レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

スポーツ選手の引退後について

フェデラーの今年の獲得賞金は830万ドルを超えました。
もちろんこれは歴代の最高記録です。

ただし、年々上昇を続ける金額において、
歴代という概念はあまり意味のないものだといえます。

かのジミー・コナーズは生涯獲得賞金が860万ドルでした。
あれだけ勝っておきながらフェデラーの1年分です。
コナーズが引退してから約15年ですが、
わずか15年で、生涯分を1年で達成される時代になってしまうのです。
これはたまったものではありません。

よく、テニスをはじめとするスポーツ選手が、
若い頃に一生分の金額を稼いであとは長い隠居生活に入る
などといわれることがあります。

まあ、コナーズの860万ドルなどというのは当時としても破格で
現在の金額にしても約10億円ですからとんでもない大金に違いありません。
選手の収入は賞金だけではないし、コナーズならば引退後も仕事を持っているので
そう大きな問題ではないのかもしれません。

しかし、改めて考えてみると、現在は充分な金額を稼いだとしても
将来必ずしも安泰であり続けるとはいえないのかもしれません。

お金に不自由しない現役時代はどうしても羽振りがよくなってしまい
引退後もその癖が抜けずに散財してしまうという人も多いことでしょう。
事業を起こす例も多いですが現役時代にノウハウを学んでいる選手も少ないはずで
うまく行かなかったり、時には豊富な資金を目当てにした詐欺に騙されてしまったりと
引退後に苦労を重ねている選手も多いようです。

かつての名選手であるボルグ、ベッカー、イバニセビッチなども
真偽の程はともかく、事業の失敗が取り沙汰されたりしました。
引退後はポーカーで生計を立てると言ったカフェルニコフも
もちろん本気で言ったのではないでしょうが、
引退後のビジョンが明確でなかったことの表れでないかと思います。

テニスからは外れますが
現役時代は政治家が嫌いと公言して小泉首相との会談を拒否した
サッカーの中田英が引退後は平然と安部首相と談笑する姿を見て
その矛盾よりも、引退後のスポーツ選手の苦労を垣間見た気がしました。

引退後の生活が保障されていながら、そのあまりのギャップに耐え切れずに別の生活を求め、
結局その後成功しているとは言いがたい曙のような例もあります。

引退後のビジョンが明確であればいいのですが、
実際にはどのような職業であれ未来のことなんてわかろうはずもありません。
スポーツ選手なら競技一辺倒の考えが当然というか
他に気を回している余裕もないはずなので尚のことでしょう。
そうなると、比較的選手生命の長いゴルフや競艇などのほうが
将来という観点からすれば有効な競技なのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/11/26(日) 08:17:02|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<デビスカップ決勝 | ホーム | 2006年サーブ&リターン>>

コメント

どのスポーツ界も商業化が進み、年々金額が高くなっていますね。

日本のプロ野球は滅茶苦茶に感じます。

引退後はトップ選手でも苦労している様子で、難しいことですよね。

どうしても、現役時代の生活感が抜け切らないイメージ。

その点、シャラポワは本業と副業を両立(やや、テニス以外に力を注ぎ過ぎ?)できているので、将来には不安少ないでしょうね。

レンドルは名前ぐらいしかわからないので、レンドル最強説で勉強させてもらいます。
  1. URL |
  2. 2006/11/26(日) 13:28:03 |
  3. どら #-
  4. [ 編集]

どら様
書き込みありがとうございます。

基本的にスポーツ選手は騒がれている間が旬ですから
もしかしたらシャラポワも今だからこそ副業が好調なのかもしれないですね。
でも、かつて同じように登場したクルニコワが
副業にばかりとらわれてテニスで大成しなかったのと比べると
本業でも結果を出しているシャラポワには遥かに好感が持てます。

どんな名選手でも引退後は収入だけでなく
名前も忘れられていってしまうのは寂しいように思います。
レンドルも勿論そうですが、サイト本体では
他にもかつての名選手を色々扱ってますので是非御覧下さい。

それと、ちょっと話がずれますが
ブログのほうを拝見させていただきました。
私はみんテニで黒キャラの攻略が全然できてないので
色々と参考にさせていただこうと思います。

今後ともよろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2006/11/28(火) 17:23:05 |
  3. Au-Saga #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/85-74f6a939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター