レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2011年マドリッド、ジョコビッチ優勝

ナダルとの見事な試合を制してジョコビッチが優勝しました。
今年負けなしの快進撃を続けています。

少し事情が変わってきました。
ここまで不敗とはいえクレーではあくまでもナダルに挑む形であったと思います。
しかし例えば次のローマで対戦した場合、
今度はナダルのほうが挑む形になるのではないでしょうか。

ジョコビッチは今年最初のクレーマスターズ1000であるモンテカルロを欠場しました。
怪我によるものですが、それがいい形に繋がったのではないかと思います。
まずは当然体力面です。良い休息と適度なブランクで
ハードからクレーへの移行が上手く言ったと考えられます。
復帰後最初のクレー大会はマスターズ1000ではなく、より小規模のしかも地元大会でした。
これは気持ちを充実させるのに大きな意味を持ったと思います。
そして今大会を迎えたわけですが、クレーマスターズ1000の中でも球足の速い、
比較的ハードに近いと言われているコートですから、
まずナダルに挑む、というには絶好の大会だったことになります。
ジョコビッチとしては勢いに乗るに充分な条件が揃っていたと言えるでしょう。
決勝まで全て順調な勝ち上がりではありませんでした。
しかし、ナダル戦はこれまでで最も気合の入ったショットの連続で
心身ともに絶頂であったと見ていいと思います。
これまでクレーのナダル戦では僅かなミスショットから
ズルズルと調子を落としてしまうことがありましたが今回はそれがありませんでした。
いや、今回だけではありません。
今や、これまでとは違うジョコビッチを見せています。

続いて直ぐにローマが始まりますが
ジョコビッチの快進撃はナダルのNo.1を脅かす所まで来ています。
ローマのドローではマドリッドに続いてフェデラーがナダル側に入りました。
今のジョコビッチはかつてのフェデラーのように
近くのドローではなく、遠くのドローを見据えて大会の行方を占うことが出来ます。
ジョコビッチの背中を押すかのようなこの組み合わせは、果たして吉と出るでしょうか。

これまでの年初からの連勝記録ですが
1980年のボルグはビラスに
1984年のマッケンローはレンドルに
1986年のレンドルはベッカーに止められています。

いずれもビッグネームの選手が止めているということがわかります。
しかしビッグネームとはいえ、それまで苦労していた選手たちばかりです。
圧倒的な連勝を続けている状態なのだから当然とも言えますが
ボルグはビラスにそれまでなんと11連勝中でした。
レンドルもベッカーに4戦して負けなしという状態でした。
またマッケンローは一時期レンドルに連敗を続けていたことはありましたが
この直前には5連勝をしていました。

これに当てはめると今回のジョコビッチを止めるのは
フェデラーかナダルではないかと思われなくもないです。
ジョコビッチはフェデラーとナダルの両方に今年だけで3連勝しています。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/09(月) 10:00:35|
  2. 2011年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2011年、ローマ2回戦 | ホーム | 1991年全米、ロスターニョvsラセクについて>>

コメント

pt計算は面倒なのであまり関心ないのですが、ジョコビッチは本当に1位が見えてきましたね。差が2000ptもありません。

フェデラーファンの私は気持ちがすでに全英に向かっています。全英でフェデラーにとって脅威になりそうな選手はどんな選手ですか?ベルディヒ、ヒューイット、ナダル、マレー、ジョコビッチ、ロディックあたりでしょうか。なんとしても優勝してほしいです。
ところでいつだったか芝が遅くなっている記事を読みました。2003年と2008年の比較でフェデラーのサーブがバウンド後に10キロ近く遅くなっているようで、90年代後半の試合を見るとかなり速く感じます。特に全英2週目の芝は年々剥げてませんか?どの大会もサーフェスが遅くなっていますが芝までもがこうなるとは納得できません。全英決勝はまるでクレーを見ているようです。
  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 10:50:43 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

ジョコビッチの1位奪取の可能性

実は、今週ジョコビッチが1位になる可能性はあります。

とはいっても、ナダルが準決勝を前に敗れることが絶対条件になるので、可能性は微妙でしょう。

今週はジョコビッチに失効点がないため、もしジョコビッチが決勝でナダルを破って優勝したとすると、両者のポイント差はいよいよ500を切ります(逆だと1200ポイントほどの差になります)。

その場合、全仏では昨年ナダルが優勝、ジョコビッチがベスト8ですから、いよいよ全仏後の1位奪取も見えてきます。

仮にナダルが連覇しても、ジョコビッチが準優勝なら1位入れ代わりです。
ベスト4でも両者のポイント差はなんと50を切ります。

ローマでナダルが優勝、ジョコビッチが準優勝ならば、全仏ではナダルが連覇すれば1位を守れます。ただしこの場合でも、全仏でジョコビッチが優勝すると、ナダルはたとえ準優勝でも2位に落ちます。

ナダルがジョコビッチの勝敗に関係なく全仏後の1位を確定させたい場合、ここから先は負けられません。
※ローマでジョコビッチが早期敗退するとまたかわってきます
  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 12:44:39 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

ランキング1位争い

マドリードの決勝はジョコビッチのストレート勝利で、まさに押しきった威圧的な勝ち方でした。
2Rさんのコメントによるとジョコビッチの1位が現実味を帯びてきましたか。情報ありがとうございます。

ナダルがたとえローマとフレンチオープンを優勝できたとしても、その次のグラスコートでも守るポイントが多いです。昨年のジョコビッチはといえばクイーンズで3回戦敗退、ウィンブルドンは準決勝敗退でした。今年はそう簡単に失速しそうにないです。圧倒的な強さでナダルの1位を抜きにかかっています。

ただし私は、ナダルがフレンチオープンまで1位を守れれば上出来だと思います。
ナダルが前回ランキング1位キープに挑戦したときは、2008年の8月18日から2009年の7月6日まで、トータル46週でした。1年間(52週)連続で1位を守ることができなかったわけです。
1年間継続して1位を守り続けることは非常にむずかしいです。
(例えば女子は、エナン以来なかなか安定した選手が出ていません。2009年のセリーナは何度かサフィーナに1位を譲りました。)

ナダルが、以前にはできなかったことを新たに達成するならば立派な偉業です。
いつかジョコビッチに1位を譲るにしても、ナダルには52週の連続1位を守ってもらいたいと期待しています。あと一頑張りなので達成してくれればすばらしいです。
  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 21:27:14 |
  3. Brown #.3vn2oRo
  4. [ 編集]

ランキング1位

なるほど、そういうことだったのですね。

マドリッドの優勝インタビューで、ランキング一位に関するコメントが、ナダル、ジョコビッチ二人からあり、「2,000p近くもあるのに気が早いなぁ」と思っていたのですが、そういうことだったのですか。昨年は出場しなかったんでしたっけ?

Fさん同様、フェデラーの復調を願うのですが、1位奪還は難しいですかね。あと、もう1週でいいんですけど。。。


CNNのOpen Courtで、ジョコビッチのコーチが、「とにかく試合を楽しむことを学んでほしかった。この頃、それができるようになってきている。」と言ってました。彼は昔から、シャラポワやアガシの真似なんかして、陽気な人だったと思うのですが、さらに輪をかけて、余裕ができてるのでしょうか。

それに比べると、今回の準決勝での、フェデラーの審判への噛みつきは”余裕なし”って感じだったなぁ。フェデラー、頑張れ!
  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 23:21:14 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

昨年のジョコビッチ&錦織がローマを棄権

昨年のジョコビッチは、マドリッド前週のセルビアオープン準々決勝で棄権敗退、マドリッドも欠場しています。
※今年は日程が変わって大会順が変わったため今週失効するのは昨年のマドリッドのポイントです。

またローマ予選を通過した錦織が、初戦を腎臓結石で棄権しました。
また、錦織と対戦するはずだったモンフィスも棄権したため、ここのカードはニエミネン対マンナリノのラッキールーザーどうしの対戦になっています。
  1. URL |
  2. 2011/05/10(火) 01:18:28 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

皆様コメントありがとうございます。

ジョコビッチのこの快進撃であれば
No.1がみえてくるのも当然といったところでしょうか。

主役の座を降りて3位に定着してしまっている感のある
フェデラーですが、それでも4位よりは2位に近い位置にいます。

その他、長くトップ10にいたロディックが落ちてしまっているのが気がかりです。
まだ12位なので挽回も可能な位置にはいますがローマでは早くも敗れてしまいました。
もっとも、ロディックにとっての本番はグラスシーズン以降なのだとは思います。

デル・ポトロにもう一伸び欲しいところです。
若手もまだ出てきませんね。

このままナダル&ジョコビッチ時代が続くのでしょうか。
大きく変化する要因はまだ見えてきませんね。
  1. URL |
  2. 2011/05/10(火) 11:50:00 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/627-2c45f2fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター