レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、マドリッドは初戦でジョコビッチ敗退

上位8シードは1回戦が免除されるため、2回戦が初戦となります。
今回は第1シードのジョコビッチと第8シードのガスケが敗退しました。
ジョコビッチはディミトロフ、ガスケはヒメノ・トラベルが相手でした。

特にジョコビッチの敗退は大きなニュースとなっています。
怪我の状態云々も言われていますが
モンテカルロのチャンピオンであり現在最強と目される選手ですし、
何と言っても勝利したのが将来を嘱望されるディミトロフということで
やっぱりこういうのは話題になって当然です。

この辺は、フェデラーとナダルが悪しき(?)前例を作ったとも言えます。
第1シードが早いラウンドで負けるわけがないという風潮は
実は割と最近まではあまりなかったもので、
本当フェデラーが作り出したものと言ってもいいものです。

まあ、とはいえジョコビッチも本来の状態であれば負けてはいけない選手です。
勝った相手が例えばダビデンコなどであったなら、
ジョコビッチの不調ということで片付けられたと思います。
しかし今回の相手はディミトロフでした。
ニュースになればなるほどテニス界の期待がひしひしと感じられます。

私個人としては充分に期待できる選手だと思いますが、まだ過度な期待はできずにいます。
なにせ大きな大会とはいえグランドスラムではないですし、
大きな相手とはいえ1勝しただけですし(それなら錦織だってやってる)
足に爆弾を抱えたジョコビッチを相手にものすごい接戦でしたから
力としてはこれから、というところなのかなと思っています。
もちろん選手は何かのきっかけで確変しますから、
2008年のデル・ポトロのようにここから一気に来ることもあるでしょう。
その意味で今後の勝ち上がりには注目したいです。

ジョコビッチ目線で言えば順当に勝てそうなドローであったわけですが
ディミトロフ目線に置き換えて見ると、次の相手はバブリンカですし、
更にその次はベルダスコかツォンガという具合で、結構ハードな戦いが続きます。

正直、ディミトロフについてはまだそのプレーを多く観ていないので
こういう半信半疑な感想になっている部分もあります。
いくつかのハイライト映像などは観ましたが、フェデラー2世というよりも
まだバブリンカのほうが近くないか、と思いました。
次の相手がそのバブリンカですからこの辺も注目してみたいです。

やはり選手に対する気持ちの一番は
そのプレーを観てそして魅せられることですから
実際にまだ私はディミトロフを詳しく知らないといえます。
色んな意味で正に「これから」の選手ということになります。

さて、ジョコビッチとガスケ以外の上位シードですが
いずれも順当に勝っています。
バルセロナで初戦敗退したフェレールも勝ちあがりました。

次の3回戦で一番の注目カードは、何と言ってもフェデラーvs錦織でしょう。
前にバーゼルで戦った時はコテンパンにされましたが、今回はクレーコートです。
まあ順当に行けばまたコテンパンなのでしょうが、
錦織もナダルに接戦を演じたり、ジョコビッチに勝ったりしている選手ですから
ディミトロフよりも実績はもちろん上なわけです。
話題をとられっぱなしではいけません。

若手に期待したいという視点でテニスを楽しむ場合、
いやー、フェデラーもバブリンカも強かったなあ、さすがスイス、最強傭兵の国
などとならないといいんですが。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/05/09(木) 09:52:56|
  2. 2013年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<復活 | ホーム | 2013年、マドリッド開幕>>

コメント

早々の更新ありがとうございます。管理人様。

とうとう!とうとう!フェデラーVS錦織ですね!
2011年バーゼルでの決勝戦以来。
あれから2年半。
錦織の成長は本当に大きいと思います。

今日の夜ですよねぇ~。試合は。。
2年半ぶり・・・ドキドキです。

錦織は大好きですが・・・・でもやっぱりフェデラーを応援しちゃうと思いますけどね。
ええ!ライブで見ますよ!
頑張って起きてみます!

さて、話は変わってディミトロフですが、私は彼のプレーは大好きです。
バブリンカとの方が近いですか?
バブリンカは・・・確かに片手バックだけど、凄く重いボールで破壊力があるので、ディミトロフの片手バックとは少々ちがうような気がするのですが・・・ディミトロフもフェデラー同様、バブリンカよりは華奢ですし。。。

最近見たTV番組(GAORA)でディミトロフが語ってました。
「フェデラーと決勝戦で当たるのが夢だ!」
と。

21歳の彼の夢。
このマドリッドで実現するのでしょうか?

  1. URL |
  2. 2013/05/09(木) 12:24:53 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

僕はテニスはあまり詳しくありませんがディミトロフは顔とオーラ〔プレーとは関係ないです〕はクエルテンに似ているように思うんですけどねー、あとディミトロフが騒がれていますが今回はヤノビッチもベルディヒ相手にフルセットを戦いましたヤノビッチは全豪でもアルマグロとまあまあいい試合をしましたしマルセイユでもベルディヒを追い詰めました、この人も速いハードコートや今は無きカーペットコートがあれば爆発しそうな感じがしますせめて全米が昔のようなボールとサーフェスだったらサフィンのような存在になれるかもしれません
  1. URL |
  2. 2013/05/09(木) 15:50:46 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

初めまして。
いつもブログを拝見させていただいています。

管理人さんの揚げ足を取るつもりはありませんが、
『第1シードが早いラウンドで負けるわけがないという風潮は
実は割と最近まではあまりなかったもので、
本当フェデラーが作り出したものと言ってもいいものです。』
そうですか?
2007年のインディアンウェルズで第1シードのフェデラーは2回戦でカニャスに負けてますよね。
次のマイアミでも4回戦でやはりカニャスに。
他にも色々あると思うんですけど。

ディミトロフは期待の選手ですし、ジョコに勝ったことは驚くべきことではありません。
今回のマドリッドで問題にすべきことは、ジョコへの凄まじいブーイングです。
ATPやMTFの公式サイトでは『ジョコの足を捻挫はフェイクだ、だから観客はブーイングしたんだ』
と声高に言っている連中がたくさんいます。
みんな整形外科医気取りなんですね。
でも本職の整形外科医に言わせると、軽微な物理的ストレスでも繰り返すことで重傷になるリピート・インジュリー言うものがあり、決して軽視していいものではありません。

スペイン人は頭に血が登りやすいのでしょうが、もう少し冷静さが欲しいものです。
  1. URL |
  2. 2013/05/09(木) 20:05:05 |
  3. オルソ #-
  4. [ 編集]

オルソ様

おそらく管理人様がおっしゃっているのは、「フェデラーが早いラウンドで負けなかった」ということではなく、
「それまでの選手に比べると、当たり前のように勝ち上がるトーナメント数が格段に多くなり、
『上位選手は勝ち残って当たり前』という風潮ができあがった」ということではないでしょうか?

ジョコ、怪我でブーイングですか。それはひどいですね。
ロディックのジョークにまともに答えた時のブーイングもかなりかわいそうだと思いました。
言語のハンディだってあるだろうに。。。
でも、きっとそういう理不尽な状況にもまれることでスターって育っていくのかな、とも。
いつだったか忘れましたが、昔、「フェデラーは実力があるのに、なぜ人気が高くないのか?
コメントが生意気と誤解されやすい。」みたいな記事を読んだ記憶があります。
今から考えると信じられない内容です。ジョコのファン・理解者も着実に増えているように思います。

Roger LOVE様

生観戦は無理かもしれませんが、私もフェデラー応援です!
錦織君はまだ先が長いし。。。
  1. URL |
  2. 2013/05/09(木) 22:56:12 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

錦織やりましたね!
四強二人が崩れると、さすがに世代交代の雰囲気が感じられますね。
  1. URL |
  2. 2013/05/10(金) 01:56:13 |
  3. おぉ! #-
  4. [ 編集]

かめ 様& 管理人様

フェデラー負けちゃいましたね。
応援していたのですが。ショックです。
あと上の私のコメントで「2年半ぶり」と記載しましたが、正しくは「1年半ぶり」でしたね。

この1年半で錦織は成長し、
フェデラーは・・・

フェデラーは調子悪いのかなぁ~。
明らかにエラーが多いし、2010年や2011年の前半によく出ていたバックのスッパ抜けが凄く多いしたいでした。

ああ・・・ショック。。。
  1. URL |
  2. 2013/05/10(金) 06:42:59 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

錦織がフェデラーに勝ったその陰で、そっとディミトロフが姿を消しました。

昨日やっとYouubeでディミトロフのプレーを見ることができ、これでディミトークに参加できる!と意気込んだ矢先でした。悔しい!

皆様のおっしゃるように、僕にもディミトロフはフェデラーよりパブリンカやクエルテン寄りの選手に見えました。
フェデラーやサンプラスのようにハイリスクなショットをこともなげに決めてみせるような凄みは感じられませんでした。良く言えば見ていてハラハラはしなくて済むのですが。
個人的には進化していったらマレーに近い形で落ち着くかな…といったイメージでした。

時流の乗り遅れた話題、失礼致しました。ちなみに僕もフェデラーを応援していたクチなので嬉しさ半分寂しさ半分です。どうせなら錦織優勝して!
  1. URL |
  2. 2013/05/10(金) 08:59:15 |
  3. りー #-
  4. [ 編集]

>Roger LOVE様
>ロデックファン様

少しディミトロフの動画などを観てみました。
確かにバブリンカとも違いますね。
ロデックファン様が仰るクエルテンというのもわかる気がしました。
クエルテンもグリップは厚いですがショットは柔軟な感じがしますし。
私はまだ完全にディミトロフの特徴を掴みきれてないですが
フェデラーとの比較という部分で意識が強すぎてしまっていた感があります。
ディミトロフはディミトロフでフェデラーのイミテーションではなく
ディミトロフのプレーをしてくれればいいので、
誰に似ているかよりも、これぞディミトロフといわれるようになって欲しいと思います。


>オルソ様
>かめ様

ありがとうございます。
かめ様仰るとおり、負けないという事実を指しているのではなく
負けるはずがないという周りの目が風潮として出来上がったという意味でした。
現にカニャスに負けた時も、連勝が続いていた時だったというのもありますが
ものすごいニュースになりました。わずかの2敗でフェデラー時代は終わった、
などとまで言われたことは記憶に新しいと思います。
それ以前のサンプラスやヒューイットが初戦で負けても
そこまでは騒がれることはありませんでしたから。

ブーイングに関してはスペインは元々観客の風紀が良くなく、
むしろ風物詩のようなものさえ感じます。
ナダルのライバルという部分でも風あたりは強いのでしょう。
しかし強い選手というのは嫌われ役になっても変わらず強いものですから
気にせずにしっかり怪我を直して欲しいところです。


そして、フェデラーvs錦織ですが、来ましたねえ、びっくりの展開が。
ディミトロフだけがスターではないですよ。
いやー、実は錦織が勝つんじゃないかと思ってました。
(記事本文を読みなおしたりしないで下さい)

  1. URL |
  2. 2013/05/10(金) 09:13:44 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

錦織君勝ちましたね。
今季フェデラーがイマイチ勝てていないこと(それでも錦織君より上ですが)、
長期休暇明けであること、クレーであることから、勝ち目があるだろうとは
思っていましたが、実際に勝ってしまうと少なからずビックリです。
少しずつですが時代は動いているのかもしれませんね。
さすがにナダルに勝つのは無理だと思いますが、もう一つ勝ってクレーの
ナダルと対戦して経験を積んで欲しいです。
トップハーフは誰が決勝進出するのかちょっとわからないですね。
  1. URL |
  2. 2013/05/10(金) 09:58:38 |
  3. ラカン #9/csnzmA
  4. [ 編集]

スペインのファンについてですが僕もジョコビッチの試合を見ていてそれは感じました僕はよく2輪レースを見ますが8年前にイタリアの選手がスペインのレースでスペイン人を突き飛ばして優勝したことがありましたがそのときも表彰式はすごいブーイングになりましたし、2年前に別のイタリア人選手がスペイン人選手を怪我させてしまったときには殺人予告がきました、ここはATPの話が中心なのでご法度かもしれませんが昔ローマでグラフとサバティーニの試合でサバティーニファンの観客がグラフを罵りイタリアのジャーナリストがグラフのことを目の潰れた鷲鼻のジャガイモ女と言って大変な国際問題に発展したこともありました、その後グラフは10年後の97年までイタリアの大会に出場することはありませんでした
  1. URL |
  2. 2013/05/10(金) 13:42:23 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

うーーん、今の時点で負けるとは想像していませんでした。。。
確かにステパネク戦も試合の最終盤で、「おや?」という感じはあったので、好調ではなかったのかもしれません。

一方の錦織、彼にとって4強の中で一番相性がよさそうなのはナダルだと思っていました。
一番最初に破ることができるのはナダルだろうと。。。。実際、初めてセットを取れた相手はナダルでしたよね。
それが、ジョコビッチ、フェデラーと。。。次はどちらでしょう?個人的にはやはりナダルだろうと思っているのですが、
今回の結果を考えると、小さな突破口を見つけられれば、マレー攻略も意外にスムーズに行っちゃうのかもしれませんね。

ところで、フェデラーのポイントが気がかりです。マドリッドでのポイント保守は難しいと思っていましたが、
ほとんど稼げませんでした。2013年の試合のみのランキングが現在10位。
ここからさらに落ちちゃったりしないでしょうか。負けるフェデラーには多少慣れてきましたが、
ツアーファイナルに出られないなんてことになったら。。。。そんな心の準備はできません。。。
  1. URL |
  2. 2013/05/11(土) 07:24:52 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

今年のフェデラーは2004年のアガシと同じような感じがしますアガシが復活以降始めてグランドスラムの決勝にいけなかったのが04年でした、確かあの年はアガシは最終戦にもいけなかったような覚えがありますし〔記憶が曖昧ですが〕MA1000でも決勝にいったのはシンシナティだけでしたはずです、ただあの年も全豪でサフィン、全米でフェデラーとよい試合をして翌年は復調気味だったのでまだまだ見せ場を作るかもしれません
  1. URL |
  2. 2013/05/11(土) 15:08:23 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

ディミトロフはバグディダスを倒してガスケに負けましたね、今後ランキングをあげていけばちょくちょくベスト8やベスト4に顔を出せるかも知れませんね、ガスケとの試合は片手打ちだからでしょうかネットへのアプローチなどもあり結構l面白かったように思います、また今年は4強同士のマスターズ決勝が1回しかありませんね、心なしか今年は多様なくみあはせが多いような気がして毎回ちょっと楽しみです、それと放送でも言っていましたがディミトロフは背の高い彼女との熱々な写真がマドリッドの2回戦のあと撮られたみたいですね
  1. URL |
  2. 2013/05/15(水) 14:21:36 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

ヤノビッチがツォンガに続いてガスケにも勝ちましたね、それもまたタイブレークを奪って勝ちました、今日はついにフェデラー戦です、フェデラーはロディックやサフィンに強かったので一筋縄ではいかないと思いますがヤノビッチファンとしては今年のフェデラーは不調なのでチャンスありかもと思ってしまいます、また、タイブレークに強いということは集中したときに強いと管理人さんが行っていたので少し楽しみです、ヤノビッチは勝てばおそらくナダルとあたります、ナダルは結構ビッグサーバーが苦手なので実現すれば楽しみです、あと僕はヤノビッチとサフィンが少しダブルのですがサフィンのタイブレーク勝率ってどれくらいですかね?
  1. URL |
  2. 2013/05/17(金) 14:57:59 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/05/17(金) 15:12:42 |
  3. #
  4. [ 編集]

というわけで、新しい記事をアップしました。
http://ausaga.blog71.fc2.com/blog-entry-801.html

コメント書き込みに反応できずにすいませんでした。
特にロデックファン様、連投ありがとうございました。
私が何も出来なかったので大助かりです。

色々と書き込みいただきましたが、取り急ぎ質問いただいていた件について
サフィンのタイブレークですが、拙サイトのデータでは53.09%ですね。
あまり高くはないです。現役ではデル・ポトロが54.89%、
ヒューイットが52.41%(いずれも去年末時点)あたりが近いところです。
まあ現役も、上の方はちょっ凄いことになっていますからね。

チェックの遅れている若手については皆さんから色々情報を頂いていますので
私も少しずつ覚えて行きたいなと思っています。
  1. URL |
  2. 2013/05/17(金) 22:50:03 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/800-eeb67374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター