レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、ウィンブルドン2回戦ボトムハーフ

まあまあ皆さん落ち着いて落ち着いて。
まだぜnぜっm慌てるてる段階じゃんnないですよ。

ほんのちょっと歴史的にシード選手が大敗してるだけじゃないですか。
歴史的に大敗しない歴史的選手が二人も歴史的に大敗してるだけじゃないですか。
大敗してる?いや、退廃してる?

私はグルビスが優勝すると思いますよ。

ツォンガ戦を観てて、最初の方は、
良い選手なんだけどなあ、ツメが甘いなあ、ショットが安定しないなあ
これじゃ勝てないよなあ、なんて思ってしまってたじゃないですか。
まあ最後はツォンガの棄権ですから
グルビスが覚醒したわけではないのかもしれませんけど。

ヒューイットを始めとした、恐らくは大きく期待されていたであろう
選手達も、どんどんいなくなってます。

ナダルを倒した英雄、ダルシスも、あっという間にドローから消えました。
戦わずして。どれだけナダル戦に精力を吸収されてしまったのでしょうか。

これはあれですね、ナダルの呪いです。
ナダルに勝ったことのある選手は今回全員負ける運命ですよ。
そう、マレーはこのナダルの呪縛と戦わなくてはいけないんです。
いやー厳しい。マレー厳しい。

残っているボトムハーフのドローを見て、
うわーマレー余裕じゃん、これ絶対決勝行くじゃん、などと思ってはいけません。
グ、グルビスがいるし。

マレーが簡単に決勝に行くようなら私の秘蔵DVDその2を・・・
すいません、無理、もう無理、2枚目は無理です。
だってマレー簡単に決勝行きそうだし。


さて、じゃあ本題行きますか、名前を出しますか。

えー、フェデラー。

一つ途切れた記録を取り上げます。
準々決勝連続進出記録です。

これまで36大会で歴代トップでした。
2位がジョコビッチで16大会です(現在継続中)。

36大会 フェデラー
16大会 ジョコビッチ(継続中)
14大会 レンドル
11大会 ナダル
10大会 サンプラス
09大会 マレー
07大会 レンドル、ビランデル
06大会 ニューカム、アガシ、ナダル、フェレール(継続中)

ダントツ過ぎてもはやどのくらい凄いのかよくわからないレベルですが、
まあこれが遂に途切れてしまったというわけです。
因みに連続でなく生涯合計でも36大会というのはコナーズとアガシしかやってません。

でも改めて表を見て下さい。
現在のトップ5が全員入っているんです。フェレールも入っています。
他は歴史上の錚々たる面々ですが、現在のトップも凄いのだということです。
あとレンドルが2回入ってます。ナダルもですが、凄いよねえ、て言いたいだけです。
まあレンドルの2回とナダルの2回を全部足して、
フェデラーのようやくちょっと上に行くというレベルなんですが。

ウィンブルドンでの連続ベスト8というのも途切れました。
フェデラーは10年連続だったのですが、
トップのコナーズが11年連続だったのでそれには及ばなかったわけです。
あと12年現役やれば更新する可能性も無いではないですが。

他のGSでは、全豪が10年連続、全仏と全米が9年連続でこれはまだ活きています。
全豪は現在エドバーグと並んでタイなので来年に更新する可能性があります。
全仏は既に最多記録です。ナダルは2009年に途切れているんでまだ4年でしかないです。
全米はコナーズの13年、レンドルの11年というのがあってちょっと先が長いです。

全グランドスラムで5年連続を成し遂げていたのはレンドルだけでしたが
フェデラーは全グランドスラムで10年連続の可能性が残っています。
あと全米と全豪一回ずつなので目前ではありますが、だ、大丈夫ですよね。

最後にもう一つもの凄い記録があります。
グランドスラム連続出場記録です。
これまでフェレイラの56大会、エドバーグの54大会が1,2位でしたが
フェデラーは今大会で55大会目となり、単独2位に踊り出ました。
これはもう最多記録が目前です。
長年出場し続ける、これだけでも充分な快挙です。
サントーロが、連続ではないですが
最多出場の記録を作った際には大いに称賛されました。
フェデラーの連続記録が達成された暁には大いに祝いたいものです。
だ、大丈夫ですよね。今年で、なんて・・・

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/06/27(木) 11:13:38|
  2. 2013年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<2013年、ウィンブルドン2回戦トップハーフ | ホーム | 2013年、ウィンブルドン開幕>>

コメント

管理人様、更新ありがとうございます。
余りのショックで管理人さんが更新してくれないのでは?!と危惧しておりました。

・・・前回のブログにもコメントしましたがショックすです。落ち着いてなんて!られません!昨日、フェデラーの試合がある前に、ATPテニスマガジンなる番組を見ていたのですが、そこでは
「ウィンブルドンではやはりフェデラーが優勝の最有力候補だ!」
と色んな方が言っており
「そうだよねぇ~。ナダルも負けたしやっぱりフェデラーだよねぇ~」
なんて思っていたら・・・
ナダルが負けて浮かれていた罰が当たった気がします。恐るべしナダルパワー。
今年のウィンブルドンは4強以外の誰かが取りそうな予感がします。「ミニフェデラー」ことディミトロフだったら・・・それはそれは嬉しいのですけどね。勿論、一番嬉しいのは錦織なんですけど・。
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 12:36:55 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

イヤー世の中に絶対はないのがよく分かりました(笑)
ところで、グルビス、わたくしはアリだと思います!
錦織くんと言いたいですが、爆発力や体格なんかを考慮すると…
1993年、ピート。2003年、フェデラー。ウィンブルドンにおいて三がつく年は、ニューカマーがくる年ですから非常に楽しみです。
わたくしは、ディミトロフを(笑)
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 12:51:23 |
  3. ぽん #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/06/27(木) 13:26:23 |
  3. #
  4. [ 編集]

>Roger LOVE様

個人的には今年のフェデラーの優勝はどうかなあと思っていました。
それだけに準々決勝でナダルに勝って健在ぶりをアピールし
マレーには惜しくも敗退するも来年もあるぞもという状態で・・・
みたいな妄想を漠然としてたのですが実に楽観的なものであったようです。
4強以外の誰か、ということであればフェレールもありえますね。
これはこれで凄いですよ。

>ぽん様

なるほど、3の付く年。
1983年はクリス・ルイス、1973年はヤン・コデス。本当だ!
1963年は後に何度もGS決勝に出るフレッド・ストールの初決勝でした。
1953年はセイシャス。それまでセッジマン、ローズウォール、トレイバートと
チャンピオン達にGS決勝で阻まれ続けていての初栄冠。
1943年は開催なし、33年はクロフォード、23年はジョンストン。
おおお!!

私は過去に、もう過去に逃げます。
ナダル、フェデラーの敗退からではありません。
秘蔵DVDとの別れから。
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 13:53:05 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

フェデラーに勝ったスタコフスキですが、「人生で最高のプレー」とのこと。
さすがのフェデラーでも凌ぎきれなかったのは仕方のないところでしょうか。
フェデラーも絶好調であれば勝てたのではないかと思いますが。

去年ナダルがロソルに負けた時、フェデラーだったらどうなっていたのかなぁと思いましたが、
まさか今年同じような目に遭うとは・・・ドロー運ってわからないですねぇ。
まあこの先の大会に向けて前向きに切り替えるとのことなのでそこは安心ですが。

ディミトロフ、錦織君、、グルビスと気になる若手選手はまだいますが、フェデラーあっての
ウィンブルドンだと思っているので仕事から帰ってスコアを確認する楽しみが・・・

ところで、秘蔵DVDは気になりますが、そんなに貴重なものを頂いてもかえって
恐縮してしまうと思うので無理に提供はしなくてもいいかと思うのですが(^^;
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 15:49:06 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

思えば管理人様のウィンブルドンでのよそう能力はかなり低かったはずなので要らないDVDだと思っていたのですが・・・今大会はシードダウンが相次いでいますがネットプレーの復権という観点で見ればこれが正しいテニスの姿のような気がします、フェデラーとスタホフスキーの試合は1時代前の典型的なグラスの試合展開だったと思います。
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 20:27:33 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

秘蔵DVD、放出なんてもったいないので、代わりにこの上マレーが優勝できなければ上映会の開催をご検討いただけたら…(笑

今年は滑りやすい芝なのでしょうか。だとしたら僕はロドラとセイスリンあたりの技巧派ボレーヤーに勝ち進んでもらって、地上波で放映してもらいたいですねー。
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 20:54:22 |
  3. りー #-
  4. [ 編集]

秘蔵DVDのご心配なども頂いてありがとうございます。
宣言した手前何とかしますです。

さて、芝の状態ですが、選手の間でも違うという話のようですね。
私は正直観ている限りではわかりません。
ウィンブルドンは毎年ラウンドの経過と共に状態も変わるコートですので
一定の、こういう感じ、という感覚を持っていないというのもあるかもしれません。

ネットプレー全盛の頃はストロークが増えるようにコートやボールを変え
それに選手が適応すると今度はまたネットプレー優位なるようにに変えと運営側もなかなか忙しいですね。
テニス界を大きく観た場合はこうして選手のレベルと全体の展開とで
バランスを取っていくというのもありかもしれませんが選手自身は振り回されることになります。
全体のコントロールはできますが、マイノリティで勝負する選手は圧倒的に不利となるのが目に見えています。
近年もストローク優勢の時代でしたのでネットプレイヤーが全く出て来ませんでした。
コントロールしすぎてしまったのではないか、と今となっては思えなくも有りません。

またスコアの数え方の変更案とか3セットマッチにする案とかが出ている話も
先のコメント欄で頂きましたが、私はそういった処置には反対です。
トーナメント整備など折角テニス界が安定運用されるようになってきたのに、
またここで大きく変える意味があるのかと。
5セットマッチでなくなったらグランドスラムのあり方そのものが変わる気がします。
年末マスターズでさえ決勝が3セットマッチになって憤慨しているというのに
この上グランドスラムもとなるとなんともねえ。

  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 21:57:50 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

試合方式の話ですがすべては試合時間の長さから来ているものであることは明白です、これには様々な問題が絡んでいると思います、まず試合時間の長さですがこれは一般にラケットとリターンの進化によるものであると言われてていますが実際には違うようです、と、いうのもボールが弾むか弾まないかで打点は大きく違うのでいくらラケットが進化しようがボールが弾まなければ大きなスピンをかけられません、また、ラケットがいくら退化しても最近のボールを使えば昔のようなプレーはできないようです                                       〔文章が長いので連投お許しください〕
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 22:38:59 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

先程の続きですが、最近P・キャッシュやサンプラスがS&Vがなくなったのはラケットのせいだと言っていますがあるテニス愛好家団が実際に昔のありとあらゆるラケットを使っても今のボールではS&Vはうまく出来なかったようです、つまりラケットや技術ではなくボールの変化がテニスから多様性を奪ったといえると思います、では何故それが分かってながらボールを変えなかったというと、ジャーナリストの人たちが特定のスター以外の活躍を良く思っていないからです。                                                 [また連投すいません]
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 22:50:58 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

秘蔵DVD!?

いっそ管理人様が秘蔵DVDを制作して配布するというのはどうでしょうか?

内容はコメントでリクエストを募ってみるなど

例えば自分ならフェデラーのキャリアを特集したものがあれば非常に興味があります。
対サンプラス~ウィンブルドン初優勝~世界ランキング1位奪取~ナダルとの名勝負~執念のカムバックとキャリアグランドスラム達成~奇跡のウィンブルドン優勝と世界ランキング1位返り咲き

こうやって並べるとドラマチックですねー

あとはアガシ、ベッカー、サフィン(笑)、イバニセビッチ、ビラス…とかですかね。
それかニューボールズという括りでも面白いですね。
あーソデルリングもありですね。

対戦ならロディック対エルアノーイだったりフェデラー対サフィンだったりイバニセビッチ対ヘンマン?だったり…。


それか、以前から言っていた対決シリーズの整備を希望したいですね。
個人的に追加してほしいかなと思うのが、両者現役のものを除けば
コナーズ対マッケンロー
フェデラー対ロディック

追加してほしいかは微妙ですが一応興味があるのが
サンプラス対イバニセビッチ
アガシ対フェデラー
サンプラス対チャン
アガシ対チャン
サンプラス対クライチェク
ナダル対フェレール
フェデラー対サフィン

などなどでしょうか。

極力マニアックなものを狙ったつもりですが…。
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 22:51:12 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

芝っすか。

ナダル戦の時、芝がなんとなく違うように見えました。ほんと、なんとなく。でも、他の試合では違和感は感じませんでしたね。
野球の統一球じゃないですけど、変更するならその変更方針は前もって選手に伝えるべきじゃないでしょうか。
こんなにビッグネームが去って行ったら、今年のウィンブルドンの利益は絶対落ち込みますよ。
そして、運営側も反省することでしょう!(って、ナダルが負けた直後には何も言っていなかったのに、ファンは身勝手だ。)

あ、もしかして。。。。イギリス人優勝者を出すために、イギリス人にだけ秘密が伝えられているとか!?(笑)
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 22:51:37 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

えー、先程の続きです 最近のシード数の増加やコートの均一化はジャーナリストが自分たちの応援しているプレーヤー以外が勝つのは台本どうりじゃないといいますか、ストーリーと違うのは許さない、という風潮があるようです、これはテニスだけでなく他のスポーツでも同様のことが起きているようで協会側としてもマスコミの気に入らないことをしますと競技に対するネガティブキャンペーンをされてしまうため中々大変なようです、ですからテニス界を混乱させている張本人はファンの意見の代弁者では既になくなっているのにやたらに影響力が強いマスコミではないでしょうか。
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 23:12:11 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

初めて書き込ませていただきます。

ナダルに続いてフェデラーまで…
今年のウィンブルドンはホントに大波乱ですね。
ビッグ4がこうも早く負けてしまうとは…
これだけ負けないイメージがある方がおかしいのかもしれませんが(笑)。
自分としては地元のマレーもしくは錦織も含めた若手に頑張ってほしいです。
  1. URL |
  2. 2013/06/28(金) 12:34:07 |
  3. スバル #hlEkuusM
  4. [ 編集]

ウィンブルドンは今日から本格的に雨に祟られてきましたね、今大会はシードダウンが多いという話ですが男子も女子も荒れているのはボトムだけで、トップは荒れてませんね
  1. URL |
  2. 2013/06/28(金) 20:43:21 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

フェデラーに勝ったスタコフスキがメルツァーに敗れました。
正直なんだかなぁ・・・という感じです。

まあフェデラーとかナダルとかに勝つにはエネルギーを使うのはわかるんですが・・・
  1. URL |
  2. 2013/06/29(土) 02:08:25 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

トップハーフとボトムハーフで全く違った展開を見せていますね。
これほど1日1日、目が離せないというのも大変です。

さて、ロデックファンに書き込みいただいた件ですが
以前から私も気になっていたことを書かれていたのでコメントします。

ラケットの変化によってサーブ&ボレーが減った云々という話です。
確かにサンプラスもキャッシュもそしてマッケンローもそう言っていました。
しかし個人的にはラケットの進化はボレーヤーにとっても進化のハズだ
という気もしていました。

そうした中、明確に今のボールではネットプレーを常用するのは難しい
というコメントをしている人がいました。

もう誰でしょうね、この偉大なる素晴らしいマレーのコーチは。

もうマレー、優勝フラグ、ビンビンに立ちまくりですね。
ここまで準備されると優勝しないのがマレーです。ああ、残念。
  1. URL |
  2. 2013/06/29(土) 10:09:07 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

グルビスも

グルビスも敗れました。
2枚目賭けなくて正解でしたね
  1. URL |
  2. 2013/06/29(土) 21:35:24 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>2R様

荒れた大会ですが第2週に入って少し安定してくるかもしれません。
しかし、敢えてここでもう一波乱あったなら、
みんなDVDのことワスレテクレルカモシレナイナア
  1. URL |
  2. 2013/07/01(月) 09:01:12 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

Au-Saga様

遅ればせながらマレー優勝おめでとうございます。
レンドルコーチのうれしそうな顔、印象的でしたねぇ・・・。

わたくし、フェデラー対スタコフスキーの試合、現地で見ておりました。
キューに4時間、リセールチケットに3時間並び、
初めてナマでフェデラーをみたのがウィンブルドンのセンターコートで負け試合とは・・・。
内容云々よりかなりショックでこちらのブログもようやく今になって拝見できております。

しかし引退はするつもりはないとのことで、来週、再来週のロッテルダムとグスタードに異例の出場を決めたようですね。
最近はかなり(早期敗退の)覚悟も出来てきましたので、まだしばらくは楽しませてほしいと思います。

秘蔵DVD、もらう権利あります?(笑)
  1. URL |
  2. 2013/07/09(火) 18:47:36 |
  3. arazuin #QD09qMkA
  4. [ 編集]

>arazuin様

考え方を変えれば、初の生スタコフスキーが歴史的な試合だったという
ある意味貴重な体験ができたということにもなります。
フェデラーが勝った試合を観た人よりも、誰かがフェデラーに勝った試合を観た人のほうが
圧倒的にに少ないわけですからね。まあ詭弁でしかありませんが。

あと、DVDですね。
はい。覚えてらっしゃいましたね。
こちらは新しい記事のほうでお知らせします。
しばしお待ちください。
  1. URL |
  2. 2013/07/12(金) 11:32:40 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/815-c402e6b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター