レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、ウィンブルドン第1週終了

トップハーフの3回戦も終わり、
第1週が終了したことになります。

トップハーフでは錦織やガスケが敗退しましたが
ジョコビッチ、フェレール、ベルディフ、デル・ポトロという
上位4シードが全員生き残り、ほぼ順当の結果となっています。

今となってはですが、乱れに乱れているボトムハーフと比べて、
順当すぎるトップハーフのほうが決勝進出のハードルが高くなっております。
ジョコビッチ今後はハース、ベルディフ、そしてフェレールかデル・ポトロのどちらか、
といったシード選手を倒していかなければならないわけです。

マレーのほうは、残る相手として、第20シードのユーズニーと
第24シードのヤノヴィッツ、あとはノーシードしかおりません。

今年のボトムハーフは何があるかわからない、そういう空気もあるでしょう。
しかし、ノーシードがビッグ4に勝つなんて宝くじに当たる確率です。
今回はもう2回も宝くじ当てちゃってます。ないでしょう。もうさすがにないでしょう。
もしもマレーがノーシードに負けるようなら秘蔵DVD・・・やめやめ。

ただ、そういう幸運にプレッシャーを感じるのがマレーです。
ここまで乱れた大会なら、いっそノーシード同士の決勝にならないか
くらいに思っている人もいるかもしれません。
これ、実現に力を貸してくれそうなのは断然マレーですよね。
マレーだけがそうなって、ジョコビッチは全く空気を読まずに
しれっと決勝進出、なんてことも普通にありそうです。
それならばまだトップ2シードの決勝のほうが良いという意見もあるのではないでしょうか。

あとはヤノヴィッツですね。
ボトムハーフで一番可能性を感じるのがこの選手です。
ハマればマレーも危ないくらいかもしれません。
一方でジョコビッチと対戦することがあったとしたら、
ジョコビッチはそれほど苦戦しないかもしれません。なんとなくですが。

ノーシード同士の決勝というのはさすがに可能性が薄いと思いますが、
仮にトップ2がどちらも出てこないとするならば、デル・ポトロvsヤノヴィッツ
あたりがもっとも実現の可能性が高いかもしれませんね。
デル・ポトロの代わりにベルディフもありでしょうか。


あ、そうそう、ちょっと私的なことで恐縮ですが、
また、またなんですけど仕事の都合で来週日本を離れることになってます。
ううう、この大事なときにまた試合観られないのかよ~う。
準々決勝と準決勝が観られないです。一番大事な時じゃないですか。
順当に行けばフェデラーvsナダル、そしてその後のマレー戦に相当したわけです。
ああ、なんてことだ!何とかならないだろうか!と大会前から嘆いていたわけですが、
これが何とかなってしまったわけですよ。いずれの対戦もなくなったわけですから。
すいません。私の祈りだったかもしれません。ナダルとフェデラーの敗因。

ああ、てゆーか、意外といい試合しそうじゃん、マレーvsヤノヴィッツ。
結局観られないのかよ~う。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/06/30(日) 09:55:24|
  2. 2013年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<2013年、ウィンブルドン決勝 | ホーム | 2013年、ウィンブルドン2回戦トップハーフ>>

コメント

マレーはヤノビッチに苦労するかもしれませんね、ただベルディヒは浮かない玉は得意ですから、ジョコビッチとしてはハースとベルディヒが山になるかもしれませんね。あと関係ないですが女子は明日セレナがまけるかも知れないので男女ともにノーシード決勝、というのもあるかもしれません。
  1. URL |
  2. 2013/06/30(日) 10:55:21 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

・・・錦織負けちゃいましたね。勝つと思ってたのに。
伊達さんも・・・負けちゃいましたね。
ホント、セレナと並ぶと42歳なのに小鹿みたいで可愛かった。。(笑)

さて、本当にもう今年のウィンブルドン、私的には見所は終わったと思ってますが、唯一唯一・・・期待をしているのがやはりヤノビッツです。昨年のパリではマレーを倒してましたしね。決して調子が悪かったわけでもなく、確かマレーはマッチポイントを握っていたような・・・それを覆し、マレーを倒して、ティプサレビッチを倒して、シモンを倒して決勝で!!!・・・フェレールに負けてはいましたが良い試合でした。

マレー・・・ヤノビッツに今度は勝てるのかしら?。楽しみといえばこれくらいです。
多分、ヤノビッツVSマレーになったらライブで試合はみようと思います。

それにしても、管理人様・・・来週から海外ですか?お仕事とは言え羨ましいです。
気をつけて行ってらっしゃいませ♪
  1. URL |
  2. 2013/06/30(日) 16:00:19 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

管理人様の呪い!?

ナダルの呪いかと思ったら、実は管理人様のだったんですね。(^^ゞ

いつかの記事の誰かの投稿で、フルセッピというのがあってウケましたが、昨日もそうでしたね。
彼にとっては、確か今年がベストイヤー。30歳を目前に自己ベストを出す選手って意外にいますよね。フィッシュとか。ほかにもいたような。。。
  1. URL |
  2. 2013/06/30(日) 21:48:10 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

ここに来られる方々は大半がフェデラーファンでしょうね。
しかし彼以外のファンも少数おられるようです。
管理人さんが心が広く、いろいろなファンを受け入れてくださっているからでしょう。
何よりいろんな選手のテニスを見ることを楽しまれているからでしょう。
そう言う意味で、以前から気になっていたのですが、ロジャー意外のファンの神経を逆なでするようなコメントをされる方々が数名おられます。
もうすこしコメントに気を配られてはいかがでしょうか 。
  1. URL |
  2. 2013/07/01(月) 00:28:28 |
  3. オルソ #-
  4. [ 編集]

前回の私のコメント、不適切だったと思います。
管理人さんがこの雰囲気を楽しまれていらっしゃるわけですから。
ただ純粋に競ったテニスの試合が見たい、群雄割拠の方が面白いと思う私の本音でもあります。
レンドルの時代の男子テニスはまさにそういった時代でした。
管理人さんが不快に思われれば削除してください。
  1. URL |
  2. 2013/07/01(月) 01:04:31 |
  3. オルソ #-
  4. [ 編集]

>ロデックファン様

ヤノヴィッツのサーブはかつてのクライチェクかフィリポーシスかってくらい
圧倒的でアルマグロに反撃の隙を与えませんでした。
ストロークも強いのでこの調子で行ってくれればマレーも苦労するかもしれません。


>Roger LOVE様

クルム伊達は相手が相手ですから仕方ないですが、錦織は勝って欲しかった試合でした。
セッピも乱れる時があたてかなりむらのある出来だったと思います。
そして錦織は更にもっと安定しなかったわけで、複数セット目を簡単に落としたのはとても残念でした。
海外は・・・仕事なので全然良いものではないです。家でテニス見てるほうが何千倍も幸せです。


>かめ様

いや、特に呪ったつもりは、ないんですけど。
マレーvsヤノビッツも面白そうだなあ、観られなくて残念だなあ、
などと思わないようにします。いや、すいません、少し思ってしまってます。


>オルソ様

いえいえ、特に不適切でもありませんのでどしどしご意見お願いします。
群雄割拠を望むオルソ様のご意見もまた非常に貴重な声です。
むしろ気持ちを抑えて差し障りの無いことを言うよりも
心情を吐露してくれたほうが個人的には嬉しいです。
まあ行き過ぎもどうかというのもあってその辺の判断は難しいところですが。
  1. URL |
  2. 2013/07/01(月) 09:31:27 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

荒れるウィンブルドン 女子も大荒れ

※ネタバレ有り 注意








こんばんは。
タイトルの通り女子も大荒れです。

ここまで公式戦34連勝中でウィンブルドンで5度の優勝を誇る第1シードのセリーナ・ウィリアムズがザビーネ・リシキに敗れる波乱が起きました。
姉のヴィーナスの連勝記録35にわずか1及びませんでした。

ちなみに歴代1位はナブラチロワが1984年に記録した74連勝。

1984年のナブラチロワの成績は驚きの78勝2敗。
さらにナブラチロワはこの期間中に13大会連続優勝を飾っています。
この年のナブラチロワは年初のオークランドで決勝で敗れた後、出場した13大会を連続で制し、年末の全豪で準決勝で敗れ連勝が74で止まりました。
全豪でもう一つ勝っていれば、年間の出場大会すべてで決勝進出という記録が出来ていたのですが、惜しい!
しかしその前年1983年はもっとすごいです。
この時は年初から36連勝(1982年の年末から合わせて39連勝)。全仏4回戦敗退後さらに年末まで50連勝で年間通算86勝1敗。
この連勝記録は1984年年初のオークランド決勝で敗れるまで54連勝。
さらに調べると1982年も年初から27連勝→1敗挟んでさらに41連勝→1敗挟んで19連勝→1敗挟んであと3勝(1983年の年初からの36連勝に続く)で年間通算90勝3敗ですし。
・・・もうなんですかこの人は。さらに1979年から1980年にかけても30連勝がありました。
やや負ける回数も増えてきた1986年から87年にも58連勝を記録。

全盛期の1982~84年の3年間の通算成績は254勝6敗。
もうあいた口がふさがらないですね。

また、ナブラチロワからファーストネームをもらったヒンギスもわずか1997年に年初から1983年のナブラチロワを超える37連勝を記録しています。ちなみにこのときヒンギスは16歳。うーむ・・・


さて男子の4回戦ですが、ヤノヴィッツとクボットが、ともにフルセットで勝ちました。
この両者は準々決勝で対決します。ポーランド勢同士の対決です。

マレー側ではベルダスコが勝ちました。正直ウィンブルドンでベスト8に来るなんて思ってなかったです。これでベスト8に進出したことがないのは全仏のみ。・・・あれ、この人クレーの人じゃなかったんですか?

トップハーフではフェレールが勝ちました。
コート適性を考えればフェレールも組み合わせに恵まれた感があります。
対抗シードのデル=ポトロも芝はあまり得意じゃなくてウィンブルドンでは過去にベスト8経験がないですし。
その一方でジョコビッチ側は芝好きがそろってますよね。対照的です。

蓋を開けてみればジョコビッチのブロックが1番タフだなんていったい誰が想像したでしょうか。
  1. URL |
  2. 2013/07/02(火) 00:59:06 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

ベスト8争いの一角はランキング130位と111位の戦いだったみたいですね。
どちらが勝ってもランキング100位外の選手がベスト8、という。
多分次はヤノヴィッツが勝つと思いますが、これでもしクボットが勝ったりすると
ランキング100位外の選手が活躍した大会という印象が強くなりそうです。

一方、トップハーフは本当に順当な勝ち上がりですね。
  1. URL |
  2. 2013/07/02(火) 19:20:56 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

フェデラー2大会追加?

フェデラー、アメリカシーズンまでお休みだと思ったら、ハンブルグとガスタードのクレーの試合に出るんですね。
年末に向けてのポイント稼ぎかな?
ウィンブルドンでエネルギー消費していないので、大丈夫だろうけど、アメリカツアーに影響が出ませんように。
  1. URL |
  2. 2013/07/04(木) 22:25:31 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

デルポトロはグラスが苦手のようでしたが今回はものすごい善戦だったように思います、ところで管理人様、昨日のデルポトロは全盛期のようなプレーだったと思いますが、ここのところのデルポトロの不調は [ここのところといっても3年くらいですが・・・] ボールのせいだったのではないでしょうか?[ボール、ボールうるさいですね僕は・・・] 昨日の試合を見ているとデルポトロのボールに直線的なボールが多かった様に思いますが、全米で優勝したときと弾道やフォアの自由度が同じレベルだったと思います、09年の全米と今年のIWのナダル戦を見比べるとどうしても打球音や弾道が違いこれが全米で勝ったときとと同じボールだったらなーと思いました。
  1. URL |
  2. 2013/07/06(土) 15:51:45 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

男子は第1シードと第2シードの「順当な」決勝戦になりましたねぇ(しみじみ)。
また、今回でジョコとマレーのGS決勝戦は全仏以外で実現したことになります。

ところで、マレーが優勝すると今季ではなくここ1年間のGS4大会で2冠となりますが、
ポイントではジョコが2000ポイントほども差をつけての1位となります。
これって結構珍しいのではないかと思いますが、GSを複数取りながら
1位になれなかったケースというのは過去どれくらいあったのでしょうか?

あと、いい機会かもしれないのでもし時間があれば過去の名選手に起こった
GSでの波乱特集をして頂けるとありがたいです。
フェデラーが出て来る前の情勢には疎いので(^^;
  1. URL |
  2. 2013/07/06(土) 22:52:05 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

GSを複数とって1位にならなかった選手というとビラス位しか思いつきませんね、ボルグ、ビランデル、エドバーグは複数GSを取ってからNo1になるまで大分時間がありましたが結局みんな年末チャンピオンにまでなりましたね。
  1. URL |
  2. 2013/07/06(土) 23:31:46 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

>2R様

私は女子テニスは専門ではないですが、ナブラチロワの名前を出されてしまうと
男子のあらゆる記録がかすむので困ってしまいます。
しかもダブルスでも記録を持ってますからね。
マッケンローとレーバーとエマーソンを足してどうかという存在です。


>かめ様

ポイントを意識しているのか、
あるいはこうはあまり考えたくない人もいるかもしれませんが
残りの現役生活で色々な大会、色々な地にできるだけ赴こうとしているのか
そんなところではないかと感じました。


>ラカン様

ロデックファン様にあげていただいたビラス以外に、ブルゲラがNo.1になっていません。
あとはランキング制度発足前後の微妙な時期にかかる選手として
アーサー・アッシュ、ヤン・コデスなどがいます。
スタン・スミスもNo.1にはなっていませんが、
ランキング制度前にはNo.1評価をもらっている選手です。
この辺はちょっと微妙ですね。


>ロデックファン様

ボールに注目しては見てなかったので印象がわからないですが
ジョコビッチとまともに打ち合えるのは凄いと思いました。
もう来年からウィンブルドンも4強のものではなくなってくるでしょうね。
ご指摘の通り仮にボールが今後デル・ポトロ向きになっていくのならば尚更ですね。

  1. URL |
  2. 2013/07/07(日) 17:50:34 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

> ロデックファンさん
> 管理人さん

コメントありがとうございます。
やはりかなり珍しいことなんですね。
マレー側の問題(クレー適性が良くない、年間を通した安定感が少し足りない)
もあるとは思いますが、フェデラー覚醒以降の4強体制が異質な感じですね。

マレーはNo,1に向けてもぜひとも取りたいタイトルだと思いますが、
果たしてどちらが勝つのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2013/07/07(日) 19:43:33 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

補足すると1981・82年に全豪を連覇したヨハン・クリークも入りますね。
まあ当時の全豪はトップ選手あまり出てないですが。

1位経験のない選手の中である1年間に二つのグランドスラムを取りながら1位になれなかったのは、となると多分1977年に全仏と全米をとったビラスのみでしょう。しかも全豪も準優勝なんですが1位にはなれず
ちなみにこの年、コナーズはウィンブルドン準優勝全米準優勝でほぼ一年間ずっと1位、ボルグは全仏欠場ウィンブルドン優勝で1週間だけ1位でした。


1位経験者も含めれば過去一年間以内にGS二つとりながら1位になってないケースはもう少しありそうです。
  1. URL |
  2. 2013/07/08(月) 02:43:25 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>2R様

ヨハン・クリークもいましたね。すっかり忘れていました。
ビラスの場合は同一GSでなく、ウィンブルドン以外を取っていますからやはり特殊です。
クレー、グラスの両方を取っています。
当時のポイント制度のせいで少々気の毒とも思えますがまあ仕方がないですかね。
コナーズとボルグの存在も大きかったのは事実ですし。
  1. URL |
  2. 2013/07/08(月) 09:45:30 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

> 2Rさん

補足ありがとうございます。
コナーズですか・・・これまた偉大なチャンピオンですね。 ボルグもですが。
今年の全英はマレーが優勝したので、現時点では4大大会で2大会優勝+1大会準優勝となり
1977年のビラスと似た状況ですね。

イギリス人の全英優勝というだけでも歴史に残る偉業だと思いますが、
1位になればまた評価も変わってくると思うのでマレーはここからが正念場ですね。
  1. URL |
  2. 2013/07/08(月) 10:08:52 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

初1位時のGSタイトル数

タイトルの通りです。

ナスターゼ 2個 ※いずれもATPランキング導入前。ただし2個ともに導入時の過去1年以内。
ニューカム 6個 ※うちオープン化前2個、73年全米を除く5個がATPランキング導入前。過去1年以内のGSタイトルは73米のみ。のち1975年全豪で優勝しGS7個獲得
コナーズ 2個 いずれも過去1年以内(74豪・74ウィンブルドン)。最終的にGS8個獲得
ボルグ 4個 過去1年以内のGSは77ウィンブルドン優勝、76米準優勝。最終的にGS11個獲得。
マッケンロー 1個 過去1年以内のGSは79米優勝。最終的にGS7個獲得。
レンドル 0個 過去1年以内は準優勝1(82米)。この時点でGS準優勝2回(81仏・82米)。最終的にGS8個獲得。
ビランデル 7個 過去1年以内にGSタイトル3個(88豪・88仏・88米)。以降失速し最終的なGS獲得数は7個のまま。
エドバーグ 4個 過去1年以内のGSは90ウィンブルドン優勝、90全豪準優勝。最終的にGS6個獲得。
ベッカー 5個 過去1年以内のGSは91豪優勝、90ウィンブルドン準優勝。最終的にGS6個獲得。
クーリエ 2個 いずれも過去1年以内。他に91米準優勝あり。最終的にGS4個獲得。

ちょっと中断します。
  1. URL |
  2. 2013/07/08(月) 19:33:10 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

続き

サンプラス 1個 過去1年以内のGSは92米準優勝。最終的にGS14個獲得。
アガシ 3個 過去1年以内のGSは94米・95豪優勝。最終的にGS8個獲得。
ムスター 1個 過去1年以内のGSは95仏優勝。獲得GSは1個。
リオス 0個 過去1年以内のGSは98豪準優勝。獲得GSは0個。
モヤ 1個 過去1年以内のGSは98仏優勝。獲得GSは1個。
カフェルニコフ 2個 過去1年以内のGSは99豪優勝。獲得GSは2個。
ラフター 2個 過去1年以内のGSは98米優勝。獲得GSは2個。
サフィン 1個 過去1年以内のGSは00米優勝。最終的にGS2個獲得。
クエルテン 2個 過去1年以内のGSは00仏優勝。最終的にGS3個獲得。
ヒューイット 1個 過去1年以内のGSは01米優勝。現役。現在GS2個獲得。
フェレーロ 1個 過去1年以内のGSは03仏優勝03米準優勝。獲得GSは1個。
ロディック 1個 過去1年以内のGSは03米優勝。獲得GSは1個(準優勝4回 4回全て対フェデラー)
フェデラー 2個 過去1年以内のGSは03ウィンブルドン優勝、04豪優勝。現役。現在GS17個獲得。
ナダル 5個 過去1年以内のGSは08仏、08ウィンブルドン優勝。現役。現在GS12個獲得。
ジョコビッチ 3個 過去1年以内のGSは11豪・11ウィンブルドン優勝、10米準優勝。現役。現在GS6個獲得。

こんなかんじになりました。
近年は1位の入れ替わりはグランドスラムの場合が多いですが昔はよくわからないタイミングでの入れ替わりも多数あります。
  1. URL |
  2. 2013/07/08(月) 20:29:38 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>2Rさん

遅くなりましたが、凄いデータありがとうございます(汗)
保存しておきます。
フェデラー覚醒以降も大変ですが、昔も大変だったんですね。
  1. URL |
  2. 2013/07/12(金) 17:00:04 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/817-8c33dc0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター