レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、ウィンブルドンのドロー発表

既に話題になっていますが遂にドローが発表されました。
何よりも注目のポイントであった第5シードナダルの行方ですが、
フェデラーとぶつかることになりました。

全仏で好ドローを引いたフェデラーでしたが今回は打って変わってタフな戦いになります。
その他、フェデラーの近くにはロソル、メルツァー、ヤノヴィッツ、ステパネクなどがいます。

タフなのはナダルも同じなのですが、何せ失効ポイントが違います。
仮に復帰後の好調さを見せているナダルがフェデラーに敗れるとすればニュースになるでしょう。
しかし、フェデラーと対戦するというだけで去年よりもポイントは上がります。
一方のフェデラーは優勝しない限りポイントが大きく下がってしまうのです。
しかも今年はオリンピックのポイントも無条件で失効しますから
年末ランキングの行方を考える際に、不利な条件が多いのです。

正直のところ、ランクもドローもフェデラーのほうが上ですが
ナダル有利という考えが支配的なのではないでしょうか。
ただし、ここはフェデラーの芝です。
こんなに準々決勝が楽しみな大会というのも珍しいです。
まずは両者、それまでに負けるようなことのないように勝ち上がって欲しいところです。

ナダルの近くにはアンドレエフやアイズナーがいますが
なんといっても反対側のシードにいるバブリンカに注目です。
なにせバブリンカは初戦でヒューイットと対戦します。
ヒューイットは前哨戦で元気なところを見せました。
今年一回戦で一番の注目カードはこれです。
ランキング10位のバブリンカが早期敗退をすると、
すぐ下にいる錦織がポイントで逆転する可能性が出てきます。
そうなると、あろうことか、トップ10入りです。錦織圭。

さて、変則的に第3シードから見ていきましたが
そのまま続いてボトムハーフの準決勝で当たるポジションを見ていきましょう。
ここには第2シードのマレーがいます。
ナダルこそフェデラー側に行きましたが、準々決勝の位置にはツォンガがいますし
初戦もいきなりベンジャミン・ベッカーと決して楽ではありません。
マレーもフェデラーと同様、決勝まで行かなければポイントを下げますし
去年のオリンピックポイントの失効も決まっています。
ドロー運に頼るならナダル&フェデラーがトップハーフに行っていれば、
といったところなのでしょうが、個人的にはマレーはこれで良い気がします。
せっかく優勝するなら幸運に助けられたというのでは格好がつきませんし
かと言ってナダル、フェデラー、ジョコビッチの3連戦はきっついですから
この辺りがちょうどよい落とし所じゃないでしょうか。
マレーとしてはどちらかと言えばフェデラーに来てもらったほうが良いでしょうか。

さて、トップハーフです。ボトムハーフの地獄のドローを目の当たりにして
見所なしみたいな雰囲気も少し出ているようですが決してそんなことはありません。

第1シードのジョコビッチは他のビッグ4を全部反対側に追いやり、
全仏でのフェデラーのような好ドローをつかむことになりました。
しかし準々決勝ではベルディフと当たります。
過去の対戦では大きくリードしていて与し易いことには違いないですが
最近の対戦で敗れていますので油断は禁物です。
ベルディフもウィンブルドン決勝進出経験者ですし、グラスコートでは強い選手です。
調子もいいですから見どころの一つになりそうな対戦です。

準決勝でジョコビッチと当たる場所にはフェレールがいます。
フェレールこそは鉄人の頑張りで第4シードをもぎ取った選手です。
前哨戦初戦敗退が気になりますが、気を取り直してしっかりと勝ち上がってくるでしょうか。
去年は自己最高のベスト8でしたが、今年、シードを守って更に上のベスト4に進出するとなると
GS4大会全てでベスト4に進出することになります。
これはビッグ4以外に現役ではナルバンディアンがやっているのみです。
準々決勝で当たるデル・ポトロが最大の壁になるでしょうか。
ただし、その前にもドルゴポロフやラオニッチ、コールシュライバーなどがいて
決して楽勝ムードとは行かないでしょう。

第12シードの錦織はベスト8でデル・ポトロと当たる位置に入りました。
去年もデル・ポトロに敗れていますがリベンジとなるでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/06/24(月) 11:01:40|
  2. 2013年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<2013年、ウィンブルドン開幕 | ホーム | 2013年、ウィンブルドン前週、フェレール敗れる>>

コメント

ナダル戦が。。。

初日から無理をするつもりはなかったのですが、
ナダル戦が大変なことになっていて、寝るに寝れなくなっちゃいました。
ナダルが負けた場合を仮定して、ドローを見直しています。
そんな仮定は全くしていなかったので。

ナダルの場合、一度エンジンが入ればそこから見違えることはよくあるので、
まだまだこれからでしょうが。
  1. URL |
  2. 2013/06/25(火) 01:22:56 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

今年のウィンブルドンはアーリーラウンドで敗退した選手への賞金が上がったそうですが、まさかナダルがその恩恵を受けるとは・・・これでジョコビッチが優勝した場合レースポイントでほとんどナダルに並びますね、もしそうなったら今後はハードシーズンですからチャンピオン争いは一気にジョコビッチ有利になるのでしょうか、先が読めなくなりますね。
  1. URL |
  2. 2013/06/25(火) 02:05:45 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

ウィンブルドンの早いラウンドでは結構苦戦した経験のあるナダルですので、
今回も辛くも勝ち上がるかと思っていたのですが、残念ながらストレートで敗退となりました。
芝が剥げていないと、スライスが滑りバウンドが低いので、ナダルにとっては
早いラウンドほどやりにくいのではないでしょうか。

重要なほんの数ポイントが勝負を分けると試合前にナダルが語っていましたが、
言葉の通り1,2セットのタイブレイクなどの重要な数ポイントでナダルのミス、ダルシスの好プレーが
出たという感じでしたね。
膝の影響もあるのか、後半になるにつれて表情も暗くプレーもいつもの冴えがなくなっていきました。

余談ですが、ランキングNo.1経験者でグランドスラム一回戦負けをしたことがないのは
ナダルだけだったそうです。それまでの1位経験者はみんな一回戦負けをしたことがあったのですね。
  1. URL |
  2. 2013/06/25(火) 02:26:29 |
  3. Lui #-
  4. [ 編集]

朝おきて驚きました。
フェデラーの快勝で気持ちよく寝ていた所・・・
友達からのメールで起きちゃいました。

ナダル負けたのですね?
膝の調子が本調子じゃあなかったのかなぁ~。本人は試合後のインタビューで「言い訳になるのでいいたくない。」って言ってましたが。

それにしてもナダル相手にストレートで勝った「ダルシー(ダルシス?)」と言う選手には天晴れです!(この試合が終わるまで名前も知らない選手でしたが。。。)
  1. URL |
  2. 2013/06/25(火) 05:23:38 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

バブリンカ負けましたね。
これで大会後に錦織がランキングで逆転するには…SF進出が必要ですね(-_-;)
  1. URL |
  2. 2013/06/25(火) 06:46:18 |
  3. とも #-
  4. [ 編集]

クレーシーズンの好調ぶりからナダルの1回戦敗退は完全に予想外でした。
フェデラーにとっては追い風ですがこの展開は何か違うというか、
「これでいいのかなぁ・・・?」という思いもあります。

勝ったダルシスの戦歴をざッと確認してみたところ、特に芝に強いというわけではないですが、
タイブレーク勝率がキャリアで63%、ここ1年では70%と高い数字でした。
やはり芝でタイブレークだとどちらに転んでもおかしくないのかな、と。

あと、昨年波乱を起こしたロソルはフルセットの末に敗退しました。
  1. URL |
  2. 2013/06/25(火) 11:04:16 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

今年はフェデラーの組にヤノビッチがいますからフェデラーも危ないんじゃないかと思います、またジョコビッチも全仏の激闘を考えると安心していられないかもしれません
  1. URL |
  2. 2013/06/25(火) 13:27:55 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

ナダルダウン、ティプサレビッチダウン、ヴァヴリンカダウン、フォニーニダウン、男子はなんともびっくりな幕開けでした。ヒューイットは本当に迷惑なノーシード(笑)ベテランらしい巧みな芝テニスで思わずヒューイットを応援してしまいましたが……まぁ、ヴァヴリンカはクレーで稼いだのでそれも良しということで。しっかし、フェデラーが今回決勝までたどり着けなかった場合、全米で第5シードもありうるとかでそれはそれでドロー的には迷惑な話だなと思ったり思わなかったり。4強の牙城が崩されて、男子もちょっと様相が変わってきてますね>今更ですが。ヴァヴリンカが1コケしたことで、錦織ベスト4でトップ10入り……なんとかデルポを撃破してもらいたいものです^^
  1. URL |
  2. 2013/06/25(火) 22:25:52 |
  3. NewComer #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

皆様コメントありがとうございます。

ナダルの敗退は大きなニュースですね。
第5シードが敗れてここまで大きく取り上げられたのは初めてじゃないでしょうか。

ここで負けられちゃうと過去一番ドキドキしたあのドロー発表は何だったんだ!
という思いもなくはないですが、仕方がないところですね。
ナダルも復帰後、自身の最も重要な大会である全仏まで全力を出しきったでしょうから。
  1. URL |
  2. 2013/06/26(水) 11:33:29 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/813-3655b213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター