レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2014年、ATPファイナルRR2戦目

両グループとも2戦目まで終了していますが
いずれもはっきりとした結果になっています。
まず面白いのは全ての試合がストレートセットで決着しているという件です。
そしてランク上位の人間が下位の人間に勝っているという点で
戦前の混乱になるのではないかという予想がかなり裏切られた形となっています。
貫禄のジョコビッチはまだしも、特にグループBは接戦予想だったのですが。

残る第3戦では少しは乱れるのか、あるいはこのまま普通に終わるのでしょうか。
今回消化試合がないのでRRも最後まで楽しめるという点は喜びましょう。

試合の方は1つずつコメントしてもよいですが、まあ代表でフェデラーvs錦織を。

錦織はサーブが悪くそしてストロークが悪かったです。
これでは勝てなくて当然と言ってしかるべきです。
メディカルタイムアウトも取っていましたし、全体として調子が悪かったということでしょう。
元々錦織は安定感の選手ではなく、急な不調に陥って
あっという間に負けるというような時もよくありますが
まあ、考え方によってはそれがフェデラー戦で良かったかもしれません。
ATPファイナルの不思議なところは、仮に1試合だけ負けるとすれば
決勝よりもRRのほうが良いという気持ちの入れ替えが効く稀有な大会である点です。

錦織のストロークのシャープさは相変わらず見事で、
フェデラーにも十分通じるものであることは感じられたのですが
時間を追う毎に精度がどんどん悪くなっていってしまいました。
フェデラーも出だしは速いサーブが入らなかったり
錦織のショットに押されてのミスなどはありましたが、
瞬時に回転をかけたサーブに切り替えたり、強いショットを抑えたりなど
効果的にプレーを切り替えていきました。その引き出しの多さはさすがです。

その後フェデラーは、錦織のショットが安定しないとわかると
速いサーブとベースラインからの強打を復活させ、一気に試合を決めてしまいました。
短期決戦ならではの鮮やかな組み立てです。
RRでは試合が長くならないほうが有利ということをよく知っているさすがの試合運びでした。
今回はフェデラーの貫禄に軍配が上がったということになるでしょう。

グループAのほうではジョコビッチが同じように貫禄の勝利を収めていますが
こちらはもう試合運び云々ではなく実力が上と言わんばかりの圧倒的な勝ちっぷりでした。
ショットだけでも圧倒的だというのにドロップショットやネットダッシュなど
やりたい放題何でもできる感を出せるのがジョコビッチの強みでして
この人が好調だと本当に手がつけられない感が半端ないです。

第3戦はRR通過者だけではなく、準決勝の組み合わせも加味しての結果判断が入りますので
あれこれ考えを巡らせながらまた楽しい時間を過ごす事になりましょう。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/11/13(木) 10:44:59|
  2. 2014年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014年、ATPファイナル、グループB第3戦 | ホーム | 2014年、ATPファイナル第一戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/915-0591d126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター