レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、カナダマスターズ1000はツォンガが制す

更新が遅れてしまいましたが、
マスターズ1000カナダでは、ツォンガが大暴れで優勝しました。

もう本当、大暴れっていうのはこのことか、というレベルの快進撃でした。
倒した相手はジョコビッチ、マレー、ディミトロフ、フェデラー!

惜しむらくはディミトロフのところがナダルだったら・・・ですが
そういう贅沢な願望はさておき、充分凄い勝ちあがりだったといえます。

なにせ、ジョコビッチ、フェデラー、そしてとりわけマレーは
対戦成績からは大の苦手としている選手でした。
フェデラーには4勝11敗、ジョコビッチには11連敗中、
そしてマレーに至っては過去10戦で1回しか勝っていませんでした。
もっとも、面白いのはそれでもその3人のいずれからも
グランドスラムでの勝利があるという部分です。
ツォンガ特有の当たると怖い選手、という雰囲気が一層強く感じられます。

ただ、ツォンガのこのところの元気の無さは深刻で
スランプというよりもむしろ衰えなのかという心配すらあったくらいですが
今回の優勝でそれを吹き飛ばしてくれたでしょうか。

もしくはベテラン特有の、時に大暴れする、
いわゆるサフィン型の選手になってきているんでしょうか。

ATPカレンダーでは立て続けにマスターズ1000が組まれていまして
すぐにシンシナティが始まります。
ツォンガはまたもジョコビッチに近いドローとなりました。
さすがのジョコビッチ、いかに強烈な相手だとしても
No.1が2大会連続で早期敗退するわけにはいきませんし
そういう取りこぼしもほとんどない選手ですから、ここは気を引き締めていくでしょう。
ツォンガの快進撃はどこまで継続するのか、注目していきたいところです。

両大会を欠場しているナダルと錦織は大丈夫でしょうか。
マスターズ1000の2大会欠場というのは全米前の損失としては大きいです。
気持ち的に両大会の時期が少しでも離れていれば
どちらかだけでもという調整はできるのでしょうが
ここは不運が重なってしまったと言えます。

2大会連続って他にもありますけど、果たしてメリットはあるんでしょうか。
グランドスラムの2週間調整を擬似的に行えるといったところですか。
でもそれは別に強制感の強いマスターズ1000を2つ続けなくても良い話だと思うんです。

やっぱり単純にスケジュールが詰まっているということですか。
まあファンとしては大きな大会ではトップ同士の対戦も多く組まれますから
連続で楽しめるという点でメリットはあると言えるのかもしれませんが。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/08/11(月) 09:22:12|
  2. 2014年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<2014年、シンシナティ開幕 | ホーム | ヒューイット優勝に見る、コナーズの記録の違和感 その2>>

コメント

ツォンガはやっぱり持ってますね。ケガでなかなか突き抜けられなかったけど、何気に今年のグランドスラムも早期敗退で取りこぼしてたわけじゃないですもんね。早い段階で強い選手と当たってしまう不運もあったけど、やっと報われたって感じですね。この後の最終戦出場争いがますます楽しみです!
  1. URL |
  2. 2014/08/11(月) 22:03:08 |
  3. おスミ #-
  4. [ 編集]

ツォンガは今大会トップ10を4人撃破したそうですがマスターズではなんと02年のカニャス以来!!だったそうですね、えぇぇ!という感じでした、正直当時はだれが勝ってもおかしくなかったと聞きますがさすがに予想外だったんではないでしょうか、できれば当時のカニャスの印象やカニャス関連の面白記録みたいのも知りたいです、あと02年はローママスターズで最後の失セット0での優勝が記録されていたりします、ちなみにナダルはやってません、もしかして02年はマスターズの珍記録の年かもしれませんね   あとマレーはなかなか復活しませんね・・・・
  1. URL |
  2. 2014/08/11(月) 22:10:49 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

>おスミ様

ツォンガも実力は十分であとは結果だけという感じなんですよね。
出たての頃からその印象は変わらず、それがずーっと続いてきています。
プレースタイル的には、不足しているところは全くなく、何でもできますし、
しかも器用貧乏になっていないという素晴らしい選手なのですが・・・。
数年に一度でなく年に数度こういう活躍をしてくれないと見合わない気がします。
シンシナティでは早期敗退、なんていうありがちなパターンだけは避けていただきたいところです。


>ロデックファン様

情報ありがとうございます。調べました。02年にカニャスは今回と同じくカナダで、
フェデラー(10位)、カフェルニコフ(5位)、サフィン(2位)、ハース(3位)と4人を下しています。
因みに決勝では更にロディックを倒して優勝していますが、当時のロディックは12位でした。
カニャス自身は当時19位で、大会後12位になっています。
ただし次のシンシナティでは初戦で敗退してしまいました。
相手は当時16位のサンプラス!!
そしてサンプラスはこの後、劇的な全米優勝を果たし、そのまま引退します。
後にフェデラーを連続撃破することで名を挙げるカニャスですが、
この時既にフェデラーに勝利していたというのは面白いですね。

もう一つ、この年、ローマでアガシが失セット0で優勝していますがそれが最後というのはビックリです。
02年のマスターズはまだ決勝が5セットマッチでしたから、
今よりも難しい条件でアガシは失セット0優勝を果たしたことになります。

フェデラーとナダルはグランドスラムでは失セット0優勝をやってまして、
なんとなくそっちのほうが難しそうですけどね。面白いもんです。
  1. URL |
  2. 2014/08/12(火) 09:10:13 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

シナイナティを後ろにずらすと、全米との間隔がなくなってしまいます。逆にロジャーズカップを前に倒すと、4年に一度オリンピックと重なってしまいます(北米開催の場合)。2012年の時はオリンピックの翌週にロジャーズカップが有って、フェデラーは欠場していましたね。他の大会のスケジュールを考えると、両大会の間隔を空けるのは難しいのでしょう。

ところで話は変わりますが、現在のスケジュールの最大の問題は、全豪の開催時期が年明け直後だということだと思います。ツアーファイナルが終わって、短い休暇を取ってから直ぐにグランドスラムが開催されるので、コンディション作りが難しいと思います。
  1. URL |
  2. 2014/08/12(火) 20:17:36 |
  3. @kiyoshi_fujioka #-
  4. [ 編集]

ツォンガ

こんばんは。

シンシナティのツォンガですが・・・・

まあ、こういうこともあるでしょうね。
さて、シンシナティはどうなるんでしょうか。
  1. URL |
  2. 2014/08/13(水) 09:23:31 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>@kiyoshi_fujioka様

むずかしいところですねえ。
今後ウィンブルドンも1週後ろにずれますから、更に日程がつまってしまいます。
全米をもっと後ろにしちゃえばいいのに、というのは乱暴でしょうか。
全豪の日程が特殊すぎるのはやはりそうで、誰もが首を傾げているとことだ思いますが、
こちらを後ろにずらすのは、全米よりは実現性が高そうな気がします。
もっとも、前はクリスマスの時期だったり正月だったりしましたから
それよりは今の日程でもさすがにマシなんでしょうが。


>2R様

コメントありがとうございます。私の記事アップとほぼ同時に書き込みいただきましたね。
カナダはツォンガが特殊だったのであって、やっぱりトップシード勢が優勝候補、のはずですよねえ。



  1. URL |
  2. 2014/08/13(水) 09:31:51 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

かつて全豪はクリスマス休暇の時期に開催されていて、選手からは不評で、ボルグやマッケンローは全盛期には全豪を欠場していました。その解決策として1月にずらすことにしたのですが、私見では、むしろ開催時期を前倒し(例えば11月後半から12月始め)して、全豪の後に選手たちがゆっくりクリスマス休暇を取れるようにした方が良かったと思います。ただ、現在となってはツアーファイナルが根付いていているので、今更全豪をクリスマス休暇の前に行うのは利害調整が難しいでしょう。

現在の全豪とインディアンウェルズの間はかなり離れているので、全豪を数週間遅らせるのは可能でしょう。その場合、全豪直後のいくつかの小さな大会に影響が出てしまいますが、その程度の調整は何とかなりそうな気がします。
  1. URL |
  2. 2014/08/14(木) 12:44:53 |
  3. @kiyoshi_fujioka #-
  4. [ 編集]

>@kiyoshi_fujioka様

現在は全豪だけ全然関係ないところにぽつんとあるような印象です。
全豪はあの暑さが有名ですが、仮に後ろにずらしたらそれは少し和らぐんでしょうかね。
季節的にもっと暑くなる、とかだったりしたらそれはそれでまた別のクレームが出そうですが。
  1. URL |
  2. 2014/08/15(金) 14:04:19 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

錦織、得意のハードシーズンで期待していましたが…。
1年間しっかり戦えるフィジカルがないと、トップ10常連は厳しいですね。
ロンドンは赤に近い黄信号になってしまいました。残念。
  1. URL |
  2. 2014/08/15(金) 22:55:38 |
  3. ミドルビギナー #-
  4. [ 編集]

最終戦10月末、全豪2月開催だと11月から1月まで休めます。全豪の開催時期、インディアンウェルズ、マイアミの96ドローがスケジュールを圧迫しています。春2大会のマスターズで計4週間は長すぎですよ。

ナダルが全米欠場でジョコvsナダルの頂上対決はなくなりました。最大のライバルが欠場となるとモチベーション的ににどうでしょう?ナダルは昨年の全米から最終戦まで約4000ポイント獲得しています。来年に復帰だと全て失効し、4位、最悪5位にまで落ちます。ただ、ナダルにとって最終戦のタイトルが果たして重要かどうか。充分休養して、来年の全豪で復帰でも良いと思いますけどね。グランドスラムで優勝することが一番ですから。
ジョコも残る大会全て優勝して年末1位を確定しないと。いまさらフェデラーに1位を奪われる訳にはいかないでしょう。ナダルになら奪われても仕方ないですが。
  1. URL |
  2. 2014/08/20(水) 19:18:21 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/899-786a289e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター