レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、ウィンブルドン開幕

さて、いよいよウィンブルドンの開幕です。

ビッグ4がトップ4シードになりました。
少し前にはあまりにも当たり前のこの状況ですが、
今年に入ってからは初めてのことです。

きちんと集計していないので正確にはわかりませんが、
恐らく、グランドスラム史上最も多かったトップ4の組み合わせでしょう。
もしかしたら、もしかしたらですが、今大会が最後という可能性も有り得ます。
今回も、ウィンブルドンでは過去のグラスコート実績が加味されるために
ランキングとは別のシード順となって実現したわけですが
他のグランドスラムではこうは行かないわけですから。

優勝候補もこの4人を中心にと考えられるのかもしれません。しかし誰も万全ではないです。
フェデラーが前哨戦に優勝していて状態も良さそうですが、ベテラン特有の持続性の心配があります。
トップシードのジョコビッチは現実的には一番近いかもしれませんが、
グラスコートの試合はぶっつけ本番です。
ディフェンディングチャンピオンのマレーも気合充分でしょうがクイーンズではまさかの敗退でした。
ナダルは一番心配で、このところウィンブルドンでは結果が全く出ていません。
むしろナダルは優勝候補から外すべきだという声すら上がりえます。

こうした時こそほら、ニューフェースですよ。
クイーンズ優勝のディミトロフ?昨年ベスト4のヤノヴィッツ?
グラスコート適性のイマイチ見えない錦織?
グラスコート適性の殆どないグルビス?
こうした中からフェレールやベルディフといった中堅がかっさらっていっても面白いですね。

試合の方も1回戦がぽつぽつと進められています。
個人的な興味は俄然グルビスに向いておりましたがなんとか初戦を切り抜けました。
スコアは「7-6 7-5 7-6」実にグラスコートっぽいスコアです。
相手はエストニアのゾップという272位の選手でした。
ストレート勝利ではありましたがギリギリと言う感じです。
あと一つでも勝ち上がれるかどうかってとこですかね。

あと一度しっかり取り上げなきゃと思っている選手がおります。
オーストラリアのサミュエル・グロートです。
サーブスピードのギネス記録保持者ですが、個人的にはそれには疑問符もあります。
今回は初戦でドルゴポロフと対戦しました。
結果はドルゴポロフの勝利、スコアは「7-5 7-6 7-6」わーお、グラスコートっぽい。

スピードガンのないコートでの対戦でして、スピードは計測されませんでした。
疑問符付きとはいえグロートのサーブが凄く速いのはわかってるんです。
エース取得率もカルロビッチクラス。それだけにしっかりとこの目で確認したいんですよね。
またいずれ取り上げると思います。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/06/24(火) 11:04:28|
  2. 2014年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2014年、ウィンブルドン1回戦 | ホーム | 2014年、グラスシーズン最初の大会はフェデラーとディミトロフ>>

コメント

個人的に興味があったのはハレでナダルに勝ったブラウンでしたが、
バクダティスに負けました。
ナダル戦はたまたま調子が良かったのでしょうか。
ただ、ナダルの近年の芝での早期敗退、ロソル、ダルシス、ブラウン、
と三人ともたまたま絶好調だったというのは確率的に苦しいと思うので
ナダル自身にも何か問題があったのではないかと思うのですが・・。
あと、去年フェデラーに勝ったスタコフスキは一回戦勝ってます。
一方、去年QFまで行ったベルダスコは一回戦敗退です。
まだあまり語る段階では無いと思うので日々注目して行こうと思います。
  1. URL |
  2. 2014/06/24(火) 16:34:10 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

グラスコートっぽい

のはいいのですが、グラスコートらしい試合はどうも面白味に欠けますね
その中でもジョコビッチは圧倒的なリターン&ストロークを見せてくれました
まあ相手は当たれば強いけど、十中八九当たらないゴルベフですからあんなものなんでしょうけど、
ジョコビッチの技術の高さを堪能できました
やたらとアングルショットに拘ってたのは何かあるんですかね?
  1. URL |
  2. 2014/06/24(火) 21:23:22 |
  3. aaa #-
  4. [ 編集]

>ラカン様

ありがとうございます。
確実に私もナダル側に何らかの原因があると思います。
ショットのタイプも違いますし、足の動きも違う気がします。
全仏からの回復力が一ヶ月じゃ足りなくなってきているというのもあるんでしょうか。
今回スタコフスキーはフェデラーと決勝でなくては当たらないドローになっていますが
ナダルは次にロソルと当たります。


>aaa様

ジョコビッチのアングル確かに多かったですね。
フェデラー、ナダルと比べるとクロスの印象はそれほど強くないですから
その辺を払拭しようという意図でもあるんでしょうか。
ネットプレイヤーが増えてきているので対応策を増やしておきたいという思いがあるかもしれません。
  1. URL |
  2. 2014/06/25(水) 09:21:17 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/891-6cdc0637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター