レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、マイアミ4回戦

4回戦が行われています。
まずボトムハーフについて、全て結果が出まして
次の準々決勝は

・ジョコビッチvsマレー
・フェデラーvs錦織

となりました。
ん~、これがベスト4でも良いくらいの充実感のあるメンバーです。

錦織がフェレールを下しました。
本当の順当勝ちということであればフェレールだったのでしょうが、
ファイナルセットタイブレークという大接戦を勝ち切った形となりました。
スコアは「7-6 2-6 7-6」だったので、本当にすれすれの勝利だったと言えます。
フェレールも競り合いに強く、元々は5セットマッチ勝率の非常に高い選手だったのですが
今では錦織のほうがその数値は上を行っています。
競り合いとなれば錦織は本領を発揮する選手です。
次のフェデラー戦も楽しみです。

錦織以外の選手は、意外にもと言ってはなんですが、
さほどの苦戦をせずにストレート勝利を収めました。
いずれも実力者が相手だっただけに調子が良いということになるでしょうか。
まあ本来は常勝の最強選手たちですから当然という気もしないでもないですが
元4強がこのように簡単に勝ち上がっていくのは久しぶりのような気がします。

トップハーフではドルゴポロフがバブリンカをフルセットで下しています。
インディアンウェルズとマイアミの両方で勝ち上がっていくのは中々難しいです。
グルビスもディミトロフも今回は敗退しました。
しかしドルゴポロフは見事に勝ち上がりました。ノッています。

あとはイズナーとラオニッチが残っています。
ラオニッチは勝ち上がって2大会連続のベスト8進出を決めました。

イズナーは現在ベルディフと対戦中です。
この試合とナダルの試合が終わればベスト8が出揃います。

※追記:その後ナダルとベルディフが勝ちました。



スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/26(水) 09:00:51|
  2. 2014年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2014年、マイアミ準々決勝、ボトムハーフ | ホーム | 2014年、マイアミはベスト16>>

コメント

錦織とドルゴポロフ、そしてフェデラー

錦織は、なぜかフェレールとツォンガに対しては”分”がいいですね。
鮮烈だった全米の初対戦は、その後のフェレールのランキングの下降から
「まぐれだったのかな?」とも思いましたが、今日の対戦で3-3にしました。
ツォンガに対しては3-1。確か3勝ともツォンガが10位以内の時の対戦だと思います。
相性ってあるんですね。

ドルゴポロフ、とうとう化けますかね?
何年か前に管理人様が「化けたらすごいかも?」ということで話題に出されたのを鮮明に記憶しています。

いつもは錦織も応援しますが、明日は対戦相手がフェデラーなので、フェデラーを応援します。(^^ゞ
フェデラーは今日のフェレールの敗戦でランキングが4位になりますね。
優勝できれば3位になりますが、できなくても十分射程圏内に入ってきます。
今後のランキングも楽しみになってきました。
  1. URL |
  2. 2014/03/26(水) 18:04:38 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様

ドルゴポロフは剛に偏っている感のあるテニス界において
柔の要素を強く持っている珍しい選手なのでやはり印象が強くなります。
もちろん、全くダメなときもあったりするのですが、
クーリエやリオスのようにインディアンウェルズとマイアミで
化けた例は過去にもありますのでそうであってくれると面白いです。
まあ、もっとも例に出したニ者はいずれも優勝していてしかもNo.1に就任していますから
そこまでをドルゴポロフに求めてしまっては酷かもしれませんが。

あと、ツォンガの元気の無さが気になります。
ここ最近は何かにつけて早期敗退している印象です。
  1. URL |
  2. 2014/03/27(木) 10:52:23 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/869-241cd75d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター