レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2012年、トロント開幕

タイミング的に仕方がないですが、
例年に無く注目度の落ちているマスターズ1000大会となってしまっています。
しかし、獲得ポイントは変わらないわけで、
こういう時にしっかり勝っておくと後々で効いてくるものです。

試合の方を見てみると、オリンピック活躍組が試合を落としているケースが目立ちます。
金メダルのマレーは初戦を勝利しましたがその後棄権ですし、
銅メダルのデル・ポトロも初戦敗退でした。
一方で、デル・ポトロを下したのはオリンピック初戦敗退のステパネクでした。

錦織も第13シードとして挑みましたが初戦でクエリーに敗れてしまいました。
クエリーはオリンピック不出場のsン酒で、その裏で好調を持続していた選手です。
ワシントンではベスト4、その前週のロスでは優勝しています。
同じ週に大会をこなしている選手同士でも、
オリンピックとそうでない大会とでは精神的な疲れがこうも違うのでしょうか?
まあ、アメリカ→カナダとイギリス→カナダの移動云々の関係もあるのでしょうが。

こうした時ですから、ジョコビッチにとっては重要な大会になっているといえます。
フェデラーもナダルも不参加ですので4強で残っているのは一人だけです。
その他に脅威となりうる選手も、デル・ポトロ、ツォンガが敗退、フェレールが不出場と、
おおよそジョコビッチの優勝が約束されているような大会となっています。
最近は見せ場を他の選手に取られてしまっていますので、
ジョコビッチとしてはここらで起死回生の一発といきたいところです。

裏を返せば、ここで負けるようなことがあってはならないということでもあります。
次に当たるクエリーは好調ですし、近くのドローにはステパネク、ハースのベテラン組もいます。
去年であれば微塵もなかった心配ですが現在であれば状況が変わっています。
他に、チリッチ、ラオニッチといった若手が残っています。
彼らにとっても、今大会がチャンスであることは間違いなく
勝利の可能性が高いことは認識しているはずです。
こうした選手に星を落として勢いに乗せてしまうことはジョコビッチとしては避けたいところです。

今からちょうど5年前の当大会で、当時のランキング3位、2位、1位である
ロディック、ナダル、フェデラーを連続撃破して優勝したのは他ならぬジョコビッチでした。
歴史上最大の3強時代が始まった瞬間です。そのような大会ですから、
ジョコビッチとしても今度は新しい選手に勢いを付けさせる役になるようなことはしたくないところです。
もちろん若手側としてはそれを大いに狙って欲しいです。
このチャンスを誰がものにするかというのもポイントになってくると思います。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/08/10(金) 11:12:14|
  2. 2012年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2012年、トロントはジョコビッチが優勝 | ホーム | 2012年、オリンピックはマレーが金メダル>>

コメント

ジョコビッチもまた

オリンピック最終日まで試合をしていた選手ですからどうでしょうか?
雨順延で日程も随分厳しくなってしまいましたし、あまり無理をしないと思っています。
ジョコビッチは去年のカナダ-シンシナティ-全米オープンで3600ポイントを稼いでいますから頑張らなくてはいけないように思えますが、ここを流して3回戦敗退としても続く2つを取れば落とすポイントは500ポイント足らずですし、それらは去年故障で出場できなかったアジアシリーズで十分挽回が可能です。
やはりジョコビッチが照準を定めるべき大会は全米オープン、ここさえ押さえれば1位復帰もほぼ確実でしょう。
となると期待はまず地元のラオニッチ、あとは準地元であるアメリカ勢、中でもジョコビッチやマレーと同世代のクエリーに頑張って欲しいですね。
  1. URL |
  2. 2012/08/10(金) 21:34:48 |
  3. aaa #-
  4. [ 編集]

>aaa様

そうですね。ジョコビッチもタイトなスケジュールで戦っていますので調整は必要かもしれません。
全米で結果が出ればベストなのだと思いますが、多くのライバルが出てくる大会になるので
今大会で勝っておきたい部分も正直あるのではないかと思います。
ライバルが出てくるという点ではシンシナティも同様ですので、
勝ちやすい条件が対戦相手とスケジュールとでうまく咬み合わないのは大変です。
他には、恐らく休養であるフェデラーはまだいいですが、
怪我のマレーとナダルの回復具合も気になります。
ラオニッチ、クエリーは今大会キーになってくれそうな気配はありますね。
まずは次のジョコビッチvsクエリー戦を楽しみにしたいと思います。
  1. URL |
  2. 2012/08/11(土) 01:14:16 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

普通に

ジョコビッチ1日2試合をこなしてしまいましたね
復活してきたクエリーを順当に退け、ハースにもちゃんと勝ちました
ハースも相当疲れが見えましたので負けるわけにはいかなかったのでしょうか
さらに期待したラオニッチはイスナーとのビッグサーバー対決に破れてしまい、フィッシュはガスケに負けました
ここまで予想が外れるとむしろ清々しいくらいです(笑)
  1. URL |
  2. 2012/08/11(土) 13:49:42 |
  3. aaa #-
  4. [ 編集]

地元ラオニッチ敗退は残念の一言
しかしベルディヒはスランプかなんかでしょうか・・・
これでハーレ以降4大会連続の序盤敗退で、ここまで続くとなるとちょっと心配です。
去年フェデラーを破ったシンナシティでなんとか復活してほしい。
  1. URL |
  2. 2012/08/11(土) 14:37:21 |
  3. える #-
  4. [ 編集]

>aaa様

私も痛いほど実感しております。
予想というのは外すためにあるものだと思えばなんてことはないですよ。
むしろ予想が外れるということは選手たちが意外な事をしてきているということで
場合によっては時代が動いているということもありえます。
まあ、今回の場合はちょっと、そんなワクワクするような感じはあまりなさそうですが。


>える様

ラオニッチは女元でしたし、今回こそは発奮すべきだったと思います。
結局決勝に出たのはジョコビッチとガスケで、
本来であればこの世代を、若手が突き上げなくてはいけない頃なのですが。
ベテランも相変わらず好調なのですが、唐突に勝ったり負けたりを繰り返すので
少々先が読めない空気になってきています。
  1. URL |
  2. 2012/08/13(月) 09:45:31 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/748-15d2bf41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター