レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2011年、ウィンブルドン開幕

2011年、ウィンブルドンが開幕しました。
グランドスラムはどれも重要ですが中でもウィンブルドンには独特の重みがあります。

かつてレンドルが勝てないときには何で皆ウィンブルドンばかり騒ぐのだ、
とひねくれてましたが、今振り返ってみれば想い出の試合も多いです。
時代と共に変化してきた選手達の顔やプレーの変遷が頭をよぎります。
私自身、一時期イギリスに居たことがあり、
当時は一年のカレンダーはウィンブルドンを中心に回っていましたので
やはり改めて特別な大会だと感じます。

個人的な感傷はともあれ、ドロー表をさらっておきましょう。
既に前記事のコメント欄でも触れていただいておりますが
今回一番の話題をさらったのがアイズナーvsマウーの再戦です。
昨年歴史的な勝負となったので今年もという期待も当然でしょう。
もちろん大熱戦の後にあっけない試合になるということも多くありますので
内容への期待というのは難しいところなのですが。

と言っている間に試合が終わっていました。
「7-6 6-2 7-6」でアイズナーの勝利、マウーはリベンジなりませんでした。
タイブレークが2つというところに去年の名残がありますが
エースは共に8本ずつという、寂しさというかなんというか普通の試合結果となっています。

日本期待の錦織はヒューイットとの対戦でしたが、さすがに敵わず初戦で姿を消しました。
全仏であったらもう少しの期待は持てたかもしれないところです。
ヒューイットは次にソデルリングとの対戦となります。2回戦で最も熱いカードといえます。

その他、個人的に気になる選手として、フェデラー世代やそれより上のベテランたちがいます。
まずリュビチッチですが、チリッチとのクロアチア新旧対決を制して2回戦に進出しました。
生涯勝率に比べてグランドスラム勝率の滅法低いリュビチッチのこの勝利はある意味快挙です。
とても地味な快挙ですが私は脳裏に刻みつけておきたいと思います。

次にナルバンディアン。この選手も少し期待しています。
最近名前を聞かないですが、パッと何かしてくれるとしたらそろそろ時期だと思うのです。
ドローとしては3回戦でフェデラーと対戦する位置にいます。観たい試合です。
2002年にヒューイットと決勝戦を戦ったわけですがもう9年前になるんですね、
その頃、強くなる前のフェデラーはただの期待の若手の一人でした。
2002年はアンチッチに初戦敗退でした。
フェデラーだってウィンブルドンで初戦敗退していた時代があったのです。

ダビデンコ
最近はフェデラー、ナダル、ジョコビッチのせいでコート種別に差がないような錯覚を覚えてしまいますが
典型的な「グラスに弱い」を地で行く貴重な選手です。
案の定負けてしまいました。
色々思い入れのある選手ですがここは敢えて多くを語りますまい。

ジェームス・ブレーク
そろそろもうひと華咲かせてもいいんじゃないかなと思う選手です。
グラスは得意ではないので今大会での期待はそれほどでもありませんでしたが
初戦がバグダティスということで少し気になっていました。
驚いたことに「4-6 2-6 7-6 6-4 4-6」と負けはしたものの見事な粘りを見せました。
まだまだいけますよ。今後は得意のハードシーズンですから。

フェルナンド・ゴンザレス
ブレークと同様グラスを得意としない選手ですが、こちらはなんと
第22シードのドルゴポロフを「6-3 6-7 7-6 6-4」で下しました。
ん~、若手、期待してるんだから頑張れ、と言いたくなる部分がある反面、
ベテラン、よくやった、と言いたくもなるという、ある種の矛盾をはらむ
実に感情の入れ方の難しくなる試合結果です。

フェリシアーノ・ロペス
最近はランキングを落としていますがどのコートでも安定感のある選手です。
左利きのネットプレーヤーという今日ではレア度の高い選手ですからその活躍は気になります。
初戦を無事に勝ち上がり、2回戦では更に上の世代ともいうべき大ベテランのシュトラーと対戦します。
シュトラーは2003年全豪のファイナリストですが、
ウィンブルドンでの2008年のベスト4で覚えている方も多いでしょう。
ソデルリングvsヒューイットに次ぐ注目の2回戦カードです。

カルロビッチ
勝ち負けと関係なくいつも気になる選手です。
ティプサレビッチとの対戦ということで試合内容にも期待がありましたが
第2セット途中でティプサレビッチがリタイアしてしまったため簡単に勝ち上がることになりました。
因みに1.5セットでエースは14本でした。
アイズナーvsマウーが3セット戦って8本ずつですから、
やはり真のサーブ王はあなたなんですね。

マーディ・フィッシュ
地味ですが時々妙に勝ち上がったりする選手です。
ただ、グランドスラムではほとんど実績を残していません。
初戦は勝ち上がりましたし、比較的可能性のあるドローにいるので少々気にかけています。

ベルダスコvsステパネクが初戦で最も白熱した試合となりました。
スコアは「2-6 4-6 6-3 7-6 9-7」。大逆転劇でベルダスコが勝ちました。

2009年のセミファイナリスト、トミー・ハースは敗れてしまいました。
このところほとんど試合をしていなかったのでこれはやむを得ないところです。


最後になりますが、トップ4シードについて。
本来は最初に触れないといけないんですが。
ナダルの山にマレーが、ジョコビッチの山にフェデラーが入りました。
なんとなくですがウィンブルドンでナダルvsフェデラーの準決勝は観たくないですよね。
バラけてくれてほっとしています。
とはいえ、このまま勝ち上がった場合、誰が残るのかわからない組み合わせです。
もちろん今年二度目のジョコビッチvsマレーもありえます。
実は現時点でのこの4強の力関係は全く読めません。
誰が誰に勝ってもおかしくない。そう思いませんか?

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/06/22(水) 18:16:46|
  2. 2011年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<2011年、ウィンブルドン2回戦 | ホーム | 2011年、全仏はナダルが制覇>>

コメント

ウィンブルドン今年も始まりましたね。ローランギャロス終わったと思ったら、もう始まるのか・・・
ヒューイットは私がテニスを始めた2002年にウィンブルドンで優勝したのを見て、強烈な印象があります。
なんてカッコいいんだと!!錦織選手を応援してましたが、負けてしまった以上は、ヒューイットにソデルリングを倒してもらいたいものです。
そういえば、確か2009年には2回戦でデルポトロ倒してた記憶が・・・。年齢や怪我で衰えはあるものの、
芝ではまだまだ強い選手ですし、ヒューイットに注目してます。
ジョコビッチはどうなるでしょうね?多分一番ストローク戦にはなりにくいコートですし、強いてあげれば他の
選手が一番勝てる可能性のある条件かな、とは思います。
まあ、そういいつつも去年は今より断然サーブに問題アリな状態でベスト4ですし、今年はサーフェス関係なさそうでもありますが・・・。
  1. URL |
  2. 2011/06/22(水) 19:25:27 |
  3. toto #-
  4. [ 編集]

いつも楽しく拝見してます。
RGが終わってWBがはじまるまで、私は過去の試合を見たり(GAORAなど)、サンプラスのテニスを見たくなってサンプラスのDVDをかったりしてしましました。

7回目の優勝時、サンプラスが客席まで登って喜んだように、ロジャーも同じ喜び方を表現して欲しいと私は願っています。

ところで、購入したDVD「Wimbledon Record Breakeres」の中に、
パンチョ・ゴンザレスの試合が収録されていたDVDもあったので、興味深く見てしまいました。
1969年1回戦のパンチョ・ゴンザレスの試合が(おまけ程度ですが)収録されていたのですが、
この試合は有名な試合なのでしょうか。なぜこのような試合が収録されているのか不思議でしたので、
管理人さんならご存知かと思い、カキコさせて頂きました。

ではでは。

Wimbledon: Record Breakers [DVD] [Import] DVD ~ Wimbledon-Record Breakers
http://t.co/pZJyr2v
  1. URL |
  2. 2011/06/22(水) 22:47:06 |
  3. xavi_takayuki #-
  4. [ 編集]

Re: 1969年1回戦のパンチョ・ゴンザレスの試合

Pancho Gonzales vs Charlie Pasarell の 1969 Wimbledon 1R は、22-24 1-6 16-14 6-3 11-9 という5時間オーバーの最多ゲーム数の試合ということで有名ですね。昨年の Isner vs Mahut のときにもよく引き合いに出されていました。
  1. URL |
  2. 2011/06/23(木) 00:37:15 |
  3. Shaolin #-
  4. [ 編集]

昨年のウィンブルドンあたりの話題

>Shaolinさん

ちょうど昨年の今頃でしたか、管理人様のかかれたタイブレーク小話(?)にもかいてあった試合ですね。
まさにちょうどアイズナーvsマウーの試合の後あたりにかかれた記事ではなかったでしょうか。

さてさて伊達さんはビーナスに惜敗しましたが、土居選手がシードを破りました。
まだこれが一回戦ですが日本勢最後の砦となりました。

男子をみますと、やはり激戦の疲れがあるのかベルダスコが苦戦しています。

シュトラーとロペスの対戦はいま1stセットのタイブレークをロペスがとりましたがなかなか面白くなりそうです。
そういえばこの二人って昨年にロペスを追加したあたりで話題にしたのを覚えています。

たしか先にロペスのネタを見つけて、後からシュトラーをロペス型のネタ選手といっていました。面白いことにそのときあたりのクイーンズでこの二人がともにベスト4に入ったんですよね。
  1. URL |
  2. 2011/06/23(木) 02:20:02 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>toto様

2009年当時、順当に行けばデル・ポトロの勝利で決まりみたいな雰囲気がありました。
その中での勝利でしたし、翌2010年にはハレでフェデラーに勝利してます。
そして今年です。ヒューイット、まだまだ終わってないと思わせて欲しいです。


>xavi_takayuki様

Shaolin様の仰られているとおり長い試合の代表として有名なものでした。
「Wimbledon Record Breakeres」というこのDVD、私も持っています。
このおまけのパンチョ・ゴンザレスの試合が観たいがために買ったのですが
それほど長く収録されていないのがなんとも残念なところです。


>2R様

クルム伊達は惜しかったですね。
私は最近女子の試合を殆ど観ないのですが珍しく集中して観てしまいました。
また、ベルダスコは敗れましたね。
  1. URL |
  2. 2011/06/23(木) 11:10:54 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ダブルスで超マラソンマッチ

R.Bopanna/A.Qureshi vs J.Cabal/R.Farah がすごいことになってます。

そのスコアは 2-6 6-2 21-19で第4シードぺアが敗れました。
というか今年から男子ダブルスは最大3セットに短縮されたんですね。
昨年の男子ダブルスはものすごいことになっていましたからね・・・・タイブレークとフルセットの嵐でした。今見ると2試合連続フルセットというのも多いです。

ところでダブルスというと、アンディー・マレーの兄ジェイミーが今大会ではスタコフスキと組んで出場していますね。

追記
土居がチェン・ジェを6-3,6-1で破り3回戦進出を決めました。
次の相手はおそらく第3シードのナ・リーでしょう。

ナ・リーは昨年の今大会2回戦では、奈良を破っています。
日本勢のリベンジとなるでしょうか?
  1. URL |
  2. 2011/06/23(木) 23:11:09 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>2R様

ダブルスのルールはちょくちょく変わるのでわからないのですが、
今大会はファイナルセット、スーパータイブレークではないということでしょうか。
3セットマッチになったということは、普通にタイブレークのないファイナルセットになったんですかねえ。
他の試合のスコアを見てもファイナルセット「6-2」とか「6-3」とかがあるのでそうなのかと思いますが。

ダブルスはほとんどノーチェックで申し訳ないです。


  1. URL |
  2. 2011/06/25(土) 11:44:12 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ファイナルセットは普通のゲームでした。

というかそれに気づいて書いている途中で試合が終わってしまいました^^;
  1. URL |
  2. 2011/06/25(土) 12:22:21 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>2R様

ありがとうございます。
ルールが大きく違うのも混乱のもとなので、
その辺がスーパータイブレークで無くなった理由でしょうか。
代わりに3セットマッチにしたということなんですかね。
  1. URL |
  2. 2011/06/27(月) 09:11:40 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

男子ダブルスについて

こんにちは

ウィンブルドン男子ダブルスですが二回戦は最大5セットでした。
一回戦のみ最大3セットというのも不自然ですし、日程消化を優先した措置なのかもしれません
  1. URL |
  2. 2011/06/28(火) 11:17:54 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

かつてのオープン化直後の全米などで最初だけ3セットマッチというのをやってましたが
レギュレーションが変わりすぎても困ります。
ただ、マスターズシリーズの決勝だけ5セットマッチというのは復活してほしいなあと
個人的には思います。
  1. URL |
  2. 2011/06/28(火) 17:44:22 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/634-94b4d505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター