レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2012年、インディアンウェルズ2回戦

シード選手にとっての初戦である2回戦が行われています。
現時点ではトップハーフの全てとボトムハーフが半分くらい終わっているでしょうか。

トップ2シードであるジョコビッチ、ナダルはストレートで危なげなく勝ちました。
フェデラーはまだ試合が行われていませんが、
ツォンガ、フェレール、ベルディフ、フィッシュなど上位シードは勝っています。

前記事のコメント欄で少し触れさせて頂きましたが、現在数少ない70年代生まれの生き残りであり、
かつその最高位である第28シードのベテラン、ステパネクもストレートの快勝をしています。

他にもロディック、アイズナー、アルマグロ、バブリンカ、
ベルダスコ、ティプサレビッチ、シモンといったシード勢が
更にノーシードでは、ハリソン、バグダティス、ダビデンコ、ナルバンディアン、
そしてガルシア・ロペスが勝ち上がっています。

ね。

ガルシア・ロペス頑張りました。スコアも「6-4 6-2」と快勝でした。
自身キャリア最高の勝利だと語っています。
もちろんガルシア・ロペスの活躍自体はいいんですけど・・・

マレーって今年は去年のジョコビッチになるんじゃなかったっけ?
レンドル効果は?
コーチとか関係なし?
ひょっとして去年より微妙?
まさかこれからもず~っとこんな選手?

ここ3~4年期待を裏切られ続けてきて、
今年こそはという気持ちでいたんですけど、
私の期待というのは相変わらずダメですね。
もちろんマレー自身は素晴らしい活躍をしています。
史上最高の4強時代を形成しているわけですし。
しかし素晴らしいの度合いも色々あります。
期待の大きさから言えば納得の範囲とは言い難いでしょう。

イギリス人選手だから伝統的にこういった部分は仕方ないんでしょうか。
ここは日本人にも共通です。

あの年間でいえば未だ最強と断言できる1984年のマッケンローも
数少ない敗戦の一つが初戦敗退でしたから、
此度のマレーについても、この1敗で全てが終わるわけではないし、
今年の栄光の可能性も残っているといっていいと思います。
次のマイアミでいきなり勝ったりする、そんなこともマレーにはよくあります。
しかし、こんなフォロー、毎回してる気がしますがね。

さて、話に流れ上、というか意図的ですが、日本人の文字が出てきたんで触れましょう。
錦織も敗退しました。第17シード。他にシードダウンも結構あるので
その中の一つだと思えばそれで流せるのだと思いますが、やはり残念という気が強いです。
直前までクレーの大会に出ていましたからその影響と考えられなくも無いですが
初戦負けということは、次のマイアミもまだハードに慣れないうちに戦うことになります。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/12(月) 10:41:59|
  2. 2012年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2012年、インディアンウェルズ、大会の途中ですが | ホーム | 2012年、インディアンウェルズ米国復権と過去の優勝者>>

コメント

過去の記事にもそうですがただ辛口なだけでマレーに期待しているようには見えません。こう言われないためにももう少し勝ち進んでほしいです。
  1. URL |
  2. 2012/03/12(月) 14:40:45 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

マレー・・・

またやってしまいましたか。残念です。マイアミではこの分頑張って欲しいですね。

それと過去の記事を拝見しますと、期待するが故にあえて辛口な記事も書かれているような印象を個人的には持っています(ほかの皆様方は如何でしょうか?)。これはマレーに限らず、ジョコビッチ、ナダル、フェデラー現4強に関しては同様であった気がします。(最近はデルポトロにも?)

管理人さんの記事を読んでいますと、自分では気づかなかったところを分析されいて、非常に楽しいです。無理のない範囲でこれからも色々な記事を挙げていただけると幸いです。




  1. URL |
  2. 2012/03/12(月) 15:46:16 |
  3. Black Prince #-
  4. [ 編集]

>F様
>Black Prince様

コメントありがとうございます。
いや本当おっしゃるとおりです。

F様ご指摘の通り最近マレーには辛口です。自分でもそう思います。
そしてBlack Prince様に書いて頂いたとおり、期待しているからこそ、
負けた時にはがっかりさせられるということでして
辛口になるのはそれだけ大いに注目してるんだということで
ご理解いただければと思います。
これが、負けてもドンマイ!みたいになってしまったら
活躍を見込まなくなったということになるんだと思います。
錦織なんかも、これまでは負けても頑張ってるね、という感じでしたが
もうガンガン勝っていいと思っているので
そろそろやさしくない視点で書いてしまうかもしれません。
その辺は私の至らぬ点でもあるとは思いますが、
同時に一番気持ちを出しやすい、すなわち記事にしやすい方法でもありますので
何卒ご了承いただければと思います。
  1. URL |
  2. 2012/03/12(月) 17:02:07 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/695-f6417b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター