レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2011年、上海マスターズ、荒れてます

ベスト8が出揃いました。

ツォンガ、フィッシュに加えてナダルやベルディフが敗退、
上位8シードで残っているのはボトムハーフのマレーとトップハーフのフェレールだけとなりました。
大いに乱れています。

トップハーフでは第10シードのロディックが勝っていますが
次の相手がフェレールですので、実績組が削りあう形となってしまっております。
(ちょうどこの記事執筆中に両者の対戦が行われています。まだ第1セット互角の攻防です)

ナダルはやはり好調ではないんでしょうか。今のところランキングポジションは安泰ですし、
この時期は毎年良くはないので、大げさに騒ぐ部分ではないかもしれませんが、
それでもベスト8に残らないなんて珍しいことです。
ここは、ジョコビッチ、フェデラーとともに復調を目指して欲しいと思います。
年末の大会で上位陣総崩れとか、更に悪く欠場が相次ぐなんてことのなったら目も当てられません。

明るいニュースはこれ。錦織が残ってますね。次は第12シードのドルゴポロフです。
強敵ですが錦織はツォンガを破ってますから是非勢いを持続させて欲しいものです。
ただ、当ブログをよくご覧になっている方は御承知のことかと思いますが、
私が誰かに対して期待めいたことを書くと、次の瞬間にころっと負けたりしますので
今はあまり多くを語りますまい。ドルゴポロフ強いよ~勝てるかなあ?くらいにしときましょう。

でも、仮に勝ったとしたらベスト4で、いよいよマレーということになりますね・・・
って、いや止めときますね。期待しないほうがいいんです。
因みに決勝にまで勝ち上がって相手がフェレールだったりしたら、
先週の借りを返してしかもマスターズ1000で優勝!ストーリー最高!ってなりますが・・・
はっ!いやホントすいません。妄想です。期待してないです。

ATPファイナルへの切符も混迷を極めています。
現在、ジョコビッチ、ナダル、マレー、フェデラー、フェレールまでが出場を決めています。
残る椅子は3つで、ポイント的にはベルディフ、フィッシュ、ツォンガの順となっていますが
いずれも今大会では敗退してしまいました。

もっとも、その下のアルマグロ、シモンも敗れていますのでこれまたよくわかりません。
アルマグロなんて毎度、地味~にポイントを稼いでいるのでこういうところで少しでも勝てれば
ダークホース的にポジショナップを狙えるとは思うんですけどね。
ただ、安定感でポイントを稼ぐタイプであり上位陣同士の対戦では分が悪いですから
ATPファイナル向けの選手ではないといえるかもしれません。

それ以下の選手を見てみますと、
ソデルリング、デル・ポトロ、ティプサレビッチ、ドルゴポロフと続いています。
ようやく勝ち残っている選手が出てきました。
今大会でドルゴポロフが結果を出すとまた一気にポジションをまくってきます。
これまた読めないところです。

いずれにせよ錦織vsドルゴポロフはあらゆる観点から注目の一戦と言えそうです。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/14(金) 16:28:21|
  2. 2011年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2011年、上海マスターズはマレーが優勝 | ホーム | ナダルのベーグル、ジョコビッチの話、等>>

コメント

管理人 様

タイムリーな記事、楽しいです。
そして、妄想(?)も半分までは実現ですね。、
ATPのサイトでも、錦織のビデオをアップして注目しているようです。ランキングの修造超えがメインですが、東日本大震災の映像も含まれ、しかも一部のBGMに尺八?が流れていて、少し異色でした。

それにしても、せっかくの活躍を見ることができないので残念です。錦織の活躍はとてもすごいことだと思うのですが、あニュースでも取り上げてくれてませんね。
  1. URL |
  2. 2011/10/14(金) 21:31:55 |
  3. utako #-
  4. [ 編集]

錦織、やった~!!

遂にマスターズのベスト4まで来ましたね。ランキングもがっつり上がりそうで嬉しすぎ・・・(T_T)全豪オープンの初シードも、夢ではないところまで来たのはさすがですね!!ちょっとだけ試合を見ましたが、ドルゴポロフは試合内容が悪すぎると言うか、エースも連発するけどミスも連発する流れの読めない選手ですね・・・。だからイマイチブレークしきれないんでしょうけども。錦織はトッププレイヤーに対してついていけるようになってきた印象・・・。

準決勝はいよいよマレーですが、ここまできたらBIG4に対してどれだけついていけるのか、見物ですね。欲を言えば勝って欲しいですが、さすがにそこまで望むのは難しいかな?というのが現実的なところでしょうか。

そしてATPファイナル争いはちょっと悪い意味で混沌としてきましたね・・・。出場の可能性のある選手たちが軒並み直接対決をする前に負けてしまって、ちょっと残念です。アルマグロはクレー番長なだけにハードやインドアはあんまり期待できないのは分かりますが、その他の選手たちはなんで負けたの?と思うような選手たちばかり。もっとガチンコで出場権を取りに行くようなエグい戦いを期待していたのですが・・・。

今大会もマレーが優勝することになると、さすがにBIG4以外の選手たちの意地を疑ってしまうかも知れません・・・。ここ2~3年、ほとんどの主要タイトルをBIG4にもっていかれている現状は、なんだか盛り上がりに欠けると言うか。それだけ上4人が強いのだとは思いますが、そろそろ・・・というかいい加減そこに切り込める選手が台頭してきてほしいと思うのはワガママでしょうか?
  1. URL |
  2. 2011/10/15(土) 01:08:29 |
  3. toto #-
  4. [ 編集]

錦織のランキング

錦織のランキングですが、マレーに負けても30位が確定しているので、トップ30入りは確実です。

残りはLIVE ATP RANKING(?)と検索すればリアルタイムの暫定ランキングが見れますよ
  1. URL |
  2. 2011/10/15(土) 09:43:22 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

錦織遂に46をクリア!!来年は是非飛躍の年にして欲しい。同世代の杉田に伊藤も触発されて来年にはtop100に3人の日本男子がランクインも夢じゃないと思う。90年代のテニスブームの火付け役が伊達!!伊達がGSで活躍し日本女子が一気に活躍した過去が有るようにそうなったのは伊達が28位をクリアした時から始まった気がしてる。だから今回の錦織の46位クリアが相乗効果の火付け役になると思う。マスターズと言っても結局は一般のツアー大会。日本人がテニスに興味を持つにはやはりGS大会で活躍しないと厳しいと思う。
  1. URL |
  2. 2011/10/16(日) 19:15:46 |
  3. #-
  4. [ 編集]

フェデラー4位転落

そろそろ書いてもいいでしょうか

マレーがフェレールを下し、3週連続優勝とフェデラーと入れ替わっての3位浮上を決めました。
フェデラーが4位以下に落ちるのは2003年以来となります。

フェデラーはファイナルの失効点もありますから、マレーのインドア適性をかんがみても年末3位奪還は難しいと言わざるを得ません。
しかしそれでも5位以下とは大きな差があります。フェデラーが5位以下に落ちるのは、まだまだ当分先のことになるでしょう。むしろコナーズのようなカムバックを見せてはくれないでしょうか。
  1. URL |
  2. 2011/10/17(月) 00:07:37 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

ジョコビッチとフェデラーの不在、ナダルの不調で盛り上がりに不安のあった大会ですが
マレーの強さと錦織の活躍でどうにか話題をつなげることができた感じです。

ちょちょっとここで書いてしまおうとも思ったのですが、
改めて錦織については簡単に別記事立てることにしました。
2~3日のうちにはアップしますのでそちらをご参照下さい。
  1. URL |
  2. 2011/10/17(月) 11:33:11 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/662-dead80f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター