レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2011年全豪、にに錦織さん!

次はマレーですぜ、錦織さん!

既にコメント欄にも頂いておりますが、
5セットマッチに強いツォンガから5セットでの勝利は凄いです。
ツォンガは一昨年まで5セットマッチは負けなしの5連勝を記録していました。
去年土がつきましたが、それでもこれまで7勝2敗と破壊力満点の5セット王だったわけです。
しかし、我らが錦織さん、それを上回る5セットマスターになってきていますね。

今回の勝利でツォンガからはエキシビジョンを含めて3連勝です。
ツォンガから3連勝ってそうそうないですよ。
第1セットを簡単に取られた時点で、
さすがに本気モードのツォンガは違うかと思ったのですが
その後の展開は凄まじいものでした。
もう錦織さんのリターンやストロークは一級品ですね。
ツォンガにもまったく負けていませんでした。
フットワークも素晴らしい、5セットにも強いということで
チャンやヒューイットの系列に入る選手といえるでしょうか。
しかしショットパワーは2人以上かもしれません。
課題はサーブですね。これはもうこのタイプの選手としては仕方のない部分です。
ネットプレーも危うい場面はありますが、
今日のテニス界では確実に決めるべきポイントで取れさえすればいいので
さほど心配すべきではないと思います。
後は怪我と、そしてプレー自体が長持ちするかという点に注目されます。

まあそんな長期的な観点はここではさておき、次はマレーです。
私はまだマレー陣営のレンドルコーチの晴れ姿他を目にしていません。
しかしマレーにも期待はかかりますが、
それでもここは錦織さんを応援しないわけにはいかないですよね。
ただ、4強の中ではマレーが一番組みしにくいと思います。
ベスト4のハードルは極めて高いと思うのですが、ぜひ名勝負を見せて欲しいです。

ベスト8の他の試合も全て注目に値します。
トップ8シードのうち敗退したのはツォンガとフィッシュですが
代わりが錦織さんとデル・ポトロですから十分に役者は揃っていることになります。

ジョコビッチvsフェレール
マレーvs錦織
フェデラーvsデル・ポトロ
ナダルvsベルディフ

やはり一番はマレーvs錦織でしょう。
あとはデル・ポトロにも注目ですが、怪我からの復帰後は今ひとつ4強に迫る勢いを見せていません。
フェデラーの現在の調子を考えればここはフェデラーの勝利が順当ではないかと思います。
※書いた後、試合が終わってました。フェデラーのストレート勝利でした。

ナダルは読めないのは相変わらずでコンディション次第というところでしょうか。
ベルディフは嫌な相手です。
※こちらも終わりました。素晴らしい試合でした。ナダルがセットカウント3-1で勝利しました。

フェレールも相変わらずの鉄人ぶりを見せてくれていますが
さすがにこれまでのジョコビッチを見てしまうと分が悪いかなと思います。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/24(火) 21:08:47|
  2. 2012年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<2012年、全豪ベスト4出揃う! | ホーム | 2012年、全豪開幕!>>

コメント

フェデラーは1000試合目とともにグランドスラム勝利数で1位になりましたね!
歴代選手の試合数などのデータも見てみたいものです。アガシが1位だろうけど・・・
  1. URL |
  2. 2012/01/24(火) 23:12:14 |
  3. #-
  4. [ 編集]

こちらのサイトの集計データをもとに試合数を出すと、コナーズが圧倒的に多いですね。

1970年代は今よりずっと試合数が多かったとのことですし、それも関係しているでしょう。
  1. URL |
  2. 2012/01/25(水) 00:33:18 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

アジア選手の活躍

冷静沈着さを誇る管理人様も、流石にアツいですね。たいへんなことになってきました。ツォンガは意地でも錦織に3連勝はさせないかと思いましたが、これでそろそろ苦手意識など醸成されてくればしめたものです。
次はマレーになりました。今年に入ってからコーチレンドルの影響で調子もよく、ツォンガみたく大ざっぱなところもない上、4回戦は相手の途中棄権ということで体力的にもかなり有利です。正直、優勝に一番近いのではとまで思わせる状況ですので、簡単ではないですが、NHKでも緊急中継するようですしなんとか頑張ってくれればと思います。松岡修造氏も、「正直ベスト8でマレーが一番当たりたくない相手」とコメントしていました。
修造氏のベスト8以来のグランドスラムベスト8ですが、日本人のみならずアジア全体という意味では、私の記憶では修造氏と錦織の間には2010年ウィンブルドンの盧彦勳(台湾)があるくらいです。あの時はロディックに勝ってのベスト8でした。当時の日本での盛り上がりはいま一つでしたが、ツアーイベント開催のみならず選手の活躍でもアジア全体でテニスを盛り上げていければ幸せですね!
同じラケットスポーツでも、テニスは卓球とかバドミントンに比べて、アジア人には明らかに鬼門なスポーツでした。なぜかなと思うと、テニスの特性として「ボールをワンバウンドさせてもノーバウンドでうってもよい」というところが重要なのかと、個人的に考えています。これは大きな違いで、例えばバドミントンはシャトルを落とすわけにはいきませんし、卓球では逆に必ずワンバウンドさせなくてはなりません。両方可能なテニスの場合はその時その時で作戦(例えば、ボレー主体で行くのかストローク主体で行くのか?スピンかけるかスライスでかわすか?)を、コーチングなしに自分で大胆かつ主体的に考える必要があり、ある意味国際舞台で自己主張を抑える・抑えられてきた傾向にあるアジア人には、精神的に取り組みにくい・国際舞台で力を発揮しにくい部分があるか と思っていました(あくまで個人的意見です)。
直近の錦織・あるいは李娜あたりの活躍は、そのあたりでアジア人も自己主張できるようになってきたかと思うと、感慨深いです。アジアではほかにはククシュキン、ゴルベフ(カザフスタン)、イストミン(ウズベキスタン)、デブバルマン(インド)あたりも好成績残していますし、日本でも錦織以外でも伊藤、添田(チェンナイで準優勝!)、杉田が全員ほぼ200位以内に入っていまして、それはそれで凄いことです。
楽しみになってきました。

  1. URL |
  2. 2012/01/25(水) 00:53:02 |
  3. pixiyu #-
  4. [ 編集]

(こちら時間で)早朝の錦織 V マリー戦は、私の個人的な都合でライブで観ることが
できないのが残念ですが、予想では殆どの人がマリー優勢とみているようですね。 私は違います! 
と言えればいいんですけれど‥‥。(^^; 錦織が勝つ可能性としては、私は18パーセントくらい
かなとみています(からいでしょうか?)。

ツォンガ戦では錦織くん、やはり暑さがこたえたようですが、そりゃそうでしょう。たとえば、
こちらのスポーツ新聞の夕刊にフェデラー V デルポトロ戦のときの気温が出ていますが、
それによると日陰で35度、テニスコートの直射日光があたっている場所では52度もあったんだ
そうです。

錦織 V マリー戦もフェデラー V デルポトロ戦同様、一番暑い時に試合が始まりますよね。
マリーはかなり体力を温存できているでしょうから、その点でも有利かなと思います。
しかし、テニスでは何が起こるかわかりませんものね。   
18%よ、遠慮しなくていいんだよ。 (^^;

pixiyu様
テニス、卓球、バトミントンに於けるpixiyu様の考察、とても興味深く読ませていただきました。
  1. URL |
  2. 2012/01/25(水) 08:33:50 |
  3. 河谷K子 #-
  4. [ 編集]

日本はまだマスコミがテニスに疎いところがあって盛り上がりに欠けますからねー
ランクだけ見てバグダティスを格下と書く素人ニュースもありました。
去年最も活躍したアスリートで石川を選ぶようなミーハー体質ではどうしようもありません。

女子では、ついに(?)ウォズニアキのトップ陥落が決まりました。
1位は・・・個人的にクヴィトバだったらいいと思ってます(アザレンカだとまた無冠の女王と揶揄されてしまいそうな・・・)。
  1. URL |
  2. 2012/01/25(水) 10:07:43 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

 懸念事項としては、錦織が今足を怪我していることでしょうか?足の裏にかすり傷があったようですが、それにしては重々しいテーピングをしているのが気になります。プレイに影響のないものであって欲しいです。

 ’10年全米のチリッチ戦でも、日差しは強かったようで、それに錦織は苦しめられていたようですが、今回のコートにはポイント間に日除けで休める場所があったようですね。一番熱さが厳しいオーストラリアですから、考えているのでしょうが。

 何よりも、錦織本人のスタミナが飛躍的に上がったと思いたいです。今弘人トレーナーの尽力が実っているのかなと思うと、コートでは孤独なテニスですが、チームプレイの要素もあるのかもしれませんね。
 
 ブラッド・ギルバートの影響かはわかりませんが、ツォンガ戦で明確にバックハンドの優位性が目立ったのはジョコビッチを彷彿させるようで、見ていて頼もしいですね。
  1. URL |
  2. 2012/01/25(水) 11:31:23 |
  3. わ #-
  4. [ 編集]

錦織は良い時期にギルバートがついた気がします。勝つためのベストパフォーマンスを引き出す腕はさすがと思います。ロディックには効果があまり上がらなかったように当然選手次第ではあるのでしょうが。
特別な武器がなくてもトッププレーヤーに戦略で勝った経験が生きているんでしょう。
フェデラー調子が良くて体力あるうちに勝ってるがこれからが大変そう。
デルポトロナダルジョコビッチと一番きつそうなドローだから期待薄だが。
  1. URL |
  2. 2012/01/25(水) 11:42:21 |
  3. y #-
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

試合数ですが、1970年代から1990年代まで20年の間にトーナメント数は半分に減っています。
試合数は過去の選手のほうが圧倒的にに多いのは事実ですが、
近年はその分1トーナメントにかかる体力の負担が比べものにならない位激しくなっていますので
昔の1試合=今の1試合ではないといえそうです。
その意味でアガシやフェデラーも異例の数字を残していると言っていいとだと思います。

錦織は残念でした。まあ仕方ないですかね。マレーは多分錦織にとって4強で一番、
ということは恐らく世界で一番やりにくい相手なんじゃないかと思います。
まだまだ時間がありますから、いつの日かギャフンと言わす日を迎えて欲しいものです。

最後に、私のあまり詳しくない女子についてですが、どうも見てて可能性を感じさせる選手がいないです。
男子を基本にしてしまっているからでしょうかね。
かつて男子でも群雄割拠の時代はありましたがそれでもここまで乱れた感じではありませんでした。
まあこれはこれで歴史的にレアケースであり、男子と同じく特異な時代を我々は目撃しているのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2012/01/25(水) 22:22:09 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/01/26(木) 09:52:09 |
  3. #
  4. [ 編集]

よくやった

スコアを見ると、準々決勝の試合の中では、一番の楽勝になったマレーではありますが、
私個人的には、錦織の戦いぶりは満足いくものでした。
もっともっと一方的になるかなと思っていたので。。。

ブレークポイントもいっぱい握ったし、マレーのサービスゲームでのデュースも多かった。
そして、輝くポイントがいっぱいありました。
ただ、「ここぞ」というところでポイントを取る、この点で4強は別レベルですね。

フェデラー以外の試合をTVでフル観戦するのは、
私にとっては今回、初めてのことだったかもしれません。
(いつもネットで何かやりながら、しかも試合の一部を見る感じなので)
フェデラー以外の試合だと、ハラハラドキドキせず、こんなに楽に見られるんだなぁ。(笑)

マスコミの報道は。。。ほんと怒りたくなりますよね!
マスコミというのは、どの国でも偏りは出てしまうものだとは思うのですが、
でも、少なくともBBCやCNNのテニスの報道を見る限り、
ここまでひどいものはありません。
この話題は、話し始めると止まらなくなりそうなので、ここで止めておきます。
  1. URL |
  2. 2012/01/26(木) 10:11:31 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様

地上波のハイライトを見ると、錦織の名ショットばかり映すのでさも勝ったかのような錯覚を覚えます。
気持ちはわかりますが、少しはマレーのショットも映したほうがいいでしょう。
マレーというのはこんなに凄い選手なんだよ、というのを見せないと
何で負けたのってなってしまいますからね。
その辺のバランス感覚が悪いと感じます。

一時は日本でもテニスを観る人が多かったんですけど、いつからこうもマイナー競技になったんでしょう。
ボルグの頃に最初のブームが来て、エドバーグもとても人気がありましたね。

やっぱりスウェーデンvsアメリカの図式がないと日本人はテニスを観なくなるんでしょうか。
まあテニスファンが減ってると言うより、競技に触れるきっかけを全く作らなくなった報道側の問題が大きいでしょうかね。

それとナダルの勝利のスコアが4-1になっていたとのご指摘をいただきましてありがとうございます。3-1に修正しました。
4-1って。7セットマッチですよね。卓球です。
ナダルが7セットマッチをやったら1日24時間じゃ足りなくなります。
  1. URL |
  2. 2012/01/26(木) 11:52:34 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/680-f5213f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター