レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2012年、ローマ決勝

昨日は大事な大事な決勝でしたが
あまりに眠くて観戦を諦めて寝てしまいました。

結果としては成功だったことになります。
雨による順延でまだ試合は行われていません。
あのまま、あのコンディションで起きていたらと思うとぞっとします。
今頃私は何の成果もないまま半死半生だったでしょう。

決勝の対戦はジョコビッチvsナダル。去年と同じ顔合わせです。
お互い調子は完璧ではないかもしれませんが、
ド本命であり、どちらが勝つかわからない最高の名勝負です。

準決勝はジョコビッチがフェデラー、ナダルがフェレールが相手でした。
いずれもタイブレークになったセットがありましたが結局ストレートで勝利しています。

ジョコビッチとフェデラーの対戦はもう少しもつれるかと思いましたが
第一セットが「6-2」と結構あっさり決まってしまいました。

さて、決勝は一日ずらされて現地時間の昼に開催されることになりました。
中々始まらない試合に、多くのファンがやきもきしたことでしょう。
しかししかし、日本時間では本日の夜7時ということになったわけですから、
これはもうドンピシャすぎる嬉しい変更です。

ところで、ポイント計算の方よくわからないのですが
ナダルが優勝すればまたランキングがフェデラーと入れ替わったりするんでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/05/21(月) 10:13:53|
  2. 2012年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2012年、ローマはナダルが優勝 | ホーム | 2012年、ローマ3回戦>>

コメント

ランキング2位

下記記事をみると仮にナダルが勝つと、また復帰するようですね。
http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2012/05/20/Rome-Sunday-Djokovic-Nadal-Singles-Final-Rescheduled.aspx

フェデラーもマドリッド以来やや試合続いていましたし、コートも大きく変わりましたので、全仏に向けて一休みといったところかもしれません。でも仮にナダルが決勝で敗れて、フェデラーが2位のままだと全仏の第2シードはどちらになるのでしょうか。ランキング通りにするのかやや微妙ですね。


  1. URL |
  2. 2012/05/21(月) 10:35:29 |
  3. pixiyu #-
  4. [ 編集]

ランキング2位

昨年が、ジョコビッチ→W、ナダル→F、フェデラー→R16ですので、
それぞれ獲得ポイントが1000、600、90(+参加ポイント25)。

フェデラーが今年はSF敗退のため、9430-(90+25)+(360+25)で9700になるかと。
ナダルが優勝でも、9105-(600+25)+(1000+25)で9505のため、入れ替わらない気がします。

ジョコビッチが優勝した場合は昨年と同じですので、11200のまま。
ナダルが優勝の場合、ジョコビッチは11200-(1000+25)-(600+25)で10800になりますので、ジョコビッチ、フェデラー間が1100、フェデラー、ナダル間が195となるのではないかと思っています。

(Masters1000のポイントが、W→1000、F→600、SF→360、QF→180、R16→90、…参加25)

いずれも私自身での計算ですので、ATP公式HPの記事の方が正しいかもしれませんが。。
  1. URL |
  2. 2012/05/21(月) 11:24:06 |
  3. Tom #dw3/lnIY
  4. [ 編集]

>pixiyu様
>Tom様

ありがとうございます。
お二方の書き込みを見させていただいていくつか確認してみました。

Tom様に検証いただいたように、
単純な足し算引き算でいえば確かにナダルのポイントは上回りません。
マスターズ1000は必ずポイント計算上エントリーされますから
去年のポイントが入っていなかったとかそういうことはありません。
私も、はてな?と思った部分です。

で、ATPページの両選手のRanking Breakdownのページを見てみました。
このページは現在のランキングポイントの詳細が確認できるページです。
これを見ると、現在のポイント(フェデラー:9,430、ナダル:9,105)に
去年のローマが入っていません。

詳細はよくわからないのですが、
大会が始まると同時に去年のポイントは失効した状態でランキングが公開されるでしょうか。
あるいは去年と今年とで開催週にずれがあったのでしょうか。

いずれにしろ、現行のランキングポイントから失効点はありませんので
フェデラーは、9,430 + 400(今年分)=9,830
ナダルは、9,105 + 1,000 or 600 = 優勝なら10,105、準優勝なら9,705
となるんだと思います。

ATPページのように、これ故にナダル優勝でランキング入れ替え、
そうでなければ変わらずということのようですね。

まだ正直、ATPランキングを理解した気がしません。
  1. URL |
  2. 2012/05/21(月) 13:44:29 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

http://live-tennis.eu/
正しいかどうかはわかりませんが、自分がよく見ているランキングサイトです。
  1. URL |
  2. 2012/05/21(月) 14:30:09 |
  3. SN1987A #M6dM6JIA
  4. [ 編集]

去年のローマが含まれないわけ

タイトルに関してですが、

去年のローマは先週から数えて53週前に行われたので、すでに失効しています

今年はオリンピックイヤーということもあるからか、週が多少ズレているのです。

マドリッドの週の終わりに、去年のローマのポイントは52週経過したので失効しました。
マドリッドのポイントは、マドリッドの前の週の終わりに失効しています。

同様に全仏も去年より開始が1週遅くなっています。

ですので今週失効するポイントは去年の全仏直前の週のポイントです。

2週連続マスターズの直後でグランドスラムの直前ですから、だいたいのトップ選手は休養しています。
ですので、そういった関係で今週の場合、少なくともほとんどの上位選手に関してはほぼ単純に今回のポイントを加算するだけでいいのです。

去年も似た現象がありました。
大会の開催順が変化したことで1週だけマスターズが8大会分しかカウントされない週が生じました。

今まで
モンテカルロ→バルセロナ→ローマ→他→マドリッド→他→全仏
だったものが
モンテカルロ→バルセロナ→他→マドリッド→ローマ→他→全仏

になったために

ローマが失効した週にローマが一旦なくなることでその週カウントされるマスターズ大会が一旦1大会減りました。
その次の週にローマがないかわりにマドリッドが2回分カウントされて9大会分に戻り、
さらにその次の週に前年のマドリッドが失効するかわりにその年のローマがカウントされることでもとに戻りました。

この不思議な1週で錦織が46位を越える可能性があるというコメントをした記憶があります(たしか結局その週は46位でした)。

前年の大会と引き換えに失効するのではなく、カウントされて52週経過された時点で失効するので、大会の開催時期がずれるとカウントされない週があったり、二重にカウントされる週ができるんですね。

というわけで今週のランキングポイントにはローマが含まれていないんです。
  1. URL |
  2. 2012/05/21(月) 15:20:14 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>SN1987A様
>2R様

どうもありがとうございます。
今年はオリンピックイヤーだから開催週がずれていたんですね。
フェデラーが2位に上がったのもそのずれがあったからとも言えますね。
まもなく試合開始です。
が、
うう、まだ仕事中・・・
  1. URL |
  2. 2012/05/21(月) 19:02:58 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/714-981a8a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター