レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、全米盛り上がってまいりました

錦織氏がやりましたぞ!まさに5セットキング!

同じような称号が似合う選手としてセッピやロブレドがいますが、
錦織も充分それにふさわしい選手になっています。

5セットに強い選手といえばナダルやジョコビッチもいますが、あれはただ強いだけ。
特別5セットだから云々ということではないです。
やはり5セットキングという特別な称号は、
厳選された選手にのみ与えられるものでしょう。

錦織はラオニッチ、バブリンカと5セットで連続撃破しました。
どちらも強い選手です。これらに勝ったというだけで
グランドスラムでベスト4に進出したくらいの価値があります。
いや、まあ実際、進出したんですけどね。えへ。

これで日本人は全てのグランドスラムでベスト4進出を経験したことになります。
全米以外は佐藤次郎がやってましたから、今回の錦織で全達成です。

こういう機会に過去の選手の偉大な記録を思い出さないといけません。
 ※失礼しました。1918年に熊谷一弥が既に達成していました。

あとは決勝ですね。
清水善造がウィンブルドンのチャレンジ・ラウンドで決勝に出ています。
(チャレンジラウンドなので、考え方によってはこれもベスト4なのですが)
錦織の決勝進出、達成なるかどうか。

準決勝の対戦相手は・・・ジョコビッチ!出たー
すべての選手が今一番当たりたくない選手。

ジョコビッチはマレーを相手に最初の2セットこそ「7-6 6-7」と熱戦を演じましたが
そこから「6-2 6-4」と割と簡単に勝負を決してしまいました。
さすが、現在の最強選手です。
畳み掛けるときの強さ、大一番での勝負、他の選手にないものを持っています。

ただジョコビッチからしてみれば
相手の錦織はマレーのように気持ちが落ちたら急激に勢いを失うということはないですから
競ったら危険な相手だということは認識しているはずです。
その意味では競り合いになればなるほど嫌な相手といえるでしょう。

一方で、簡単に試合を決するのであればマレーよりもやりやすい相手でもあります。
錦織としては長丁場に持っていけるかどうかが鍵になります。

ジョコビッチも長丁場には強い選手ですが、
恐らくスタートから一気に畳み掛けてくるんじゃないでしょうか。
錦織は連続で長い試合を戦っていますから
やがてスタミナ切れを起こすんじゃないか、
といった甘い気持ちでとりかかってくれれば儲けものですが
さすがにそうはさせてくれないでしょう。
錦織はスタミナ切れを起こさず、どれだけジョコビッチに食らいついていけるか、ですね。

ジョコビッチも不敗ではなく、今年の全豪でもバブリンカに敗れてるなどしていますが、
グランドスラムでベスト4まで来てしまった状態であれば、それはそれは強いです。
これまでベスト4戦績は14勝9敗、一見まあまあという気もしますが、
9敗の内8敗はナダルとフェデラーです。
さすがにこの2名はもう人間じゃないのでカウントしないとして
ウィンブルドンでベルディフに敗れたのが一回だけありまして、
これが人間が相手のジョコビッチ唯一のグランドスラムベスト4での敗戦と言えます。

もはや錦織側には余程のことがない限り勝ち目はない位の存在感が示されているのも事実ですが
余程のことに近いことが起こりそうな雰囲気、くらいは感じさせてくれる試合をしてくれると嬉しいです。


ボトムハーフの準々決勝はまだ行われていません。

・ベルディフvsチリッチ
・フェデラーvsモンフィス

こちらも中々見どころのある試合になります。

ボトムハーフではディミトロフ、ティエムと2人の90年代生まれの選手、及び
チリッチ、バウティスタ・アグーと2人の88生まれの選手がベスト16に残りました。
チリッチは出てくるのが早かったのではかなりのキャリア組のような印象がありますが
まだ若いんです。人を見た目で判断してはいけませんよ。
勝ち残ったのはチリッチのみですが、若手の躍進を感じさせる顔ぶれでした。

ベルディフはこれまでの習慣から1回戦負けもあるのではないかという見方をしておりましたが
なんとなんと、安定したプレーぶりでビッシビシと勝ち上がってきています。
2回戦のクリザンのみフルセットでしたが他はストレート、それも簡単な決着となっています。
凄い。負けを疑ってごめんね。

過去の対戦はベルディフの5勝3敗、直近では今年のウィンブルドンでチリッチが勝っています。

モンフィスが勝ち上がってきていますが、今大会、フランス勢は頑張りました。
ツォンガ、モンフィス、ガスケ、シモンといわゆる四天王のうち
モンフィスとガスケが潰し合いの形で直接ぶつかってしまいましたが
それ以外は皆ベスト16にまで勝ち上がっています。
まあもっと勝ち上がらないと、という意見もありそうですがアメリカに比べれば遥かにマシでしょう。
さすがに、かのフランス四銃士に取って代わるほどの評価は
与え難い部分はあるかもしれませんが実力者は揃っています。

フランス勢で一人残ったモンフィスですが、次の相手はフェデラーです。
錦織がジョコビッチに勝つよりは可能性はあると思います。
でもどうでしょう、フェデラーも一時のスランプの状態であれば別ですが
勝ち方を知っている相手には強いですからね。
ジョコビッチと同じで、舞台はグランドスラムということを考慮すれば
モンフィスとしては少々厳しいかもしれません。
もちろん爆発力のある選手ですしあっと言わせることも有り得るとは思いますが。

フェデラーはここまで順調に勝ち上がっています。
本当に一時のあれは、衰えじゃなくてスランプだったのでしょうかね。
しかしそれでもなお、私個人としてはベテラン特有の、
何故か急に調子が落ちてしまう状態が訪れてしまわないか心配を抱いてしまいます。
無用な心配であれば良いのですが。

過去の対戦はフェデラーの7勝2敗です。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/09/04(木) 16:43:11|
  2. 2014年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2014年、全米ベスト4 | ホーム | 2014年、全米は2週目に突入>>

コメント

熊谷一弥

管理人様

熊谷一弥のベスト4を忘れては行けません。

日本人最初のグランドスラム出場者であり、1918年に全米でベスト4進出、この功績もあり当時の全米ランキングではチルデン、ジョンストンに次ぐ3位にランクされたという実力者です。
日本人の全米ベスト4はこれ以来96年ぶり二度目です。
ちなみに全米のチャレンジラウンドとオールカマーズファイナルは男子シングルスでは比較的早く廃止されていました。
  1. URL |
  2. 2014/09/04(木) 17:00:39 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>2R様

おおお!本当だ、これは見落としていました。
熊谷一弥、日本テニスの元祖ですね。

当サイトでは1921年以降の記録にばかり集中していますので
ついつい見落としてしまいました。

記事の方訂正しました。
ご指摘ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2014/09/04(木) 17:23:20 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

フェデラーvsモンフィス戦

管理人様のおっしゃってるとおりになりましたね.

フェデラー序盤調子悪く,ファーストサーブは入らないし,ストロークはきわどいところを外すしで,「ベテラン特有の...」
の通りの突然の調子落ちなのか(あるいは体調のリズムが会わなかったのか),とにかくこれは危ないという展開でした.
対するモンフィスは絶好調で,サーブは決まるしストロークはいいし,足は届くしで,序盤とにかく手のつけようがないほど
でしたね.やっとブレークしても,すぐブレークバックされるはで,これはどうも危ないかもと思ってみていました.

4セット目のマッチポイントをしのいでからは,ペースがつかめたようで,第5セットに入るとそれまでとは見違えるような
プレーで,安心して見られました.対してモンフィスは気落ちしたのでしょうか.

思い出すのは2012年のウィンブルドンで,対ベネトー戦(3回戦でしたか)でやはり2セットダウンから逆転して勝ってから
優勝につなげたと記憶しています.そういう意味ではゲンがいいかもしれません.

錦織対ジョコビッチは錦織に厳しそうかとも思いますが,フェデラー対錦織の決勝戦というのも見てみたいですね.







  1. URL |
  2. 2014/09/05(金) 13:58:59 |
  3. brunello448 #-
  4. [ 編集]

錦織、ほんとに5セットマッチのフルセット勝負に強いですね。
これまでは、どちらかといえば格下相手に粘られる、というのが多かったように思いますが、今回は同格(ラオニッチ)及び格上(バブリンカ)ですから、フルセットキングにふさわしいと思います。
しかし、wikiで調べると5セットで負けたのは2013年のA・セッピー(この人もキングだとは知りませんでした)だけかと思っていたのですが、ニュースでは「2敗」となってました。
GS以外で5セットはデビスカップだけかと思うのですが、あと1敗はいつどこで誰なんだ!というのを知りたいです。

と思っていましたら我らがロジャー、2セットダウンから逆転です。それにしても、ナイトセッションもう少し早めにスタートできないものでしょうか。テレビ放映との兼ね合いがあるとはいえ、夜中の3時までテニスをやらせるとは、賞金が高くても無謀だと思います。またそれにつきあう観客も凄いですが。

  1. URL |
  2. 2014/09/05(金) 17:32:24 |
  3. ミドルビギナー #-
  4. [ 編集]

錦織のフルセット負け

錦織のもう一敗は2008年デビスカップインド戦のボパンナ戦です。

確かこれがデビスカップのデビュー戦だったのではないかと思います。
  1. URL |
  2. 2014/09/05(金) 19:13:43 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

2Rさま、ありがとうございます。

デビュー戦から5セットとは、やはりキングにふさわしい(笑)

決勝はストレートで決めてほしいです。
  1. URL |
  2. 2014/09/07(日) 18:38:31 |
  3. ありがとうございます #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/904-26dc1c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター