レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2012年、ドバイ準々決勝他

今週の3大会も続々試合が進行しています。

まずドバイですが、ベスト4が出揃いました。
トップ3シードが強い勝ち上がりを見せています。
ジョコビッチはティプサレビッチと、マレーはベルディフとのシード対決となりましたが
いずれもストレートで下しての勝ち上がりでした。
フェデラーは、ベスト8のうち唯一のノーシード選手であり過去11戦無敗の
ユーズニーが相手でしたので少し楽な勝ち上がりだったかもしれません。
残る1つの枠は第8シードのデル・ポトロが第4シードのツォンガを下して勝ち取りました。
デル・ポトロはこれで2週連続でのツォンガからの勝利となります。
次はジョコビッチvsマレー、フェデラーvsデル・ポトロです、
グランドスラムさながらの準決勝2試合が組まれることになります。

アカプルコで行われているクレーの大会ですが
第4シードで出ていた錦織は残念ながら2回戦でシャルディに敗れてしまいました。
錦織は初戦でも勝ち上がったものの途中でモンタネスのリタイアという形だったので
今週は先週に比べてあまりりいい結果だったとは言えないと思います。
優勝候補であるトップ2シード、フェレールとアルマグロは勝ち上がっていますが
その他のシード選手では第8シードのベルダスコが残っているのみであり
シード選手8人中7人が勝ち上がったドバイとは対照的な結果となっています。

残る最後の大会であるデルレイビーチは、他に比べて規模が小さいというのと
出場選手も少々地味というのと、時差の関係で試合の進みが遅いというのと
既に第2シードのチリッチが初戦敗退しているというのと、
そういった諸々の理由を伴うことで実に地味な進行となっています。
これではさすがに少々機の遠くなのでここであえて少々触れてみます。
今のところベスト8進出者が半分まで決まっています。
まず第1シードのアイズナーと第8シードのトミックですがこの両者は次に対戦します。
アイズナーは地元開催のトップシードですから頑張らなくてはいけないですね。
勝ち上がっている残りの2人はいずれもノーシードのグルビスとマトセビッチです。
この2人も次で対戦します。
グルビスは数年前にグランドスラムで試合を見てそのプレースタイルが気に入り
今後伸びてくるのではないかと期待したのですがその後あまり活躍を見ませんでした。
前からそうですが私が期待をかける選手はことごとくダメになってしまうんですね。
フェデラーなんかも、もうアカンみたいな記事を書いたら幾度と無く復活してますので
逆にダメだと言い続けたほうがよいのかもしれません。
皆さんも今後応援したい選手がいたら教えて下さい。私がこき下ろしますので。
それはさておき、もう一人の選手であるマトセビッチですが私は初めて聞く名前でした。
予選上がりですが初戦でカルロビッチを倒しています。
若手かとおもいきや1985年生まれなのでそうでもないですね。
ベルディフと同じです。
まだ勝ち上がりは多くないですが、今後も地味に勝ち上がりを追って行きましょう。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/02(金) 09:55:38|
  2. 2012年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2012年、ドバイ決勝他 | ホーム | 2012年、ドバイ初戦>>

コメント

USオープン2007-2011、フェデラー、ジョコビッチ
ウィンブルドン2006-2008、フェデラー、ナダル、2003-2005フェデラー、ロディック
フレンチオープン2005-2008、フェデラー、ナダル、ソダーリング、ナダル2009-2011
と同じカードが長く続きますが、他にも色々ありますか?知っている限り是非教えていただきたいのですが。ベッカーエドバーグのウィンブルドンも3年連続でしたね。

フェデラーのグランドスラム優勝も相当厳しくなってきましたね。16で終わるか期待できてあと1,2個というところでしょうか。ナダルがどれだけ迫れるか。
  1. URL |
  2. 2012/03/02(金) 16:32:22 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

>F様

これまでの最多記録は例として上げていただいている
全米 フェデラーvsジョコビッチの5回です。

次点の4回という記録は全仏のナダルvsフェデラーの他に
同じく全仏での1988-1991クーリエvsアガシというのがあります。

3回になりますと過去実に15回も例があります。
主要なところですと、例として上げていただいているものの他に
 1977-78 全英 ボルグvsコナーズ
 1978-80 全米 マッケンローvsコナーズ
 1990-92 全豪 レンドルvsエドバーグ
 1991-93 全豪 クーリエvsエドバーグ
 1999-01 全英 ラフターvsアガシ
 2006-08 全仏 ナダルvsジョコビッチ
などがあります。
これらはもちろんオープン化後の数字です。
オープン化前の古いものということになりますと、
なんといっても1919-25 全米 チルデンvsジョンストンの7回というのがあります。
このうち6回が決勝ですから今後破られることはほぼ考えられない大記録といえます。
  1. URL |
  2. 2012/03/02(金) 18:49:04 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

久しぶりの

マレーとの対戦、フェデラーの快勝でした。マレーとの対戦は2010年のツアーファイナル以来ということで、言われてみると2011年は対戦が無かったんですね。
  1. URL |
  2. 2012/03/04(日) 01:59:14 |
  3. Black Prince #-
  4. [ 編集]

>Black Prince様

去年はジョコビッチとナダルの年でしたから
3位と4位はそのどちらかとあたってしまうということだったんでしょうね。
今年は少しバランスも変わっているようですので
今後多様な対戦が見られるかもしれません。
  1. URL |
  2. 2012/03/05(月) 10:56:34 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/690-cfaae92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター