レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、マドリッドはベスト8が出揃う

先の読めない今大会、シードダウンも結構発生していますが
マレーも敗退してしまいました。
怪我明けのクレーコート大会ですから
アルマグロに勝つだけで限界だったということでしょうか。

いやもういいんです。いつでもマレーが勝たないのは仕方ないんです。
3年前ならムキーッとなってマレーをこき下ろしていたかもしれませんが
私だって成長しています。生暖かく見守ることができるようになりました。
だってマレーですよ、勝たなくて当然じゃないですか。
この姿を見てウンウンと頷くのが正しいマレー鑑賞方法です。
オリンピックとウィンブルドンがむしろ例外だったんです。
あの時は一体何があったんでしょう?
マレー本来の力以上のものを引き出す何か宇宙的な物凄い作用でもあったんでしょうか。
文明開闢以来、最も偉大で全てに冠絶する歴史的な指導者でもいたんでしょうね恐らく。きっとそうです。

さて、勝ち上がっている選手に話を向けましょう。
トップハーフではシード選手が2人が残っていますがその二人が次に当たります。
ナダルとベルディフです。
ナダルはそのコンディションが心配されていましたが今大会については順当に勝ち上がっています。
ベルディフはディミトロフを下しました。
トップ選手に乱れがある今、トップ20前後までの選手にとっては踏ん張りどころでありチャンスでもあります。
ディミトロフはそのチャンスを掴むべき最右翼の選手と考えられている向きもありますが
ベルディフはそれを許しませんでした。
当然ベルディフにとってもチャンスなわけで、次のナダル戦には意味があります。

ディミトロフとは一味違うのが、ボトムハーフの錦織です。
本人は第10シードですが、第8シードのラオニッチを下して勝ち上がりました。
ラオニッチはクレータイプの選手ではありませんが実績は悪くありません。
前週のバルセロナといい、確実にチャンスを引き寄せています。

錦織は次にフェリシアーノ・ロペスと対戦します。
ロペスはドミニク・ティエムに対して不戦勝で勝ち上がっています。
ティエムはコメント欄で期待の若手として紹介していただいた選手です。
バルセロナに続き、今回も3回戦まで勝ち上がりました。
棄権は残念ですがなんといっても今回はバブリンカを下しています。
どのような選手なのか、錦織との対戦も観たかったですが、
今後もきっと観るチャンスはあるでしょう。

さて、フェリシアーノ・ロペス。このベテラン選手は
左利き、ネットもこなす、しかも地元選手ということで
色々と錦織にとっては戦いにくい相手だと言えます。
現在ランキングは錦織が上ですが、簡単に勝てるとは言い難いものがあります。
あまり期待せずに(ここ重要)試合の行方を見守りたいと思います。

しかし、ボトムハーフの本命はやはりフェレールでしょう。
ベテランということでコンディションに一抹の不安がありますが
今期はナダルにも勝っていますし、全仏の候補にも上がってくるかもしれません。
次はグルビスと対戦します。
このグルビスがまたおもしろい試合を勝ち上がっています。
これまでの相手がヤノヴィッツ、ドルゴポロフ、チリッチですから中々凄い勝ちあがりです。
今大会もそのダイナミックなプレーは健在です。
豪快なミスもしますが、そこがまた面白い。
フェレールはこういう選手をかわすのは得意ですからどう挑んでいくか注目です。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/05/09(金) 10:34:43|
  2. 2014年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<2014年、マドリッド優勝はナダルも錦織が準優勝 | ホーム | 2014年、マドリッド開幕>>

コメント

マレイはレンドル無しでも大きい大会に勝てるということを、示さなければなりませんね。
  1. URL |
  2. 2014/05/09(金) 14:08:45 |
  3. @kiyoshi_fujioka #-
  4. [ 編集]

錦織選手、本当に調子良いですよね(^_^)

メチャ嬉しいです。
次に勝てば、ベスト10入りらしいです。

本当に期待してます。

大好きなフェデラーには、また双子のお子さんが産まれました!
この奇跡の出来事の再来として、全仏に期待します。
厳しいとは思いますが。
  1. URL |
  2. 2014/05/09(金) 14:34:13 |
  3. Mr.N #-
  4. [ 編集]

マレーのコーチ候補

Au-saga さま

最初の頃はレンドルとマレーの組み合わせに違和感を覚えたものですが、
結果の方からみると、最高に相性のよいコンビだったということになりますね。
次のコーチにとっては、ちょっと大変かも‥‥。

実は5月5日にこちらのスポーツ新聞を喫茶店でチラ読みしていたときに
目についたのですが、こんな内容の記事が出ていました。

マレー曰く、フレンチオープンの前には新しいコーチを紹介したい。
で、現在「魅力的な可能性」として、マッケンローに声をかけているところ
なんだそうです。

お互いの条件が一致するかどうかですけれど、条件が合わなければこの話は当然お流れになるでしょうが、さて、Au-sagaさんはこのコンビ、客観的にみてどう思われますか?

  1. URL |
  2. 2014/05/09(金) 18:49:39 |
  3. 河谷K子 #-
  4. [ 編集]

今大会優勝すればグルビスもトップ10に入る可能性がるんですね、グルビスとナダルといえば名勝負の宝庫ですから少し見てみたい気もします、そして錦織ですが今年のチャンピオンズレースでは6位にいるんですね、これはもしや管理人様の1番好きな大会に錦織が・・・なんてことも考えます。
  1. URL |
  2. 2014/05/09(金) 23:20:59 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

トップ10

錦織はマドリードでベスト4に入り、もしガルビスが優勝しなければ、トップ10入りするということです。
ガルビスが絡んできているところが、彼のプレースタイルを合わせて考えるとなんともコミカルに感じてしまいました。
  1. URL |
  2. 2014/05/09(金) 23:41:29 |
  3. ミドルビギナー #-
  4. [ 編集]

祝!トップ10

おはようございます。

錦織がロペスを下してベスト4入りしました。
そしてグルビスがフェレールに敗れたため、トップ10入りが確定しました。

次はフェレール戦ですが、出場するかはまだきわどいようです。
  1. URL |
  2. 2014/05/10(土) 09:09:51 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

錦織、おめでとう!

トップ10に入ったんですね。感慨深いです。正直ここまで行けるとは思っていませんでした。
「潜在力はあるのに。。。」と言われ続け、でも「日本人としては素晴らしい!」という
評価で終わるのかな、なんて思っていました。
今日の出場はまだわかりませんが、フェレールは相性が悪くないので、
(とは言え、クレーのフェレールは未経験)頑張ってもらいたいところです。
ATPのサイトを見ても、日本の錦織ではなく、
世界の錦織として着実にファンを集めているのもまた素晴らしいです。

ところで、マレー。負けた試合の最初の方だけ見たのですが、
腰の使い方がおっかなびっくりって感じですね。。。
鍛えれば元通りになるのでしょうか?もしや手術をしてもよくならなかった?はたまた失敗した?
いろいろと考えてしまいます。
マッケンローがコーチになったら面白いですね。
あっけらかんとしたマッケンローのジョークの方が、
ねっとりとした、笑っていいのかどうかわからないジョークを飛ばすレンドルよりも
人間的には相性がよいような気もします。
  1. URL |
  2. 2014/05/10(土) 16:51:00 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

はじめまして

前からよく見させてもらっていました。
錦織選手がフェレール選手とのすごい熱戦を制して、決勝進出を決めた興奮で、初書き込みです。
怪我で万全じゃない状況でクレーのフェレールに勝つとはさすがに予想してませんでした。
あの安定した技術とメンタルは素晴らしいですね。
お世辞抜きでトップ5レベルだと思います。
今年ブレイクスルーを果たした錦織選手がどこまで行ってくれるのか、非常に楽しみです。
  1. URL |
  2. 2014/05/11(日) 13:14:09 |
  3. MK #-
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。
マレーをネタにしばらく盛り上がるつもりが、
ある日本人選手に話題を全部持って行かれてしまいました。

マレーのコーチ、マッケンローという話、正直面白いと思いますが
話題先行となる可能性も捨て切れません。
ビランデルはそこそこ悪くなかったと思いますが、コナーズは微妙でした。
マッケンローは・・・どう思います?

いや、逆質問してもいけないですね。
むしろ個人的にマッケンローにはロディックの時にコーチになって欲しかったです。


あと、グルビスが今注目ですね。好きな選手です。
最初に観た時からここまで来るのにもう何年かかったでしょうか。
ようやく芽が出てくれて嬉しいですが、錦織に続いてトップ10に入ってくれないと
まだまだ賞賛までには至りません。その位の選手だと思いますから。

  1. URL |
  2. 2014/05/12(月) 10:10:54 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/876-728843f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター