レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、ウィンブルドンはジョコビッチ

良い試合でした。
力的にはジョコビッチ、しかしフェデラーの粘り、といったところでしたか。
いつ試合が決まってもおかしくないような場面で、
何度も瀬戸際をかいくぐるフェデラーのプレーを多くの観客が息を呑んで見守っていました。

伝説のプレイヤーフェデラーが最後まで魅せてくれた試合ではありましたが、
総合力はジョコビッチのほうが上でした。

試合を面白くした最たる要因は何と言ってもフェデラーのサーブでしょう。
あれでジョコビッチとほぼ対等に戦えてたと思います。
しかし、1stサーブが入らなかったり、返されたりしてしまうと
途端に危うさが露呈する雰囲気もありました。

第2セット以降はジョコビッチがほぼ試合を支配していましたが、
流れが変わったのは第4セットをフェデラーが取った時です。
このセット、流れ的にジョコビッチは、決めるべき時に決めて試合終了、という気持ちだったと思います。
しかしフェデラー脅威の粘り。
先にブレークされても追いつくというのを二度やり、しかもこのセットを取ってしまいました。

この後少しジョコビッチはペースを乱しました。
それまでストローク戦であれば大抵ポイントを取っていたのが
互角か、むしろフェデラーのほうが機敏に動いている雰囲気にすらなりました。
ジョコビッチは試合途中で転んで膝を痛がり、それを気にするシーンもありました。
それが影響したかどうかは定かではありませんが、最終セットのサーブの威力は落ちていました。
フェデラーとしては最終セット早い段階で試合を動かしておきたかったです。
しかしジョコビッチには強烈なリターンがありました。
フェデラーの生命線はサーブでしたが、それすらをものともせずに打ち返す
最後のジョコビッチの気迫は凄かったです。
大半の観客がフェデラーに味方する空気の中での試合でしたが、
淡々とプレーしながらも、確実に要所決めるところはさすがです。
この辺りは最強時代のレンドルやサンプラスの凄みを思わせました。
観客の応援とは関係なく勝つ。強い選手はこうでなくちゃいけません。

しかし、正直ジョコビッチも危なかったです。
試合が、というよりも、もしも最後に展開が違っていたらです。
基本的に、プレー内容としてはジョコビッチのほうが上だったと思います。
それであの展開で、そして最後に大逆転で負けていたとしたら。
それは力でねじ伏せられたわけではなく、自身の乱れが最大の原因ということになります。
もうスタジアムはフェデラーフィーバーに包まれるわけです。
ジョコビッチは完全な引き立て役です。あまりにも酷い引き立て役に成り下がります。
4連続グランドスラム決勝敗退はレンドル、マレーにありますが、
レンドルはNo.1就任前からの記録ですし、マレーに至ってはNo.1経験がありません。
もしも今回ジョコビッチが負けていたらこれと並んでいたわけで、
しかもバッチリ全盛期のNo.1として、ということになりますから
歴史上屈指の引き立て役になってしまっていた可能性があります。

しかし、ジョコビッチは優勝できました。
これでグランドスラムのタイトルは7個目です。
戦前から話題にも上がっていましたが、両選手のコーチであり
現役時代にウィンブルドンで覇を競ったベッカーとエドバーグの記録を抜いたことになります。

準決勝を見た限りではフットワークがこなれているのは明らかにフェデラーのほうで
ジョコビッチは、ディミトロフも同様でしたが、クレーっぽい大きなストライドを使うというか、
足を取られるシーンが散見されました。
そして決勝では見事にそれが良くない形として出てきてしまったと言えます。
そういえば現役時代ベッカーもよく転んでいました。
ベッカーはジョコビッチに、転んでも勝てることを教えたんでしょうか。

試合中、BBCのカメラはエドバーグに比べてやたらをベッカーを映してましたが何故ですかねえ。
エドバーグよりもレジェンド扱いされているということなのか、
カメラアングル的にたまたま良い所に座っていたのか、
事前にいっぱい映していいですかと打診されて、いやいや僕は遠慮するよとエドバーグが断ったのか。

改めて、ジョコビッチはウィンブルドン2回目の優勝となりました。
ウィンブルドンで複数回優勝を達成しているのはいずれもレジェンドばかりです。
レーバー、ニューカム、ボルグ、コナーズ、マッケンロー、ベッカー、エドバーグ、
サンプラス、フェデラー、ナダル、そしてジョコビッチ。
2011年を除けば全豪しか勝てないなどと言われたジョコビッチですが
その不名誉になりかけた雰囲気もこれで払拭出来ました。

次の全米を取れば、3スラムで複数優勝を達成することになります。
これまでオープン化後に4スラム全てで複数優勝を達成した例はありません。
3スラムであってもかなり希少な選手だけです。
レンドル、エドバーグ、サンプラス、フェデラー、そしてナダル。これだけ。
ここにジョコビッチは加わることができるでしょうか。

最後に、やはり我らがロジャー・フェデラーに触れないわけには行きません。
凄い、本当にすごい選手です。あんた、よくやったよ。
まさかあんな粘りを見せるなんて。
フェデラーって全盛時代でもそう粘る選手じゃなかったのですが
観客を惹きこむあのプレーは、もう何かが降りてきたとしか思えませんでした。
まあ本当に何かが降りてきていたのなら、その何かは面倒を最後まで見て
勝たせてあげないといけないんですけどね。
いずれにしろ「固唾を呑む」という言葉を最も端的に表す好例が
昨日の試合だったのではないでしょうか。
来年辺りの辞書に載るかもしれません。

固唾を呑む → 2014年ウィンブルドン男子シングルス決勝での試合における観客の様、またはその行い。

最新のランキングでフェデラーは3位です。
仮にですが、年末をトップ5以内で終わらせることが出来た場合、
33歳で、というのはアガシの記録に並ぶことになります。歴代3位タイです。
その上はコナーズ35歳とレーバー36歳がいるだけというトンデモぶり。
何せ今と昔では時代が違いますからね。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/07/07(月) 11:59:19|
  2. 2014年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<ヒューイット優勝に見る、コナーズの記録の違和感 その1 | ホーム | 2014年、ウィンブルドン準々決勝>>

コメント

両者に拍手

素晴らしい決勝でした。そして素晴らしいリポート、ありがとうございます。
フェデラーは本当に良くやりましたが、結局のところサーブの出来次第という面がありました。ストロークの威力、安定感でジョコビッチが明らかに上でしたね。
でも、それもフェデラーという存在がジョコビッチのプレーレベルを格段に上げたのだと思います。ジョコビッチが「これまで自分が戦ったグランドスラム決勝の中で、ベストクォリティだ」と語り、ナダルとのあの2012年全豪決勝よりも、質の点で最高だったと言ったのは、まさに頷けるところです。ディミトロフとの準決勝の出来だったら、フェデラーの引き立て役に終わってしまっていたでしょう。
解説の土橋さんが、この決勝を見た限り、ディミトロフ、ラオニッチ、錦織といったニュー世代とビッグ4との差はまだまだだ と語ったのもそのとおりだと思います。
  1. URL |
  2. 2014/07/07(月) 12:44:27 |
  3. たーぼ #-
  4. [ 編集]

素晴らしい決勝戦でした。こんなにドキドキする試合はそうはありません。惜しいのはこの2人がGS決勝では2回目の対戦だったという事です。いつもSFでしたから。2人の決勝戦をもっと見たかったです。若手はキルギオスに注目です。
  1. URL |
  2. 2014/07/07(月) 14:25:40 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

素晴らしい試合でしたね。
特にロジャーが第4セット2-5から5ゲーム連取して2セットオールにしたのには感動しました。
あの5ゲームのロジャーは全盛期に近いクオリティだったのではないでしょうか。

管理人様のおっしゃる様にレイトンもロジャーに負けずに頑張ってほしいです。
最後にノバクにも触れましょう。
正直、セミファイナルまでのクオリティを見るとフレンチの疲れが影響しているものと思いましたが最後は現役最強プレイヤーの意地を見せてくれました。
ノバクおめでとう。
そしてロジャーありがとう。

  1. URL |
  2. 2014/07/07(月) 18:22:08 |
  3. レイトン愛 #-
  4. [ 編集]

ロジャーの負け名試合リストに燦然と輝く作品だったと思います。
  1. URL |
  2. 2014/07/07(月) 23:14:39 |
  3. hadasha #-
  4. [ 編集]

神戸から

フェデラーは華麗で在りながらマシンのように緻密であり 何より粘り強く
まるで神のようでした。
  1. URL |
  2. 2014/07/08(火) 04:26:58 |
  3. アン #-
  4. [ 編集]

フェデラーも悪くなかったですが、ジョコが絶好調でしたね。
ストロークが深くて甘い球がなかなか無く、リターンもサーブも良かったです。
これなら誰が相手でも勝てたのではないかと思います。
パスも冴えてましたし。
さすがは第一シードです。
正直、ここはフェデラーに譲って全米でこのクオリティを出して欲しかったのですが・・・(^^;

大きな波乱もなく、若手の活躍もあり、良い大会だったと思います。

今年のGSは全豪の決勝で敗れたナダルが全仏を取り、全仏の決勝で敗れたジョコが
全英を取りましたが、全米は果たしてどうなるでしょうか。
  1. URL |
  2. 2014/07/08(火) 14:13:13 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

こう申しては何ですが、ウィンブルドンの決勝がしばらく凡戦が続いていたなあ…なぜかというと、ある人物が思い当たるのですが(笑)、久しぶりにプロフェッショナル同士の、コクがあって見応えのあるゲームを心ゆくまで楽しむことができました。勢いのある新人や野心的なチャレンジャーが活躍するのも小気味いいですが、やはりこう、コクのある試合というのは玄人同士でないと。
この両者の対戦は、本当に展開が速いですね。やはりロンドンが一番だろうと思っていたのですが、今回が一番速かったように思います。
まさにこの、「固唾を呑む」というのは全英決勝ですと、2009年以来でした。あの時も、フェデラーが勝つという結末はほぼわかっていたのですが、いつまでロディックのサーブがもつのだろう、とハラハラしながら見ていた記憶があります。試合内容は今回の方が断然上ですが。
ジョコビッチ対フェデラーというのは、ナダルを挟んだ両者の力関係のなせる技なのか、GSでは準決勝のイメージが強くて、実際対戦回数も準決勝が多いようですね。フェデラー有利から少しずつ時代は移って、今回のフェデラーの善戦には驚きつつも、最後はジョコが勝つんだろうというところまで来てしまいました。でも末永くやって欲しいです。
  1. URL |
  2. 2014/07/09(水) 02:47:31 |
  3. ミドルビギナー #-
  4. [ 編集]

フェデラーの記録

こんばんは。今日のテーマはタイトルの通りです。

1、全グランドスラム60勝以上
2、グランドスラム通算274勝
3、ウィンブルドン通算73勝

全グランドスラム60勝以上は全仏の時点で達成されたものですが、もちろん前人未到です。
内訳はウィンブルドン終了時点で全豪73勝、全仏61勝、ウィンブルドン73勝、全米67勝です。
合計274勝。この記録も随分伸びましたね。
昨年の不調でどうかと思われましたが、また持ち直しました。300勝まではあと26。果たして届くでしょうか。
そして、今回の準優勝でフェデラーのィンブルドン勝利数は73。
ベッカーの71勝を抜いて歴代2位に躍り出ました。
歴代1位のコナーズは84勝。これを超えるのはさすがに大仕事です。

4、グランドスラム決勝進出25回

歴代最多、17勝8敗。敗戦数はローズウォールと並ぶ。
ちなみにジョコビッチは今回勝って7勝7敗。フェデラーが勝っていれば、ローズウォールと並ぶのジョコビッチの方でした。

5、グランドスラム連続出場59大会

歴代最多。もはやレジェンド。

6、フェデラーvsジョコビッチ、グランドスラムでの対戦回数12

この記録自体は上にありますのでもう少し詳しいことを。
対戦成績は6勝6敗。
全豪 ジョコビッチ2勝1敗
全仏 1勝1敗
ウィンブルドン 1勝1敗
全米 フェデラー3勝2敗

全米では5年連続で対戦がありました。全仏とウィンブルドンは2試合ともジョコビッチ覚醒後の対戦です。
特に全仏でフェデラーが2011年の準決勝であげた勝利は、ジョコビッチの年初からの連勝を41で止める殊勲の1勝でした。
ウィンブルドンでの前回の対戦も準決勝で、勝ったフェデラーはそのまま決勝でマレーを下し、ウィンブルドン7度目の優勝を飾りました。

その他上にも上がっているフェデラーvsナダルとジョコビッチvsナダル
それぞれナダルの9勝2敗とナダルの9勝3敗。
フェデラーvsナダル
全豪 ナダル3勝0敗
全仏 ナダル5勝0敗
ウィンブルドン フェデラー2勝1敗
全米 0勝0敗

ジョコビッチvsナダル
全豪 ジョコビッチ1勝0敗
全仏 ナダル6勝0敗
ウィンブルドン 1勝1敗
全米 ナダル2勝1敗

ナダル、全仏でかなり貯金を殖やしてますね。
  1. URL |
  2. 2014/07/10(木) 00:04:10 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

負けたけど爽快感

負けはしましたが、「よくやった!」という爽快感の残る試合でした。
もちろん負けた辛さはあります。翌朝起きた時に「昨夜は負けたんだ」と悲しい気持ちにはなりました。
でも、良い気持ちが混じっています。
4セット目ですんなり負けていたら、こうは思えていなかったと思います。
あの4セット、5セット目があったから、ある程度いい気分で振り返ることができます。

ところでNHKの解説者が言っていたのですが、GSの決勝でナダルもマレーも絡んでいないのは、
2009年の全米までさかのぼるそうです。これは意外でした。
ナダルはまだしも、マレーがそんなに絡んでいたとは。失礼!

ところで、管理人様に過去の試合の質問です。
2007、2008、2009年の決勝では、フェデラーは4セットまで1度もブレイクできなかったと
記憶しているのですが、あってますか?それともセット内同数ブレイクもありましたっけ?
どれもリアルタイムで見ているはずなのですが、確信が持てなくて。。。
  1. URL |
  2. 2014/07/10(木) 23:19:48 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

> かめさん

2007年、2008年はブレイクしています。
2007年は1stセット3-0リード。
その後第5ゲームを鋭いパスの連続でブレイクバックされてタイブレになっています。
2008年は2ndセットで1ブレイクアップの4-1から5ゲーム連取されてセットを落としています。
このセットが取れていれば・・・と見る度に悔やまれます。
もし取れていてもそのまま勝てたかはわかりませんが・・
  1. URL |
  2. 2014/07/11(金) 12:15:09 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

ありがとうございます

ラカン様

ありがとうございます。
真剣に見ていたはずなのに、すっかり忘れていました。
ただ、神経がとてもとても擦り切れたのだけは覚えています。

4-1から5ゲーム連取されたのもすっかり忘れていました。
確か、あの年は雨で2回くらい中断しましたよね。
終わりが明け方6時近くになり、しかも負けちゃったんで、私はボロボロでした。(^^ゞ
それとともに記憶がすっ飛んだのかもしれません。
5ゲーム連取と言えば、確か、フレンチでも5-2からのセット落としがあったような。。。
どうも、嫌な記憶は飛ぶようになっているようです。
その意味では、今年の試合に負けたことは忘れても、4セット目の粘りだけはいつまでも覚えていると思います。
  1. URL |
  2. 2014/07/11(金) 22:46:02 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

皆様、色々とコメントありがとうございます。

一週間ずれて良かったです。

いや、実はここ数日体調不良で寝込んでおりました。
一週間前であったら泣くに泣けない事態でした。

おかげでワールドカップの幾つかは見逃しましたが
今回のウィンブルドン決勝に比べれば瑣末です。
あれを生で観ることができてよかったと思います。
まあ、TVでなく現地スタジアムであったならもっと良かったとは思いますが
さすがにそこまでの贅沢は申しますまい。

  1. URL |
  2. 2014/07/14(月) 14:56:29 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

祝 30勝!!

管理人様、こんにちは。
レイトンやりました!
苦手のイボさんをフルセットの末に破り3度目の正直でニューポート優勝です。
250とはいえ今年2勝は本当に嬉しいです。
30勝も諦めかけていたので感無量です。

そして、レイトンはこれまでクイーンズ、スヘルトーへンボス、ウィンブルドン、ハーレを勝っていますが今回のニューポートでグラス5大会制覇という珍記録も達成しました。

最後に管理人様、体調を崩されていたそうですがこれから暑くなるのでどうぞご自愛くださいませ。

  1. URL |
  2. 2014/07/14(月) 15:39:03 |
  3. レイトン愛 #-
  4. [ 編集]

>レイトン愛様

2006年に25勝目を上げてから長かったですね。
2007年に1勝、2009年に1勝、2010年に1勝と来て、その後途絶えてしまったかと思いきや
今年一気に2勝ですから、もうひと花咲かせる最大の好機が今訪れていると言えそうです。
それとグラスコート5大会優勝っていうのも、下手をすると他のどの選手もやってないんじゃないですかね。
現役はもちろんですがコナーズとかマッケンローでさえやってないような気がします。
また体のほうも気遣ってくださいましてありがとうございます。私、時々体調を大きく崩すんですよね。
結構大きな大会と重なったりもするのですが今回は外れてくれてよかったです。


  1. URL |
  2. 2014/07/15(火) 08:57:37 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

補足です。
ヒューイットのグラス5大会優勝についてちょっと調べました。

コナーズはグラス大会9勝を達成していますが、全6大会で優勝を達成していました。
そういえば以前は全仏以外全てグラスで、その全てでコナーズは優勝していますからこれは大きいですね。
ヒューイットはこれに次ぐ記録でした。

その他、フェデラー、サンプラスはもちろん、
マッケンローやベッカーもグラスコート優勝数は多いものの
大会数は2つか3つでした。

いずれにしろ時代的なものを考えるとヒューイットの記録は異例といえます。

  1. URL |
  2. 2014/07/15(火) 09:17:01 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/896-5d76eaa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター