レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、ATPファイナル2戦目終了

ナダルとジョコビッチが準決勝に駒を進めています。
ナダルはバブリンカと、ジョコビッチはデル・ポトロとの対戦でしたが
どちらも良い試合でした。

負けた方の選手がまた良いプレーをしました。
バブリンカはナダルに打ち負けない場面もあって片手打ちバックだからといって
ナダルに全く対抗できないわけではないことを証明してくれました。フォアハンドも強烈でした。
最後のほうではLetにはなりましたが139mph(224km/h)というサーブも打ってました。
ただサーブの威力は充分なんですけど、確率が悪かったのが残念です。
これほど惜しいプレーをする選手なのに、ナダル戦は結局のところ12戦全敗となっていました。
しかもこれまで1セットも取れていないんです。タイブレークには結構行ってるので、
サーブは良いけど、ラリーになると結局やられてしまうということだと思います。

ナダルは今回ドロー的に恵まれたかもしれません。
ただ次のベルディフは危険な相手ですし、
敗退の仕方によっては1位通過を逃す事になります。
ナダルにとっては消化試合にもなりますから気の緩みがなければというところです。

デル・ポトロは、今回は敗退しましたが
あるいは決勝でジョコビッチ再戦することになるかもしれません。
RRで負けたほうが決勝でリベンジという例は過去にも結構ありますから
再戦となれば面白いことになりそうです。
2位通過になったほうが準決勝でナダルと対戦する可能性が高いですから
1位通過したいところではあります。今のところはもちろんジョコビッチが有利です。
デル・ポトロは次にフェデラーとの対戦ですから厳しいは厳しいですね。
まあフェデラー側から見れば相手がデル・ポトロということで同じように厳しいわけですが。
この両者が直接対決で準決勝進出を賭けて対戦するということになります。

しかしインドアの試合というのは良いですね。私は大好きです。
ラリーの軌道がよくわかるので、選手のショットの特徴が現れます。
ジョコビッチの試合を例に取ると、
フェデラー戦は山なりのスピンショットが多く使用されていたのに対し
デル・ポトロ戦は直線的な球筋が多かったのがよくわかりました。
ジョコビッチというよりもフェデラーとデル・ポトロの違いなのですが
それほど変化球を織り交ぜてこないジョコビッチを通じることで
両者の球筋の違いが明確に現れた形となります。

一方ナダルの試合では、相手が誰だろうと、もう終始ナダルの球筋になります。
フェレールやバブリンカもクセのあるショットを打ってないというのもありますが
バウンドのバリエーションが様々な他のコートに比べて
インドアではナダルのショットの特徴がより明確に見えてきます。

また、試合のテンポが早くなる傾向にありますので
良いラリーが展開されればされるほど見応えが増します。
今日の代表的なプレーではないですが、
強サーブやネットプレーでも大きな見せ場が作れるというのも大きいです。

どのコートにも魅力はありますが、やはり私にとってインドアは特別で
その中でも最高峰にあたる当大会こそが至高の大会といえます。

ボルグもサンプラスもナダルもありえないレベルの素晴らしい選手ですが
ファイナル最多6回の優勝を誇るフェデラー、そして
9連続決勝を含む出場12回全てで準決勝に進出しているレンドル、
結局この二人だよねえ、ということになるわけです。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/08(金) 10:21:13|
  2. 2013年10~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2013年、ATPファイナル決勝は2強が対戦 | ホーム | 2013年、ATPファイナル2戦目>>

コメント

バブリンカ惜しい...

バブリンカ惜しかったですね.ラリーになると結局やられてしまうということになると,タイブレークになったとき苦しいですね.

それとやはり,これまで1セットも取れてないというのがここぞという時の硬さを生むのでしょうか.結構チャンスの時に惜しいミスを重ねてしまったような印象もあります.(数えていたわけではないので,印象だけです.間違っていたら申し訳ありません.)一つきっかけがあると,潮目が変わる可能性もあると思えるのですけど.

素人の感想で失礼しました.
  1. URL |
  2. 2013/11/08(金) 12:49:45 |
  3. brunello #rWaMdp4g
  4. [ 編集]

>brunello様

コメントありがとうございます。
私の印象もほぼ同じです。良い試合はしてるんだけど、
最後のところで何かナダル側に絶対的優位なものが発生するのかもしれませんね。
もうその辺になるとプレーしている本人にしかわからないのでしょうが。

一時期フェデラーが多くの選手相手に全勝というのをやってまして
その時はもう、見るからに敵わないというか、
フェデラーの全勝にも納得という感じがしましたが
今回の場合はそれとは少し違います。
つくづくナダルというのは不思議な選手です。

  1. URL |
  2. 2013/11/08(金) 16:27:56 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

フェデラーがフルセットでデルポトロを下しました。1セットダウンで、2,3セットともに先にリードを許す厳しい展開で今年は特によくみられる負けパターンと思ってましたが逆転してくれました。良いラリーが随所にあり、攻撃が早くネットプレーでのポイントが多く感じました。
今シーズンは元気がなかっただけトップ選手からにこういった競った試合をしかも逆転で勝利したことはフェデラーファンではなくても嬉しくなりますね。

これで決勝トーナメントに進む顔ぶれが出そろいましたが、ナダルが唯一とってないビッグタイトルでの初優勝で年間ナンバーワンに華をそえるか、ジョコビッチが連覇を飾り安定した強さで今年を締めくくるか、またまたフェデラーが優勝記録を伸ばし来年への弾みをつけるか・・・、そしてそして初出場初優勝を決めスイス二番手からの脱却なるかバブリンカ!
失礼な言い方ですが、2009年にダビデンコが優勝した時くらい驚いてます(笑)
  1. URL |
  2. 2013/11/10(日) 12:34:49 |
  3. t.r #-
  4. [ 編集]

>t.r様

いやー、フェデラーのプレー良かったですよね、デル・ポトロ戦。
スライスやドロップショットの使い所が見事で
この引き出しの多さこそがフェデラーの良さだと再認識できました。
最強の時はハードヒットだけで勝ててたこともあって
こうした緩急はあまり見せないこともありましたが
もっと多彩に使ってくれれば観ていて楽しさも倍増です。
次はナダル戦、キツイとは思いますが魅せて欲しいと願います。


  1. URL |
  2. 2013/11/10(日) 21:33:22 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

こんにちわ


とても面白いブログですね。

いろいろ参考にさせていただきます。

また伺います。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
あなたのダイエット法、ホントにあなたに合っていますか
一ヶ月で効果が出るダイエット方法
http://mithufour.blog.fc2.com/
ニックネーム: スポーツマンミッチー
* * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * *
  1. URL |
  2. 2013/11/12(火) 19:23:48 |
  3. mithufour #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/844-7e0f2cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター