レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、全仏はベスト8が出揃う

トップハーフの4回戦も無事行われ、ベスト8が出揃いました。
早速トップハーフの選手たちの勝ちあがりを見てみましょう。

まずナダル。
最近若手に増えているのが片手打ちバックハンドです。
皆、フェデラーに憧れた世代だと思います。
ナダルは今大会結構多くの片手打ちと対戦しています。
しかし、もう、瞬殺、瞬殺!ティエムの時は甘めの判定でOKとしましたが
もうここまでストレートの快勝スコアを並べられると
さすがに若手では、特にクレーとあっては
まだまだナダルの相手は荷が重いということになるでしょうか。
それでも、新しい片手打ちの顔ぶれが勝ち上がるようになってきているのは朗報と言えましょう。
まあ、気付いたら片手打ちはいなくなってしまっているいるわけですがね、今回は。

ナダルの次の相手はフェレールです。
去年の決勝の顔合わせであり、しかも両者調子を落としているわけではないので
ここでの対戦は少々もったいない気がします。
今年はフェレールがナダルに勝っていますから去年の予想よりは判断も分かれると思います。
フェレールはここまで比較的難敵もなく勝ち上がってきています。
4回戦のケヴィン・アンダーソンを相手に初めてセットを落としましたが
フェレールが得意とする大型選手ですから、最終的には安定の捌きっぷりで退けました。

マレーが勝ち上がっています。少々驚きの勝ちあがりです。
いや、もちろん本来はこの位の力は普通にあるんですが。
コールシュライバー戦でファイナルセット「12-10」という大一番を戦った後だっただけに
体力も心配されましたが、ベルダスコをストレートで下しました。
通常であればトッププロが一度ファイナルセットを戦っただけで体の心配はされないのでしょうが
マレーの場合は最早ずっと体調が万全に戻らないのではないかという状態が続いていただけに
どうしても敏感に反応してしまう部分があります。
そういえば、ベルダスコもクエバス戦でフルセットを戦った後にガスケをストレートで下していますので
この大会はフルセット勝利というのは良い栄養剤になるのでしょうか。
まあグラスシーズンになってから遅れて疲れが出る、なんてこともありそうですが。

マレーの次の相手はモンフィスです。
地元フランスで唯一残っている選手となっています。
何だかんだで現役フランス選手の中で一番全仏で結果を出している選手です。
ベスト8は4回目となります。
モンフィスのような選手は、見た目だけで「身体能力が高い」などと評価されてしまう傾向にあります。
今年はW杯イヤーですが、サッカーの解説でも、呆れるほど安っぽく、
身体能力という言葉を見た目と同期させる傾向にあるので、注意が必要だと常々思っているところなのですが、
モンフィスに関しては、事実、身体能力の非常に高い選手ですので、これに関しては異論のないところです。
皆さん、安心して身体能力という言葉を使って下さい。
モンフィスも当たった時のプレーは楽しくて好きなんですけど、当たらない時の多いこと多いこと。
今大会はどうでしょうか。まだプレーを確認していないのですが、
ここまで勝ち上がっているんだから当たっていると判断していいでしょうか。
疲れのじわじわと溜まりつつあるマレーを退けるチャンスかもしれません。
過去はマレーの3勝2敗ですが、クレーでは1勝1敗です。
全仏でも1度対戦があり、その時はフルセットでモンフィスが勝っています。
ただし2006年のことです。あまり参考にはなりません。

改めまして、準々決勝の顔ぶれです。

・ナダルvsフェレール
・マレーvsモンフィス
・ベルディフvsグルビス
・ジョコビッチvsラオニッチ

今日はボトムハーフの2試合が行われる予定です。

もう全部が面白い組み合わせですね。
いずれも、どっちが勝ってもおかしくないのではないかと思いますが、
特に真ん中の2つは予想が困難です。

私の予想ですが、今から改めて予想をするというのでは一貫性に欠けますので、
これまでにしてきた予想から忠実に判断させてみたいと思います。

フェレールは第2週に行けば合格点、これより上は期待過多であるという予想をしてます。
ナダルに関しては片手打ちがなにかやるぞという予想をしていて見事に玉砕しました。
よく見たらナダルに対する予想ってしてなかったんですね。
というわけで、ナダルvsフェレールはナダルになります。

マレーについてはダメダメ言ってました。というわけでそれだけでモンフィス。
まあモンフィスもフランス勢全滅という予想を立てていたわけですが
どちらの敗退加減がより強く予想されているかということになれば断然マレーでしょう。
というわけで、マレーvsモンフィスはモンフィス。

グルビスは活躍の期待をかけていて見事に的中しました。
フェデラーに勝っただけでもう充分達成されています。
一方で、ベルディフは疑問符をつけながらという感じでしたが、
イズナーが上がってくればあるいは、というような書き方になっていまして
実際にその通りに事が進みましたから、期待度としては上がっている状態です。
どちらにも期待が寄せられている状況と言えますが、
グルビスは既に達成があるという点でベルディフ有利という判断ができるのではないでしょうか。
というわけで、ベルディフvsグルビスはベルディフ。

ジョコビッチは優勝の予想をしています。
というわけでジョコビッチvsラオニッチはジョコビッチ。

ん~、一部、本当かなあ、というものもないではないですが
これまでに私自身がしてきた予想ですからこれを採用することにします。


スポンサーサイト
  1. 2014/06/03(火) 11:27:33|
  2. 2014年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014年、全仏ベスト4出揃う | ホーム | 2014年、全仏は第2週へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/885-2dc56fe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター