レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、インディアンウェルズ4回戦及び準々決勝

さて、見どころの多い4回戦となりました。
勝ち上がったのは以下の8人です。

ジョコビッチvsツォンガ
マレーvsデル・ポトロ
ベルディフvsアンダーソン
フェデラーvsナダル

更に見どころの多い準々決勝になったといえます。
シードダウンもそこそある大会だと思っていましたが
ベスト8に関してはフェレールがアンダーソンになっただけで
他は順当な勝ちあがりになりました。

このうち、ボトムハーフの2試合は既に終わっています。

まずは何と言ってもフェデラーvsナダルです。
両者ともに4回戦を苦戦で勝ち上がりました。
フェデラーはバブリンカ、ナダルはグルビスが相手でした。
フェデラーも前の試合で腰を痛めたとのことで
初対戦以来初めての早いラウンドでのフェデラーvsナダル戦は
両者ベストでないコンディションの中で行われたことになります。
こうなると普通に得手不得手が出ます。
コートの球足の遅さもナダルに有利に働きました。
フェデラーの仕掛けは相変わらず多彩ですが、
わずかに足りずにナダルに届かれてしまうという、
不運というか相性の悪さに見舞われる形となりました。
ある時期からナダル戦で積極的に使い始めるようになった
バックハンドのカウンター気味のショットも、
最初は決まってましたが最後の方はどうにも不発でした。
序盤は互角に試合が進行して行きましたが、
一度ブレークが生まれた後の、え、もうやる気を失ったのか?
と思わせるようなフェデラーのミスの多発には少々驚かされました。
明らかに強大な相手であるフェレールやフェデラーよりも
グルビスのほうが遥かにナダルを追い込むことができる不思議が
テニスの面白さといえるかもしれません。
まあ、ナダルという選手の特殊性もありましょうが。

勝ったナダルは準決勝でベルディフと対戦します。
ベルディフは今回好調のK・アンダーソンと対戦しました。
こちらもストレートでの決着でしたが、なかなか見応えのある打ち合いだったと思います。
両者ともに足元に球が来ても下がらずに打ち返すのが凄いですね
少し前だとナルバンディアンの専売特許のようなショットでしたが
今やこうした上背のある選手が使ってしまうショットなんですね。
お互い攻撃的でしかもパワーがあるので迫力があるのですが
やはり細かいショットはベルディフに方に分がありました。
アンダーソンもプレースタイルは悪く無いですから、こうした細かい所を
もう少し上手く処理できるようになれば更に上に行くのではないでしょうか。

ナダルvsベルディフは一時期はベルディフが3勝1敗とリードしていたんですが、
このところはナダルが11連勝しています。
ナダルとしてはハード復帰戦としてドロー運に恵まれているといえる大会ですね。


残るトップハーフの準々決勝も
ジョコビッチvsツォンガ
マレーvsデル・ポトロ
と注目の試合が組まれています。
ビッグネームが勝ちあがりました。

ジョコビッチvsツォンガは一時期の黄金カードでした。
最初の頃はツォンガが優位で、4連勝などもありましたが
このところはジョコビッチが完全に立場を逆転させております。
現在はジョコビッチの7連勝中です。
最近元気の良さが感じられないツォンガですから
ここいらで一つ奮闘して欲しいところです。

デル・ポトロはマレー戦、過去1勝5敗と苦手にしています。
ただ、最後の対戦は2009年ですので随分当たってないことになります。
今回がデル・ポトロが怪我から復帰してからの初めての対戦です。

ビッグネーム同士の対戦になってはいますが
過去の成績で言えばトップの2名が優位に立っています。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/03/15(金) 18:52:25|
  2. 2013年1~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<2013年、インディアンウェルズ決勝はナダルvsデル・ポトロ | ホーム | 2013年、インディアンウェルズ3回戦>>

コメント

フェデラー対ナダル、試合はまだ見ていませんが2011年マイアミの準決勝を
思い起こさせるようなスコアでがっかりというよりビックリでした。
ナダルを褒めるべきなのでしょうが、去年のフェデラーの調子と比較すると
この先が本格的に不安になってきてしまいます。
ただ、2011年はそれでも後半で翌年のNo.1につながる成績を残したので
この先なんとか立て直してくれると信じたいです。
まだ全英もありますし。

そして、この敗退によりマレーが決勝進出するとNo.2が入れ替わります。
それでもジョコを倒さないといけないので難しいとは思いますが。
まあマレーがNo.2になったとしてもマイアミの成績次第ではまた入れ替わるので
現時点ではそれほど気にする必要もないかと思いますが。
  1. URL |
  2. 2013/03/15(金) 20:00:38 |
  3. ラカン #9/csnzmA
  4. [ 編集]

フェデラー残念でしたね。
と言っても仕事があった為ライブでは見れず、たまにスコアを確認出来た位なので試合内容は分かってませんが・・・。
観た人から聞きましたが、管理人さんと同様に
「途中からフェデラーのモチベーションががくんと下がった」
と言ってました。

フェデラー大好きなので負け試合でもきちんと観てあげたいのですが・・・

なぜフェデラーはあんなにナダルと相性が悪いのでしょうかねぇ~。
試合前、ATPのHPもフェデラーとナダルの対戦について特集みたいな感じで書かれてましたが。

ああ・・・フェデラー・・・次はマドリッドですよね。
今年もコートの色は青なのかしら?
・・・大丈夫なのかなぁ~。
そろそろフェデラーの優勝が観たいですね。
  1. URL |
  2. 2013/03/16(土) 09:04:16 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

ある意味、ハラハラドキドキしないで見られる試合ではありました。あんなに一方的になるとは。。。涙。
でも、腰を痛めていたと聞いて、ちょっとホッとしています。

一方のナダル、休みの間に体型変わりましたかね?
休み前は、ツォンガ的な質量を感じさせ、公称の身長・体重がフェデラーとほとんど同じとは思えませんでした。
でも、休み後、いい具合に筋肉がほぐれているように見えました。
フェデラーの今大会の赤字のインパクトを最小限に抑えるために、
今大会はナダルに優勝してもらいたいです。(←不純)


ラカン様

Roger LOVE様も書かれていますが、今年、フェデラーはマイアミに出場しない予定です。
ATPの3条件をクリアしているので、1000の大会の出場義務から100%解放されています。
ちなみに、3条件とはこちらです。
1) 1月1日時点で600試合以上出場している
2) 12年以上ATPでプレイしている
3) 1月1日時点で31歳以上になっている
  1. URL |
  2. 2013/03/16(土) 09:32:44 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

> かめさん

説明ありがとうございます。
ただ、以前のコメントを拝見したのでご指摘の内容及び今期のフェデラーのスケジュールは把握しています。
マレーは去年マイアミで決勝進出して600ポイント獲得しているので、仮にここで稼いでNo.2になったとしても
稼いだ以上にマイアミの成績が落ちるとまたNo.3に戻る、という意図でしたが言葉が足りませんでしたね(^^;

いずれにしろ、マレーはデルポトロに負けたので今回のNo.2入れ替わりはなくなりました。
  1. URL |
  2. 2013/03/16(土) 20:51:09 |
  3. ラカン #9/csnzmA
  4. [ 編集]

デルポトロがジョコビッチに勝ちました、真っ向から打ち合っての勝利です開幕前の予想とはまったく違う顔ぶれになりましたね個人的にはリュビチッチやコルダなどIWは番狂わせがマイアミよりは多いイメージがあります
  1. URL |
  2. 2013/03/17(日) 09:28:07 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

失礼しました

> ラカン様

失礼しました。早とちりしてしまいました。
ラカン様の文章のどこにも”フェデラーの成績次第では”とは書いてありませんね。
(赤字確定の)マイアミにしろ、(経験者有利のブルークレイじゃなくなる)マドリッドにしろ、
まだまだフェデラーファンには、緊張の大会が続きます。
当の本人はそれほど気にしていないのかもしれませんが。
  1. URL |
  2. 2013/03/17(日) 14:40:37 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

正直、意外な決勝となりました。
特にデル・ポトロのパフォーマンスには驚きました。

かつてのあの不敗のフェデラーをグラスコートで真っ向から下したのがナダルならば
そのナダルをクレーコートで真っ向から下したのがジョコビッチです。
そしてそのジョコビッチをハードコートで真っ向から下す選手が遂に登場した
と言えば少々大袈裟でしょうか。

まあ現実には、ドバイではジョコビッチが圧勝してますから
まだまだデル・ポトロはジョコビッチ攻略なったとはいえません。
しかし今後可能性を感じさせてくれるような勝ちあがりです。
決勝、楽しみですが、時間的に生観戦はできないでしょう。ううう。

  1. URL |
  2. 2013/03/17(日) 18:29:21 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/788-10bbf4ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター