レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2012年、ウィンブルドン、ベスト8出揃う

4回戦の残り5試合が行われました。
マレーvsチリッチ、フェレールvsデル・ポトロ、ツォンガvsフィッシュ
と、こういった試合が同時に行われるというのは、
雨天順延が頻繁なウィンブルドンならでは贅沢さというものです。

今回の注目はやはりフェレールvsデル・ポトロでしょう。
過去の成績はフェレールの4勝2敗で、
しかも唯一のグラスコートでもフェレールが勝っているということから
戦前からフェレール優位との見方ができた試合でしたが、
正直今の上り調子のデル・ポトロならばわからないぞ、
というのが大方の目線ではなかったでしょうか。

共にグラスでも戦えますが、ベストのコートではありません。
どんな試合展開になるかは注目でしたが、蓋を開けてみれば
ただただ、フェレールの良さが際立った試合でした。

デル・ポトロの武器はなんといっても高い打点からの強打ですが
バウンドが抑えられるグラスコートであったというのに加えて
フェレールのストロークがまた低く低く入っていたことで封じられることになってしまいました。
これはフェレールの戦術というわけではなく
お互いのショットスタイルによる相性の問題ということなのかと思います。
しかしいずれにしろデル・ポトロは得意の一撃を決めることが出来ず、
逆にフェレールの左右の揺さぶりとコントロールの妙に翻弄され、
調子がどんどん狂わされていきました。
そしてなによりあのフェレールの見事なフットワーク!
ギリギリのショットに追いつかれて
しかもそれがきちっと返ってくるという状態が続けば
さすがのデル・ポトロといえどもどうしようもありません。

デル・ポトロはまだグラス向けのプレイヤーではないと思います。
それでも時に見せる強引な一撃は強烈でしたし
足もフェレール程にはもちろん速くはないわけですが、あのプレースタイルならば充分かと思います。
もう少し低い球の処理に磨きがかかれば今後立派にやっていけるのではないでしょうか。
来年はきっと修正してくるでしょうから楽しみです。いや、まだオリンピックがありましたね。

それにしてもフェレールは絶好調でした。
この状態が次の試合も続いてほしいものです。

次はなにせマレーですから。

マレーはチリッチにストレートで勝利しました。
チリッチは前の試合でウィンブルドン計測史上2番めに長い試合を戦っていますから
疲れもあったのだと思います。

で、マレーvsフェレールですが、過去の対戦成績は5勝5敗です。
クレーでは4戦していて全てフェレール、ハードはマレーが5勝1敗、グラスでの対戦はありません。
今年の全仏では、同じように準々決勝で対戦していてフェレールが勝利しています。
マレーにとってはリベンジに当たる試合です。

コート適性的にはマレー優勢でしょうか。
デル・ポトロ戦で有効だったフェレールのプレーは、マレー戦で同じようには通用しにくいです。
まずマレーには守備力があります。左右の揺さぶりには付いて来れます。
また弾道の低い球を苦にしていません。デル・ポトロのようにじれることはないはずです。
ただ、デル・ポトロほど一撃で決めてくるショットを多用しないので
その点ではラリーが長くなってフェレールの対応できるポイントは増えてくるでしょう。
根気が必要な試合になりそうです。
同じようにマレーにとってもフェレールはチリッチよりもはるかに多彩なプレーをしますので
根気は重要になってきます。

根気が関わってこない展開があるとしたら、
それはマレーのサーブや強打が絶好調すぎる時でしょうか。
フェレールの多彩さが発揮される前に短期にポイントを決めてしまうという展開です。
まあこれは一時的には有効であっても、ずっと続くことは稀ーだと思うので
やはりしっかりとラリーをものにしていくことが大事です。

しかし不思議なものですね。
開幕前のドローを見た段階では面白い組み合わせの連続と思った大会でしたが
ここベスト8に来て、マレーvsフェレール戦以外は
上位シードと下位シードという少々地味な組み合わせになっています。
とはいえ、今大会はその地味な選手が大きな仕事をしてきていますので
観ている我々も、油断をしていると大きな瞬間を見逃すことになるかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/04(水) 18:10:35|
  2. 2012年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2012年、ウィンブルドン準々決勝 | ホーム | 2012年、ウィンブルドン2週目突入、及びフェデラーの勝利。>>

コメント

フェデラーファンに朗報!?

ウィンブルドンのツイートによると、2003年の4回戦でフェデラーは今回ととても似た経験をしているようです。
相手はロぺス、今回同様、1セット目にメディカルタイムアウトを取り、
今回とは違い、コート上で処置をしてもらったとのこと。結果は3-0での勝ち。
そして、その後、初優勝になるんですよね。げんを担げば、今回も。。。?

その試合後のフェデラーのインタビューを見ると、かなりの痛さだったのがわかります。
「痛くて痛くて全く動けなかった。痛みは続き、消えない。今日の試合にどうやって勝てたのかわからない。
勝利してインタビューを受けるなんて、思ってもいなかった。」

私は2003年はまだテニスの試合をフォローしていなかったので、この試合を見ていないのですが、
この試合、見た方はいらっしゃいますか?今回のマリッセ戦と比較してどうだったのでしょう?
少なくとも今日はフェデラーの体に問題はなさそうですが。
  1. URL |
  2. 2012/07/04(水) 22:44:29 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

サーブ&ヴォレーの終焉

http://edition.cnn.com/2012/06/26/sport/tennis/wimbledon-tennis-lendl-serve-volley/index.html?iid=article_sidebar

CNNのURLにイヴァンのコメントが。
「フルスイングで8000回転のスピンボールが来たら、ヴォレーする側は厳しいよね」

ロジャー、勝ちました。32回目の4大大会準決勝進出。
4大大会で、242勝目?ですか?
  1. URL |
  2. 2012/07/04(水) 23:05:25 |
  3. White City #o/PXu/q6
  4. [ 編集]

>かめ様

情報有り難うございます。私もさすがにその試合は観ていないですね。
当時のフェデラーはその2年前にサンプラスに勝って注目は浴びましたけれど前年は1回戦敗退でしたし、
当時優勝候補は沢山いましたから、せいぜいその中の末席にいた程度じゃないでしょうか。
準決勝のロディック戦は覚えています。決勝のフィリポーシスも含めて
どちらの試合も決してフェデラー有利の評価ではありませんでした。


>White City様

ありがとうございます。
レンドルは昔からこういう科学的な側面からもコメントをしてくれるので私としてはとても嬉しいです。
記事の方じっくり読ませて頂きます。
  1. URL |
  2. 2012/07/05(木) 11:21:29 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/736-e94a82f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター