レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、10月現在の若手まとめ

今年の上海マスターズは、前週までとはうってかわってベテランの活躍が目立つ形となりました。

もちろん直前までは若手が盛り上がっていましたから若手もまたきっと盛り返してくると思います。
言い換えれば、一週で立場が逆転するという、様々な世代がひしめき合った非常に面白い時期だと言えます。

上海で優勝したフェデラーですが、思えば10年前にNo.1に就任しています。あの衝撃から10年経つんですね。

そこで思い出したように取り上げますと、実は当サイトが開始したのが2005年の全米の時でしたから
今ちょうど10年目に突入したことになるんです。丸9年経ちます。
こんなにやってたんですね、ちょっとびっくりします。フェデラーとともに歩んできました。

さて、テニス界の当時と今の違いはどうでしょうか。

federer-2a.jpg nadal-2a.jpg
当サイト開設当初の2005年はフェデラーが不動のNo.1としての地位を確立した時であり、
早熟の選手としてナダルが出てきた年でした。ナダルはまだ10代でした。
その他では最後の年ではありましたがアガシが現役でしたし、
ヒューイットやロディック、サフィンがトップ選手として活躍していました。

今とは随分勢力図が違うのがわかるのですが、どうしてもフェデラーとナダルがいるせいで
それほど今とは「隔絶の感がある」という気にはなりません。
10年といえばテニス界ではとんでもなく長い期間のはずなんですけど・・・。
まあ2人が特別過ぎるんでしょう。この人達はテニス史上でもおかしな存在ですから。
もはや「人」なのかも疑わしいくらいです。「人のような何か」でありましょうか。
確か、この世のはじめに誰かが「光あれ」と言ったらフェデラーが生まれたんでしたっけ。

sampras-9a.jpg agassi-6a.jpg 
10年前の2005年を、更に10年前の1995年とを比べれば、
これはもう隔世の感が半端無くでてきます。
1995年はサンプラスとアガシの2強時代で、ムスターがクレーキングとして君臨していました。
シュティッヒ、クーリエ、イバニセビッチも元気でしたし、
翌年全豪の決勝はベッカーとチャンという顔ぶれでした。
モヤやクエルテンがセンセーショナルを巻き起こすのもまだ数年先という具合です。
アガシがかぶってはいますが、あの息の長かったアガシの全盛期と最後の年ですから
時代の差は明らかであるといえます。通常10年といえばこんな感じです。

テニスデータ大好き人間としては
改めて過去を振り返ってみるというのは非常に面白いものです。

そこで、今回は10年後への展望というのをやってみたいと思います。
もちろん、10年前に今のテニス界の状況を占うことは不可能でしたから
何も10年後の勢力図を予想しようというわけではありません。

現状、若手と言われている選手をリストアップして、
10年後に、これらの選手はどうだったのか、
というようなことを振り返ることのできるための記事にしたいのです。

冒頭にも申しましたが厳密に当サイトは「10年目」であり、
実質は丸9年でしかないのですが、まあ1年の誤差はこの際ご勘弁下さい。
というのも、今は正に10年後を展望するのに、そして10年後から振り返って見るのに
うってつけの時代だと思うからです。

フェデラー時代、ナダルとの2強時代、ジョコビッチも加えた3強時代、更にマレーを加えての4強時代と
メンバーを追加してきての変遷はありますが、歴史上稀有な長さを誇ったフェデラーを中心とした時代が
正に移り変わろうとしています。しかしまだ移りきっていない、ここが重要です。
今後を占う上で幾つもの可能性が残されているという点で今は正に大変に面白い状況になっているんです。
1年後であればこの混沌とした勢力図もある方向に傾きはじめてしまっているかもしれません。
それでは意味がないです。やはり今、1年後ではなく今こそがこうした企画の好機といえます。

djokovic-6a.jpg murray-1a.jpg
ジョコビッチ、マレー時代の後ということで、
ジョコビッチの1987年以降に生まれた選手をピックアップしてみましょう。

1988年 デル・ポトロチリッチ、グルビス、ドルゴポロフ、バウティスタ・アグー
1989年 錦織、クリザン、パイユ、D・ヤング、S・ジョンソン
1990年 ラオニッチ、ヤノヴィッツ、ポスピシル、ゴフィン、ラヨビッチ
1991年 ディミトロフ
1992年 トミック、ハリソン、J・ソック、クライノビッチ
1993年 ティエム、ベセリ
1995年 キルギオス
1996年 コリッチ、コッキナキス、ガリン

グランドスラマーは赤字、ファイナリストは青字です。
現在のところ錦織が最年少ファイナリストになっています。

もっと機械的にランキング50位以内とかでバーっと取り出すこともできるのですが
それでは味気ないので個人的に注目されているであろうという選手を取り上げてみました。
何故この選手が入っていない!というのもあると思いますが、
その辺の曖昧さも当サイトらしいということでご勘弁下さい。
皆さんよくご存知だと思いますが私の感覚に頼った記事というの細かいミスが結構多いので。
ただ、あまりに酷い見落としがあればさすがに追加しますのでお知らせ下さい。

今年は2014年ですが、実はこの表には大きな疑問符が付けられます。
表の一番上は今年26歳の選手たちですが、この年齢というのは
はっきり言ってテニス史でいえば若手ではないからです。
ボルグならば既に引退している年齢だといえばお分かりいただけると思います。
表の中でも1988年が一番多いのも当たり前です。

時代によってはキルギオスよりも年上の選手は全て若手の定義から外れるのかもしれません。
キルギオス以下のみが10代ですからこれはさすがにどの時代でも若手という定義でよいでしょう。

この、歴史上稀有な若手の高年齢化というのは今という時代をよく表現しています。
現在26歳がグランドスラム優勝の最年少ですがこれはもしかしたら歴史上でも最高級の例かもしれません。
フェデラーとナダルによる異例の時代支配が、こうした例外的な状況を生み出したといえるでしょう。
この高年齢化は今後のテニス界の常識になっていくのか、あるいは本当に今だけの状況なのか、
10年後から振り返って見るには格好の材料といえるのではないでしょうか。

正直、10年後には、ここにリストアップされた選手は殆ど残っていないでしょう。
しかしどのような活躍をしていくのかが振り返られれば面白いのではないかと思います。
この中からNo.1は、グランドスラマーは何人出るのでしょうか。

当ブログでは前々から25歳ピーク説を唱えています。
ほとんどわずかの例外を除いてこの説は全時代を通して当たっています。
ですので、若手の高齢化というのは正直、今だけの状況だと私は思ってるのですが
もしも崩れるようなことがあればテニス史における確変とも言えるのかもしれません。

いやー10年後が楽しみです。
てゆーか、当サイト自体そこまでまだ続いてるんでしょうか。
頑張って持たせなければいけないですね

※10年後に当記事がすぐに見つかるように新しいカテゴリを用意しました。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/10/20(月) 10:55:32|
  2. 2014年現在、10年後にむけて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<2014年、パリマスターズはベスト8が出揃う | ホーム | 2014年、上海マスターズは、フェデラー氏!>>

コメント

いつも楽しく記事を読ませて頂いています。

注目の若手リストに是非ゴフィン(1990年)も追加してほしいです。
  1. URL |
  2. 2014/10/20(月) 22:23:34 |
  3. tt #-
  4. [ 編集]

オープン化後では、

オープン化~1970全豪 トニー・ローチ 1945年生まれ ~25歳0ヶ月21日
1970全仏~1971全英 ヤン・コデシュ 1946年生まれ 24歳3ヶ月6日~25歳6ヶ月11日
1971全米~1973全米 スタン・スミス 1946年生まれ 24歳8ヶ月29日~27歳0ヶ月18日
1974全豪 ジミー・コナーズ 1952年生まれ 21歳3ヶ月30日~21歳9ヶ月14日
1974全仏~1979全英 ビョルン・ボルグ 1956年生まれ 18歳0ヶ月10日~23歳3ヶ月3日
1979全米~1981全豪 ジョン・マッケンロー 1959年生まれ 20歳6ヶ月24日~23歳3ヶ月21日
1982全仏~1985全仏 マッツ・ビランデル 1964年生まれ 17歳9ヶ月15日~20歳10ヶ月15日
1985全英~1989全豪 ボリス・ベッカー 1967年生まれ 17歳7ヶ月15日~21歳6ヶ月20日
1989全仏~1996全豪 マイケル・チャン 1972年生まれ 17歳3ヶ月20日~24歳3ヶ月18日
1996全仏~1997全豪 エフゲニー・カフェルニコフ 1974年生まれ 22歳3ヶ月22日~23歳3ヶ月21日
1997全仏~2000全英 グスタボ・クエルテン 1976年生まれ 20歳8ヶ月29日~24歳0ヶ月0日
2000全米~2001全英 マラト・サフィン 1980年生まれ 20歳7ヶ月14日~21歳7ヶ月13日
2001全米~2003全仏 レイトン・ヒューイット 1981年生まれ 20歳6ヶ月16日~22歳4ヶ月12日
2003全英 ロジャー・フェデラー 1981年生まれ 21歳10ヶ月28日~22歳0ヶ月30日
2003全米~2005全豪 アンディ・ロディック 21歳0ヶ月8日~22歳9ヶ月6日
2005全仏~2007全米 ラファエル・ナダル 19歳0ヶ月2日~21歳7ヶ月24日
2008全豪~2009全英 ノバク・ジョコビッチ 20歳8ヶ月5日~22歳3ヶ月23日
2009全米~2014全英 フアン=マルティン・デル=ポトロ 20歳11ヶ月22日~25歳11ヶ月16日
2014全米 マリン・チリッチ 25歳11ヶ月11日~

2014年10月21日現在の年少グランドスラマー
マリン・チリッチ 1988年9月28日生まれ 26歳0ヶ月23日
フアン=マルティン・デル=ポトロ 1988年9月23日生まれ 26歳0ヶ月28日
ノバク・ジョコビッチ 1987年5月22日生まれ 27歳4ヶ月29日
アンディ・マレー 1987年5月15日生まれ 27歳5ヶ月6日
ラファエル・ナダル 1986年6月3日生まれ 28歳4ヶ月18日
スタニスラス・ワウリンカ 1985年3月28日生まれ 29歳6ヶ月23日


20代のグランドスラマーが6人しかいないというのは驚きですね。
その年齢水準の高さは、オープン化直後の一時期に匹敵します。


あと、若手ですが、個人的にはイリ・ヴェセリが欲しいかなと思います。

あと、かつてのジュニアチャンプ ドナルド・ヤング はどうでしょうか。
  1. URL |
  2. 2014/10/21(火) 01:09:15 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>tt様

リクエストありがとうございます。ゴフィン追加しました。
今年7月にツアー初優勝を飾ってるんですね。
決勝はティエムとでしたがこれは数年後には黄金カードになっているかもしれません。
本日もちょうどスイスインドアで対戦しておりまして、またゴフィンが勝っています。


>2R様

相変わらずの膨大壮大な調査ありがとうございます。これは大変助かります。
黎明期がありますが、今も充分異例の状況ということがよくわかりました。
リクエストもありがとうございます。ベセリとヤング追加しました。
アメリカ勢ということで甘めの判断も行けないかと思ったのですが
ヤングを追加したのでジャック・ソックも追加しておきました。

  1. URL |
  2. 2014/10/21(火) 09:08:04 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

来年で10年ですか!

こちらのサイト、2005年の全米からなんですね。
実は私がテニスに、というよりはフェデラーにはまったのが2005年のウィンブルドンでした。
ウィンブルドンを見ようと思ったわけではなく、都議会選の結果が知りたくてTVをつけていたらやっていて。。。
試合中の冷静沈着さと勝利後に感極まるフェデラーのギャップに一瞬で虜になりました。
(当時はまだ彼のテニスのすごさをあまり理解できていなかったと思います。)

私がこちらのサイトに辿りついたのは、おそらく2005年よりは後だったと思いますが、本当にいろんなことを学びました。
レンドル、ボルグ、マッケンローの顔はなんとなく記憶にあったものの、サンプラスやアガシの黄金時代は完全にスルーしていて、過去の知識もここから吸収することができました。
ですから、10年後もテニスファンのバイブルとして存在し続けていて欲しいです!

翻って、自分のテニスへの情熱はどうなっているかなぁ。。。
フェデラーがいなくなると、さすがに今のような情熱では追えなくなっているんだろうなぁと思います。
まあ、それぐらいがいいかもしれません。今のままの情熱だと、仕事や睡眠に支障をきたすときもありますから。

さてさて、今後10年のみなさんの予想はどうなんでしょう?
ドルゴポロフが驚異の覚醒とかしてくれるといいんですが、母国があんな状態じゃあ、テニスに専念できなそうですよね。
顔や態度から(^^ゞ、ゴフィンやディミトロフも押したいけど、潜在力という面ではティエムかなぁ。
キルギオスはいい線行くと思いますが、なんとなく全盛期が短そうなイメージです。
適当なこと書いちゃいました。10年後に読み返して、笑います。
  1. URL |
  2. 2014/10/22(水) 22:05:57 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

若手の大物コリッチ

ちょうど若手の記事なので、新鮮な若手のネタをまた1つ。

昨年の全米ジュニアチャンプのコリッチです。
同年の全豪ジュニアではコッキナキスに敗れベスト4、全仏ではガリンに敗れベスト4、ウィンブルドンではチュンに敗れベスト8でしたが、全米決勝でコッキナキスを破り優勝しました。

そのコリッチですが、今週のバーゼルで、1回戦でグルビスを倒すと、今日ゴルベフも倒してベスト8進出を決めました。
今年は他にもデビスカップでヤノヴィッツを下す星も挙げています。
バーゼルでの次の相手はナダルです。これは予想外の楽しみな対戦が生まれました。


また上で対戦相手として登場するコッキナキスやガリンも将来有望な選手だと思っています。
ガリンはまだランキングが低いですが。

3人共1996年生まれです。若いです。
今回の活躍もあり、コリッチはこれら同世代のホープたちの中から先に一歩抜け出すことになりそうですね。

キリオスと共に若い力で盛り上げてほしいところです。

ちなみに先週は西岡が予選でこのコリッチに勝ちました。
西岡はアジア競技大会では決勝でルー・イェンスンを破って金メダルを獲得するなど最近は上り調子ですね。
今週は現地入りしましたが、ランキングが足りず予選にエントリーできませんでした。
ちなみにダニエル太郎もエントリーを逃しています。まあこの時期の500大会はカットオフラインも高いですからね。

今年はデビスカップでも若手が奮闘しています。
セルビアのラヨビッチとクラジノビッチはジョコビッチ不在のセルビアチームを引っ張って奮闘しました。

クロアチアでも先述のコリッチが奮闘していましたね。大したものです。


ところで、若手リストにスティーブ・ジョンソン、どうですか。
バーゼル1回戦では好調でしたが、ラオニッチに競り負けてしまいました。


ちなみにそのラオニッチはいまヤングと戦っていますね。第3セットまでもつれています。
  1. URL |
  2. 2014/10/24(金) 00:57:24 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

大金星

2Rさんが取り上げた直後の大金星ですね。
いくらナダルの調子が悪かったとは言え、腐っても鯛。大きな自信になるでしょう。成長の弾みになるといいですね。
ATPのHot Shotで初めてプレイを見ましたが、フォアはジョコビッチそっくりに見えました。特にフォロースルー。
これで、バーゼルのベスト4は、35、33、23、17才対決となりました。なんとコリッチを2倍にしてもカルロビッチより若い。(^^ゞ

一方のナダルはパリ、ロンドンと欠場に。これでロンドンの枠が一つ空いたことになります。錦織出場の可能性が増しますね。
  1. URL |
  2. 2014/10/25(土) 08:12:12 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様
>2R様

ありがとうございます。
何とか10年後も同じような感じでやって行けているように頑張ります。
若手選手の候補も上げていただきありがとうございます。
多少は選別して載せようかと思ったんですけど、上げていただいた選手は全て入れました。
1996年の3人は正直知りませんでしたが、話題にした瞬間の活躍にびっくりしました。
この位の若さであれば10年後もまだ活躍しているかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2014/10/26(日) 17:22:03 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

年度末一位争い

フェデラーがバーゼル優勝で8520になり、ジョコビッチの9010とは490ポイント差になりました。

これで、パリの結果が同位以上、最終戦で全勝優勝と準優勝などでも、10ポイント差で逆転が起こりえます。

2人とも早期敗退は早々無いでしょうし、直接対決によって決まることも有り得そうですね。楽しみです。
  1. URL |
  2. 2014/10/27(月) 00:30:09 |
  3. lui #-
  4. [ 編集]

もし簡単にフェデラーに1位を奪われるなら情けない。ナダルが復活しないとつまらないです。
  1. URL |
  2. 2014/10/27(月) 14:32:37 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

必死に戦っている者に情けないもなにも無いでしょう。貴方は真剣勝負の何を見ているのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2014/10/29(水) 17:01:09 |
  3. 渚 #-
  4. [ 編集]

ファイナル争い

こんにちは。
錦織のファイナル出場が現実味を帯びてきましたね。

錦織のファイナル進出の条件ですが、むしろファイナルを逃すケースを書いていった方が早いです。

1、錦織が初戦敗退した時
優勝 ディミトロフ 準優勝 ラオニッチ
優勝 ラオニッチ 準優勝 フェレール
優勝 フェレール 準優勝 ラオニッチ

のいずれかでベルディヒがベスト8またはベスト4の時

2、錦織が3回戦敗退した時
優勝 ディミトロフ 準優勝 ラオニッチ
優勝 ラオニッチ 準優勝 フェレール
優勝 フェレール 準優勝 ラオニッチ

のいずれかでベルディヒがベスト4でマレーが初戦を突破(3回戦進出)したとき

3、錦織がベスト8のとき
優勝 ラオニッチ 準優勝 フェレール ベスト4 ベルディヒ ベスト8またはベスト4 マレー のとき


以上が錦織がファイナルを逃すパターンです。
錦織がベスト4まで勝ち上がると、他の結果に関係なくファイナル進出が決まります。

肝心の若手ですが、ディミトロフは決勝進出が最低条件なのでほぼ絶望的です。ドロー的にも3回戦でマレー、準々決勝でジョコビッチとなっており、非常に苦しいです。
ラオニッチも、ディミトロフよりはいいですが、状況的には最低でもベスト4が欲しいです。
ベスト8ではフェレールがベスト8を待たずに敗れなければ可能性が残らない上、準々決勝の対抗シードは好調フェデラー。こちらもフェレール次第で、かなり苦しいです。
チリッチはすでにグランドスラム優遇制度で出場が決まっています。9位以下に落ちても、8位の選手より優先してファイナルに出場することができます。

以上のことから、現状では今年のファイナル出場者は錦織が最年少になる可能性が高いです。

すでに出場が決まっているのは27歳ジョコビッチ、33歳フェデラー、29歳ワウリンカ、26歳チリッチです。
28歳ナダルは虫垂炎手術のため欠場表明。
残る4枠を24歳(もうすぐ25歳)錦織、27歳マレー、29歳ベルディヒ、32歳フェレール、23歳(もうすぐ24歳)ラオニッチ、23歳ディミトロフで争っています。


ところで関係ない話題を1つ

管理人様は、最近ベイビーステップを見ておられますか?
今年ついにアニメ化され、来年の2期の放送も発表されました。

一方で原作の方も随分とストーリーが進んでいます。
最初と印象は変わりましたでしょうか?
  1. URL |
  2. 2014/10/29(水) 17:32:57 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

皆さまコメントありがとうございます。
ファイナル進出をかけた戦いも大詰めを迎えていますね。
詳細は本記事に譲るとしまして、2R様より最後にご質問いただいているベイビーステップですがもちろん読んでいます。
民放の下手な解説を聞くくらいならベイビーステップを読むほうがよっぽど勉強になると思うことも一度や二度ではありません。
読んでない方もいると思うので色々書いてしまうのもあれですが、ピート・ゴンザレスという選手が出てきてですね、
もう顔も出てくる前に、名前を見ただけでプレースタイルがわかるという、そして案の定そのとおりという、ストレートな感じが好きです。

  1. URL |
  2. 2014/10/31(金) 09:30:29 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/911-e2bbee29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター