レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2010年、ATPファイナルRR グループA2戦目

さて、熾烈な争いが予想されているグループAですが
第2戦が行われ、少し状況が動きました。

ナダルがジョコビッチに「7-5 6-2」で勝利、
ベルディフがロディックに「7-6 6-3」で勝利しました。

かなり有力なのではないかと思われていたロディックが2連敗です。
まさかの!とまでは言えないところが今大会のレベルの高さではありますが
それでも意外な苦境に立たされたことになります。

ベルディフは今年後半は不調でしかもインドア勝率が高くないですから
予想外の健闘だったと言えるでしょう。しかもストレートでの勝利でした。
ベルディフはグラスコート勝率は高いですし長身の割には低めも巧くこなします。
ネットにも出ていきますから決してインドアで勝てない選手ではないんですね。
今までのインドアの結果は確かに良くないですが、
実際には誰とでも戦える選手であることは間違いなさそうです。
これで消化試合ではなくなったナダル戦も俄然面白くなってきました。

グループAのもう一つの試合は
大会ラウンドロビン最高の頂上決戦ともいえるナダルvsジョコビッチでした。

この2人の打ち合いは観ててとても楽しいです。
今回はナダルが思ったほど後ろに下がらずに打ってました。
去年のこの大会でも両者は戦ってますがその時のナダルは随分後ろでした。
これはロディック戦でも感じたことだったのですが、スタイルを変えたのか、
あるいはナダルのコンディションがいいということかもしれません。

第1セットは競りました。両者の対戦ではよくあることです。
ここでジョコビッチが取り切れれば試合全体が荒れてくるのですが、
大事なところで見事にナダルにやられてしまいました。
そして第1セットを取れなかったジョコビッチが
第2セットで集中を切らすのもまたよくあることです。
こうなるともうナダルペースとなります。
ジョコビッチはこれまでナダルにストレート以外で勝ったことがありません。
つまり第1セットを取れなければすなわち負けなのです。
正にいつもの両者の対戦がそのまま形になった試合でした。

2戦目までが終わり、両グループとも全員にベスト4の可能性が残されています。
中では上位2シードがそれぞれ連勝しています。さすがです。
しかし開幕前は2人が2連勝するという保証はありませんでした。
蓋を開けてみれば両者が好調だったということになるわけです。

ラウンドロビンの最終戦はどの試合も注目ですが
やはり一番はカード的にもジョコビッチvsロディックとなるのでしょう。
4試合のうちこの試合のチケットがいち早くSold Outになっています。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/11/25(木) 10:38:22|
  2. 2010年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2010年、ATPファイナル準決勝へ | ホーム | 2010年、ATPファイナルRRその1>>

コメント

速報です。

フェデラーの勝ちぬけが確定しました。

ソデルリング戦の第1セットをタイブレークの末奪いました。
  1. URL |
  2. 2010/11/26(金) 00:05:50 |
  3. 2R #3DQr1K8I
  4. [ 編集]

ジョコビッチは試合途中にコンタクトレンズが外れてまともに戦えませんでしたね。緊迫した試合だっただけに残念です。フェデラーは失セット無しで1位通過です。彼の早い展開はやはり良いですね。ただ今年はSF以降に調子を落とすだけに安心は出来ません。有終の美を飾ってほしいものです。

  1. URL |
  2. 2010/11/26(金) 12:51:11 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

連投失礼します。

選手の比較においてGS優勝回数が最も重視されますが、その基準だとエマーソンがレーバー、ローズウォールより上となり少し納得がいきませんね。ローズウォールもレーバーもプロに行かなければさらに多くのグランドスラムで優勝出来たはずですし。
  1. URL |
  2. 2010/11/26(金) 18:39:29 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

>2R様
>F様

コメントありがとうございます。

フェデラーは結局全試合ストレートの貫禄でした。
ソデルリングには第1セットタイブレークにまで持ち込まれましたが
内容の方はどの試合も安定して強さを見せつけたと思います。
ただF様の仰っしゃるとおり、今年のフェデラーはここから
いきなり崩れることがありますので、まだ容易なことは言えません。
ただ、なんと言いますか、期待しますよね、あの、いわゆる頂上決戦を。

ジョコビッチのトラブルは残念でした。
あの試合だけのことであれば良いのですが
記者会見でドクターに相談するというようなことを言っていたので
今後に引きずる問題があるのならば心配です。

またグランドスラムの獲得回数ですが、
オープン化前の記録は参考にしかならないですね。
プロ大会の優勝回数ももう少し重視してもいいように思います。
  1. URL |
  2. 2010/11/26(金) 23:54:55 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

結局いわゆる4強が順当に勝ち残りましたが、ここまで順当だったのは本当に久しぶりだったように思います。

グランドスラムだけみても、この4人が初めて(?)ベスト4に揃ったのは2008年全米ですが、うち3人は確かに第1~3シードでしたが、あのときのマレーは確か第6シードでした。
そして当時の第4シードフェレールを破ったのは錦織でした。
その錦織を破ったデル=ポトロをさらにマレーが破ってのベスト4でした。

マレーはこのあたりから4強としての地位を確立したように思います。
この年のファイナルではフェデラーを破り初めてのRR敗退に追い込みました。

しかしあと一歩がなかなかできずいまだグランドスラム優勝は果たしていません。
ナダルとフェデラーのうち一方に勝ててももう一方に勝てないというのはマレーに限ったことではありませんが、特にGSではよく見ますね。
GSから離れるとたまに連破することもあるんですが。

とにもかくにも、ラウンドロビンの結果に基づく結果ではありますが、またしても準決勝はナダルvsマレー、フェデラーvsジョコビッチの組み合わせになりました。
今回はラウンドロビンで他方とも対戦していますが、なんだかんだかんだ見慣れた組み合わせです。
上の2008年全米もこの組み合わせでした。

やはりテニスファンならば、通算22度目のナダルvsフェデラーが見たいところです。

インドアといえば明らかにフェデラーの牙城ですが、準決勝のマレー戦を勝てるようならナダルにも勝機はあると思います。
(インドアアウトドア問わず)ハードのマレーとの対戦は多少分が悪いですから。
(ハードで分が悪いのはマレーに限ったことではないのですが)。
  1. URL |
  2. 2010/11/27(土) 07:56:55 |
  3. 2R #3DQr1K8I
  4. [ 編集]

>2R様

最終戦はどの試合もなんともあっさりと決着しましたね。
今回はわかりやすく両グループとも1位から4位までが出揃いました。
準決勝の予想は難しいです。RRの結果では上位2名が有利ですが正直分かりません。
  1. URL |
  2. 2010/11/27(土) 08:53:14 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/593-e7e7e8d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター