レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、全豪ベスト8

皆様、ごきげんよう

全然テニスを満喫できてなくて不満いっぱいの管理人でございます。

ってもうセミファイナル!!

ATPサイトの試合レビューを文だけで読む日々が続いております。
そしてそれだけでも興奮してんすから
実際に観戦てたらさぞや楽しいんだろうなと何度思わされたことか。

いや~トップハーフ。ジョコビッチ、そしてフェレール!!

試合内容が濃いです。両者ともただスイスイと勝ち上がってはいません。
でも接戦苦戦をモノにする、これは真に強い選手の証明です。

そりゃ、全部の試合を「6-0」で勝っていればそれが理想です。
でも、そうはなりません。
同じ時代、同じテニス理論で戦っているわけですから
そんなことになるわけはないのです。
仮に毎回そんな状況になっているとしたら、
それは競技がまだ成熟していないということになります。
テニスは違います。もう何十年も前から100位の選手が1位に勝つことができます。
しかしその中で一番多く勝つのはやはりトップの選手なのです。

まあ、厳密に言えば順番は逆で、
一番勝つ選手がだからこそトップになるということなのでしょうが、
我々はジョコビッチという選手を知っているからこそ
改めてトップは凄い、となるわけです。

接戦になるほど力が増すというのはナダルの専売特許でしたかいまやジョコビッチですね。
もちろん元々5セット王であったフェレールにもその要素はあります。

ボトムハーフはまだ準々決勝が行われていないですが
フェデラー、マレーが勝っておりますので
ナダルがいなくても4強安定というところがいい感じです。

フェデラーとマレーはここまで大きな問題もなく勝ち上がっていますが
準々決勝はフェデラーがツォンガ、
そしてマレーは今大会の台風の目ともいうべきシャーディと対戦します。
無事4強の顔合わせとなるのでしょうか。
はたまたここへ来て衝撃の結末があるのか、
皆さんは是非ATPの文だけでなく試合、楽しんで下さい。
ううう。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/23(水) 10:47:58|
  2. 2013年1~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2013年、全豪準決勝第一試合 | ホーム | 2013年、全豪開幕してます。とっくにですが>>

コメント

今、フェデラ-が濃ゆい試合をしてるみたいです。マレーだけが楽々ですね、今のところは。

でも、やっぱり、ジョコとナダルの負けるもんか対決がないと、寂しいです。
  1. URL |
  2. 2013/01/23(水) 21:03:16 |
  3. MEDAKA #-
  4. [ 編集]

フェデラーがなんとか勝ちました。全豪10年連続ベスト4です。全豪での記録達成は少々意外ですかね。

準決勝進出者の中では、マレーは一番ロスなく勝ち進みましたね。それが吉と出るか凶とでるか。週末楽しみです。
  1. URL |
  2. 2013/01/23(水) 21:57:39 |
  3. Black Prince #-
  4. [ 編集]

管理人様、お疲れ様です。

今年は熱戦が多くて試合が本当に楽しいです!
昨日のフェデラーVSツォンガ戦も・・・
正直第二セットの様子を見て
「フェデラー・・・負けるかも・・・」
とか思っていましたが、なんのなんの。

最後は勝利への執念で勝ちをものにしてましたね。
終わった後のツォンガとのやり取り&雰囲気も良かった!

フェデラーがツォンガが退場するのをベンチの近くで待っていたのが印象的でした。
やはり年末にエキシビションとか一緒に出ていたので仲がいいのでしょうね。

今日の夜はジョコビッチVSフェレール。
明日はフェデラーVSマレーです。

毎日一緒に寝るはずの子ども達に「先に寝ててね。。。」とお願いするのは気が引けますが。。。
「こんな事も年に4回!グランドスラムの時期だけだから!」
と言うと、
「年に4回じゃない。もっとあるよ!」
と昨夜は怒られました。

そんなこんなで本当に本当に楽しい全豪OPENです。
管理人様もライブで見れるといいですね。
  1. URL |
  2. 2013/01/24(木) 09:09:23 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

フェデラー

フェデラー流石ですね。勝ってホッとしてますが、次はあの全米覇者、ロンドン覇者のマレー。
ここで勝てたらフェデラーは本当にすごいと思います。
期待して見ていきたいと思います。

話は変わりますが、2006,2007の全豪のフェデラーを久しぶりに見ました。今とは動きが全く違っていました。キレキレな動きでした。
当然と言えば当然なのですが、それでも今回もベスト4ですからすごいもんです。
当時のプレイには、トリッキーなプレイというか、今以上に見せるプレイ、例えばポール回しや、こんなバックハンドってあんの?ってくらいのプレイが随所に見ることがでしました。今見ていないというわけではありません。しかし、今のプレイは落ち着いているというか、貫禄があってその雰囲気が、他を寄せ付けないような感じがしています。
それが、バスケット選手のマイケルジョーダンとかぶります。特にNBA三連覇後に一旦引退し、復帰し、また三連覇した時のジョーダンのプレイは、派手なプレイを頻繁に魅せる、ではなく落ち着いてプレイをし、ここぞという時の強さは度肝を抜く、というスタイルでした。ジョーダンも若い頃は、フリースローラインから飛んでダンクを決めることから、エアジョーダンと名付けられたので、魅せるプレイでした。

歳をとれば肉体的にも厳しくなっていくのはわかるのですが、それでも王者として君臨している選手のプレイスタイルは似ているな、すごいな、という印象です。

全く意味不明な文で申し訳ありません。

とにかくフェレール、フェデラー頑張れ!(笑)
  1. URL |
  2. 2013/01/24(木) 12:50:53 |
  3. Mr.N #-
  4. [ 編集]

本当にどこでコメントをすればいいのか悩むような試合が多いですね。

ジョコは1セット落としましたが4回戦での疲れを感じさせないプレーで貫禄勝ち。
モンフィスとの5セットマッチ後、4回戦で足に来てしまっていたシモンとは対照的です。
フェレールはアルマグロのサービングフォーザマッチを2回凌いでの勝ち上がり。
アルマグロも良いプレーをしていたので惜しかったです。見応えのあるラリーでした。
ここまで来たらフェレールにも頑張って欲しいところです。

マレーは貫禄勝ちで負ける試合ではありませんでした。
そしてフェデラーですが、僕も2セット目のツォンガが良すぎて覚醒してしまったかと
ドキドキしながら見ていましたが、勝てて良かったです。
ベルディッヒもそうですが、フェデラー戦でばかり良いプレーをするのはやめて欲しい
ところですが、これもフェデラーと他のビッグ4との守備力の差によるものなのでしょうか。

準決勝、体力的にはフェデラーが厳しい状況ですが、マレーは今大会ナイトマッチが
殆どなかったのでその点ではフェデラーがやや有利でしょうか。

しかし、本当にビッグ4+フェレールの壁は厚いですね。
  1. URL |
  2. 2013/01/24(木) 13:38:00 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

ベスト4のうち2人がベテラン、2人が中堅ということになりました。
相変わらずベテランは頑張っていますが若手が出てこないですね。
今はジョコビッチ、マレー世代の時代ということになるのでしょうが
それでもベテランとの差がそれほど明確でもありません。
わかっているのは下の世代がいないということです。
数年後にジョコビッチたちの世代の力が落ちた時、テニス界はどうなるのでしょうか。
70年代前半や2000年代前半以上の混沌が訪れるかもしれません。
  1. URL |
  2. 2013/01/25(金) 10:21:39 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/777-c7d1e43b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター