レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2015年、全仏準々決勝

錦織、残念ながら敗退してしまいました。
しかし、よく持ち直しました。
出だしは、こりゃもうあかん、というくらい何もできずに大差をつけられたわけですが
途中で挽回し、フルセットにまでもつれ込むということをやりました。
錦織が5セットで負けるというのは珍しいですが、ツォンガもかつては5セットキングでしたし
あそこまでの熱戦になると地元パワーというのも力になってきますね。
錦織はこの位置ではなく更に上を目指してほしい選手になっているわけで
この敗戦を致し方ないで終わらせてはいけないのかもしれませんが、
同じベスト8だったとはいえバブリンカに手も足も出なかった全豪よりは
遥かに評価できる大会結果だったと思います。

そしてバブリンカ、フェデラーをストレートで下しました。
強いですね。ショットが力強い。
これを見せられるとこれまでフェデラーにほとんど勝ててなかったのが不思議でなりません。
ジョコビッチやナダルにもほとんど勝てていないわけですが
ジョコビッチとはグランドスラムでは常に激戦ですし、ナダルには2連勝中となっていますから
現在のバブリンカは何やら一味違うのかもしれません。

バブリンカvsツォンガは過去3勝3敗の五分です。
面白いことに最初の対戦以外すべてクレーコートでの対戦となっています。
日本人の大方の予想というか期待というか希望というか、
それとは違った顔合わせとなってしまったボトムハーフの準決勝ですが
これはこれでた大いなる熱戦が期待できる組み合わせとなったのではないでしょうか。

仮にバブリンカが最後まで勝てばビッグ4以外で久々の複数グランドスラム獲得者となりますし、
ツォンガが勝てば32年ぶりの地元優勝者ということになります。
とちらであっても歴史的に大きな意味を持つ優勝となるのです。

しかし、トップハーフ。
ドロー発表の時から優勝争いのメインはトップハーフだというような勢いでした。
仮にフェデラーと錦織が勝ち上がっていたとしても
優勝者はトップハーフから出るのではないかという声の方が優勢であるのは変わらなかったと思います。
それらを吹き飛ばすような活躍をボトムハーフの2人にはしてもらいたいところですね。

さて、本日はそのトップハーフの2試合が行われます。
注目はやはりジョコビッチvsナダルです。
熱戦になるか、ジョコビッチの一方的な試合になるか。良くも悪くもナダル次第といえるでしょう。
正直、ナダルが一方的に勝つような展開は可能性が薄いと思います。
むしろ、あまりにジョコビッチの一方的な展開にならないかが心配だ、というくらいが私の印象です。

ただ、ツォンガの例もあります。正直、順当にいけば今回も錦織の方が勝ち上がる試合だったでしょう。
しかし、全仏という特別な場がツォンガに特別な力を与えたのだと思います。
ナダルもまたこの場で特別力が与えられるに足る選手だといえます。
何が起こるかはわかりません。今日の試合、本当に注目です。

もちろん遥かに扱いが地味になってしまいますがマレーvsフェレールも注目です。
過去の対戦はマレーの9勝6敗と、他のビッグ4にほとんど勝ててないフェレールが意外と善戦しています。
しかもクレーでは過去4戦全てフェレールが勝っています。
前哨戦での優勝でマレー優位のような空気があるのですが過去のデータは決してそのようなことは言っていません。
もちろんバブリンカよろしく、マレー覚醒なった、という状態であれば過去のデータは意味を持ちません。
ある意味マレーにとっては今大会最初の試練といえるのではないでしょうか。

ベスト4の勝ち上がり予想で一番多かったのは、おそらく
ジョコビッチ、マレー、錦織、フェデラーという組み合わせだったと思います。
ボトムハーフは全滅してしまいましたがトップハーフはどうでしょう。
こちらも大方の予想と逆の結果だったとしたら、実に面白いことになりそうですね。

そういう期待も胸に抱きつつ、ここで私の予想を発動させておきましょう。

ずばり、ジョコビッチとマレー。

つまらなくてすいません。
意外な結果にも大いに期待したいところなのですが、
やはりナダルはまだだと思いますし、フェレールも頑張ってほしいですがマレーが安定してます。
トップハーフは結局普通に空気読まずに予想通りそのまま行くんじゃないでしょうか。

しかし私としては、気持ち、応援するのはナダルとフェレールのほうです。
負けるだろうな、とは思いながらもその戦いぶりを応援しながら観戦したいと思います。
こういう観戦の仕方もまた結構楽しいんですよね。



スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/06/03(水) 12:00:00|
  2. 2015年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<2015年、全仏優勝はバブリンカ! | ホーム | 2015年、全仏4回戦>>

コメント

管理人様こんにちは。
昨日は風が強くてパワープレーヤーに有利でしたね。改めてローランギャロスというところは風もあり雨もありイレギュラーもあり、その中でナダルはV9なのだと感じました。
ATPサイトでもツォンガupset錦織となっており、こういった印象的な試合をGSで繰り広げる選手になったのだと思うと感動です。もちろん残念でなりませんがツォンガ、バブリンカのみならずbig4も何度も悔しい敗戦を乗り越えて強くなっていると思うので怪我なく、更に進化して欲しいと思います。
本日の大一番ですが、昨日のような風が吹けばナダルにも光明があるように思います。管理人様の予想が風となってジョコを苦しめるのか?(笑)ナダルの完全復活なくクレーシーズンが終わるのか見逃せません。
但しナダルも言及している通りあくまでQFですので他の選手達も死に物狂いで優勝を取りに来ると思います。
  1. URL |
  2. 2015/06/03(水) 12:19:01 |
  3. ぽーち #-
  4. [ 編集]

ここへきて全仏らしさが…?

トップ8シードの内7人がQFに進出したのは1984年以来だとか。
女子の波乱っぷりに比べ!今年の全仏は順当度合いが高いです。

と言っていたらフェデラーと錦織が敗退したわけですが、これは全仏らしさと言えるのか微妙な感じもします。



それにしても、錦織は残念でした。

第2セット途中までの何もうまくいかない状態、かなり遡らないとあそこまでの空回りは記憶にありません。少なくともユニクロウェアになるより前になるでしょうか。

しかし、そこからの立て直しは劇的でした。最後にツォンガのホームアドバンテージを打ち破る力が残っていなかったのかもしれませんが、あのまま敗退せず良かったと思います。

大会序盤での敗退が激減した錦織、格下相手にストレート勝利も多くなりました。
となると、勝つときはフルセット、負けるときはストレートという傾向が変わってきています。
今回もフルセットでの敗退です。ここでフルセット勝利だとデータ的にもより盛り上がったところでしょうか。


それにしてもツォンガ、以前に管理人様が仰っていたように、GSで結果を出す選手ですね。
それが全仏で喜ばしいですし、2度目のGS決勝進出ができれば良いですね。
  1. URL |
  2. 2015/06/03(水) 15:19:11 |
  3. 蘭丸 #QD09qMkA
  4. [ 編集]

全仏もクライマックス

こんにちは。

錦織、負けはしましたが、粘りました。
とはいえ、中断がなければもっと早く負けていただろうことは明白です。
錦織にとっては、こういうイレギュラーな状況の経験がまだまだ必要なのかもしれません。
立ち直った後はさすがのテニスでした。
最初からあの状態で入れていたら、結果は変わっていたかもしれません。

まあ、どちらかに肩入れしない観客からしたら、結果として面白い試合になりましたね。


さて、フェデラーもワウリンカに敗れて、ボトムハーフの準決勝はワウリンカvsツォンガ。
どっちもわりと好きな選手ですし、こういう組み合わせは結構迷います。

組み合わせの妙とはいえ、グランドスラムでは2大会ぶりにビッグ4以外が決勝に確実に進みます。
ここ2年では、3度目のことです。昨年全豪のワウリンカ、そして全米の錦織とチリッチ。
また両者ともに過去に決勝を戦った経験がありますが、現役の「ビッグ4以外で」複数回の決勝進出経験者となると他には引退間際(というか半引退状態)のヒューイットくらいじゃないでしょうか。引退選手を含めてもおそらくソデルリング以来です。異なる2大会で、と付け加えると多分ロディックまでさかのぼると思います。
そこからさらに行くとそこそこいます。フェレーロとかクエルテンとかサフィンとか、もちろんヒューイットもそうですし。

またワウリンカが優勝して複数回の優勝となれば、ビッグ4以外ではサフィン以来10年ぶりです。
こちらはずっと減って2000年代以降では他にクエルテンとヒューイットが新たに加わったくらいです(アガシは90年代にすでに達成している扱いです)。

ちなみにこのラインを3回に上げてビッグ4、というかビッグ3を除くと直近はクエルテンになります(3度目の優勝時を基準)。これも異なる2大会以上で3回、としてしまうと95年全豪を制して3度目の優勝を果たしたアガシまで遡ります。
そもそも90年代自体、この期間中の新たな達成者は他にクーリエとサンプラスしかいないんですけどね。

トップハーフはナダルvsジョコビッチ、マレーvsフェレールですから、フェレールが勝ちあがらない限り決勝はビッグ4のいずれかが出てきます。フェレールの相性からするとまあビッグ4が来るとみていいんじゃないかと思います。
正直、誰が上がってきても強敵だと思います。

ジョコビッチとナダルがさっさと当たってしまうせいで正直予想が難しいんですよね。
両者の対戦は激戦になりますし、激戦の疲れで勝者が準決勝で力尽きてもおかしくないんじゃない?って思ったりもしますが、あの2人に限っては正直そういうの関係なしに普通に勝った方決勝いくんじゃね?って思ったりもします。
ただナダルは今季こんな感じなんでジョコ戦で全仏王者の意地で全力出してジョコ倒して、準決勝で力尽きても驚かないですし、実際マレーにマドリッドで完敗してますし。
ただ、ジョコがナダルに勝ったら普通にジョコで決まりだと思います、はい。


最後に決勝の組み合わせの予想をしてみます。

ジョコビッチvsワウリンカ

いやもう普通ですね。なんのひねりもないです。
次点の予想でも結局マレーvsワウリンカなのでひねりはないです。
でもツォンガ、強いんだよなー。それに決勝来たらトップ10復帰も見えてくるし、地元の声援すごいし。
ワウリンカが好調のままだったらワウリンカだと思うけど、応援すごいからどうなるかわからないし。
個人的にもツォンガ復活したら嬉しいし・・・ワウリンカもわりと好きだから悩むんですが。
でもやっぱり、ビッグ4以来では久々の複数回優勝をかけた試合が見たいからワウリンカにします。
地元優勝も見てみたいけどここはワウリンカに!

ああもう誰が優勝でもいいです。
  1. URL |
  2. 2015/06/03(水) 15:53:32 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

ああ錦織

錦織君負けちゃいましたね.あそこまで行ったのなら勝って欲しかったですが,でもぎりぎりの勝負でしたから第5セットでの決着は,勝敗は時の運ということになるのでしょう.

で,賞賛の声は管理人様はじめ松岡さんなど皆さん仰ってるので,ちょっとだけ角度をかえてコメントしてみます.
素人がない言うねん!と言われるでしょうが.

思い返すに第1セット1-6,第2セット1-5はどうしたんですかね.正直あの看板の飛ばされるアクシデントとそれによる中断がなければ,あのままストレートで押し切られていたんじゃないかという不安が胸をよぎりますね.
プレッシャーという平凡な言葉より,自分に対する期待が過剰に現れて硬さになったんでしょうか.本人も「見失っていた」と言ってるそうですが.「アガる」という平凡な言葉が当たるのかもしれません.

勝手な心配を書きましたが,こういうことを克服していって真の一流プレーヤーに成長していってくれることを祈ります.
いい時の錦織は本当に魅力的なプレーヤーですから.

あ,ついでで申し訳ないのですが,昨日フェデラーはちょっと変でしたね.よく見ていないのではっきりとはわからないのですが,なんだかしっくり来ていない感じでした.ウィンブルドンで頑張ってほしいです.

決勝予想は皆様の予想通り ジョコビッチ対ワウリンカ. ジョコビッチ生涯グランドスラム達成すれば,それこそ年間での達成期待も高まりますね.
  1. URL |
  2. 2015/06/03(水) 17:02:40 |
  3. brunello448 #-
  4. [ 編集]

くやしぃーーっ!(財津一郎風)

ファイナルセットはどっちに転んでもおかしくなかったと思いますが、結局は序盤のツケが響く結果となりましたね。
ツォンガが特別よかったとも思わなかったので、錦織次第の試合だったと思っています。
非情に非常に結果論であと出しジャンケンを承知で言いますが、サービスゲームで点を取られすぎなのも敗因の一つかと思いました。
ツォンガのブレークポイントがマッチ合計で19回。錦織が調子を取り戻した第3セット以降でも8回。逆に錦織はマッチ合計で7回。
なんとかふんばってキープを続けたもののファイナルセットでついに土俵を割ってしまったという印象です。

イージーキープが本当に少なかった。いつも思うことですが、やっぱりテニスは一にも二にもサーブだと思います。
惜しかった、とも思うのですが同時に明確な反省点があるとも感じるので、やはり悔しいのが率直な感想です。
  1. URL |
  2. 2015/06/03(水) 17:03:39 |
  3. フェレールのくわえタオル #-
  4. [ 編集]

ナダルお疲れ様。

ナダルが負けて本当に寂しいです。やっぱりフェデラー、ナダルの存在はあまりにも大き過ぎるなと思いました。まだ2人がトップで活躍するところを見ていたいです。6連覇って難しいですね。ボルグ全英、ナダル全仏、フェデラー全英、全米、どれも5連覇で終わっています。
  1. URL |
  2. 2015/06/04(木) 01:43:13 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

ナダル…
決してあっさり終わった試合ではなかったですが、スコア的にはストレート負け。

フェデラーは02年全米4回戦以来となるグランドスラムの試合で1度もブレイクできずに敗戦。ナダルは09年4回戦以来の全仏敗戦でスコアもストレート負け。

うん…
まぁ、早期ラウンドではなく準々決勝の試合ですし、ナダルに関しては相手がジョコビッチだったし、と別にあり得ないことが起きたわけではないんですが、それでも、Fさんもおっしゃっているように、グランドスラムのベスト4にフェデラーとナダルがどちらも残らないというのは、なんだかかなりショックです(今年の全豪もそうでしたが…)。
  1. URL |
  2. 2015/06/04(木) 02:16:05 |
  3. karo #0Zy3iHN.
  4. [ 編集]

ナダルは残念でした。
第一セットを見た段階では、接戦になるかとも思ったんですけどね。

そしてマレー。
今までクレーでの勝利のないフェレールに呆気なく勝ちました。
結婚後のマレーは一味違う気がします。
ジョコ相手でも期待が持てるのではないでしょうか。
  1. URL |
  2. 2015/06/04(木) 12:14:24 |
  3. sue #-
  4. [ 編集]

ジョコビッチは予想通りでしたが、想像以上に圧勝でしたね。。。
マレーも予想通りでした。
個人的にはなぜマレーは今までクレーで結果を出せなかったのか不思議なくらいで、プレースタイル的にはむしろフェデラーやジョコビッチより適性があるのではとも思ってます。(あの2人は向いているのではなく、ただ強いだけ。まあジョコビッチはまだ適性がありそうですが、特にフェデラーは。。。)
まさかのマレー優勝となれば生涯グランドスラムに1番近いのは実はマレー?全豪オープンは4回の準優勝がありますし笑
  1. URL |
  2. 2015/06/04(木) 12:25:35 |
  3. Kosei #-
  4. [ 編集]

この先調子を落としてジョコビッチが負けてしまったら気の毒ですが、
この勝ち方であればこのままいけるのではないかと思います。
そして、年間グランドスラム達成も見てみたいところではありますが、
全英決勝でフェデラーに連勝を止められる展開を勝手に期待しています(笑)
まあ、マレーがこのまま好調を維持したら、どちらの山に入るかが大きな鍵になりますが。

と、先のことは置いておいて、準決勝ですが、マレーはハードコートで勝てないのだから
クレーでは余計に無理ではないかとも思いますが、或いはクレーの方が紛れる可能性が
あるのかもしれません。
ボトムハーフの二人も、変に調子を崩さずにベストパフォーマンスを発揮して良い試合を
見せて欲しいですね。
  1. URL |
  2. 2015/06/04(木) 14:08:01 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

やっぱりGS6連覇は人類には不可能なのか・・・
グーガが違う惑星からやってきたと言っていたそうですが
ラファも人の子だということが証明されてしまいました。
冗談はさておき、来年の復活、リベンジのドラマに期待です。

管理人様、マレーにチャンスがやってきましたよ。
ここでジョコビッチを止めて優勝すれば、面目躍如間違い無しです。
激戦に期待しましょう。・・・寝不足が加速するっ(笑
  1. URL |
  2. 2015/06/04(木) 17:47:38 |
  3. eggplant #-
  4. [ 編集]

来年は前人未到の全仏10勝

クレーキングナダルが0-3ストレートで負けるのは2008全仏決勝以上にショックが大きいです。ジョコビッチの強さはいつまで続くのか?ナダルの復活はあるでしょうか?今年はクレーで6敗と信じられないです。このまま落ちていくにはあまりにも勿体無い選手ですし、ジョコビッチの独走を誰かが止めないと。今大会はナダルを倒したジョコビッチか、地元のツォンガ優勝が良いですね。
  1. URL |
  2. 2015/06/04(木) 18:03:50 |
  3. F #-
  4. [ 編集]

ナダル対ジョコビッチは、順当な結果だったと思います。第1セットはキングの片鱗を見せたものの、終わってみれば今年のジョコビッチの充実ぶりを堪能する結果となりました。
今のジョコビッチなら、もしかすると去年や一昨年のナダルにも勝てたのではないか…などと思ってしまいます。その前のナダルにはさすがにムリとしても。

錦織は残念でしたが、いいときのツォンガはやはり素晴らしいです。去年のカナダでもBIG4のうち3人を屠るという離れ業を演じました。これができるのはBIG4を除くと現役で彼とデルポトロとバブリンカしか思い浮かびません。

そしてそのバブリンカですね。クレーシーズンに入って絶好調なのですが、楽天で伊藤に負ける彼となかなか結びつかないのです。二人いるのでしょうか…
  1. URL |
  2. 2015/06/05(金) 15:01:55 |
  3. ミドルビギナー #-
  4. [ 編集]

再開が楽しみです

こんにちは。ジョコビッチvsマレー戦、ベースライン後方最前席にボルグ氏がいましたね。マレーはブレークポイントを取られてからの神がかり的な粘りがすごかったです。ジョコビッチは地力が強いものの、いつもより追い込まれたときのスーパーショットが少なく、3セット目はややドロップショットに頼りすぎている感じがしました。雨で中断したのは残念でしたが再開が楽しみです。
  1. URL |
  2. 2015/06/06(土) 12:07:10 |
  3. ビヨ~ン・ボール #-
  4. [ 編集]

マレーよく盛り返しましたが、ファイナルセットのジョコビッチは
今季を象徴する勝ち方でしたね。
決勝は予定通り明日なのでしょうか?
そうだとすると、ジョコビッチに不利に思えますが・・
まあそれでも勝つのではないかと思いますが。
ただ、バブリンカも好調みたいなので、面白い
試合になるのではないかと思っています。

というか、バブリンカはよく第三セット取りましたね。
相手のサーブが好調でブレークできなくても、
タイブレにもつれ込んで集中力を上げてセットを取る、
というのは、かつてのフェデラーのようです。
  1. URL |
  2. 2015/06/06(土) 23:23:13 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

ジョコビッチの準々決勝での快勝はある程度予想通りだったと感じます。
第1セットで一旦追いつかれて接戦になったのは、ナダルの頑張りもありますが
どちらかといえばジョコビッチがしばしば見せる試合中のテンションのコントロールが主だった気がします。
これは以前からあるジョコビッチの悪い癖だとは思うのですが、逆にこれがないと、
重要なポイントでのあの脅威の集中力は生み出されないということなのかもしれません。

また、準決勝のジョコビッチvsマレー戦は、マレーの思いのほかの頑張りに驚きを感じさせましたが
最後のセットだけは何ともいただけない展開でした。この一方的な風景には既視感があります。
頑張って頑張って最後にマレーが力尽きる。もうジョコビッチvsマレーの定番とすらなっています。
ジョコビッチも、マレーのやる気を一番効果的にくじく勝ち方を研究しているのかと思うほどです。
接戦になってもどうしても勝てないというこの独特の気分は
ある時期以降のフェデラーとナダルの関係を感じさせるものがあります。

と、そこまでばっちりの勝ち方で上がっていったジョコビッチが、
まさか決勝での、あのらしくないプレーに終始して敗退するとは思いもよりませんでした。
テニスというのは難しいものです。

  1. URL |
  2. 2015/06/08(月) 10:21:37 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/945-bf8f5822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター