レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、インディアンウェルズプレビュー

さて、春のハードコート祭りがやって参りました。インディアンウェルズとマイアミ。
いずれも扱いはマスターズ1000ですが、他のマスターズ1000よりもドローが大きく
開催期間もそれぞれ1週間半と長丁場です。選手は連戦になります。

1つだけの大会で見れば当然グランドスラムのほうが大きいのですが、
2つをセットとして捉えればグランドスラムを超える規模になります。
選手にとってはより大きなチャレンジになるといえます。
ただ、ランキングポイントは両方勝ってもグランドスラム1つ分というのが寂しいです。
どちらもマズターズ1500にしても良いくらいの大会です。

さて、ドローが発表されました。
トップ4から落ちているナダルが、なんとベスト8でフェデラーと当たる山に入りました。

準々決勝でナダルvsフェデラー!
こんなことありましょうか。

両者は過去28回の対戦をしていますが、
これまで準々決勝で対戦したことは一度もありません。
初対戦のみ3回戦でしたが、それ以外は
決勝が19回(!!)、準決勝が7回、年末のラウンドロビンが1回と
ほぼ頂上決戦として対戦が組まれてきました。
今回もしも両者ぶつかることがあれば、テニス史の大きな一コマといえます。

ちなみに両者が唯一3回戦という早いラウンドで当たった初対戦は2004年のマイアミでした。
実に9年前です。この時、第32シードという
今からでは想像もつかないようなシードをもらっていたナダルは
2回戦でなんとゴラン・イバニセビッチを下しています。
当時のイバニセビッチは既にトップ選手ではなくて
大会もワイルドカードでの出場でしたがなんとも時代を感じさせます。
ナダルはフェデラーを下した次の試合で、フェルナンド・ゴンザレスに敗れました。
ゴンザレスはそのまま決勝まで行きアンディ・ロディックに敗れています。
当時、ナダルはまだグランドスラムタイトルのない若手選手でしたし
フェデラーもNo.1になりたてのグランドスラムタイトル2個の選手でした。
9年という歳月はかくもテニス界を激変させるに足る長い時間なのだと感じさせます。


さて、私はインディアンウェルズとマイアミの連覇というのが大好きです。
こういう大きな大会を両方勝つなんてかっこいいじゃないですか。
同じ国、同じハードコート、連続開催ときては、なんだかもう
ただひたすら勝つみたいなストイックな感じで、ゾクゾクさせます。

なんか毎年同じ事書いている気がしますが、
今回も過去の連覇選手一覧を載せてみたいと思います。

1986年 レンドル
1991年 クーリエ
1992年 チャン
1994年 サンプラス
1998年 リオス
2001年 アガシ
2005年 フェデラー
2006年 フェデラー
2011年 ジョコビッチ

どうです、この錚々たる面々。
偉大なチャンピオンもいますし、クーリエやリオスのように、
この連覇をきっかけとしてトップに躍り出た選手もいます。
92年のチャンも当時ランクが低迷していたのですが、
この連覇を皮切りに一気にランクを上げました。
フェデラーの2回が光ります。

今回は何と言ってもジョコビッチが本命となるでしょう。
もしも達成すればフェデラー以来の2回目の達成となります。

しかし、新しい選手が思わぬ連覇を成し遂げ、
それをきっかけにスターダムにのし上がるというシナリオも悪くありません。

誰か。

錦織氏?

最近でインパクトのある急激な伸びを見せた例はデル・ポトロだと思います。
しかし、今思えばもう結構前のことです。
デル・ポトロが今回もう一回やってくれてもいいですが
新しい誰かでももちろん良いです。

誰か。

錦織氏?

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/03/07(木) 11:51:54|
  2. 大会試合プレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2013年、インディアンウェルズ開幕 | ホーム | 2013年、ドバイ&アカプルコ>>

コメント

お久しぶりです。久しぶりにコメントします。
インディアンウェルズのドロー出ましたね。

はっきり言ってショックです。
一番なって欲しくないドローになってました。
全豪欠場でナダルがランキング5位に落ちた時に
「フェデラーと準々決勝で当たるようなランキングに落ちないでよー!フェデラーと準々決勝で当たって欲しくないよー!!」
と思ってましたが・・・

まさにナダルが復帰して、初めてフェデラーと一緒のツアーに参加するというインディアンウェルズでまさかの結果。

・・・昨年のナダルとの試合は思った以上にフェデラーが圧勝で、驚いた記憶がありますが。

今年もぜひぜひ・・・フェデラーの圧勝が見たいです。
って言うかそろそろフェデラーに優勝して欲しいです。

全豪は仕方がないにしても、ロッテルダムとドバイは優勝するか決勝に間違いなく進むと思ってましたから。
特にドバイ。

試合をライブでみてましたが、あの状況でベルディヒに負けるなんて・・・
管理人さんも前回のブログで書かれていましたが、あれはフェデラーの勝ちパターンですよね。。。

ああ!フェデラー☆優勝してーー!
  1. URL |
  2. 2013/03/07(木) 12:57:45 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

ドロー

インディアンウェルズのドローでました。
まさか当たらないだろうと思っていましたが。
準々決勝でフェデラーとナダルが戦うとは・・・。

錦織氏には、頑張ってもらいたいですね。
  1. URL |
  2. 2013/03/07(木) 15:13:45 |
  3. You Can #-
  4. [ 編集]

初日が終わりましたが気になる対戦としてはロソルがヒューイットに負けました。
昨年ウィンブルドンでナダルに勝って以来注目されてはいますが
なかなか大きな活躍にはなりませんね。

あと、マレーですが2月はトレーニングをしていたそうです。
全豪でジョコとの差を感じたのでしょうか。
これが功を奏せばマレーが2大会連続優勝するかもしれません。

フェデラーにも頑張って欲しいですが、やはり現状ジョコのライバルの
大本命はマレーであるべきだと思うので注目ですね。
  1. URL |
  2. 2013/03/08(金) 17:28:55 |
  3. ラカン #9/csnzmA
  4. [ 編集]

>Roger LOVE様
>You Can様

今大会のフェデラーにとって最大の障壁は
ジョコビッチでもマレーでもなくナダルということになりますね。
どんなに苦手にしていようと、コートが遅めでナダル向けであっても
怪我上がりのランクを落としている選手に負ける訳にはいかない
というのがあると思います。
ただ、ナダルですからねえ、相手は。


>ラカン様

こういう地味な存在になった時のマレーは結構やりますので
私個人としては期待を込めて、敢えて触れない方向で行っています。
ジョコビッチは強いですが、3回やって1回勝つとすれば
そろそろマレーが勝つ頃かもしれませんし。
  1. URL |
  2. 2013/03/11(月) 11:43:49 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/785-d0a75936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター