レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2011年、全仏決勝はナダルvsフェデラー

決勝の顔合わせが決まりました。
3年ぶりにナダルvsフェデラーです。

準決勝2試合はどちらも流石はトップ4というべき見事な試合でした。
ナダルvsマレーは「6-4 7-5 6-4」というストレートでしたが
内容は濃く、マレーの勢いのあるショットは迫力充分でした。
全体的にはここ最近のいつもの2人の対戦という感じでした。
お互い守備が最大の武器なのですが、試合の中で攻守の入れ替えが激しく、
特にマレーが攻勢に出だした後に、負けじとナダルも
それに付き合うかのように攻めに転じるのが面白いです。
やはりコート適正といいますか、あと一歩という所でナダルに一長あったでしょうか。

もう一つの試合ではフェデラーがジョコビッチを下しました。
スコアは「7-6 6-3 3-6 7-6」です。
こちらもまたもの凄い迫力の試合でした。

まともな打ち合いならば恐らくジョコビッチのほうが有利だったでしょう。
それをどうかわすかがフェデラーにとっての鍵だったと思いますが
バックハンドの使い方の巧妙さが勝負を決めることになりました。
深さ浅さのコントロールをつけたスライスショットは
非常に巧みなプレーだったと思います。
もちろん緩急をつけることが必ずしもいいというわけではありません。
現に今年に入ってからフェデラーの緩急はジョコビッチに通じなかったわけですから。
しかし今回は上手くいきました。クレーコートということもあったかもしれませんが
「この試合はうまくいった試合だった」という評価が正しいでしょう。
また、フェデラーはサーブも好調でした。
このサーブとバックハンドは決勝のナダル戦でもキモになるショットなので
好調さを維持したまま次に臨んで欲しいところです。

敗れたジョコビッチは連勝が43で止まることとなりました。
歴代2位のレンドルにわずか1つ及びませんでした。
また、年初からの記録としては41連勝となりました。
こちらはマッケンローの記録に1つだけ及びませんでした。
しかしいずれにしてもすごい記録を樹立したことに変わりはありません。
連勝こそ止まりましたがジョコビッチは次にNo.1という目標が待っています。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/06/04(土) 04:58:18|
  2. 2011年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<2011年、全仏はナダルが制覇 | ホーム | 2011年、全仏ベスト4とフェデラーのベスト8連続記録>>

コメント

久々のフェデラー対ナダルの決勝

今回はさすがに先を越されましたね。
まあ…時間的にちょっとつらいものがありましたから仕方ないです。

さて今回の決勝ですが、もしフェデラーが勝つとジョコビッチが1位になります。またそれだけでなく、フェデラーのポイントが10000を超えてきます。そのうえでもし得意のウィンブルドンでサンプラスに並ぶ7度目の優勝を飾ることができれば、フェデラーも1位争いに完全に復帰し、他の二人の結果にもよりますが、1位争いはかなり混沌としてくるでしょう。

しかしそれ以降はフェデラーも守るポイントが増えてきますので、1位復帰への道はなかなか険しいです。


以前のコメントにも書いていたんですが、

アイズナーvsマウー戦についてですが、ウィンブルドンのMatch Statisticsではアイズナーのエースは113本となってますが、実はこれは間違いで本当は112本です。

実際、Serve StatisticsのTotal Acesの数値を合計すると112になるうえ、大会総括の記事でも112本と紹介されています。

http://2010.wimbledon.org/en_GB/news/articles/2010-07-04/201007041278267849952.html

In stark contrast was the Isner-Mahut first round marathon, which stretched over three days, lasted 11 hours five minutes and totalled 183 games before Isner staggered away the winner 6-4, 3-6, 6-7, 7-6, 70-68. The final set alone lasted just over eight hours. Both men shattered the record for aces in one match, previously held by Ivo Karlovic at 78. Isner delivered 112 and Mahut also cracked the century with 103. An exhausted Isner crashed out to Thiemo De Bakker of Holland in the next round, collecting just five games.

http://2010.wimbledon.org/en_GB/scores/stats/day11/1160dss.html
  1. URL |
  2. 2011/06/04(土) 06:47:16 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

フェデラーも吹っ切れたか?

今日も仕事だというのに、WOWOWで見入ってしまいました。(ちと眠い)

フェデラーのプレー振りを見ていて感じたことを書きます。
ワウリンカ戦まではフェデラーも余裕な感じで、逆に心配していました。というのも、ジョコビッチやナダルのように強くて速い球をアングルに打ち込んでくる相手と当たることなく勝ち上がってきたからです。

「このレベルの相手だと、まだまだ余裕のあるフェデラーだなあ。30歳を目前にして、それもスゴイことだけど、1位に返り咲きたいと宣言していることを考えると、このレベルのプレーではジョコビッチやナダルには勝てないのではないか。ワウリンカ(それ以下)のレベル相手に余裕かましていても、上位2名にはコロッと負けてしまうぞ。ここまでの相手になら、もっと圧倒的な勝ち方でもしてくれれば、期待も高まるというものだけどなぁ。」そんな心境で見ていました。

しかし、次はモンフィスです。少し苦戦するのでは?と思っていたら、少しギヤを上げたのかストレート勝利でした。
ただ、勝ち方は、なんとも不思議な感じがしていました。
追いついている球や、自分のいるところに返ってきたような球も、相変わらずミスヒットでホームランしています。
また、回り込みが若かりし頃よりも遅くて、今ひとつ回りこんだフォアに威力がなかったりしているからです。

この不思議な感じは、ジョコビッチ戦を見て解決しました。
フェデラーは、自分の年齢と衰えを受け入れて、ようやく新しいプレースタイルを正面から自分のものにしたのだと思います。
かつてのようなパワーもスピードも無い。華麗なフォアの回り込み逆クロスも打てない(というか、打っても決定力が無い)。回り込みも反応も、ほんの一瞬遅いので、ギリギリで回り込んで余計にパワーが無い。
ポイントの取り方を変えなくてはならない。年老いた分、工夫しなくてはならない。

ジョコビッチ戦でも、ホームランが多かった感じでした。見ているこちら側も、全盛期と比較してしまっていて、アンフォースドエラーが「多い」と感じてしまっているのかもしれませんが。
プレー振りも、パワフルさは無い。しかし、1st、2ndセットをとりました。
・・・そうか、パワフルさが無いのは、リラックスしているからだ。過去の栄光を引きずってプレーしたら、よりミスも増えて、体力もどんどん消耗するばかりだから、以前にも増して脱力してプレーしているのか! 強引な回り込みもせず、チャンスを待つ。サーブを向上させる。大事なポイントはサーブでとる。
きっと、晩年はいつにもましてサーブ&ボレーが増えたサンプラスをみていたポールアナコーンコーチの影響も大きいのだと思いました。

衰えを受け入れて、華麗でなくても勝つテニスを実践するようになったフェデラー。
ナルシストといわれるフェデラーが、このような決断をして、本当に1位を狙おうとしている姿に感銘を受けました。

WOWOW解説者の神尾米さんがコメントされていましたが、「フェデラーのスライスが今回はジョコビッチに効いた。低い体性にさせられるスライスは、膝をしっかり曲げなくてはならないので、ボディーブローのようにジョコビッチの体力を奪っていった。最後の方はジョコビッチの膝が曲がっていなかった。」ということでした。きっと作戦も立てたのでしょう。
さて、次のナダル戦では、どんな作戦とプレーを見せてくれるのか楽しみです。(コロっと負けたら悔しいですが)

データや数字ではわかりにくい部分かもしれませんが、晩年のサンプラスがサーブ&ボレーを増やしたように、息の長いトッププレーヤーは皆、加齢と共にプレースタイルを変えていったのでしょうか。アガシなんかは、いつまでもハードヒットのプレースタイルで、息が長いといっても、さすがに衰えていったというイメージです・・・。

(長文になって申し訳ありませんでした。)
  1. URL |
  2. 2011/06/04(土) 12:02:00 |
  3. 蘭丸 #-
  4. [ 編集]

嬉しいニュースですね!絶好調だったジョコビッチを抑えたのが苦い思いをさせられたフェデラーだったというのが痺れます。個人的にフェデラーのドローは中々厳しいと思っていたのですが、思いのほか快勝が多くって、いやはや、、、良くやってくれました!正直、またジョコビッチに負けてしまうだろうと思っていましたので、この結果にただいま興奮しております。私の勘は当てになりませんね^^;

ナダルのクレー連勝記録を止めた時以上の嬉しさを感じました。試合内容も濃かったので、本当に価値ある勝利になりましたね。そういえば、サンプラスのウィンブルドン4連覇を阻んだり、ナダルのクレー連勝を2度も止め、ジョコビッチの連勝記録も止めたりと、フェデラーって何気に大物ストッパーだったのですね。しかもポロっと勝ちではなく、中々濃い試合内容で、いずれも大舞台での達成ですから。
  1. URL |
  2. 2011/06/04(土) 13:15:40 |
  3. 渚 #-
  4. [ 編集]

とにかく嬉しい!

寝不足で頭が痛いです。でもフェデラーが勝ってくれたので、何の文句もありません。というか、嬉しさで舞い上がりそうです。私も正直、今回は厳しいかなと思っていたので、この喜びは格別です。グランドスラムの優勝から離れていたわけですが、決勝も昨年の全豪以来なんですね。最終日までワクワクできるのも久しぶりです。

サーブ、よかったですよね。モンフィス戦の時、試合全体だったか、セット単位だったかは忘れましたが、ファーストの確率が48%になってたので、ここは気がかりでした。あと、サーブの平均速度(最速速度でではなく)が昨夜は高めだった気がするのですが、これはクレー対策なのでしょうか。彼の場合、速さで勝負するサーブではないですから、200km越えはそれほど打たない印象なんですけど、昨日は多めだった気がします。

あとは、感情のコントロールが昨夜は絶妙だった気がします。特に4セット目。彼は不利な状況に陥った場合、闘争心をむき出しにするとイライラしちゃうし、それを抑え込もうと冷静になりすぎると、今度は闘争心レベルが下がってきてしまう。もちろんいつもではありませんが、感情コントロールができないうちに自滅していくような試合が少なからずあったと思います。でも、昨夜は最後まで中庸が保たれていたように思います。

4セット目の12ゲームの前の休憩のとき、審判にどこまで試合をやるのか確認したようですね。5セットに突入するなら、続きは翌日と聞き、一段ギアを上げたように見えました。あれが5セットに突入していたら。。。翌日にずれ込んでいたら。。。結果がどうなっていたかは微妙だったかも。

さて、ナダルとの決勝。勝ってもらいたいですが、望みすぎでしょうか。2009年に優勝はしていますが、ナダルとは直接対決してないですから、なんとなく「鬼のいぬ間に」みたいな感じもあります。2008年のようなベーグルのストレート負けは避けてほしいですね。今の彼なら、そんな試合にはならないと期待していますが。

一方のジョココビッチは、連勝記録のプレッシャーから解放されたのは大きいんじゃないでしょうか。のびのびとプレイできそうな気がします。フェデラーにとっての1位争いは相手がナダルだけなら、ナダルは年の後半は勢いが落ちていく傾向があるので、「行けるかも」と思えるのですが、今年はジョコビッチが活躍しそうですからね。どうなんでしょう。ファンとしてはもちろん大きく期待しています。
  1. URL |
  2. 2011/06/04(土) 16:02:28 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

ハレ、1回戦から昨年決勝の再現

こんばんは。

ハレの組み合わせを見ましたが、思わず目を疑いました。

1回戦からフェデラーvsヒューイット。
昨年決勝と同じ組み合わせです。

これはびっくりしました。

ヒューイットがランキングを下げて久しいですが、全盛期を知らない自分でも、初戦からヒューイットはタフだというイメージがついています。

一方クイーンズには錦織と添田の名前が見えます。
錦織はクエリー、添田はステパネクと対戦します。


ロディックのブロックにカルロビッチの名前が見えます。
期待通り当たってくれないでしょうかね。

2009 Washington
DC, USA Hard Q Roddick, Andy
7-6(4), 7-6(5) Stats

2009 London / Queen's Club
Great Britain Grass Q Roddick, Andy
7-6(4), 7-6(5) Stats

2007 Washington
DC, U.S.A. Hard S Roddick, Andy
7-6(7), 7-6(5) Stats

2005 ATP Masters Series Madrid
Spain Hard R32 Karlovic, Ivo
3-6, 7-6(7), 7-6(3) Stats

2005 Washington
DC, U.S.A. Hard Q Roddick, Andy
6-7(7), 7-5, 6-4 Stats

2005 London / Queen's Club
England Grass F Roddick, Andy
7-6(7), 7-6(4) Stats

本当にもう驚異のタイブレーク率です。

14セット中11セットがタイブレークです
  1. URL |
  2. 2011/06/05(日) 02:03:57 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>>Au-saga様
ナダル、グラフのGS22個あたりまで行くんじゃないですか?管理人さんの詳しい見解が聞きたいです。
  1. URL |
  2. 2011/06/06(月) 02:55:09 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

皆様コメントありがとうございます。

トップ4の勝ち上がりを予想した人は少なかったのではないかと思いまうすが
久々に4人の見事な試合を揃って目にしたように思います。


>F様

ナダルは今回の優勝で10個目のグランドスラムタイトルです。
2005年に最初に全仏を取ってから足掛け6年ということになります。
22個ということになると、この倍を取らなくてはいけません。
同じペースで行ってもあと6年以上かかるわけです。
ナダルが31歳などということになりますね。
さすがにそこまでコンスタントに勝ち続けることは難しいのではないでしょうか。
フェデラーの16こに迫るのも至難の業ではないでしょうか。
もちろん可能性はあります。あと6個です。
ただ、あの強烈なベッカーでさえ生涯グランドスラムが6個、
マッケンローでも7個といった数字を考えるとナダルといえども簡単ではないと思います。
フェデラーと決定的に違うのはグランドスラムの半分を占めるハードコートで
圧倒的に強いわけではないという点です。
全豪も全米も制していますが1回ずつであり、
やはり回数を稼ぐには全仏頼みになりそうな気がします。
  1. URL |
  2. 2011/06/06(月) 09:22:02 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

すみません

こちらのビッグサーバーの歴史もアイズナーが113とかかれているので訂正を

と言い忘れていましたね
  1. URL |
  2. 2011/06/06(月) 13:48:38 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/632-dbf2e100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター