レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

日頃の御礼と錦織効果

さて、この時期ATPではインディアンウェルズまで小休止のような状態になります。

いざ始まれば2週連続のマスターズ1000、クレーシーズン、グラスシーズンと
休む間もなくスケジュールが進んでいきますので、ここは選手にとって
しっかりコンディションを整える必要があるのではないでしょうか。
ある意味、クリスマス休暇よりも重要かもしれません。

というわけで、まだトーナメント系の話はありませんので
今回はツアーとは直接関係のない雑談を少々。

ありがたいことに、当サイト本体及びその雑記部分である当ブログも、
今では多くの方に訪問して頂いております。
記事の特性上、サイト本体よりも今ご覧頂いているブログのほうが
アクセスは多いのですがいずれにしろ初期に比べると随分と増加したものです。
当ブログはFC2を使用していますが、大きな大会が開催されている時には
FC2内の「テニス」ジャンル内でアクセス数1位などを記録したりもしています。
いやーありがとうございます。ありがとうございます。

まあしかしそれでもスポーツ全体で言えば50位に入るか入らないかくらいなんですけどね。
まだまだテニスの啓蒙活動は必要です。

特に大きな記事もないときは、日々100~200アクセスくらいなのですが
これまでで多かった時は、ウィンブルドンのナダルvsフェデラー決勝とか
同じくウィンブルドンのフェデラーvsロディック決勝とかで、
数百から千を数えたことがありました。やはりウィンブルドンは強いんですね。

そんな中、最近立て続けに大量アクセスをいただいたタイミングがあります。
まずは去年の年末、錦織が活躍を見せた時に松岡修造や佐藤次郎の記事を載せましたが
その時には約2000アクセスをいただきました。

そして今年の全豪、やはり錦織の活躍がありましたが、その時には4600アクセスにも達しました。
決勝後の記事も4000アクセスを頂きましたが、本来更に上であるべき決勝よりも
錦織の時のほうが多かったということで、実に錦織効果が強いのだということがわかります。

nishikori-1a.jpg
やはり日本では錦織が活躍してなんぼなんですね。
錦織というだけではだめで、その「活躍」が伴うのがポイントです。
例えばデ杯なんかももっと盛り上がってもよさそうなのですが、意外とそうではなく
あくまでも錦織が大きなトーナメントで勝ち上がって、超強豪選手と戦う、
といったシチュエーションでないと世間的なテニスに対する興味もアップしないのかもしれません。

春先のハードシーズンは見せ場の一つだと思いますのでそこでの活躍を祈りたいところです。
トーナメント初優勝はデルレイビーチでしたし、今コンディションもよさそうですからね。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/02/15(水) 18:02:40|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2012年ブラジル・オープン、アルマグロ優勝 | ホーム | デ杯、クロアチアvs日本>>

コメント

錦織の出場予定他

錦織、本当にすごかったですね。
カルロビッチには敗れましたが、あれはカルロビッチを褒めるべきです。
得意なサーブが冴え渡り、錦織にリターンすらまともにさせませんでした。

さて、そんな錦織ですが、今後の出場予定は、一週間の休養の後、ブエノスアイレス250→アカプルコ500の中南米クレー2連戦となっています。

ハードのアメリカマスターズ前にクレーでの連戦というのは、なかなか思い切ったことをしてきました。
ちなみに、この両大会とも錦織は第4シードが濃厚です。
上位に座る3人は、偶然にも両大会とも同じで、フェレール・アルマグロ・シモンの3人です。
他にも、ワウリンカ・ベルダスコ・モナコ・チェラ・ベルッチ・アンドゥハール・フォニュイーニ・フェレーロ・ロブレド・モンタネス・ベルロク・スタラーチェ・ラモス・マヒャド・ボランドリまでが錦織が出場する両大会にともにエントリーしている選手です。
上位3シード+錦織を加えると実に19人が同じです。さらに言えばワイルドカードや予選勝者がさらに加わりますから、やはりハードマスターズを控えてわざわざクレーの大会に2週も続けて出る選手は限られていると言えます。どんな選手かと言えば、やはりそれだけクレーを好んでいる選手ということではないかと思います。

ちなみに、ブエノスアイレスのリストにはゴンザレスの名前も見えます。
そのゴンザレス、今週のブラジルオープンにも出ていましたが、残念ながら敗れてしまいました。
  1. URL |
  2. 2012/02/16(木) 11:53:42 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>2R様

錦織は結構試合をこなすんですね。今の好調を維持し続けるためには
できるだけ実戦でボールを多く打ったほうがいいという判断なのでしょうか。
エントリー選手がほとんど同じというのも面白いですね。
こういった時には2週連続での顔合わせなんてこともよくあります。
リベンジしたりされたりといった部分に注目してみても面白そうです。
  1. URL |
  2. 2012/02/17(金) 10:53:35 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ロッテルダム・サンパウロ

地味ながらトーナメントが進捗しており、ロッテルダムはフェデラーvsデルポトロの決勝になりました。フェデラーも苦戦が目立ちますが先週のデ杯の後遺症でしょうか。デ杯に出なかったデルポトロが絶好調で、トロイキとかベルディハに圧勝していますので、フェデラーもひょっとしたら と思ってしまいます。もっとも怪我の後苦しんでいたデルポトロがまた上昇気流にのるのも、ある意味テニス界にとって刺激が増していいかもしれません。
サンパウロではクレーの試合が始まっていますが、さっそくアルマグロが決勝に進出しています。オールラウンド化が進捗中のテニス界の中かなりクレーに特化した(クレー以外ではあまり勝てない)印象のある選手ですが、来週・再来週と続くクレーシリーズで錦織と対戦するか / 当たった場合錦織はどう対抗するか いまから楽しみです。 
  1. URL |
  2. 2012/02/19(日) 14:37:08 |
  3. pixiyu #-
  4. [ 編集]

71

フェデラーがロッテルダムで71回目の優勝を飾りました。今日のフェデラーはスライスを上手く織り交ぜながらストロークを展開し、デルポトロを調子に乗せさせず抑え込むことに成功した様に見えました。準々決勝、準決勝の調子を見るに今回はデルポトロ有利かなと思っていましたが、つくづくテニスの勝敗は相手次第なんだなと感じさせられました。

あと71つながりで、フェデラーは今回の大会で20位以下の選手に対して、71連勝を飾ったそうです。10位前後の選手には最近取りこぼすようになったという話題がブログでもあがっていましたが、20位以下の選手に対してはまだまだ無敵を誇っていたようです。この結果がトーナメントにおいて早期敗退しない事に繋がっていそうでうすね。
  1. URL |
  2. 2012/02/20(月) 00:07:01 |
  3. Black Prince #-
  4. [ 編集]

デ杯からしばらくして優勝するとは。グランドスラムで優勝は難しいにしてもまだまだ強いです。フェデラーってデ杯についてどうお考えなんでしょう。ツアー優先かな。

今年はEUROがあるのでサッカーの方にに関心があります。バルセロナのUCL2連覇を願っていますがマドリー強いです。ユヴェントスも来年CL出場してほしいです。インテルはどうでしょう。

  1. URL |
  2. 2012/02/20(月) 01:42:20 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

>pixiyu様

デル・ポトロは怪我からの復帰後、4強と張り合うところまで来ていません。
もう怪我上がりだからということで済まされる時期も過ぎている気がします。
ある意味抜けださなくてはいけない問題に直面しているといえるでしょう。
一時期は4強よりも5強か、マレーよりもデル・ポトロ?
ということもありましたが、それもほんの極一時期でした。
やはり怪我というのは手ごわい敵です。


>Black Prince様

今回は瞬殺でしたから少々驚きました。
あの当たっていたときのデル・ポトロは確かに強かったですが
基本的にフェデラーとしては与しにくい相手ではないのかもしれません。
また20位以下に71連勝とのことですが、よく数えてる人がいるもんですね。
フェデラー自身がすごいということもあるんですが
むしろそっちに感心してしまいました。
調べてみたら恐らく2010年のハレで当時32位のヒューイットに敗れたのが最後ですね。
それでも相手はヒューイットですから。


>F様

ちょっとテニスと離れてしまいますが私はバルサとマドリーの2極に集中している
今の状況を考えると他のチームも頑張って欲しいと思っています。
テニスで言えばフェデラー、ナダルの2強時代に
ジョコビッチやマレーに期待していたのと同じような感覚でしょうか。
ただし、ここのところ魅力的なサッカーをするチームがセリエAやプレミアに多くなく
どうしてもブンデスリーガやリーグアンに目が行ってしまうのですが
さすがにこれらのリーグのチームでは2強とは随分差をあけてられている気がします。
ユーベはあの栄光の時代を知っているだけに現状については寂しいです。
ただし財政の限度がある中でも効果的な補強をしたりするのでやはり良いチームだと思います。
インテルは個々の選手は良いのですがチームがちぐはぐですね。
ユーベやミランほどの魅力を感じません。
もう少しチームを整理してもいいんじゃないかなと思いますがどうでしょうか。

すいません。実はサッカーも大好きなので個々の選手名などを出して行ったら
テニスと同じくらいかそれ以上に語ってしまうので、この辺にしておきます。
  1. URL |
  2. 2012/02/20(月) 09:52:06 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/686-a3383a9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター