レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

ナダル復帰戦

皆さんお久しぶりです。
全豪後ぱったりとブログに現れなくなりましたが
すいません、言い訳じみたことを書きます。
毎度のことでまたかと思われるかもしれませんが
インフルエンザでぶっ倒れておりました。
ホント、体弱いです、最近。

テニス選手は毎週試合してて凄いですね。
インフルエンザでぶっ倒れたりしないんでしょうか。

全豪が終わってから、トップ選手にとってツアーは小休止となります。
しかしトーナメントはもちろん開催されています。
今の話題はなんといってもナダルの復活でしょう。
全豪の欠場は寂しかったですが、復活のための時期として
この小休止の時期は理想的とも言えます。

先週ナダルはチリで行われた大会に出場しました。
復帰戦にクレーを選んだのは得意のコートということの他に
膝への負担を考えても自然と言えます。

プレーも決して無理はしてこないだろうなと思いましたが
それでも決勝にまで進みました。試合数をこなせたのは良いことでしょう。
元々自力があるというのもありますが、小さな大会であるために
他のトップ選手が出ていなかったというのも大きいです。

決勝ではアルゼンチンのセバジョスに敗れました。
(スペルは「Zeballos」です。セバリョスとの表記もありますが、
 スペイン語ではセバジョスのほうが良いのではないでしょうか?)

決勝は「6-7 7-6 6-4」という熱戦でした。
正直、ここまでくると最後にナダルが力尽きるのはやむを得ません。
7ヶ月の復帰明けですし、試合をこなすことを優先的に考えるならば
決勝でのこのスコアというだけで充分過ぎます。

勝ったセバジョスですが、ランクは73位で、
あまり知られていなかった選手だと思いますが、
それでも観るとなかなか面白いですね。
左利き、片手打ちバックハンド、そしてクレー巧者と、
近年そうそういないプレースタイルを持っています。
しかもフォアハンドの軌道がナダルとそっくりで、
ハイライト映像での確認となったのですが、
一瞬どちらが打っているのかわからないほどでした。

セバジョスはツアー初優勝でランクも43位にまで上げて来ました。
自身の最高位は2009年の41位ですのでそれに近づいたことになります。
1985年生まれで、今年28歳と決して若い選手ではありません。
当サイトの持説である25歳ピーク説からも外れていまして、
これから伸びてくるだろうといったことを言うことはできないかもしれません。

しかし、左利き片手打ちバックのクレー巧者といえば、
なんといってもムスターと重なります。
ムスターこそは過去に25歳ピーク説から大きく外れた数少ない選手の一人で
ずばり28歳の年にキャリアピークの大活躍をした選手でした。
この先人にあやかるならば、セバジョス、今年何かをやってのけるかもしれません。

さてナダルですが、今週はブラジルに渡りましてまたクレー大会に出場します。
大会にはアルマグロ、ファン・モナコ、バブリンカとクレーを得意とする上位シードが出てきます。
一応ファン・モナコは先週のチリの大会に出てましたが初戦敗退でした。
いずれにしろ少しずつ難易度が上がってくる感じでしょうか。

復帰にクレーの連戦を選んだのは良いのですが、
その後インディアンウェルズとマイアミに向けた
ハードコートへの慣らしも必要になってきます。
ハードは膝への負担が大きいですからまだ不安があるかもしれません。
乱暴に行けば、インディアンウェルズとマイアミを捨てて
夏場のクレーシーズンにのみ照準を合わせるという方法もありますが
さすがにマスターズ1000を2大会欠場するというのはやり過ぎかもしれません。
全豪も出ていないわけですし、ランキングの大幅ダウンは確実になります。
仮にナダルが大きくランキングを落としたとすると、
例えば全仏の4回戦とかでフェデラーvsナダルが実現したりするかもしれません。
ちょっとそれは見たくはないですね。

今後のナダルの選択がどうなのか注目されます。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/02/12(火) 09:51:26|
  2. 2013年1~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<2013年、錦織優勝 | ホーム | 2013年、全豪はジョコビッチ優勝>>

コメント

管理人様

体調の悪い中、ブログの更新お疲れさまです。いつもブログの更新楽しみにしております。

Vina del Marのナダルは体が絞れてなくて、本格復調はまだまだ時間がかかると見ました。
これまでClay Kingナダルしか見たことが無く、グダグダなナダルを初めてみて驚きでした。
サンパウロ後に1週間空けたアカプルコで、トップ選手相手にどう戦う(戦える)かが今後の目安になるかと考えています。

サンパウロは決勝(アルマグロ)までトップ選手と当たらないので、アカプルコまでトップ選手との対戦は無さそうです。
インディアンウェルズとマイアミは捨てて、モンテカルロ以降でRoland Garrosに向けて調整してくるスケジュールかと思えます。
しかし、先週は復帰初戦+相手が弱かったので調整でしょうし、サンパウロもトップ選手と当たらないので体慣らし、
アカプルコしかClayでトップとの対戦がない状況で、IWとマイアミ後のモンテカルロで連覇は厳しいと考えます。
今年のモンテカルロはジョコビッチに取られる可能性が高いのでは無いでしょうか。(ジョコファンの小生にはWelcomeですが)
アカプルコを見てから、ジョコのモンテカルロ連覇阻止+初戴冠を夢見たいと思います。モンテカルロが取れれば、Cincinnati取ってMS1000全制覇です。

初めてコメントが長文となってしまいましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

  1. URL |
  2. 2013/02/12(火) 16:58:46 |
  3. aocun #-
  4. [ 編集]

全豪後

管理人様、記事アップ、楽しみにしておりました。

全豪後は小休止というところで、ビッグ4が見れない時期は寂しかったです。と言っても、今はフェレールが4位ですから、ビッグ5ですかね(笑)

さて、なんと言ってもナダルですね!久々にナダルの打つ時の声が聞けて、『帰ってきたなぁ〜』という気持ちです。決勝では敗退してしまいましたが、復帰戦としては素晴らしいと思います。ただし、管理人様がおっしゃる通り、これから、ハードで大きな大会が続けてあります。
膝の状態によりスキップして、クレースラムに照準を合わせてくる可能性はあると思っております。

一方、ビッグ3は、ジョコビッチはドバイ、フェデラーはロッテルダム、マレーは、インディアンウェルズですかね。

フェデラーの大会はスタートし、ツォンガが初戦敗退です。
インドアでのフェデラーが楽しみです。


  1. URL |
  2. 2013/02/12(火) 17:15:16 |
  3. Mr.N #-
  4. [ 編集]

ゴメス

ナダルは、強いときは鬱陶しいけれど、いないと寂しい存在ですので、復活はうれしいですね。全豪オープンをみると、グランドスラム大会に4強のうち一人がいないと勢力バランスがかなり変わることがわかりました。

余談ですが、左利き片手バックハンドのクレー巧者と聞いて1990年全仏優勝のアンドレス・ゴメスを思い出しました。あとプレイスタイルからみると意外ですがアンリ・ルコントもクレーが強かったです。もっと古くだとギレルモ・ビラスもいましたね。昔の話で失礼しました(笑)。
  1. URL |
  2. 2013/02/12(火) 20:06:40 |
  3. ミドルビギナー #-
  4. [ 編集]

ご無沙汰しております。

Au-Sagaさん、インフルエンザ大変でしたね。
まだまだ寒さが続くのでくれぐれもご自愛を。

ナダル復帰、私も普段はナダルの相手を応援wしてしまう方ですが、
こうも長く姿を見られないのはさすがに寂しく感じられていたので、素直に復活を喜びたいと思います。

しかし、それ以上にうれしいのはセバジョス(ゼバロスだと英語読みですかね)のツアー初優勝。
数年前にATP Uncoverdでこの選手の特集を見てから注目していたのですが、
その後目立った活躍もなく、ダブルスで時折名前を見かけるだけだったので、
28歳での初タイトル、しかも復帰明けとはいえナダルを下しての優勝は本当によかったなぁ~、と。

左利き、片手バックでクレー巧者という点ではムスター、それにミドルビギナーさんの上げたA・ゴメスを思い出しますが
長髪を束ねた上にキャップというスタイルから、自分は母国の先輩ガウディオを彷彿とさせられました(右利きですが)。
振り切る強烈なバックはもちろん、フォアやサーブのフォームも何となく似ているような……。
  1. URL |
  2. 2013/02/12(火) 23:46:09 |
  3. rene #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

ロングマッチ記録

こんにちは。
ようやくいろいろと一段落して書き込むことが出来ます。
とはいえつかの間の休息に過ぎないのですが。

ナダル、ようやく復帰できました。
いつ全盛期の姿に戻れるかが楽しみですね。

ところで管理人様、もし余裕があれば、デビスカップ一回戦チェコvsスイスのダブルスで記録された7時間1分という激闘について一言願いたいです。
スコアは6-4,5-7,6-4,6-7,24-22でした。

従来の試合時間のデビスカップ記録はダブルスに限ると2002年の準決勝ロシアvsアルゼンチンで記録された6時間20分でした。これはどうやら今回更新されるまで男子ダブルス史上の最長記録でもあったようです。スコアは6-4,6-4,5-7,3-6,19-17でアルノルド=カー/ナルバンディアン組がカフェルニコフ/サフィン組を下しています。
シングルスも含めると、1982年準々決勝のアメリカvsスウェーデンで記録された6時間22分。スコアは9-7,6-2,15-17,3-6,8-6でマッケンローがビランデルを下しています。

なお、シングルス、ダブルスを通じて今回の試合よりも長い時間を要した試合は、あのアイズナーvsマウー戦のみです。6-4,3-6,6-7,7-6,70-68。もう次元が違いますね。
  1. URL |
  2. 2013/02/13(水) 11:22:26 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

llの読み

管理人様、インフルエンザからのご帰還、おめでとうございます。

スペイン語のllの発音ですが、通常、スペイン本土では日本語のヤユヨに近い発音になり、
植民地だった方の南米ではジャジュジョに近い発音になります。もちろん例外もあります。
日本語でいうパエリヤも、スペインの多くの地方ではパエーヤのような発音になり、
南米の多くの地方ではパエージャのような発音になります。
ただ、日本語での表記となると、結局は多数派に従うしかないのかな。。。

4回戦とかでナダルとの対戦、う~ん、イヤですね~

  1. URL |
  2. 2013/02/13(水) 23:55:05 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

>aocun様

トニー・ナダルのインタビューをチラ見しましたが
クレーシーズンに照準を合わせているような口ぶりでした。
インデョ案ウェルズとマイアミは出ても調整という位置づけか
もしくは完全に出ないという選択肢もあるかもしれませんね。
今年はジョコビッチ、生涯グランドスラムの最大のチャンスかもしれません。


>Mr.N様

左利きだし、プレースタイルも抜きん出て違うし、
やはりナダルがいてこそのツアーの盛り上がりもあったと思います。
なにせあの想像もつかない脅威の記録をいくつも作ってくれた選手ですから。
このまま引退してもレジェンドになることは間違いないでしょうが、
まだまだ元気な姿は見せてほしいものです。
本人は回復具合に納得していないようでしたが
時間をかけてでもカムバックして欲しいです。


>ミドルビギナー様

ゴメスのプレーはよく覚えています。
今の基準からすれば手打ちのようにも思えなくはないですが
長身から打ち下ろすサーブがあって、
土の上を滑ってのラリーをよく見せてました。
個人的にはレッドクレー以上にグリーンクレーで活躍していた印象です。
あとデータ的には何と言ってもタイブレークキングですしね。
こういう話題が出ると古い選手の試合も時々見返してみたくなります。


>rene様

私は今回のセバジョスもハイライトでしか観ていないのではっきりとはわからないですが
ガウディオは、強打だけでなく相手の勢いをかわすショットも上手く
非常に味のあるクレー巧者らしいプレーをする選手でしたので
それに近いプレーを見せてくれていたとするならば
ナダルの出来がどうだったかにもよりますが
想像以上に濃い内容のラリーが展開されていたことにもなりますね。
そうなると今後ますます出てきてくれることを願いたくなる選手です。


>2R様

いつもながら情報を有難うございます。
ダブルスについては女子並みに疎いのでこういうのはありがたいです。
そういえばかつてはデ杯にはタイブレークがありませんでしたね。
まあもっと前にはグランドスラムにも、というかテニス界自体にタイブレークがなかったわけですが。
ダブルスはシングルス以上にネットでの攻防が多いので、
ポイントの時間自体は短いのかなと思うのですが、
アイズナーvsマウーのようなサーブのキープ合戦が続くことで
試合が長くなるということなのでしょうか。


>かめ様

ありがとうございます。
同じスペイン語でも地方によって発音が違うと聞いていたので
どうなのかよくわからなかったのですが、今回の場合はセバジョスで良さそうですね。
「セビリア」とかもあるので確かに全部が全部「ジャ」読みではないのだろうなとは思っていました。

  1. URL |
  2. 2013/02/15(金) 11:54:58 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

フェデラーがべネトーに負けました、チャンピオン争いのことを考えるとちょっと痛いんじゃないでしょうか?
  1. URL |
  2. 2013/02/16(土) 05:05:49 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

ロデックファン様

私も痛かったです!相手が去年のウィンブルドンで苦戦を強いられた相手なので仕方がないと、自分を励ましておりました。

ところで、当の本人は週末に南アに行ってネルソン・マンデラ氏と会うかもって。。。あなた、まさか。。。って変な勘繰りはやめましょう。意外に本人は痛くないのかも!?ちなみにこの二人は、世界で最も評価の高い人物という調査の2011年版で、1位・2位になったのだとか。(Reputation Instituteによる調査)

フェデラーの負けは悲しいですが、31歳のベネトー、34歳のハースが今週の大会の決勝戦に進出。フェデラー世代のプレイヤー、まだまだ元気です!

次はドバイですね。ここも去年は優勝なんですよね。いい結果を出してもらいたいです。
  1. URL |
  2. 2013/02/17(日) 15:35:39 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

フェデラーは今年は出場する大会を絞っているようですし本人も今年はたくさん練習したいといっていますから今年はチャンピオンを狙はないのかもしれませんね、長い選手生活を目指しているでしょうからこういう年があっても仕方ないのかもしれません、もし僕の予想が当たっているとすればこういうときフェデラーファンの方たちはどいう気持ちでみるんでしょうか?
  1. URL |
  2. 2013/02/18(月) 03:26:46 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

フェデラーのあり方ですが、この年齢であれば色々な方向がありえますね。
コナーズのように勝つためではなく楽しみのためにプレーするとか、
アガシのように大会を絞って限定的な出場にするとか、
いずれにしろランクを気にしない方法が思いつくのですが
フェデラーは今もって2位と強すぎているのが
足かせになっているという部分があるかもしれません。

  1. URL |
  2. 2013/02/18(月) 11:38:50 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

全豪の準決勝を見ますと、フルセットだったとはいえ明らかにフェデラーはマレーに打ち負けておりました。逆に4セットで仕留められないマレーの詰めの甘さはまだまだ世界№1には距離があるなと思いますが、それはさておきフェデラーの力負けというよりは、やはり30を過ぎて回復力が落ちてきているのだと思います。
チームフェデラーとしてはその辺は当然考慮してコンディショニングを整えてくるでしょうね。クレー大会への出場は少なくなるかもしれません。クレーのフェデラーもまた違った良さがあるのでそれはそれで残念ですが…
  1. URL |
  2. 2013/02/18(月) 22:28:16 |
  3. #-
  4. [ 編集]

ナダルはインディアンウェルズ出場が怪しくなってきたみたいですねやっぱりクレーシーズンに照準を移すのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2013/02/19(火) 00:24:25 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

長く安定だった4強時代も、混沌として来ました。
フェレールとデル・ポトロが奮闘しているので
まだ乱戦時代という雰囲気ではありませんが
本来であればこの隙に一気にランクを伸ばしてくる選手が出るはずだと思うのですが。
チリッチ、ラオニッチ、そして錦織あたりがやってくれないですかねえ。
  1. URL |
  2. 2013/02/20(水) 12:00:19 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

2013年のランキングを見ると

今、この時点で2013年のみのランキングを見ると、ジョコビッチ、フェレール、マレー、フェデラー、錦織の順なんですね。
この時点でのランキングは、平均的な力というより一大会での好成績が大きく影響するので、
あまり意味のないものだと思うのですが、錦織、なかなか好調な滑り出しです。
  1. URL |
  2. 2013/02/25(月) 12:05:09 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

>かめ様

まだ少しアメリカのハードコートが続くので、
錦織にはポイントを伸ばして貰いたいところですね。
  1. URL |
  2. 2013/02/26(火) 19:11:29 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/781-52f20e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター