レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2013年、ATPファイナル決勝は2強が対戦

決勝はナダルvsジョコビッチとなりました。
顔合わせ自体は戦前からの大方の予想通りといえるでしょう。
デル・ポトロが準決勝でナダルと当たればあるいは違った展開も考えられましたが、
フェデラーの頑張りによってデル・ポトロはRR敗退となりました。

元々フェデラーに期待したい気持ちはもちろんありましたが
準決勝進出の可能性で言えばやはりグループ内で3番手の位置だったと思います。
フェデラーも今年は大きくランキングを下げましたが、どうしてどうして、まだまだ行けますね。
プレーも素晴らしいです。特にデル・ポトロ戦は良かったです。
ただ、このフェデラーの頑張りがナダルを楽にしてしまった部分もあります。

ナダルはRRのグループ分けでも割と恵まれた組み合わせとなりましたし
その分、本来であれば手強い方のグループから強敵が出てくるはずのベスト4でも
最も与し易いと言って良いフェデラーが来ることになりました。

とはいえ、フェデラーのナダル戦は決して悪くなかったです。
デル・ポトロ戦の後半2セットもそうでしたが、
ナダル戦の第1セットでも、一度リードされながら追いつくという粘りを見せました。

試合の最初のほうなど、本当にナダルを苦手としているのかと
疑いたくもなるほどの安定した戦い方を見せていました。
攻めのパターンも多彩で、バックハンドを攻められてもピンチに感じませんでした。
まあ、ただナダルは凄いですね。やっぱり最後は持って行かれてしまいました。
他の選手ではありえないような針の穴を通すようなショットを事も無げに決めてきます。
それと攻めも早いです。
ナダルはそのキャリアで何度か浮き沈んでおりますが、
復活する度に、より攻撃的になって帰ってきています。
今回の試合では、ナダルの早い攻めにフェデラーが崩された部分がありました。
意外にも長いラリーのほうがフェデラーにチャンスが巡ってきそうな展開すらあったのです。
あの全仏とウィンブルドンで毎年戦っていた頃からすると、そんなバカなというレベルの話です。

さて、決勝の相手はジョコビッチです。最早テニス史上最高クラスのライバル対決でしょう。
今年はナダルの3勝2敗ですが、直近ではジョコビッチが勝っています。
ここまで大会の勝ち上がりが安定しているのはナダルの方です。
ジョコビッチはRR3試合全てがフルセットでした。
しかし準決勝のバブリンカ戦はストレートで勝っており、
良い感じでコンディションも上げてきているのではないでしょうか。
コートにフィットしているのもジョコビッチのような気がするので
ジョコビッチが少し有利かもしれないと思わせますが
正直ここまで来るとわかりません。今回のコートはバウンドが自然で、
インドアとしてそれほどの超高速ではないためナダルも戦いやすそうです。

3セットマッチであることが惜しいくらい壮絶な試合になることを願いましょう。
日本時間で朝5時から、というのがちょっと困りますけどね。
早起きが必要というのはなんとでもなりますが
平日なので後ろの時間に制限があります。凄い試合になればなるほど、
最後の方は泣く泣く電車の中でスコア確認ということになるんです。
でも良いです。どうぞ私を泣かせてください。
ファンが泣いてこそのテニスじゃないですか。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/11(月) 09:51:36|
  2. 2013年10~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2013年、ATPファイナルはジョコビッチが制覇 | ホーム | 2013年、ATPファイナル2戦目終了>>

コメント

2014年、期待します!

ツアーファイナルに参戦すらできないのか?という状態から、接戦のデルポ戦を勝ち上がり、
ナダル戦でも、一時期の”頭が?でいっぱいになり、何をやっていいかわからない内に自爆”という負け方ではなかった。
来年を楽しみに待てる戦い方をしてくれました。今年の彼の成績を考えれば、十分満足のいく終わり方でした。

ただ、握られたブレークポイントをすぐに落としてしまうところに、彼の低下を感じてしまいますね。
ピーク時代は、まずブレークポイント自体あまり握らせず、
その後の時代は、握られても粘り強く、どうにか辻褄を合わせることができた。
調子のいいサービスゲームとそうでないサービスゲームの差が大きくなってきました。

ナダルとジョコビッチも爆発的な絶好調のピークは過ぎていると思いますが(もちろん彼らが現在の2強であることに異論はありません)、
彼らのブレークポイントでの粘り強さはものすごいものがあります。

フェデラーはいまさら彼ら以上の成績を取れる年齢でもないだろうから過大な期待はしないようにします。(^^ゞ
ただ、2014年は2013年よりは良い年になるんじゃないかなと期待しています!
観客に「わーお」と言わせる美しいポイントを今後も見せ続けて活躍して欲しいです。
  1. URL |
  2. 2013/11/12(火) 12:20:08 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/845-b90ee445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター