レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、ウィンブルドン1回戦

1回戦が行われています。

トップ4は勝ち上がりました。
ジョコビッチとフェデラーは非常に強い勝ちあがりで、マレーもストレートでした。
心配されたナダルは第1セットを失い、少し、えっと思いましたが
その後持ち直して勝利しています。

ナダルは2年前に2回戦で敗退させられたロソルが次の相手です。
奇しくも同じ2回戦。リベンジなるでしょうか。
その時はロソルが好調だったというのもありますが、
元々ナダルにとって得意なタイプの選手ではないと思います。
ただロソルは正直、ナダルからの勝利以降目立った活躍はしていません。
今年もドーハで両者は戦っており、ナダルがストレートで勝っています。

昨年ベスト4のヤノヴィッツがフルセットで勝ち上がりました。
この選手は本当に5セットマッチの多い選手です。
しかし勝率は決して高くありませんので、5セットキングとはいえません。
あくまでも5セットの多い選手です。
去年はベスト4ですから世間的には注目の一人でしょう。
5セットマッチを戦うのは構いませんが簡単に負けてしまっては困ります。

日本人選手に目を向けましょう。
今回は3人出場しております。
錦織は勝ちましたが、伊藤と杉田は敗れてしまいました。
因みに錦織のスコアは「6-4 7-6 7-5」
伊藤のスコアは「5-7 6-7 6-3 6-7」
杉田のスコアは「6-7 6-7 6-7!!」です。

なんともグラスコートっぽいスコアが乱立しています。

特にF・ロペスと杉田の対戦は近年にしては比較的ネットアプローチの多い試合となりました。
あまり詳しくなくて恐縮なのですが、ロペスはともかく、
杉田はネットプレーを多発するイメージがなかったので
このSTATSには少々意外なものを感じました。

少しずつ全体的にスタイルが変わってきているのかもしれません。
それでもいま一番強いのはグラスでもストロークをびしっと決めていくスタイルです。
トップ10でネットプレーを完全に使いこなしているのはフェデラーだけといえます。

さて、昨日の記事でビッグサーバーであるグロートが、
グラスコートらしいスコアで敗退しことを紹介しましたが
元祖ビッグサーバーのカルロビッチもまた
「4-6 6-7 6-7」というこれまた実にグラスっぽいスコアで敗退しました。
ビッグサーバーも敗退するのが前提のようでいて困りものですね。
グロートは24本のエースをファイアーしましたが、
カルロビッチは更に上を行く32本!ゲーム数は少ないのに!
今回のビッグサーブ対決はカルロビッチに軍配といえます。

そしてもう一点、カルロビッチの1stサーブの確率に触れる必要があります。
82%!!ポイント取得率ではないです、サーブの入る確率です。
あのスピードでこれだけは入るんです。
如何にスピードではギネス記録が塗り替えられようと、
何人たりとも敵うことのないカルロビッチ絶対の武器といえるでしょう。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/06/25(水) 11:18:27|
  2. 2014年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2014年、ウィンブルドン2回戦 | ホーム | 2014年、ウィンブルドン開幕>>

コメント

注目のナダルは勝ちましたね。
1セット目を落とした時はもしや・・・と思いましたが。
2回戦は更に注目のロソルとの対戦です。
ただ、当時ロソルに負けたナダルが珍しく、膝の調子が悪かったと強調していたので、
今回体調に問題が無ければあっさり勝ってしまうことも十分考えられそうです。

杉田は惜しかったですね。
前哨戦で決勝まで行ったシード選手のロペス相手に善戦していてビックリしました。

カルロビッチについては、前哨戦のハレで面白いデータがありました。
確か2回戦のユーズニー戦だったと思うのですが、第2セットでは1stサーブの
ポイント取得率が100%で、14本中12本がエースでした。
1stサーブの確率も悪くなかったので、こんなこともあるんだなぁ、とか、
これじゃどうしようもないなとか、そんなことを思いました。
もういい年ですが、まだ頑張って欲しいところです。
  1. URL |
  2. 2014/06/25(水) 16:41:49 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

管理人様こんにちは。

レイトンも初戦突破しました♪
タイブレーク落としたときは嫌な感じでしたがなんとか勝ちました。

イボさんのサーブは本当に凄いですよね。
レイトンファンとしては強烈なトラウマを植え付けられましたからね。
  1. URL |
  2. 2014/06/25(水) 16:51:50 |
  3. レイトン愛 #-
  4. [ 編集]

>ラカン様

カルロビッチのデータありがとうございます。
相変わらずのすごい人です。もう少し常勝であったならもっと様々な記録を作り記憶にも残ったのでしょう。
まあ、サーブの時代が過ぎてからだからこその希少性というのもあると思いますが。


>レイトン愛様

ヒューイット、勝ちましたね。次はヤノヴィッツです。
良い試合を見せて欲しいです。
ヤノヴィッツも5セットマッチが多いということは試合の中で調子が安定しない傾向にある
ということでしょうから付け入る隙は十分にあると思います。
  1. URL |
  2. 2014/06/25(水) 18:06:30 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

フェレールがランキング118位、23歳のクズネツォフに負けました。
GSでは2010年全豪(2回戦敗退)以来の早期敗退です。
スタッツを見る限りクズネツォフの調子が良かったように見えますが、
去年のフェデラーほどではないにしろフェレールは今年調子を落として
いるので少し心配ですね。
逆にクズネツォフはこの先の勝ち上がりが気になります。
他にはグルビスがスタコフスキーに負けましたね。
グルビスはなんというか、不安が的中した形ですね。
せっかくトップ10入りしたのだからもう少し安定感が欲しいですね。
スタコフスキーを褒めるべきなのかもしれませんが。
あと、ディミトロフは全英では初の三回戦進出です。
前哨戦でも優勝していますし、今年こそブレイクするのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2014/06/26(木) 13:30:02 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

>ラカン様

グルビスはまあともかくとして、フェレールの敗退は意外と言えば意外でした。
決して早期敗退をしない選手というわけではないのですが
フェデラーがいつまでやれるのか、というのが話題になるようにフェレールも気になる部分です。
まだまだ頑張ってほしいとは思います。
  1. URL |
  2. 2014/06/27(金) 15:58:30 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/892-c26345f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター