レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2012年全豪決勝カード決定

ジョコビッチvsマレーは、
ファイナルセットにもつれ込む熱戦の末ジョコビッチが勝利しました。
スコアは「6-3 3-6 6-7 6-1 7-5」でした。

最後の方はほぼジョコビッチサイドの展開でしたがマレーもよく粘りました。
ただ、ファイナルセットはマレーのサーブが全然ダメでした。
マレーがジョコビッチに勝てる要素といえばまずサーブだと思うのですが
それが入らないようでは勝ち目はないです。最後の方はスピードサーブを諦めて、
入れに行くサーブに切り替えることで少し盛り返しましたが
そのような第二選択肢の戦い方ではジョコビッチに勝てなかったということでしょう。

もっとも、ジョコビッチの方も本当はもっと簡単に決めなければいけませんでした。
2つ前の記事でギアの上げ下げの話題を出しましたがそれが思いっきり出た形になりました。
一応今回に関してはペースを取り戻すタイミングが早く大事に至ることはありませんでしたが、
少々危ないところまで追い上げられましたので、もしも結果が違っていたら、
マレーが勝ったと言うよりもジョコビッチが落とした試合だったと評したことでしょう。

しかし、去年の決勝が割とあっさりだったので、
それに比べれば素晴らしい盛り上がりを見せた試合だったといえます。

両者の実力差は僅かですが、やはりラリーではジョコビッチが少し上かなと感じました。
守備力は互角ですが攻撃に転じるショットで差がありました。
マレーは後半、守備のショット、特にスライスのミスが目立ちました。
全体的に押されていたということになるでしょう。
マレーの武器であるサーブがダメで、守備のショットもミスが多かったとなると
この結果も仕方なかったのかなと思います。
それにしてはよく粘ったと思います。

勝ったジョコビッチは、件の、時にペースを乱す点のみが不安ですが、
サーブもよく、攻撃ショットも冴えていて、守備に回ったときにも
見事な粘りを見せるなど総合力の高さはさすが一級品です。

決勝はジョコビッチvsナダルとなりました。

長年当ブログにお付き合いいただいている方はよくご存知のとおり、
まあ風物詩といいますかなんといいますか、私の予想、またも華麗に外れたことになります。
一応言い訳じゃなく申し上げておきますと、ジョコビッチvsナダルになると思ってましたよ。そりゃ。
でも、私の予想は外れるのが当たり前っていう変な雰囲気になっているので今回も外さなきゃと思って
敢えてマレーvsフェデラーって言ったんです。そういうことです。

まあそんなことはさておき。
ジョコビッチvsナダルはグランドスラム3大会連続の同一カード決勝となりました。
なんとびっくりオープン化後では初めての快挙です。

オープン化前ですと1961全米-1962全仏のエマーソンvsレーバーと
1964全英-1965全豪のエマーソンvsストールがあります。今回が3度目ということですね。
ローズウォールvsホードあたりがやってるかと思いましたが3大会というのはありませんでした。
改めて、これはもの凄い記録です。
フェデラーvsナダルでなくてもこんな記録が生まれるんですね。

因みにジョコビッチとナダルは、今回の決勝でグランドスラム4大会全てで顔を合わせる事になります。
更にはオリンピックと年末マスターズでも当たっていますので
もしかしたらテニス史上最大級のライバル関係に成り得るかもしれません。

さて、じゃあ最後に、懲りずに予想行きますか。
心情的には6連敗中のナダルに勝たせたいというのもありますが
やっぱりジョコビッチかなあ。

ジョコビッチにします。
すいません、今回は当てに行っちゃって。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/27(金) 23:25:29|
  2. 2012年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<2012年、全豪はジョコビッチ優勝 | ホーム | 2012年、全豪準決勝、ナダルvsフェデラー>>

コメント

2強ですかね。。。

全英、全米、全豪とジョコビッチvsナダルですね。
3連続というのは初なんですか!
フェデラーvsナダルでも3連続はないんですね。
4強の中でも、今は2強がくっきりしてきてしまった感がありますね。

今回は初めてナダルを応援します。
ナダルはかわいいんですが、どうしてもフェデラーのポイントを考えると、
どんな試合でも「負けてほしい」と思ってしまいます。ごめんよ、ナダル!
しかし、今回はジョコビッチの独走をこの辺で止めておきたいので、
ナダルを応援します。ごめんよ、ジョコビッチ!

さてさて、今年の今後はどうなるんでしょう。
アナコーン、レンドル、しっかりいい仕事してくれよ~!
  1. URL |
  2. 2012/01/28(土) 09:25:17 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

フェデラー対ナダルは決勝に限らず全米での対戦がありません。

全豪 ナダル2勝0敗(F1・SF1)
全仏 ナダル5勝0敗(F4・SF1)
全英 フェデラー2勝1敗(F3)
全米 対戦なし

確かこんな具合だったかと思います。



今日は大事な大事なTOEICなので続きはまた後でかきます
  1. URL |
  2. 2012/01/28(土) 10:20:01 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

未だにフェデラーの敗戦を引きずっていますが。YOU tubeのアップとかでは圧倒的にフェデラーのショットが多いと思いますが、テニスは個々のショットの芸術性ではなく、ポイントの集積で決まるゲームであるというのが全てなのでしょう。
決勝ですがここ数試合の、ミスショットはナダルの方が少ないのではないですか。その分有利かと。またナダルも去年ひどかったサーブがまた良くなったように。ファアのスピン過多もなくなったように思うのでナダル有利かと思います。

まあ心拍数上がらずに見ることができる試合は、何とかを入れないコーヒーのようなものです。
  1. URL |
  2. 2012/01/28(土) 11:03:02 |
  3. imamu-sa #-
  4. [ 編集]

フェデラーvsナダルでも3連続決勝が無いのに驚きました。
そういえばナダルがハードコートで決勝にいけるようになったのと同時にマレーやジョコが現れたのでしたね。
  1. URL |
  2. 2012/01/28(土) 11:24:03 |
  3. #-
  4. [ 編集]

ボルグとコナーズ、マックとレンドルなどは余裕で3連続くらいありそうな気がしましたが、全豪はあの時代はトップはほとんどキャンセルでしたし、マックとコナーズは全仏ではほとんど決勝には行けなかったんですね。
クーヨンの芝は汚かったし、ハエをラケットではらう様子はグランドスラムとは言い難かったし、トップがバカンスを優先したのも納得したのを憶えてます。
  1. URL |
  2. 2012/01/28(土) 12:06:52 |
  3. c #-
  4. [ 編集]

マレー本当に惜しかった

土壇場でブレイクバックを成功させ第10ゲームをキープしきって迎えたファイナルセット第11ゲーム
ここで握った2ブレイクポイント。あそこでブレイクに成功していたなら勝っていたのはおそらくマレーだったでしょう
本当に僅差の勝負でしたが、勝負を分かった最大の要因はストロークでなく2ndサーブだったような気もします
  1. URL |
  2. 2012/01/28(土) 14:08:12 |
  3. aaa #-
  4. [ 編集]

マレー ・ ボロテリー などなど

決勝はジョコビッチvsナダルになりました。実は私はまじめな意味でフェデラーvsマレーを予想していたんですけどね・・フェデラーは準々決勝であのような勝ち方したのが意外でしたし、マレーは今年初めから調子よさそうでしたしコーチ変わったし、勝ち上がりの中でけっこう体力温存できていたし・・マレーも、そろそろ四大大会勝たないと、テニス界の不良債権扱いされてしまうかもです。やはりウィンブルドンで悲願達成というストーリーでしょうか。そうこうするうちに錦織あたりに先こされるなんてことにもなりかねません(それはそれで、日本人にはうれしいニュースですけど)。
前も同様のコメントしましたが、ただのオヤジめいた発想かもしれませんが、私は片手打ちバックハンドの信奉者です。スライス・トップスピンをバランスよく織り交ぜ、ネットプレーも交えてオールラウンドに勝負というのが、古い時代のある種の理想形だったかと思います。ぐんぐん様のコメントで解説者かわってもフェデラーびいきが続いているというのも、そういうテニスおやじ的発想が解説者さまの頭にもあるのかもしれませんよね。いま片手打ちってフェデラー以外は、アルマグロ・ガスケ・バブリンカくらいですか・・
さて古い時代ということになると、上記と対照的な発想で動いていたのがニック ボロテリーではなかったかと思います。とにかくベースラインからの強打・強打で攻めるテニスを武器とする選手ばかり育っていたような印象もあり(ボロテリー傘下の選手で、ネットプレーヤーってあまり印象にないです)、あまり好きではなかったのですが、時代はボロテリーを選んだということなんですかね。

  1. URL |
  2. 2012/01/28(土) 15:20:05 |
  3. pixiyu #-
  4. [ 編集]

マレーまたか・・・まぁ去年よりは良い感じではありましたが・・・。マレーの場合、大舞台でBIG4内の直接対決で勝てるようにならないとどうしようもないですね。歴史上最強のベスト4とも言えるBIG4の中で、マレーだけ随分実績面で離されているのが気になります(特にビッグタイトルはからっきし・・・)。決勝も含めて、3人でグランドスラムタイトルは31にもなりますし、マレーだけ0っていうのはいい加減勘弁してほしいというか。なんだか去年あたりからマレーにイライラにも似た感情が湧き出てきてしまっているのが悲しいです・・・。

マレーはバックハンドに関して言えば世界最高と言ってもいいくらいの質の高さだと思うのですが、ラリー戦となるとジョコビッチやナダルのほうがもうちょっと上手というか。ちなみに私はダブルハンド信者?なので、マレーのバックハンドを真似しようとしています。

それにしても今大会のマレー、サーブはこのジョコビッチ戦に限らずちょっと狂いが生じているような気がしました。錦織戦でも、明らかにトスとタイミングが狂ったダブルフォルトをしていてちょっと心配です。まぁ一過性のものだといいのですが。
  1. URL |
  2. 2012/01/29(日) 01:23:58 |
  3. TOTO #-
  4. [ 編集]

初めまして、いつも楽しく拝見させていただいております。
先程男子決勝が終わりました、最後の最後で素晴らしい激闘が待っていました。
全豪でまともに見た試合が決勝だけなので何とも言えませんが、
私の中では2強時代という印象が強まりました。
久々に熱い展開でした。
本当に類稀なる選手がいるなぁ…と。
今年のATPツアーも楽しみです。
  1. URL |
  2. 2012/01/30(月) 00:04:46 |
  3. N.S #4cJTjLIY
  4. [ 編集]

凄まじい激闘でしたねぇ~。ナダル、ジョコビッチのライバル関係が素敵です。気が早いかもしれませんが2強、マレー時代到来かもしれません。フェデラーが1位復帰、グランドスラム優勝のチャンスが巡ってくる事は殆ど無いだろう、特に1位復帰は。そう思う決勝でした。一人勝ち時代も彼らが強くなる前、時代が良かったかもしれませんね。管理人さんが言うフェデラー全盛期って具体的にはっきりしていないのでわかりませんが。
  1. URL |
  2. 2012/01/30(月) 00:16:00 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

皆様コメントありがとうございます。

準決勝、決勝ともに素晴らしい試合でした。
さすがに4強は最高の試合を見せてくれます。
特に決勝は興奮度MAXでした。
必死で冷静に観ている自分がいる反面、
かなり片方の選手に偏った応援しているもう一人の自分がいました。
どちらを応援していたかは敢えて公言はしませんが。まあ簡単かな。
もちろん4強だけでなく全体を通じて見事な大会だったと思います。
テニスというのは不思議で、大きな大会が終わった後に更に次が観たくなります。
これって私だけですかね?
例えばサッカーの場合は、同じように観戦するのは大好きですが、
W杯やユーロのような大きな大会が終わった後なんて、終了した感が満点になるのですが。
  1. URL |
  2. 2012/01/30(月) 00:45:38 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/683-1d59eaf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター