レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2011年マドリッド、ジョコビッチ年初から29連勝

さて、ATPのHPではジョコビッチが年初からの連勝を29とし、
1986年のレンドルと並んだことを取り上げています。

少し前まで86年のレンドルの記録は25とされていました。
何故記録が訂正されたのでしょうか。
ATPのページでレンドルの1986年のPlayng Activityを見ると、25連勝になっています。
しかし実際には1985年の年末マスターズが1986年の1月に行われているため
1986年の記録としてはこの時の連勝も含めて29連勝となるのです。
年末マスターズは、1977年から1986年まで、
全豪と入れ替わる形で12月ではなく翌年1月に開催されていました。
一般に年間勝利数や年間タイトル数にを数えるとき、
この1985年のマスターズは1986年の記録には加わりません。
あくまでも1985年の記録であるわけです。
しかし今回の記録では何故か86年の記録として扱われています。
公式見解でも記録によってどちらに含まれるかが定まっていないようで
この辺は未だに混乱をきたしている部分であろうかと思います。

この理屈で行くと、今のところの最長記録である1984年のマッケンローは
39連勝ではなく42連勝となります。
また次点の1980年ボルグは28連勝ではなく33連勝です。

ちょっと気になるのはATPページでの微妙なレンドルの扱いの悪さです。
ここ数日、レンドルの29連勝まであといくつ、
とジョコビッチがその記録に挑んでいる様子が取り上げられてきたわけですが
レンドルの記録が第3位であることにはあまり触れられず
さもレンドルの記録が第1位であったかのように思われる書き方がされていました。
いざ29連勝に並んでみると、この上にはマッケンローとボルグがいるんですとなっています。
これだと、あれレンドル1位じゃなかったの、なんだそんなに凄くないじゃん、
みたいな雰囲気になりますよね。始めから上位3名の記録を出して、
それに挑んでいることにしてくれればそんな印象はないはずなんですが。
更にこちらのATPページでは、マッケンローとボルグはリンクが貼られているのに
レンドルはリンクが貼られてないんですよ。
しかも、この記事だけでなく実はここ数日の記事全部そうでした。なんでだろ。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/06(金) 10:32:16|
  2. 過去の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<1991年全米、ロスターニョvsラセクについて | ホーム | ウィンブルドンクラシックマッチ>>

コメント

はじめまして。
レンドル年初からの連勝が25から29になった理由はそういうことなんですね。少し前まで25連勝だと書かれてたはずなのに、29連勝になっていてるのが不思議で、ATPデータのPlaying Activityを開いて3回ほど数えました。4つ足りない~(笑)
なるほど前年の最終戦が年頭にあったんですね。当時はツアーチェックしてないから、わかりませんでした。教えていただいて、ありがとうございます。
エリート8の揃う大会から連勝がスタートだからすごいんですね、やっぱり。
  1. URL |
  2. 2011/05/06(金) 20:17:11 |
  3. nano #halAVcVc
  4. [ 編集]

レンドルはテニスといえばウィンブルドンという一般認識の最大の犠牲者

こんばんは

まず、タイトルがそのままこの記事に関しての簡単な感想になっています。

さてジョコビッチがフェレールを振り切ってとうとう30連勝に到達しました。
デビスカップから通算すれば32連勝です。

さらには再び準決勝でナダルvsフェデラーが実現するなど、今大会は話題尽くしです。

これまでクレーナダルから3勝したのはガウディオただ一人です。
これまで2勝しているフェデラーは、今回勝てば2人目となります。
また、これまでの2勝のうち1勝がクレー移行後のマドリッドでしたので、もし勝てば同時にクレーの同一大会でナダルを2度破った最初の選手になります。
今回は準決勝になりましたが、マドリッドでは3年連続の対戦です。

ちなみにガウディオの3勝の内訳は2003年ハンブルク、2004年バステッド、2005年ブエノスアイレスとなっており、全てナダルの全仏初優勝以前の対戦です。

ここからは余談ですが、この後ナダルはブエノスアイレスでの対戦の翌週からクレー大会で二週連続優勝。
それからマイアミ(決勝でフェデラーに6-2,7-6(4),6-7(5),3-6,1-6で敗退)を挟んでその翌週のバレンシア(クレー)準々決勝でアンドレエフに敗れますが、
この翌週のモンテカルロ優勝を起点にナダルのクレー81連勝が始まります(モンテカルロ準々決勝でガウディオから初勝利、以降3連勝し通算3勝3敗、対戦は全てクレー)。

ところで自分も書きながら気付いたのですが、ナダルが飛躍した2005年のフェデラーは4つしか負けていません。
年初から順に全豪対サフィン、モンテカルロ対ガスケ、全仏対ナダルそしてファイナル対ナルバンディアンでした。
この年、フェデラーを2セットダウンまで追い込んだのはマイアミのナダルのみです(全仏ではフェデラーが第2セットをとっています)。
また、サフィンは1セットダウンを二度追いついてからの、ナルバンディアンは2セットダウンからの逆転勝ちであり、ガスケは3セットマッチでしたので、全仏も含めて、この年のフェデラーに2セット差をつけたのはナダルのみでした。

話題がそれましたが、ジョコビッチにとって、この記録はおそらく初めてのナダルとフェデラーを越える記録ではないでしょうか。
生涯勝率は現時点で前回より1.5%上がっています。
なおハード勝率は82.32%(163勝35敗)。
年初から2%以上の上昇です。

ところで、ビッグサーバーのページのアイズナー対マウーの記述ですが、第二セットが逆になっていますので報告します。

駄文失礼しました。
  1. URL |
  2. 2011/05/07(土) 16:26:54 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>nano様

ATPでも何の前触れもなく数字を変えているので混乱を生じますよね
私も始め何故だかわかりませんでした。
またデータに変更があったのかなとも思いました。
せめて記事内で一言訂正の理由を書いてくれればいいのですが。

>2R様

過去の記事などばかりになってしまっていますが大会の方も盛り上がっていますね。
ジョコビッチの記録は、他の比較者が、
いずれも絶対の王者による達成であるという点で少々異質です。
これから王者になるということなのでしょうか。
また、アイズナーvsマウのご指摘ありがとうございました。修正しておきました。
  1. URL |
  2. 2011/05/08(日) 07:58:46 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

どこに書こうか迷ったのですがとりあえずここに。

アイズナーvsマウー戦についてですが、ウィンブルドンのMatch Statisticsではアイズナーのエースは113本となってますが、実はこれは間違いで本当は112本です。

実際、Serve StatisticsのTotal Acesの数値を合計すると112になるうえ、大会総括の記事でも112本と紹介されています。

http://2010.wimbledon.org/en_GB/news/articles/2010-07-04/201007041278267849952.html

In stark contrast was the Isner-Mahut first round marathon, which stretched over three days, lasted 11 hours five minutes and totalled 183 games before Isner staggered away the winner 6-4, 3-6, 6-7, 7-6, 70-68. The final set alone lasted just over eight hours. Both men shattered the record for aces in one match, previously held by Ivo Karlovic at 78. Isner delivered 112 and Mahut also cracked the century with 103. An exhausted Isner crashed out to Thiemo De Bakker of Holland in the next round, collecting just five games.

http://2010.wimbledon.org/en_GB/scores/stats/day11/1160dss.html
  1. URL |
  2. 2011/05/27(金) 00:57:40 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/625-2245bcb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター