです。
それまでもフォアに回りこむシーンはありましたが、全てコート中央への強打でした。
第3セットで初めて出したギャンブル的なショットだったのですが
たまたま1ポイントは取れたもののこういうショットが多くなってしまうと、試合はもうナダルのペースです。
最初の評に戻りますが、やはり第2セットで決着させられなかったのがロディックの敗因だったといことになるでしょう。

さて、グループAは次にナダルvsジョコビッチが行われます。
連日決勝レベルの好カードが組まれるのがこの大会の魅力です。
ロディックも負けはしましたがフルセットでありましたし
ベルディフ、ジョコビッチには相性が良いのでまだわかりません。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/11/24(水) 12:57:56|
  2. 2010年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2010年、ATPファイナルRR グループA2戦目 | ホーム | 2010年、ATPファイナル組み合わせ決定>>

コメント

毎日が楽しみ(^O^)

こんばんは、トレジャーです。連日連夜ツアーファイナルを楽しんでいます。僕が期待していたナダルとロディックの試合は期待通りの接戦でしたね。残念ながらロディックは負けてしまいましたが管理人さんの言うようにナダルに対して中央にボールを集める戦略、センターセオリーをあそこまで徹底してやった選手はあまり見たことが無いですね。今後は他の選手も使っていくのではないでしょうか?
さて、負けはしましたが、セットを取っての負けですので悪くはないと思います。今日はベルディヒとの試合ですが、出来ればストレートで勝ってジョコビッチ戦に望みを繋いで欲しいです。では、今後もヨロシクお願いします。
  1. URL |
  2. 2010/11/24(水) 20:37:46 |
  3. トレジャー #-
  4. [ 編集]

>トレジャー様

ロディックのナダルとの試合は面白かったですね。
しかし、あろうことか次のベルディフ戦には敗れてしまいました。
ちょっとナダル戦で力を使い過ぎたでしょうか。
一応厳しいですがベスト4の可能性は残されています。
次のジョコビッチにストレートで勝って、
ナダルがベルディフにストレートで勝つというのが条件になるようですね。
  1. URL |
  2. 2010/11/25(木) 09:20:54 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/592-29819469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター