レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、グラスシーズン最初の大会はフェデラーとディミトロフ

ハレはフェデラー、クイーンズはディミトロフの優勝でした。
この顔ぶれを見ると、片手打ち復権なるか、とも思いたくなりますが
今回に関してはいまいち偶然感も否めないですね。
しかし、ウィンブルドンでは、増えてきている
片手打ち選手たちの動向にも注目してみたいと思います。

折角のフェデラーの優勝だったのですが、
私は残念ながら試合の方は全然確認できませんでした。
少し話が逸れますが、ワールドカップも始まってますね。
いつもなら凄い気合で観戦するのですが、今回は少々興味が低下してしまっております。
気力の減退というわけではないんですけど。
その分、ウィンブルドンに意識を強く向けたいと思っています。

さて、今回の2大会では決勝の全てのセットがタイブレークでした。
サービスキープの連続であったのかはわかりませんが
一昔前のグラスコートでの展開を彷彿とさせます。
全仏活躍者がことごとく敗退したこと、片手打ち選手が出てき始めたことなども合わせ、
グラスとクレーの関係が以前のような状態にまた少しずつ戻っているのかもしれません。

あと、ナダルが心配です。全仏の疲れ云々というのもあるでしょうが、
去年のウィンブルドンからグラス大会2連続での早期敗退となっています。
以前からすればフットワークに難ありという試合も多くなっていますが、
グラスではクレーよりも細かいフットワークが要求されます。
また、正確性を犠牲にして強打していくスタイルに変えておりますが
このスタイルはハードコートに適合するために行ったものです。
その辺りでグラスでのフィット感がややしっくり行ってないのかもしれません。

ナダルであれば軌道修正してくれると思いたいですが、
気にしながら観ていくことになるでしょう。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/06/16(月) 10:37:34|
  2. 2014年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<2014年、ウィンブルドン開幕 | ホーム | 2014年、クイーンズとハレ>>

コメント

あれ
halleがフェデラーでは?
  1. URL |
  2. 2014/06/16(月) 10:58:45 |
  3. You Can #-
  4. [ 編集]

>You Can様

ありがとうございます。
完全なド間違いでした。
記事の方修正いたしました。
  1. URL |
  2. 2014/06/16(月) 14:09:00 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ナダルとグラスコート

タイトル通りです。

去年のウィンブルドンから2大会連続初戦敗退となっていますが、早期敗退というのであれば、

2012 halle. 準々決勝敗退
2012 wimbledon 2回戦敗退
2013 wimbledon 1回戦敗退
2014 halle    2回戦敗退

の4大会連続ですよね?
このうち2012halleと2012wimbledonで1回ずつ勝っただけだったと思うので、実際3年連続成績が出ていないですね。

それまではウィンブルドン5年連続決勝進出するなど、決して不得意とは思えないんですが…。
ナダルにとっては、剥がれる前の滑る芝が鬼門なのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2014/06/16(月) 18:51:11 |
  3. lui #-
  4. [ 編集]

ハレは4ブレーク

管理人様

ハレの決勝は4つのブレークがありました。
どちらのセットも最初にブレークしたのはフェデラーでした。
しかし、どちらもその直後にブレークバックされました。
1セット目のブレークバックは最終的にどういうポイントだったか忘れましたが、
3ポイント先に連取されてのブレークバックでした。

2セット目は、タイブレークに勝った後の最初のゲームでブレークだったので、
このまま調子に乗って、順調に勝つと思っていました。
が、2ゲーム目でブレークポイントを握られ、デュースにもしたんですが、結局、取られてしまいました。

もちろん、優勝して嬉しいのですが、なんか煮え切らないというか。。。
ハレでやったシングルの試合は3つ。(1つは不戦勝)
Sousaとの試合も前半まるでつかめていなかったし、決勝もこうだととても心配です。


ATPのサイトで既にご存知かもしれませんが(ビデオが掲載されています)、フェデラーが錦織との試合で、
セットポイントを取って勝ったにもかかわらず、試合を続けようとベースラインへ戻っていきました。
こんなことってあるんですね!錦織はネットで握手の待ちぼうけ。
  1. URL |
  2. 2014/06/16(月) 20:06:07 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

管理人様
かめ様

いつも楽しく拝見させていただいています。

私は、ATPのサイトのLIVE SCORESで、得点だけ追っていました。
華麗なサーブ&ボレーを決めたかしらなんて、一人想像しながら。

錦織との準決勝は、GAORAで緊急放送されたのでTVで観ました。
確かに、勝ったのに、また戻って行ってしまったので、一瞬何があったのかという雰囲気でした。
錦織君もがっくり来てただろうけれど、つい笑ってしまうし、フェデラーもあわてて戻ってくるしで、
緊迫した試合が一転、和やかで面白い幕切れとなりました。
また、ミルカ夫人の笑いが止まらない様子がおかしかったです。「全く、ロジャーったら」みたいな感じで。
  1. URL |
  2. 2014/06/16(月) 22:21:07 |
  3. ふうたん #-
  4. [ 編集]

皆様コメントありがとうございます。

いよいよウィンブルドンが始まりますが、今年ほど優勝候補の絞られない大会も
近年では珍しいのではないかと思います。
ビッグ4が相変わらず該当するのでしょうが、ナダルなどは特に不安です。
1991年のシュティッヒのようにニューフェースの登場もありえますか。
  1. URL |
  2. 2014/06/20(金) 09:25:49 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

NHK、WOWOW共にセンターコートオープニングマッチの放送はありません。ちょっと意味が分からないですね。前年度優勝者のオープニングマッチよりも大事な試合があるのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2014/06/23(月) 19:46:40 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

>F様

びっくりですね。
クルム伊達、なんですかねえ、日本のTV局の興味は。
もちろんクルム伊達には頑張ってほしいと思います。
しかし、正直テニスファンで伊達の試合を
最初から最後まで全て観たいという人もそう多くはないのではないでしょうか。
もしも良い試合だったら録画で空いた日に映す、というのでも良い気がします。
でも仕方ないです。日本では元々そうでした。
90年代に人数だけは多かったですから、グランドスラム出場の日本の女子は。
もう第一週に男子の試合なんて殆ど観られなかったです。
あっても松岡修造だけ。


  1. URL |
  2. 2014/06/24(火) 09:28:40 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/890-fb418aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター