レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、インディアンウェルズ決勝はナダルvsデル・ポトロ

第5シードと第7シードの決勝です。
現在のテニス界は8強のようなところがありますから
大きな番狂わせというわけではありません。
しかし4強とも言われますからその意味では順当でもないわけです。
まあナダルが4強に入ってないのは非常時とも言えるわけですが
いずれにしろ、どちらかと言えば大方の予想に反する決勝になったといえるでしょう。

まずナダルですが、相性の良い対戦が続いたという
恵まれたドロー運があったとはいえ、
直前までハードをスキップするのではないかと言われていた中での決勝進出ですから
これはこれで想定外の勝ちあがりといえるでしょう。
まだまだナダルという人は周囲を驚かせるんですね。

そして何と言ってもデル・ポトロです。
元々素質十分な選手なのでそこまで驚きはしませんが
それでも今回の決勝進出は広く予想されていたわけではありませんでした。
2009年のあの絶頂の時以来、マスターズ1000では決勝進出がありませんでしたし
2010年の怪我からの復帰後は4強の壁に苦しめられていました。
準々決勝のマレー戦は、マレーが攻勢に出た途端にミスし出したりして、
どうもマレーが勝手に崩れたのではないかという判断で観戦していたのですが、
準決勝のジョコビッチ戦を見て、それがデル・ポトロの好調によるものだと
評価の修正を加える事になりました。
デル・ポトロのストロークは安定しています。
細かい仕掛けも悪くないし、サーブやネットプレーもいいです。
持ち前の強打、そしてそれと好対照をなすスライスの使い方がまた絶妙です。
はっきり言ってラリーの中でのスライスの安定感は
マレー、ジョコビッチよりも上だと感じました。
小細工の利くスライスというわけではないのですが、
深く、伸びやかな軌道で、相手に色んな事をさせにくいショットになります。
マレーもジョコビッチも攻め手を探すうちにミスを重ねていきました。
両者、いつもよりもミスが多かったです。

デル・ポトロは我慢のプレーだったといえるかもしれません。
打ち合いで負けていなかったのは事実ですが
強引さを抑えて粘りのプレーも見せていて、それが最後に活きて来ました。
マレー戦もジョコビッチ戦も逆転勝ちだったのは大きいです。
そういえば全米優勝時のフェデラー戦も逆転でした。

実はデル・ポトロは、5セットマッチ勝率もタイブレーク勝率もそれほどでもありません。
力は十分なモノを持っているのに、それを発揮しきれていないというのが印象でした。
しかし今回、大きく対戦成績で下回っていた両者を連続で撃破したことは大きいでしょう。
しかも王者ジョコビッチには直前のドバイでの敗退のリベンジに当たります。
デル・ポトロ、遂に二度目の覚醒なったでしょうか。

ナダルvsデル・ポトロですが、過去の対戦はナダルの7勝3敗です。
2010年の怪我からの復帰後、デル・ポトロは一度もナダルに勝っていません。
ここインディアンウェルズでは2009年、2011年、そして今年と1年飛ばしで対戦しています。
これまで2戦はいずれもナダルが勝利しています。
しかし、今のデル・ポトロはもはや少し前までのデル・ポトロではないのかもしれませんから
ナダルの復帰戦の相手としてはグルビス以上の強敵に成り得るといえるのではないでしょうか。
因みに2009年、デル・ポトロはインディアンウェルズで負けた後、
ナダルにハードコートで3連勝していました。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/03/17(日) 18:22:30|
  2. 2013年1~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2013年、インディアンウェルズはナダルが優勝 | ホーム | 2013年、インディアンウェルズ4回戦及び準々決勝>>

コメント

今日のデルポトロはすごかったですね。
粘ってた。凄く凄く粘って粘って、そしてジョコビッチから勝利をもぎ取りました!

フェデラー以外の試合で、こんなに緊張したのは久しぶりです。(笑)
ぶっちゃけ。。。デルポトロを応援してましたから。(ごめんよ。ジョコビッチ)

アメリカということもあってデルポトロの応援の方が多かったように感じましたが、一生懸命な姿に心打たれたお客様が多かったのでしょうかね?

負けた後、ジョコビッチも凄く清々しくて、自分が劣っていたのではない、デルポトロが良かったんだ!って表情でも分かりましたね。

明日は、ナダルVSデルポトロ☆
仕事があるのでライブで試合が見れないのが残念ですが、仕事の合間にスコアを確認しちゃいそうです。

頑張れ!デルポトロ!
  1. URL |
  2. 2013/03/17(日) 19:42:46 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

書きたい内容が殆ど書いてあるので(笑)、あまり書くことはないのですが、
この決勝カードを予想できた人はなかなかいないのではないかと思います。
というか、個人的にはジョコが負けるとしたらマレーくらいかなと思っていました。
デルポトロは去年フェデラーに6連敗の後2連勝しているので、
そろそろ他のビッグ4に対しても巻き返しが始まるのかもしれません。
決勝はどちらが勝つかはわかりませんが、お互いにベストを尽くして欲しいところですね。

デルポトロが勝てば同一大会中にビッグ4のうち3人を倒すという快挙で、
これは2007年マドリッドのナルバンディアンと2010年ATPファイナルの
フェデラーしか成し遂げていないかと思います。
  1. URL |
  2. 2013/03/17(日) 22:32:28 |
  3. ラカン #9/csnzmA
  4. [ 編集]

デルポトロは12年、11年、の全米チャンピオンを破ったあと10年の優勝者に挑むのですね、勝てば自分以降の3年間の全米覇者を破ることになりますね。
  1. URL |
  2. 2013/03/18(月) 04:04:24 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

ナダルが勝ちましたね。
去年のポイントを守るのも難しいと思っていたのにまさか優勝するとはびっくりです。
うろ覚えですが、ナダルが休養中に「勝てる見込みがなければ試合に出場しない」
というようなことを言っていたと思うのですが、まさに勝てる準備が出来たから
復帰した、という感じです。 このレベルに戻るまでよく耐えたなと。

クレーシーズンに備えてマイアミは欠場するようですが、クレーではまた主要タイトルを
総なめにするかもしれません。

デルポトロも健闘したようなので、マイアミでまたやってくれるかもしれません。
ビッグ4のうち2人が欠場なので他のトップ選手も狙ってくるでしょうし。
フェデラーとナダルがいないマスターズは寂しいですが、面白くなりそうです。
  1. URL |
  2. 2013/03/18(月) 14:19:33 |
  3. ラカン #9/csnzmA
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

終わってみればなかなか面白い大会でしたね。
少し立てこんでいるため、決勝のレビューは少し時間かかってます。
ただ今日中か明日にはアップしようと思います。
少々お待ちください。
  1. URL |
  2. 2013/03/19(火) 12:17:28 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/789-a8c15d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター