レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、シンシナティ1回戦

一部2回戦もスタートしていますが。
昨日の記事で、ベテランvs若手の対戦が多く組まれていることを書きましたが

今のところベテラン勢がぐっと有利に試合を運んでいます。
・フェレールvsハリソン
・ユーズニーvsグルビス
・F・ロペスvs錦織
・J・ブレークvsヤノヴィッツ
・ハースvsK・アンダーソン
・ダビデンコvsパイユ
・ロブレドvsベルッチ
・ツルスノフvsクリザン

若手が勝った試合はディミトロフvsアルマグロとポスピシルvsシモンくらいですが
アルマグロは27歳、シモンは28歳ですから、正直ベテランとまではいえません。
そう考えると今のところベテランvs若手はベテラン勢の全勝となっています。

上掲の試合をざっと見てみましょう。

・フェレールvsハリソン
 少し心配であったフェレールがまず1勝してホッとしてます。
 試合自体は結構熱戦でした。

・ユーズニーvsグルビス
 ね、グルビス先週だけでしょ?
 そうなんですよ。これなんです。
 この世代は好調が続かないんですよ。

・F・ロペスvs錦織
 相手は実力者ではありますが、錦織としては痛いシードダウンです。

・J・ブレークvsヤノヴィッツ
 錦織と同じくこちらも痛い敗戦です。
 やっぱり安定しないですよねえ、ヤノヴィッツも。

・ハースvsK・アンダーソン
 現役最長老ともいうべきハース、先週のリタイアで心配させましたが復活しました。
 相手のアンダーソンはナダルと同じ年齢ですので若手ではないかもしれませんが
 ハースが年長すぎるので対比として若手メンバーに入りました。

・ダビデンコvsパイユ
 ね。パイユも先週だけでしょ?あの試合は良かったんですけどねえ。
 ダビデンコもハースと同じく先週はリタイアだったので復活して嬉しいです。

・ロブレドvsベルッチ
 注目のボトムハーフの一番下、マレーの山です。
 ここは全員優勝候補ですから

・ツルスノフvsクリザン
 年齢で言えばフェレールvs錦織にあたります。
 ランキング44位vs45位と実力伯仲の対戦となり
 スコアも「4-6 7-6 6-4」とファイナルセットの好勝負でした。

まあ、私の視点が明らかにベテラン寄りであることは事実です。
ベテランならば先週ダメで今週良ければ、復活!絶賛!となるのに
若手が先週良くて今週ダメだと、ほら、言わんこっちゃない!
みたいな論調になってしまいます。
でも、それは、期待してるからなんですよ。
言い換えればベテランにはあまり期待してないんですから
それでいて思わぬ頑張りを見せてくれればそりゃ褒めたくもなるわけですよ。
これまでの功労に対する気持ちというのも当然ありますしね。


--
開催中、秘蔵DVDプレゼント企画!(8/18まで)
--


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/08/14(水) 10:36:07|
  2. 2013年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2013年、シンシナティはベスト8 | ホーム | 2013年、シンシナティ開幕>>

コメント

管理人様
こんにちは。

先日は、早速のデータ有難うございました。

さて、若手のふがいない成長ぶりに、自分もイライラし始めてる一人です。ま、異論、反論もあるでしょうが。

例えば、錦織の場合、確かにショットだけなら間違いなく天才です。
でも、フェデラ-のようにテニスの天才では、けっしてありません。

特にネットプレイに関しては、アプローチの技術も含めて、ラオニッチよりは少しだけましかなあと言うレベル。なのに、この5年間を見る限り、改善に努力した成果が結果として見えてこない。

世界トップレベルのショットの多彩さが有るからここまで来れたけど、さらに、ネットプレーやドロップショットなど、プレイ全体の多彩さを身につけたら、錦織は、さらにたいした選手になれると思うんですが。

ドロップショットだって、好きみたいだけど、あんまり決まりませんよね。

ことほど左様に、錦織のみならず、今の若手は、自分がイケてない部分の底上げに、あんまり努力しなさ過ぎってな感じに、自分には見えるんですが。

当初、守りの天才だけだったナダルは、努力して、今では攻めの天才ではないけれど、秀才にはなりました。

それから、ジョコビッチは、09年から10年くらいにかけて体質の改善に取り組み、今のフィジカルを手に入れました。

かつては、ボルグもレンドルも、最初は見るからに格好悪かったネットプレイを自分のものにしました。

格好悪さを気にしないで欲しいですね、今の若手にも。
  1. URL |
  2. 2013/08/14(水) 18:18:04 |
  3. MEDAKA #-
  4. [ 編集]

トミック

前の記事で若手について取り上げていましたが、その時トミックについてはあまりかか書かれていませんでした。タイトルも取っているし、若いのに何故あまり期待されていないのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2013/08/15(木) 09:06:41 |
  3. 名無しのハム #qhhSTKxU
  4. [ 編集]

>MEDAKA様

ひたすらにプレーをすることで精一杯というのもあるのでしょうか。
自分のプレーが見極められれば、そこから変化を目指すこともできるのでしょうが、
こうも安定していない状態ではなかなか難しいとは思います。
あとは最近の傾向としてやはり怪我が多いのも心配です。
若手でも怪我に泣いている例は多いですし。

>名無しのハム様

期待の若手というくくりの中にいる選手であることは間違いないと思うんですけど
まだこれといった実績がないのが大きいんじゃないでしょうか。
タイトルを持っているとはいえまだ一つだし、それもマスターズ250ですから。
ヤノヴィッツはタイトルを取っていませんがウィンブルドンベスト4という実績は
やはり印象としてより大きいと思います。
あとは強い選手に勝つとか善戦するとか、そうしたインパクトを残したいところですね。
  1. URL |
  2. 2013/08/15(木) 10:28:48 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ベスト8が出揃いましたが大きなシードダウンとしてはフェレールが予選勝者相手に負けました。
ハードコートへの切り替えがうまくいってないのでしょうか?
とはいえ、ジョコの山にはまだデルポトロがいますし、次は地元の
アイズナーなのでまだ安泰とは言えないと思いますが。

現状の力関係というか勝ち上がりの安定感は
ジョコ≒ナダル > マレー > フェデラー≒フェレール≒デルポトロ > その他

といったところでしょうか?
ベルディフも次点くらいで安定していますがその他の選手は結構大会ごとに
浮き沈みがあるように思います。
デルポトロの調子が上がってきているのでトップ4にとって楽なドローと
呼べるようなドローにはなかなかなりにくくなっていますね。

そして個人的に期待の若手ディミトロフですが、まあ予定調和というか、
「ナダル相手に1セット取って頑張ったね」みたいな結果に・・・。
試合を見ていないのでわかりませんが、ナダルが好調だから仕方ないのでしょうか?

現状中堅どころの年代の選手の層が厚いのはわかるのですが、それでもやはり
若手の押し上げが欲しいですよねぇ。
  1. URL |
  2. 2013/08/16(金) 10:29:19 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/826-1e5e327f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター