レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

マドリッド・マスターズ2回戦

マドリッド・マスターズでは2回戦が行われました。
これはシード選手達にとっての初戦にあたります。

フェデラー、ナダルの2人はさすがの圧勝で余裕の勝ち上がりを見せました。
しかし、それ以外のシード選手はいずれも苦戦しました。
勝った選手はみなフルセットやタイブレークにもつれる試合になっており
シード選手全16人のうち7人が早くも敗退しています。

敗退したシード選手は以下のとおりです
リュビチッチ[3]
ダビデンコ[5]
ブレーク[8]
バグダティス[9]
アンチッチ[12]
ダビド・フェレール[14]
フェレーロ[16]

特に上の4人は年間ポイントでマスターズ進出争いをしているだけにここでの敗退は大きな痛手です。
実際にはポイントで有利な場所にいるリュビチッチなど、敗退してもほぼ当確ではあるのですが、
去年のこの時期には好調をキープしていただけに、ランキングポイントの喪失といった点でも気になります。
マスターズに出るというだけでなくランキングもきちんと3位で終わりたいところでしょう。

バグダティスとダビド・フェレールはそれぞれサフィンとヘンマンに敗れました。
ノーシードですが本来は上位でもおかしくない選手に敗れたので番狂わせのイメージはありません。
バグダティスにとっては不運なドローだったといえるのかもしれません。
また最近好調を見せているヘンマンは今大会でも台風の目になるのでしょうか。

フェレーロが敗れたのは残念です。勝てばフェデラーとの対戦でした。
3年前のこの時期に両者は激しいランキング争いを演じており、この大会でも準決勝で戦っていました。
そのときはフェレーロが勝ちましたが、それがフェレーロがフェデラーに勝った最後の試合となっています。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/10/19(木) 08:44:39|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<マドリッド・マスターズ3回戦 | ホーム | マドリッド・マスターズ>>

コメント

こんばんは!
リュビチッチ儚くも散りました・・・(泣)
でも、ナルバンディアン以外のマスターズ候補7人が散ったのは驚きですね。

そのナルバンディアンもヘンマン相手にサービングフォーザマッチ握られてたし。
パリのマスターズの結果次第ということになりましたが、
果たしてリュビチッチ上海行けるかなぁ・・・。行けますよね。多分・・・!
  1. URL |
  2. 2006/10/20(金) 03:44:57 |
  3. イヴァン #-
  4. [ 編集]

イヴァンさん。いやリュビチッチ残念でしたね。
先週の優勝で復調の兆しというか、年末=リュビチッチの印象も定着か
と思えましたが、初戦敗退は想像外でした。
相手がマレーだったとはいえ、まだ力関係では上のはずですから。

上海には間違いなくいけると思いますよ。他もこけてるし(苦笑)
でもやっぱり行く行かないではなくしっかり行って3位で終わりたいですよね。
  1. URL |
  2. 2006/10/20(金) 08:07:25 |
  3. Au-Saga #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/71-9a3c9fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター