レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2011年、インディアンウェルズ決勝へ

決勝の組み合わせはナダルvsジョコビッチとなりました。

準決勝はナダルvsデル・ポトロ、フェデラーvsジョコビッチという
実力者の対戦となり、いずれも良い試合でした。

デル・ポトロはかなり戻ってきていると思わせました。
準決勝だけを見れば体力的に100%ではないのかなと思わせましたが
相手がナダルということで差っ引いてかんげなければいけないでしょう。
クレーでも戦える選手なので今後クレーシーズンに入っても楽しみです。

ジョコビッチとフェデラーは質の高い打ち合いでした。
それでもかつてのフェデラーを知っているとどうしてもミスが多いとか、
フォアへの回り込みが強引になっているとかいくらか不満も見えてしまいます。
どうしてもラリーの主導権はジョコビッチになります。
かつてのフェデラーにはそれを切り返す逆襲があったのですが
今はジョコビッチにはなかなか通じません。
ネットへも効果的に出ていませんでした。
スローコートということもありますし、これまで2戦で上手くいってないので
今回は最初からネットダッシュはあまり狙ってなかったように思います。

決勝は現時点で順当な勝ち上がりと言っていいのかもしれません。
過去の対戦はナダルの16勝7敗ですが、ハードコートではジョコビッチが7勝5敗です。
このところはナダルが2勝しています。いずれもハードコートです。
インディアンウェルズでは2008年に対戦しており
その時はジョコビッチがストレートで勝っています。

ジョコビッチは今年17戦して負けなし、去年のデ杯を含めれば19連勝中です。
ここで勝利すると20連勝の大台に乗せることになります。
一方のナダルは今年まだ優勝がありません。
クレーでのみ勝つ選手と言われないためにも
ハードで一つタイトルを取っておきたいところです。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/03/20(日) 23:38:20|
  2. 2011年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2011年、インディアンウェルズ、ジョコビッチ勢い止まらず | ホーム | 2011年、インディアンウェルズ、ベスト8>>

コメント

悔しい敗退

フェデラーにとっては悔しい大会となりましたね。ダブルスでも敗退してしまいました。相手は即席ペアだったそうです。五輪メダリストとしてのプライドが傷つかないかと心配してしまいます。

さて、私はシングルの試合を途中からでしたが拝見しました。ずばり
ジョコビッチの応戦が素晴らしかったと言った感想です。守りながらの攻めと言うのでしょうか、常勝の帝王だった頃のフェデラーのそれと少しタイプが違いますが、それに劣らぬパフォーマンスを見せてくれました。要所のダブルフォルトが痛かったですが、全体を見ればサーブも大分改善されたんだなと感じました。

さてフェデラーです。どこか苦手意識が働き始めたかなと心配になってしまいます。フォアのミスが気がかりですね。ジョコビッチがフェデラーに順応してきた結果、フェデラーはリズムを引き寄せられなくなっているのではないでしょうか。しかしそれでも強さは健在であるといっても異論はないです。今季の成績の良さや3度の敗退試合の内容の良さもそれを証明してくれています。
  1. URL |
  2. 2011/03/21(月) 08:24:54 |
  3. 渚 #-
  4. [ 編集]

ジョコビッチの連勝続く

おはようございます。
インディアンウェルズの決勝はジョコビッチがナダルから逆転勝ちを収めました。

ジョコビッチは依然今季無敗継続となりました。

一方フェデラーもなんだかんだ今季はジョコビッチ以外には負けていません。
肝心のジョコビッチに3連敗してしまったわけですが。
次のマイアミが終われば、クレーシーズンへと入っていきます。
25歳を迎えるクレーキングのナダルがどのような戦いを見せるのか注目です。

また年初からの連勝で(アウトドア)ハード勝率を80%台に乗せたジョコビッチですが、その他のコートの勝率は70%台前半にとどまっています。この数値でも十分にすごいですが、歴史上屈指のフェデラー、ナダルと渡り合う上ではこのあたりの底上げも必要になるでしょう。

ナダルは、また怪我でボロボロいくかと思いましたが、昨年を上回る決勝まで来ました。しかし昨年同様年初のハードシーズンではタイトルが取れませんね。
次のマイアミも昨年はベスト4。どうなるでしょうか。

ここから先、フェデラー対ナダルが準決勝というパターンも増えてくるかもしれません。そうなると…時代の移り変わりを感じますね…。


ところで、1年のだいたいの流れは把握してきたのですが、クレーシーズンやグラスシーズンなどはわかるのですが、だいたいどの時期にどういった呼称を使うのがよいでしょうか?
  1. URL |
  2. 2011/03/21(月) 09:12:31 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

SUPPORT JAPAN

スコアほどの差はなかった、かなり競った試合でしたが、

第2セット第9ゲームのデュースで、ノバックが10分近くかけてこのゲームをものにしたことが大きいですね。

デュースを7、8回繰り返しましたか。。。

ラファは第3セットは足が動いていなかったですね。第1サーブの確率も25%程度に落ち込んでいました。

ノバックは第3セットの最終ゲーム、自分のサービスは4本続けてファーストを入れてきました。

この辺で差が出ましたね。


日本の震災復興を足のサポーターに書いた

http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2011/3/Other/Djokovic-Supports-Japan-Victims.aspx

JOKERに勝って欲しかったので、安心しました。

21日(月)はコロンビア・ボゴタでエグズビジョンで彼らは再度対決するのでは?

2日連続でシングルスの試合というのも、トッププロとはいえ疲れますね。



  1. URL |
  2. 2011/03/21(月) 12:55:04 |
  3. White City #o/PXu/q6
  4. [ 編集]

>渚様

フェデラーの完璧な王者の風格とは違いますが、
ジョコビッチには当たると手をつけられないというような別の凄みがあります。
私の見たところではここ3戦、フェデラーはジョコビッチと真っ向から打ち合いすぎています。
緩急があるのですからもう少しどうにかしたいところですね。


>2R様

ウィンブルドンが終わってから全米までがアメリカハードコートシーズン、
その後がインドアシーズンというところは難しくないと思うのですが、年初が難しいですよね。
かつては2月がインドアシーズンだったのですが、今はインドア、クレー、ハードと
コートも場所もバラバラに開催されています。しかもマスターズ1000はありません。

年初からマイアミまでを一括りに年初のハードコートシーズンとしてしまうのもありかもしれませんが
もう少し細かく分けるなら、1月の全豪まで、2月の小さな大会、3月のマスターズ1000×2大会
と3分割するのが自然かもしれません。

>White City様

ジョコビッチの膝サポーターに書かれた日本へのメッセージですね。
他にも多くのトッププロがFacebookやTwitter等でメッセージをくれています。
とても嬉しいことです。
  1. URL |
  2. 2011/03/22(火) 10:55:09 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

呼称について

管理人様、返答ありがとうございます。

1月は極端な話オーストラリアンシーズンでもいいかなとも思いましたが、一応チェンナイとかオークランドでも大会があるんですよね。
オーストラリアン=全豪って解釈もできるとは思うんですが

3月はもうインディアンウェルズとマイアミでほぼ終わるので大会名で呼ぶことに

やはり2月が難しいですね。
500と250の同時開催もあるので判断が難しいです。

(全豪前哨戦→全豪、オーストラリアンシーズン?)→いろいろ→インディアンウェルズ・マイアミ→(全仏前哨戦(マスターズ3つ含む)→全仏、以上クレーシーズン)→(ウィンブルドン前哨戦→ウィンブルドン、以上グラスシーズン)→(全米前哨戦(マスターズ2つ含む)→全米、以上アメリカハードシーズン)→インドアシーズン(マスターズ2つ?含む)→ファイナル

おおまかにいうとこういう感じでしょうか。

いろいろ無理矢理前哨戦という言葉を使ってみましたが、やや不自然ですかね。
  1. URL |
  2. 2011/03/22(火) 13:37:01 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>2R様

厳密に「シーズン」というくくりに当てはまらない時期もありますね。
2月は多くのトップ選手にとっては休息のほうが多い時期に当たりますし
全米後の数週間もインドアでない大会もありますから(アジアラウンドなど)。
ただ、あまり細かくし過ぎるよりは大きな大会を頂点とした分け方が無難です。
自然と「前哨戦+メイン大会」という形になっていいと思います。
これに合わせると今は「2月+3月」といったところですね。
  1. URL |
  2. 2011/03/23(水) 09:27:50 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/610-23e97e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター