レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、ウィンブルドン決勝

さて、では予定通りの書き方からスタートします。

ウィンブルドン決勝は、予定通り、極めて順当に
安定感の極みとでもいうべき超絶たる順当さを持って
第1シードと第2シードが決勝で対戦することになりました。
大会前から第1シードと第2シードが決勝で対戦することを
予想していた人も多いんじゃないでしょうか。
大会前から第2シードと第24シードが準決勝で対戦することを
予想していた人も多いんじゃないでしょうか。

半分諦めてた準決勝の2試合ですが、運良く観ることができました。
うまく時間ができたのと、どの国であれ
テニスに興味を持っているのは当たり前ですからね。
きちんとテレビで中継してくれてました。

日本くらいですよ。男子準決勝には一切触れずに、
何の前触れもなく女子ダブルスとか報道しだすのは。

話を戻しまして準決勝ですが、
買った両者ともに随分と苦労しました。
スコア的にはジョコビッチがフルセット、マレーが4セットですが
苦戦の度合いはマレーのほうが大きかったように思います。

ジョコビッチの場合は、
決めるべき時に決めきれずに試合が長引いてしまったという感じ。
マレーはヤノヴィッツの安定感の欠如に助けられた感じでした。

デル・ポトロの気合いの入ったプレーも印象的でしたが
ヤノヴィッツの荒削りな豪快プレーも記憶に残りました。
サーブ、ストローク、ネットプレーといずれも水準が高く
これは伸びてくるだろうなと思わせる可能性の塊のような選手です。

ベッカーが出てきた時の印象に近いものがありますが、
そのパワーあふれるプレーとしては更なる凄みを感じました。
まあ時代の差もある上に、ベッカーの場合はもっと遥かに若くして
優勝までしてしまっていますから、ベッカー以上とはいえないと思いますが。

マレーの守備力を意識していたのは明白で、
対策として効果的なドロップショットを使っていましたが
ちょっとそれを使いすぎていたかなという気がしました。
最後の方はマレーが巧く対応できていて、
結局いつの間に流れを引き寄せている感じでしたが
ヤノヴィッツのショットに安定感があれば
どうなっていたかわからないような内容だったと思います。

マレーの守備力はさすがでしたがジョコビッチの方も同じように守備力がありましたし
攻撃に関してはそれ以上でしたので、個人的には決勝はジョコビッチ優勢だと感じますが
もうここまで来るとわかりません。

デル・ポトロのプレーもまた良かったので
観ることのできなかったフェレール戦が気になっています。
オリンピックではないので3位決定戦はないですが
今回はじめてウィンブルドンで3位決定戦があればと思いました。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/07(日) 10:23:47|
  2. 2013年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2013年、ウィンブルドンはマレーが優勝 | ホーム | 2013年、ウィンブルドン第1週終了>>

コメント

管理人様、おかえりなさい☆

それにしてもマレーVSヤノビッツが見れて良かったですね。

管理人様が言われる通り、ヤノビッツは伸びてくると思いますよ!
もう昨年のパリの準優勝の時は勢いでフェレールに勝つか!?!?!みたいな感じでしたしね!
昨日は・・・マレーが上手だったというよりは、ヤノビッツが崩れましたね。
ドロップとダブルフォルトがなぁ~。。。
それにしても試合後のインタビューも大物っぽかった。。。「準優勝者に負けたと思いたくないのでマレーには頑張ってもらいたい。」ですって。。大物ですね。彼は(笑)

一方、デルポトロVSジョコビッチは・・・私はすごかったと思うなぁ~。
3セット目をジョコビッチが取った時点で、ジョコビッチの決まりだと思ってましたが、そのあと4セット目、マッチポイントを凌いで、そのセットをものにしたデルポトロは本当にすごかったと思います。

本当にあと1歩ですよね。デルポトロ。

それにしても・・・なぜジョコビッチの試合はあんなに凄い試合が多いのか?!

最近の謎の1つです。フェデラーファンの私ですが、彼の試合・・・相当見ている気がします(笑)

今日の夜は楽しみですねぇ~。

77年ぶりのイギリス王者誕生か?ヘンマンヒルがいつの間にか「マレーマウント」と呼ばれている今年。来年からは本当にもう「マレーマウント」って改名されちゃうかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2013/07/07(日) 15:12:24 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

ヤノビッチは大会で2番目に悪いプレーをしてしまったみたいです、ただ彼はサフィンにも通じるものがありそうなので北米シーズンは期待を裏切る可能性もありますね、あとデルポトロは以外に低い玉の方がいいのかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2013/07/07(日) 15:44:06 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

>Roger LOVE様

ジョコビッチvsデル・ポトロは凄い試合でしたね。
グラスコートでああいったフットワークとカウンターのショットが連発されるとは
20年前ではありえませんでしたし、10年前ですらも想像の外だったと感じます。
かつてフェデラーはひたすらどの大会でも勝つ選手でしたが
現在のレベルを考えると少し難しいのかもしれません。
ジョコビッチはかつてのサンプラスのように大きな大会に強く、
本当に大事な所で絶対に勝つというテニススタイルになりつつある気がします。
覚醒した2011年以降、準決勝以前では負けていません。


>ロデックファン様

ヤノヴィッツの印象についてですが、サフィンはモロに感じますね。
サフィンならまだ良いですが、グルビスのようにならないようにしないと。
まあ若手欠乏症にあえぐテニス界にあってはサフィンでも足りず
更にそれ以上の存在に育って欲しいと熱望されているようにも思えます。
そしてディミトロフがフェデラーということなんですよね。
ここはもう少し頑張ってくれないと。
  1. URL |
  2. 2013/07/07(日) 18:00:55 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

そういえば管理人様、前の記事の投稿でもありましたがGS複数優勝者で1位にならなかった人ってビラス以外にいましたっけ?
  1. URL |
  2. 2013/07/07(日) 23:20:16 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

すみません、管理人様がラカン様の質問に答えているのを確認せず投稿してしまいました、しかしブルゲラ全仏2回なのに対しビラスはWB以外すべて優勝しているということを考えるとちょっと特異ですね、イメージ的にはグラスが苦手でクレーが得意なマレー?な感じがします。
  1. URL |
  2. 2013/07/07(日) 23:29:11 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/818-728ef077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター