レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2011年、インディアンウェルズ、ベスト8

インディアンウェルズはベスト8が出揃いました。

・ナダルvsカルロビッチ(3-0)
・デル・ポトロvsロブレド(2-0)
・ジョコビッチvsガスケ(3-1)
・フェデラーvsバブリンカ(7-1)

相変わらず新顔はなく中堅、ベテラン組が残っています。

まず注目はナダルvsカルロビッチでしょうか。
過去はナダルの3勝0敗ですが、カルロビッチはその3試合で
25本、35本、28本と大量のエースをファイアーしてます。
アガシもよくビッグサーバーにエースを取られてましたが
サーブ側としては燃える相手ということなんでしょうかね。

デル・ポトロはここまで復帰してきました。
ブランクが長かったですが既にこの大会前にも結果を出していますので
コンディションは良いと考えていいでしょう。
この山はマレーとソデルリングが敗れてしまいましたが
ノーシードとはいえデル・ポトロが4強の一角を代行している形となっています。

ジョコビッチはガスケと対戦します。
両者は同世代の実績のある者同士なのですが意外と対戦数は少ないです。
ジョコビッチvsマレーでさえ多く無いのですからこれも仕方ないところでしょうか。
ガスケに一時期出場停止があったのも関係あるでしょう。
ここはいわゆる中堅世代になりますので今後の成績次第で対戦は増えることになります。
ジョコビッチの連勝記録にも注目です。
ここで勝ち上がればまたもフェデラーとの対戦が行われることになります。

そのフェデラーですが、同郷のバブリンカと対戦します。
両者は現在ダブルスパートナーとして同じくベスト8に残っています。
この2人の対戦は4つの準々決勝の中で一番多いです。
実に8回目の対戦が行われています。
ジョコビッチvsガスケよりも多いのが意外に思いますが
実は半分の4回はここ1年で行われています。
特別な原因があって多く対戦しているわけではなく
組み合わせの妙といったところですね。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/03/18(金) 09:58:12|
  2. 2011年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2011年、インディアンウェルズ決勝へ | ホーム | 2011年、インディアンウェルズ開幕>>

コメント

カルロビッチ

管理人さん、2Rさん、お久しぶりです。

インディアンウェルズはベスト4にナダルとデルポトロがいち早く進出しましたね。

カルロビッチはあともう少しでナダル崩しに成功するとこでした。

管理人さんの記事にあった通り、エースを23本と、ファイヤー(笑)していました。
ナダルもリターンに苦しんでいたように思えます。
実に惜しかったです。

デルポトロは調子が良さそうですね。対ナダル戦は注目できます。

さて、ボトムハーフのベスト4の行方ですが、番狂わせが起きなければ、順当にいけば、今年三度目のフェデラーvsジョコビッチとなります。 今年負けなしのジョコビッチにここで負ければ、フェデラーに苦手意識が芽生えてしまいそうですね(泣)
フェデラーから見れば、もう負けられない正念場、今年の今後を占う試合になるのでは?と思ってしまいます。

同い年のフェデラーには再度No.1、そしてグランドスラムの優勝回数を更新してほしい、と切に願っています。
  1. URL |
  2. 2011/03/18(金) 23:00:43 |
  3. Mr.N #-
  4. [ 編集]

>Mr.N様

カルロビッチは良い試合をしましたね。
相変わらずストロークは危ういですがギャンブル的な強打があるので
当たるとナダルとはいえストロークエースが取られます。
この試合ナダルはなんと2ndサーブ取得率が80%を超えていました。
それでもここまでの熱戦でしたのでカルロビッチも調子がいいのでしょう。
  1. URL |
  2. 2011/03/19(土) 12:20:18 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ベスト4

11年 インディアンウェルズも佳境を迎えましたね。

私はド素人ですから、データがどうだとか、語れる立場ではないのは重々承知しております。
ド素人から見る目ですから、おかしい部分がございましたら容赦せずご指摘ください。

ベスト4のナダルvsデルポトロの試合が最初に行われます。

ナダルの今シーズンはどうなりそうでしょうか?
皆様も同じ見解かと思いますが、『ケガ』が無ければ…というところでしょうか。
昨年はクレーマスターズ+GS完全制覇という快挙を成し遂げましたが、管理人さんの『25歳』説というのも決して無視できないものだとも思っています。
今期のクレーシーズンは要チェックですね。

デルポトロは09全米以来のインパクトが是非ともほしいところです。
実力があるのは明らかですし、No.1、2、3を倒してのマスターズ優勝!という復活劇が見てみたいです。

もう一方、フェデラーvsジョコビッチは…

私は○ェデラーが勝つと信じてやまない人間なので、厚かましいお願いで申し訳ございませんが皆様のご意見を是非ともお願いできましたら幸いです。
  1. URL |
  2. 2011/03/19(土) 23:31:38 |
  3. Mr.N #-
  4. [ 編集]

フェデラー負けました。。。残念です。

リターン最強のジョコビッチですからエースも1本しかなく、バックハンドのUEも多く、何より回り込んでのフォアが。2004ー2006年が懐かしいです。今は時期が悪いのでしょうか。サンプラスの762勝までもうすぐですね。
  1. URL |
  2. 2011/03/20(日) 08:15:07 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

>Mr.N様

最近のナダルは負けるときはコンディション不良で簡単に落とすという例が多くなっています。
怪我が最大の敵であることは明白で、今年からはクレーコートシーズンでさえ
万全の気持ちで観ることはできないのではないかと思っています。
もちろんまだまだ圧倒的最強の存在には違いないし、
そういった不安を吹き消す予想外の活躍をする面も持っているので
心配ばかりが先に出てしまってはいけないとも思うのですが。

>F様

フェデラーはジョコビッチとの打ち合いでは主導権が握れなくなっています。
ここまで何戦も連続で後手に回るケースが続いたことはナダル以外ではなかったことです。
得意のはずのハードでこれですから、ジョコビッチの伸びを感じざるを得ません。
ハードで勝ちきれない現状のフェデラーにとってクレーシーズンは正念場ですが
同時に多様なプレースタイルを試す実験の場にもなるのではないかと思っています。
フェデラーの場合、クレーで通用すれば
他のコートでより効果を発揮するプレーになることは間違いないでしょう。
まだマイアミもありますが、今年のクレーはフェデラーの戦い方に注意してみたいところです。
  1. URL |
  2. 2011/03/20(日) 23:50:49 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/609-a8082c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター