レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2015年、マドリード開幕

開幕と言ってもそこそ試合の方は進んでしまっています。
連休まったりしすぎました。

さて、大会の方ですが、やはりジョコビッチは出場せずでした。
一般に優勝候補はナダルか錦織とされているようです。
まあ自然でしょう。

去年もこの2人の決勝でした。
惜しくも錦織が試合途中で棄権となってしまいました。
今年はリベンジとなるでしょうか。

両者の再戦、観たいですよね。
ただ、それにはナダルも錦織も決勝まで勝ち上がらないといけません。
去年できたから、優勝候補だからといって簡単にはいかないのは当然です。
まあそれでも決勝にくらいは出ていただかないと。
もちろんこれは私からの第二の挑戦状ということになります。マドリーでの決勝進出。

当ブログでは毎度毎度25歳ピーク説を唱えていますが
錦織の年齢はみなさんよくご存じでしょう。そう、25歳です。
正に今がピークなんです。
ここで去年のように体を壊してしまうようなことがあると
もうどんなに頑張っても今後長丁場のツアーで安定して勝ち続けることはできないということになってしまいます。

そしれもう一つ、仮に今がピークだというのなら、
この先、力はどんどん下がっていってしまうだけなのではないか、という不安もあるかと思います。
確かにそうで、否定できません。
しかし、最近はスポーツ医学も進化していますし、選手の体調管理の手法も向上しているとみることができます。
何より錦織のピークがムスターのように例外的に25歳よりも後である可能性すらあり得るわけですから
活躍するには今年が最後というわけではもちろんありますまい。
ただ、来年は今年よりも更に力が向上するかといえば、そうとは言い切れないのが事実です。
やはり私としてはどうしても今年にかける思いを強く感じながら試合を追っていくことになります。

大会ではキリオスがフェデラーを下しました。
去年から絶好調を維持してきているフェデラーですが、
さすがにクレーでも同じパフォーマンスを維持するのは難しいようです。
しかし試合の方はフルセットで全てがタイブレークというという壮絶なものでした。
まだまだ力関係の逆転が起きたというわけではないでしょうが、
さすがに体力勝負となった時に分が悪いのは仕方無いでしょう。

さて、最後に恒例の私の魔の手を選手たちに伸ばしていきたいと思いますよ。
今大会、あえてクレー巧者でない選手に注目していきたいと思います。
マレー、ラオニッチ、ディミトロフ、イズナー等。
フェデラーが敗れてしまったのでそのリベンジも兼ねてこれら選手の活躍に期待です。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/07(木) 10:06:50|
  2. 2015年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<2015年、マドリードはマレーが優勝 | ホーム | 2015年、バルセロナ、錦織圭への挑戦状>>

コメント

挑戦状は続く・・・

錦織、マレー共に深夜に渡る試合を勝ちあがりました。
次戦が同日に行われ、勝ち進めばそのまま5連戦という過酷なスケジュールですから、
錦織にとっては尚更に敵は故障かもしれません。

ゴファン戦でも股関節の痛みが続いているように見えました。
また、時間の全く読めない最終試合ということもあり、集中力を欠いた時間帯があったようですから、
故障だけでなく、体力気力との戦いも熾烈でしょう。

順当なら錦織vsフェレール戦が待っています。
メンフィス~アカプルコの2週連続優勝を決勝で阻まれた相手がフェレールです。
33歳にして、いまだ体力気力全開です。
ここで勝てるかどうかで、錦織の全仏も占えるように思います。

もちろん、まずはマドリードの決勝でナダルとの再戦~勝利が必要でしょう。
今シーズンは新しいラケットを使わないと宣言したナダル。
ラケットの言い訳はもうできません。

双方、怪我の無い状態で決勝まで勝ち進んでくれることを願っています。
  1. URL |
  2. 2015/05/07(木) 15:11:49 |
  3. 蘭丸 #QD09qMkA
  4. [ 編集]

フェデラー対90年代組

残念ながら直接映像は観てないのですが、キリオスやりましたね。
フェデラーは先週イスタンブールの疲れもあったのかな、と思いましたがどうでしょう。

フェデラーに勝った90年代生まれの選手について調べてみたのですが、まだ3人目のようです。
(調べたのは2010年以降のみ。多分それ以前はいないでしょう)
内訳は2013年ハンブルグのデルボニス、昨年パリのラオニッチ、今回のキリオス。
フェデラーがすごいのか、90年代前半組が外れ世代だったのか、ちょっと判断に迷いますが・・・。
いずれにせよディミトロフやゴファンあたりはうかうかしてられないですね。
  1. URL |
  2. 2015/05/07(木) 22:15:00 |
  3. BT_BOMBER #-
  4. [ 編集]

いつ削除されるかわかりませんが、長めのハイライトがあったのでリンク貼っておきますね。
https://www.youtube.com/watch?v=ZsYnyWNyxKA

フェデラーの調子はわかりませんが、リターンゲームでもそれなりにポイントを取っており、
キリオスは要所で良いプレーをしていたように見えます。
これを維持できればこの先の活躍も期待できるかと。
  1. URL |
  2. 2015/05/07(木) 23:30:24 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

魔の手

イズナーはキリオスに勝ち、
ディミトロフはワウリンカに勝ちました。
これから錦織vsアグート、ラオニッチvsメイヤー、マレーvsグラノラーズと続きます。

ここまで5分の2は魔の手をかいくぐりました。残り3人はどうでしょうか。
錦織を除けば4分の2ですから、今回の逆フラグはそんなに強力ではない?!

こちらの逆フラグ、いつも楽しんでます(笑)
  1. URL |
  2. 2015/05/08(金) 01:58:13 |
  3. 蘭丸 #QD09qMkA
  4. [ 編集]

>BT_BOMBER様
>ラカン様

キリオスは荒削りというか、決して綺麗なフォームの選手というわけではないんですが
当たると手が付けられない系の雰囲気を感じさせるプレーをしてくれます。
個人的には、このまま強くなっていった場合、安定度とか、ベテランになってからの活躍とかその辺はどうなのかな、という心配がなくもないですが、
変化の余地は十分にありますしこうして結果を出していくことでまずは名選手になっていくことが重要でしょう。
今一番伸びている選手に間違いないですね。

>蘭丸様

今回はネタじゃなく結構普通に当てていけると思ってますよ。
これにより錦織にとってもくみしやすい選手が残っていくわけです。
ジョコビッチおらず、フェデラーが敗退したとはいっても
マスターズ1000ですから楽しみな試合が連続してくれていい感じです。

  1. URL |
  2. 2015/05/08(金) 19:08:42 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

順当に……

普通に当てにいったんですね(笑)

錦織を始め、マレー、ラオニッチ、ディミトロフ、イズナーは全員勝ち上がり、準々決勝で錦織とマレーだけが残りました。

イズナーはインディアンウェルズの錦織戦でスーパーゾーンに入ってから、また元気を取り戻したんでしょうか。
ベルディヒ相手に先にブレークするなど善戦したようですね。

準決勝は、ナダルvsベルディヒ、マレーvs錦織です。

今回は綺麗に当たるという前提なら、ナダルvs錦織という2年連続の決勝カードとなります。

挑戦状は錦織の決勝進出ですが、そこまでいったらもう優勝するしかないです!

まずはマレーですが、準々決勝のアンフォースドエラーは、錦織23に対しマレー8でした。

錦織はここからは昨年本大会のような鬼畜モード(笑)に入っていってほしいところです。

まぁ、昨年との違いは、調子が今一つでも勝ち上がれる総合力の向上なんですが。
  1. URL |
  2. 2015/05/09(土) 13:32:08 |
  3. 蘭丸 #QD09qMkA
  4. [ 編集]

>>Au-Saga様
ナダルは引退までにクレー勝率90%を保ってほしいです。ついに93%割りました。
  1. URL |
  2. 2015/05/09(土) 16:49:20 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

残念ながら二つ目の挑戦状は未達でした。
試合前に錦織は『ラリーも長くなると思うので』とコメントしていましたが、そうさせない早い展開、ミスが少なく緩急をつけたマレーの真骨頂、安定したサービスのプレースメントの前に錦織は封じられた感もあります。
これを糧に益々の成長を期待しています。

さて決勝カード。
調子を上げてきたナダル。
手術後の体もようやく好調となり、結婚もして充実のマレー。

マレーとしては、錦織とナダル、まるで違うスタイルに対してどのようなテニスで挑むのか楽しみです。
  1. URL |
  2. 2015/05/10(日) 15:30:03 |
  3. 蘭丸 #QD09qMkA
  4. [ 編集]

マレー今季好調ですね。
優勝は1回だけですが、ハードだけでなくクレーでも決勝進出が続くとは。
このまま好調を維持してジョコビッチの対抗馬になってくれると、見てる方としては面白くなるのですが。

ところで、ローマのドローが発表されましたが、錦織君は準々決勝でジョコビッチを引いてしまいました・・。
厳しいですが、乗り越えていかなければならない存在なので頑張って欲しいですね。
ナダルはジョコビッチと反対側です。
  1. URL |
  2. 2015/05/10(日) 19:33:57 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

皆様、まさかのアンディ氏でしたね。

当てに行ったといいながらまさかのとはどういうこっちゃという話ですが、
錦織とナダルに勝ったというのはむしろマレー側にとってのニュースというべき事柄です。
しかもどちらもストレートの圧勝でした。

錦織はローマもジョコビッチを引いてしまいましたが
むしろここではまだ抑えておいた方が全仏に全力を投入できると良い方に考えることも可能です。
ローマでジョコビッチに勝ってしまえばそれはそれで嬉しいですが
全仏前に精力を使い果たすことになりはすまいかとそんな思いもあります。


  1. URL |
  2. 2015/05/11(月) 08:53:36 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

イスタンブールも厳しかったっす

イスタンブールで優勝したフェデラーですが、その内容はかなり厳しかったです。
見ていない初戦のみ、スコアから判断すると楽勝だったのでしょうが、
その後3戦は本当に厳しい内容でした。
特に決勝の第2セットのタイブレークは観客も対戦相手もフェデラーが落とすと思ったと思います。
彼自身も「なんで取れたのか不思議」みたいなことを言っていました。

そんな内容だったので、(原因が疲れであれば)マドリッドを休場するかなと思っていました。
しかし休場したのはジョコビッチ。「フェデラー、大丈夫かな。。。」と思っていたら...xxx
この休息を生かして、ローマで頑張って欲しいです。

ところで、錦織人気で困ったことを発見しました。
フェデラーが負けてショックの時はテニス関係の情報から遠ざかるようにしていたのですが、
これだけ日本の番組でテニスを流されると、それが難しい。
まさかGoogleニュースのトップにナダルとマレーの表彰式の写真だなんて。
なんという時代になってしまったんでしょう。。。喜ぶべきことなんでしょうが。
  1. URL |
  2. 2015/05/11(月) 21:53:57 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/938-469a7c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター