レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

復活

お久しぶりです、久々の更新です。
唐突に音信不通になってしまって申し訳ありません。
実はまた例のごとく仕事の関係で少々離れたところにおりまして
ブログの更新ができなくなっておりました。
よりによって2週連続マスターズ1000という大事なときにこれです。
いつもならばそう言い置いていくのですが、今回はすっかり忘れて、
行ってから気づいたのですが時既に遅く、という具合でした。
今回は書き込めないだけでなく、ブログの閲覧もできませんでした。
一週間以上もも放置した形となってしまいました。

その間、前記事のコメントに書き込みを頂いた方々有難う御座いました。
試合の内容等、私に代わってブログの体裁を取り繕ってくれた形となっています。
皆様あってのフェデラー最強説というわけですね。

さて、ローマも終盤に差し掛かっていますね。
マレーは棄権してしまいましたが
第1、2シードは先週と違って勝ち上がっています。
またフェレールがナダルとベスト8で当たる可哀想な位置にいるのが印象的です。
他のどの山でも勝ち上がれそうな気配を持っているのに。
まあ、ナダルには勝てないと決めつけてしまってはいけません。
そろそろ一つ勝っておかないと、という思いはあるでしょう。

とはいえ、いかんせんナダルはいつもの結果を出してきています。
細かく見ればもちろん状況は違います。しかしなんだかんだで、
クレーシーズンに入って準優勝、優勝、優勝です。
最後にはナダルが持って行くんだなといういつものクレーの雰囲気です。

ジョコビッチが今回は奮起できるかというところですね。
余程のことがない限りナダルにはジョコビッチしかいないという感じですから。

そんなわけで、これまでの不足を補いためにも、
残りのローマを大いに楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/05/17(金) 22:41:40|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
<<2013年、ローマはナダルが優勝 | ホーム | 2013年、マドリッドは初戦でジョコビッチ敗退>>

コメント

ベルディヒがジョコビッチにかなりいい試合をしています、今大会はグルビス対ナダル等上位の選手は波の苦戦ではありませんね、返すも返すもフェデラーとヤノビッチが見られないのが残念です
  1. URL |
  2. 2013/05/17(金) 23:28:29 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

管理人様

おはようございます。
お忙しい中、ブログの更新ありがとうございます。
たった今、フェデラーがヤノビッツに勝ちました!
ライブスコアでしか見てませんが、あーーーよかった!

このままの調子でいけば多分・・・いや!間違いなく決勝に進んでくれる事と思います。
対戦は?・・・ナダルかな。。やっぱり。

クレーだけど決勝戦でナダルに勝っている所が観たいです。
ホント、クレーでナダルと決勝戦なんて、何年ぶりなんだろ・・・覚えてない位です。

まだ、決勝進出がお互い決まったわけでもなんでもないけど(ごめんよ。ベルディヒ。。。)、決勝戦楽しみですね!

今回のフェデラーは髪を切って気合を入れてきているのか、プレーの切れが違うように感じます!

優勝!優勝!優勝してほしいな。。
  1. URL |
  2. 2013/05/18(土) 07:11:05 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

(17日の試合内容について触れていますので、知りたくない方は読まないでください。)

一時、ブログにアクセスできない時があり、心配しておりました。
体調不良ではなく、お仕事だったんですね。安心しました。

マドリッドの錦織戦はまだ見ていないので(負け試合を後から見るのは気が重い。。)、
その時の調子を自分の目では確認できていないのですが、
今日のヤノビッチ戦はいい感じで勝てた気がします。
特に試合の終盤、追いついて追い込み、ダブルマッチポイントで決めるかと思いきや、タイブレーク。
しかも、そこで最初のポイントをミニブレークされるも、そこから連取。
楽勝よりもこういう勝ち方の方が満足感が高く、次に繋がる感じがします。
それでいて3セットは戦っていないわけですから、身体的、精神的疲労はあまりないでしょう。

ローマ、もしかすると(というか、4人の中のシード上位者というとそうなるのですが)、
ナダル対フェデラーの決勝になるかもしれませんね。
決勝での二人の対決は久しぶりな気がします。
フェデラーの優勝は難しいですかね?ナダルが優勝すれば、
彼の全仏のシードが4になるらしいので、それはそれでホッとする面もあるのですが。
ちなみに2013年のポイントでは、ナダルが今大会でジョコビッチを抜いて首位になったようですね。

ところで、マレー、大丈夫でしょうか。試合後のインタビューで、
全仏に出場できたら、僕自身が驚いちゃうよ、みたいなこと言ってました。

そして、ディミトロフ、シャラポワとつきあいだしたんですね~
  1. URL |
  2. 2013/05/18(土) 07:48:02 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

・・・コメントを投稿してから思ったのですが、もしかして決勝進出したら2011年の全仏以来のナダルとの決勝対決ですか?クレーとか関係なく・・・。

もしそうなら、ジョコビッチの時代が結構続いたのだなぁ~・・・なんてつくづく思ったしだいです。

あと、かめ様も書かれていますがマレー心配ですね。全仏はほぼ無理っぽいよみたいなコメントしてましたね。
じゃあ、全英は!?!?!?!?

最後に・・・かめ様も書かれていますが(笑)ディミトロフ、好調だと思ったらそう言う事だったのですね。
美男美女で羨ましいです。
でも、ルックスだけではなく、テニスに対する思いや生き方について共感する部分があったのでしょうね。
素敵なカップルですね。本当に。
  1. URL |
  2. 2013/05/18(土) 09:41:46 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

ヤノビッチとフェデラーの試合、そんな内容だったんですか、ここまで取り続けたタイブレークを落としてしまうとは、しかも先にミニブレークして落とすとは、まあ相手がフェデラーですから仕方ないかも知れませんが、フェデラーは今年決勝に行っていませんがこれはいつ以来なのでしょう08年もエストリルで決勝に行っていたと思いますし02年もマイアミなどで決勝に行ったような気がします、フェデラーは今年大会を絞っているので単純には比較できないと思いますが、あとベルディヒは今年いいですね、フェデラーにも今年は勝っていますし、去年の今頃と比較しても獲得ポイントが多いではないでしょうか
  1. URL |
  2. 2013/05/18(土) 16:13:50 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

連投すみません、ナダルはマドリッドの優勝でMS23勝目らしいですがこれは旧チャンピオンシップシリーズを含めても単独最多勝らしいですね、ちなみにナダルの前の最多勝は22勝している選手ですがそれは誰でしょう?
  1. URL |
  2. 2013/05/18(土) 16:33:26 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

皆様早速のコメントありがとうございます。

ジョコビッチが敗退しました。
今クレーシーズンはいよいよナダルが持って行ってますね。
フェデラーとの久々の決勝も見たいものです。
ナダルもまだ時々調子の上向かない時間帯があるようですから、
フェデラーのチャンスも考えられます。
もっとも、フェデラーにも調子の上向かないことがありますので
両者の調子が上手く噛み合うかどうかとは言えそうです。

あと、最後に出していただいたロデックファン様のクイズにお答えします。
旧チャンピオンシップは1970年から始まってます。
70年以降、大きな大会で素晴らしく勝っている選手。
もうこれは間違いないでしょう。
イワン・レンドル!

  1. URL |
  2. 2013/05/18(土) 17:15:56 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

こんばんは。

フェデラはGSとMS合わせて38、ナダルは34、レンドルは30かな。

何だかんだで、やっぱり凄い連中ですね。
トップ10選手でさえ、1回の優勝でも狂喜乱舞するのに。

さて、ナダルですが、今年は多分にツキがあるような気がします。
決勝で他の3強と顔が会ったのはモンテカルロだけで、勝ち上がりの途中は多少苦労しても、準決勝や決勝では比較的楽に勝ててるという印象です。

そのモンテカルロでは、ジョコに完敗しているし、下半身の衰えは否めません。
クレイでは圧倒的だったかつての姿は、もう見れないと思います。

従って、フェデラ-が決勝進出なら、2009年マドリード以来のクレイでの勝ちも不可能ではないような気がします。
  1. URL |
  2. 2013/05/18(土) 20:12:05 |
  3. MEDAKA #-
  4. [ 編集]

>MEDAKA様

そうですね、私もナダル自身の強さは以前のものではないと思います。
ただ、その他の選手がもっと勝てていないということで、
結局のところクレーでのナダル時代が続いているという状態になるでしょうか。

今回フェレールが善戦しましたが、ナダルを駆逐する選手という位置付けには至らず
どうしてもニューフェースが見えて来ません。
本当に全仏で突然、誰かが何かをしてくれない限り時代は動かなそうです。
ジョコビッチの状態も心配です。
ナダルには強いが当たる前に負けるというのでは、
エドバーグ時代のベッカーに類似の印象が強いです。
  1. URL |
  2. 2013/05/18(土) 20:32:21 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ローマはナダル優勝

こんにちは
タイトルの通り、ローマ決勝はナダルがフェデラーに勝ちました。

これでナダルは対フェデラーの成績を20勝10敗としました。

オープン化後の対戦でどちらかが20勝している例はそれほど多くありません。

レンドル対コナーズ(22-13)
レンドル対マッケンロー(21-15)
マッケンロー対コナーズ(20-14)
ベッカー対エドバーグ(25-10)
サンプラス対アガシ(20-14)
フェデラー対ロディック(21-3)
ナダル対フェデラー(20-10)※両者現役

見落としがなければこのぐらいのはずです。

ちなみにナダルは対ジョコビッチでも現在19勝15敗としています。
この対戦はもしかしたら史上初めて両者が20勝以上する例になるかもしれません。

さてナダル、この勝利で全仏では第4シードになりました。もしケガのマレーが欠場ならさらにひとつ上がって第3シードです。
マレーが出場するか否かは、フェデラーから見ると大きく状況が変わります。
マレーが出場なら準決勝の対抗はマレーorジョコビッチ、ナダルとは決勝まで当たることはありません。
マレーが欠場なら準決勝の対抗シードはナダルorフェレール、ジョコビッチとは決勝まで当たることはありません。

準々決勝の対抗シードは、
マレーが出場ならフェレール、ベルディヒ、デル=ポトロ、ツォンガ。
マレーが欠場ならベルディヒ、デル=ポトロ、ツォンガ、ガスケ。
となります。
どうなるでしょうか?
  1. URL |
  2. 2013/05/20(月) 08:57:56 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>2R様

こうして20勝対戦メンバーの一覧を眺めてみると、錚々たる面々ですね。
1つの例外を除いて、負けている方も10勝以上しているわけですから
いずれも数々の名勝負を演じてきた歴史上の名選手なのだということがわかります。
まあロディックはね、ちょっと負けすぎてしまいました。
でも同じく歴史的な選手だと思います。

さて、全仏ですが、久々にドローが大いに気になる大会になっています。
何せいまのところ第2シードが不透明ですからね。
マレーには出て欲しいですが、正直、怪我をおして出てきても
ベスト4にまで至れるとは考えにくいし、ならばいっそウィンブルドンまで
引き伸ばしたほうがいいかもとも思えます。

  1. URL |
  2. 2013/05/20(月) 11:46:37 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

難しいだろうなとは思っていたのですが、一方的なスコアでした。

あえて言えば、2セットも6-1とならず、一度はブレークできたこと、2013年のランキングが11位から6位に上がったこと、
ナダルが全仏の第4シードになったこと、は朗報です。

私には、ただただ一方的で、「フェデラーの対ナダルの苦手意識もここまで高まったか」と思えた試合でしたが、
ATPの見方は違うようですね。新しい戦術を使ったというもの。
確かに、試合後のインタビューで、「戦術が機能しなかった」という趣旨のことを言っており、
あまり聞かないコメントだなとは思いました。
ATPの場合、世の中にたくさんいるフェデラーファンにリップサービスをしている可能性もありますが、
みなさんの中にも、フェデラーの新しい戦術を感じられた方はいますか?
  1. URL |
  2. 2013/05/21(火) 09:06:39 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様

私もATPのフェデラーの戦い方について読みましたが、
正直「戦術の変化!」とぶち上げるほどの具体性はないと思いました。
色々と仕掛けたというのは分かりますが、勝ててない選手に対しては
割りと当たり前のことだと思いますし、結局対応しきれてなかったも事実です。

ナダルのバック側に多くサーブを打ったとか、ネットアプローチが多かったとか
そんなのフェデラーの「新しい」戦術ですかねえ。元々やっていたと思うのですが。

ただ、ミスが少なければもうちょっとはやれたのでは、という気持ちもないではないです。
前向きに捉えれば、敢えて今回はミスを恐れずに攻撃的に打っていったという言い方もできると思います。
でも、ミスを少なくするって、こんなに難しいことはないですよ。
願わくば全仏でも対戦が実現して欲しいですが、
その際にはもっと競った試合になってくれないかなあ。
  1. URL |
  2. 2013/05/21(火) 12:00:13 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

マレー欠場、正式表明

管理人様、やはりそうですよね。
ATPもサイトへの訪問者数を伸ばすために、いろいろ考えているんだろうなぁ~
あの一方的な感じは2008年の全仏のスコアを思い出させます。
年齢的に決定的な差か?とも思われましたが、その後、クレイでも(もう少し)いい試合をしてますし、
ぜひ今後、競った試合を見せて欲しいです!

ところで、マレーの欠場が決まったようですね。
フェデラーとナダルは準決勝で当たる山ですかね。
もちろん、そこまで順調にいけばの話ですが。

  1. URL |
  2. 2013/05/22(水) 21:34:42 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめさん

自分も別の記事のコメントでマレー欠場について触れていますが、第3シードと第4シードが第1シード、第2シードどちらの山に入るかは決まっていないので、現時点では少なくとも準決勝までは当たらない、というのが正解だと思います。

ドローに関しては、
三回戦
第1~第8シードvs第25~第32シード
第9~第16シードvs第17~第24シード

四回戦
第1~第4シードvs第13~第16シード
第5~第8シードvs第9~第12シード

準々決勝
第1~第4シードvs第5~第8シード

準決勝
第1or第2シードvs第3or第4シード

決勝
第1シードvs第2シード

となっているはずです。
  1. URL |
  2. 2013/05/22(水) 23:34:13 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

管理人様

失礼しました。ここ1週間ほど、うまくサイトにアクセスできない時があり、
「ここなら行ける!」とお気に入りに登録したURLが”復活”の記事のページになっており、
ここの記事ばかり見ておりました。
みなさんのお話が”ローマは。。。”の記事で進んでいたのにお恥ずかしい限りです。

第3シード、第4シードがどちらに入るかは決まっていないんですね。
4大大会すべて同じということはなかった(ように思えた)ので、
大会ごとにどちらに入るのか決まっているのかな?とも思ったりしていました。


  1. URL |
  2. 2013/05/23(木) 23:13:06 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様

フェデラーは今年が32歳の年ということになるのですが
ここは結構分かれ道でもあります。

フェデラーとの比較対象となる偉大な選手達の32歳の年をみてみると、
レンドルはランキングを急激に落としており、サンプラスに関しては引退しています。
ただ、コナーズとアガシは2位で終了しています。
フェデラーはどちらかといえばレンドル、サンプラス型のようなキャリアを歩んでおりますが
それでもコナーズ、アガシの要素も持っていて、それこそ全く読めないのが正直なところです。
マスターズシリーズで決勝に出てこれる時点でやはりちょっと違うという雰囲気は出していますから、
本当にクレーでのナダルだけが問題なのであって、まだまだいけると思います。
全仏でのドロー運がどう出るか、本当に気になるところです。
  1. URL |
  2. 2013/05/24(金) 10:53:14 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/801-82442774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター