レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、シンシナティ準々決勝

比較的準著に進んできたシンシナティですが
ここへ来て大きく動き出しました。

まず準々決勝です。

ジョコビッチとマレーが敗退するという波乱がありました。
マレーは、相手がベルディフだし波乱じゃないかもしれません。
ウィンブルドンで力を使い果たしましたかな。
全米までは期待薄と思っていましたが、案の定でしたね。
そしてマレーという選手の不安は
全米ですらもイマイチの可能性があるということです。

そしてジョコビッチ。
まだNo.1ではありますが、ウィンブルドンでもカナダでも
引き立て役というか、「最後の敵」のような脇役感が出てしまっております。
まあ強いからこそ倒されることに意味があるのでしょうが、
皆がジョコビッチを倒して名を上げるといった具合で
この辺、レンドルを思わせます。
だから頑張って欲しいんですけど。
今回も地元アイズナーの躍進の立役者になってしまいました。

そして、再注目の一戦であったのがナダルvsフェデラーです。
結果は予想通りナダルだったのですが、フェデラーも思わぬ健闘を見せました。
前の試合でナダルはディミトロフに善戦されてますので
ここでフェデラーが瞬殺だったら、
もはやディミトロフ以下になるのか、と不安になりもしましたが、
結果はそう悲観するものでもありませんでした。

ただ、最初の出だしは、やばかったです。
フェデラーの最初のサービスゲームでは、
1ゲーム取るのがこんなに大変なのかという苦戦でした。
何でもない球をミスする、ナダルの強打についていけない、仕掛けが中途半端、
これは負けパターンですわ、というイメージだったのですが
フェデラーは粘り、これを覆しました。

その後はどうでしょう。ミスの減ったバックハンド、
急に入るようになった強打、そしてネットへの効果的な飛び出し。
ナダルがジョコビッチ戦で見せた攻勢もほとんど出てこず
フェデラーがラリーを支配するポイントが多くありました。

圧巻は最初のブレークが生まれた第11ゲームです。
長いラリーでなんとフェデラーがナダルを追い詰めるという展開、
そしてネットでの積極的なポイント。
フェデラーもまだまだここまでできるのか、という驚きのプレーでした。
そして最後にセットを決めたのがバックハンドのウィナー!
フェデラーのバックハンドが炸裂するときは好調です。

第2セットも一進一退の攻防でしたが、ほんのワンチャンスでナダルが取ってしまいました。
こうなるともう万事休すです。第2セットでフェデラーは決めたかった。
この辺はさすがナダルというべきでしょうか。
圧倒していたわけじゃないのに追い詰めているという
ジョコビッチ戦とは違う、昔ながらのクラシカルなナダルでした。

第3セットは最初のほうで簡単にナダルがブレークしてしまい
試合は決まった感がありましたが、それでも
6-1で取られてもおかしくなかったこのセットをフェデラは粘り
最後の方でも見事なラリーを展開していました。
特にバックハンドの深いクロスでナダルを外に追いやってからの
回り込んでのフォアのストレートというパターンは見事でした。
これがもう少し早く出ていればというのもありましたし、
これほどミスなく連発できるというのも調子が良かったのだろうと思えることから
大変惜しい試合だったと感じました。
フェデラー、ランキングは大きく下げてしまうことが決定しているのですが
まだまだやれますよ。

勝ったナダルはマレーが足踏みしてくれたおかげで
優勝で2位に上がるチャンスが出ています。
ウィンブルドン敗退、全豪スキップで2位ですから
勢力争いも混沌としてきていることが伺えますし
同時にナダルがその他の大会でしっかり勝っているということもわかります。

もしもナダルが敗退していれば、
上位4シードの全てがベスト8に進出しないことになっていました。
これはマスターズ1000クラスでは相当長い間
達成されていない記録ではないでしょうか。
てゆーか上位3シードが全て敗退している時点で
既に近年にない事例となっているかもしれません。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/08/18(日) 04:27:50|
  2. 2013年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<2013年、シンシナティはナダルが優勝 | ホーム | 2013年、シンシナティはベスト8>>

コメント

管理人様は以前コナーズがフェデラー、ボルグがナダル、マッケンローがジョコビッチと言っていましたがジョコビッチはレンドルだったんですねぇ、じゃあマッケンローは誰?マレーは誰?ビランデルでしょうか、あとフェデラーですが5位に落ちたときも騒がれましたがこんなに早く7位まで落ちるんですね、これで世界ランキングはほぼレースランキングと一致します、これもデルポトロとベルディヒの安定性と今大会のがんばりでしょうか、最後になりますがちょっと前にシンシナティはデルポトロとベルディヒとヤノビッチに期待と書きましたが見事にヤノビッチだけが僕の期待を裏切ってしまいました。ブレークは技を凝らすタイプではなさそうなので錦織の負けよりずぅーっと深刻なような気がします。
  1. URL |
  2. 2013/08/18(日) 05:40:01 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

準決勝の結果

シンシナティ準決勝はイズナーとナダルがそれぞれ勝ちました。
ナダルは相手のベルディヒに対し13連勝中で、今日の勝利も特別驚くことはありませんが、ハードコートでのナダルの強さをまた見せつけられた感じでした。

他方、イズナーは準々決勝のジョコビッチに続いて格上のデルポトロを倒して決勝進出というのは、素晴らしい快挙だと思います。デルポトロは第1セットを取り第2セット5-3のSFM、40-30のマッチポイントまで行きました。しかしそこでダブルフォルトでデュースになりブレークバックされ、急にずるずると崩れて第2、第3セットを落とすという、なんとも残念な負け方でした。デルポトロは全米オープンで優勝候補を見ていたのですが、今日の負け方を見ると少し(かなり)心配です。

ナダルとイズナーの決勝は、やはりナダルが優勢でしょう。地元の声援を受けてイズナーがどれだけいいプレーをできるかにかかっていると思います。
  1. URL |
  2. 2013/08/18(日) 08:31:53 |
  3. S.Sugano #OvPjXKSQ
  4. [ 編集]

>Au-Saga様
ジョコビッチは全米次第だと思いますよ。優勝すれば今年GS2冠、まだ年末1位の可能性もあります。このまま期待はずれな選手で終わるのかはまだ分かりません。ハードコートの選手で全米1勝は物足りない。せめて2勝くらいはさ。






  1. URL |
  2. 2013/08/18(日) 13:13:19 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

ナダル対イズナーは久しぶりにアメリカ勢の優勝が見たいです。
  1. URL |
  2. 2013/08/18(日) 13:17:04 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

今年のマスターズはナダル以外複数回決勝に来ていませんね、こんなこといつ以来でしょうか、というか今まであったんでしょうか、そうなると今度はベルディヒやツォンガやガスケもがんばってほしいですね、あとトップ10にMS優勝経験者が少なくなってきていますね、もうそろそろほかの選手にもがんばってもらいたいですね。
  1. URL |
  2. 2013/08/18(日) 17:34:33 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

ナダルはここに来てまた進化しているんですかね?
10代のころから活躍しているだけに、そしてそのプレースタイルゆえに現在の年齢ではもうかつてのような活躍はできないのでは?と数年前には考えていたのですが、今の調子を見るにまだまだ行けそうですね
もちろん、時折休み休みという条件はつくかもですが
  1. URL |
  2. 2013/08/18(日) 17:48:52 |
  3. TOTO #-
  4. [ 編集]

管理人様
暑いですね。

フェデラ-は、全米に向けて希望の持てる敗戦だったと思います。
ハ-スとの試合の中盤以降あたりから、本来のプレーが戻って来たような感じですね。

この大会は、過去に5回も優勝してるフェデラ-に対し、一度も決勝にすら進んだことのないナダル。

コ-トとの相性から、これだけの違いが出ているのでしょうが、それゆえ、昨日の熱戦は当然の成り行きだと思っています。
むしろ私は、フェデラ-に分があるのではと思っていました。

結果は、いつものとおり、二人の貪欲さの違いでしたね。

で、ナダルは後半は連戦の疲れからだと思いますが、ミスが目立って多くなりました。振られた時のカバーリングも明らかに甘くなっていたし、決勝はイズナ-、大チャンスだと思います。

あと、どなたかの、今年はマスターズの決勝の顔ぶれが、ナダル以外は全て違うというコメントを見て、確かてみたら、ホントにそうなんですね。

しかし、悲しいかな、期待される若手では、ラオニッチだけ。
若手の成長による現象ではなくて、4強の後退傾向による現象だという所が悲しいですよね。
  1. URL |
  2. 2013/08/18(日) 19:55:24 |
  3. MEDAKA #-
  4. [ 編集]

対ナダル戦

MEDAKA様の投稿を見て、嬉しくなりました。なかなかよかったですよね?
もっと一方的に負けちゃうのかなと思っていたのである意味、嬉しかったです。
負けは負けでもちろん辛いですが。

最近のフェデラーの試合は、「おー!」という感動のポイントが減ってきているように感じていました。
勝利数が減っているので、当然と言えば当然のことなのかもしれませんが、
今回のナダル戦はなかなかよいポイントが多かったと思います。
調子が少しずつ良くなってきているのか、あるいはナダルは彼のそういう部分を引き出してくれる相手なのか。

宗教体験に匹敵するとも言われた”Federer Moments”を今後もいっぱい見せて欲しいです。
  1. URL |
  2. 2013/08/19(月) 10:25:04 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

皆様コメントありがとうございます。
なんだかんだで見るべきもののの多かった大会だったと思います。
(ボトムハーフの一番下を除いては)

フェデラーの勝ちあがりには不安がありましたが
ハース戦の逆転にはびっくりしました。
同時にハースもまだあそこまでやれるんですよね。
全米でも活躍してほしいところです。
  1. URL |
  2. 2013/08/19(月) 13:43:17 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/828-a7a49564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター